Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

ZeoClineWiki

settings

放置でスキル習得(テスト)

放置しつつスキル習得   部分編集

必要なもの
・相手の攻撃に耐えられ、欲しいスキルを持った人材
・味方に補助アーツをかけ続けられる人材(この人材にスキルを覚えさせる)

まずは欲しいスキルを持つ人材をイルダールで作成する。
とにかく相手の攻撃に耐え続けられることが重要なのでvitに多く振るといい
スキルは自分が欲しいスキルにする(一部のスキルは習得不可能なので注意、習得可能スキルのページを参照)
人材を作成したらガードを上げる装備と癒しの首飾りを装備する。
初期グランナイトにするのもありだが、盾を装備するとシールドアタックが発動して相手を倒してしまうことがあるので注意

次にスキルを習得させたい人材の装備を整える。
ライズ系に必要なAPは5なので、リジェネでそれを補えるようにする必要がある。
リジェネによるAPの回復量はvitに依存するので、強化した装備やクラスチェンジで調整する。
APセイブがあれば必要APが4になるので多少は楽。

ここまで出来たら適当なシナリオを選んで開始
スキルを習得させたい人材とスキルを持った人材を加入させる。
イルダール産だと初期レベルが1なので、vitが足りない場合は訓練や戦闘が必要になる。

加入させた2人の人材で師団を組む。
スキルを覚えさせたい人材を後方、スキルを持っている人材を前方にする。
このとき師団アイテムを使って攻撃をすることがないように注意。

適当なダンジョンに入る。古びた廃坑がレベルも低く確実。
戦闘が始まったら弓や魔法等、後方への攻撃手段を持つ相手を先に倒す。
相手が前方しか攻撃できなくなったら前方は防御、後方は前方の人材に補助アーツをかける。
戦闘設定で簡易表示2、コマンド割り込みなしにすることでテンポがよくなるのでオススメ
野盗の場合、APリジェネが無く、さらにAPが切れたら防御しかしなくなるのでさらに効率的。

このまましばらく放置、大体30分〜60分くらいで習得できるはず。

上記の例だと1キャラしかできないが、工夫をすれば一度に複数人にスキルをラーニングさせることができる。
例えばスキル持ちの人材×1、スキルを覚えたい人材×3にして全員でスキル持ちにライズ系をかけ続けてもよい。
また、スキル持ちの人材×2、スキルを覚えたい人材×2で同時にそれぞれ別のスキルを習得することもできる。

装備育成用キャラクター   部分編集

最終更新
2017-11-01 (水) 17:47:45 (18d)
HTML convert time
0.019 sec.
edit