Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

勇者ダンジョン攻略Wiki

settings

ほのおのダンジョン

ダンジョン概要   部分編集

  • 最下層:B20
  • 持ち込み 10こ 以内

発生条件   部分編集

  • 『こおりのカギ』入手後

クリア条件   部分編集

  • B20にて『ほのおのカギ』を入手後、まちへ戻る


称号獲得条件   部分編集

  • ほのおのゆうしゃ
    • 説明:『ほのおのダンジョン』をかこくなじょうけんでクリアした!
    • 条件:[レア3いか][8こいない]

特徴・攻略ポイント   部分編集

  • 『こおりのダンジョン』よりさらに敵が強力になり、B1から油断できないダンジョン
  • 未識別のアイテムが出るため、取捨選択の基準もかなり厳しくなる
    • 「しきべつのつえ」を持ち込むなどして、無駄に消費しないように
  • B3は大部屋のモンスターハウスとなっており、これをどう切り抜けるかが序盤のポイントとなる
    • 「ちゅう(だい)ばくはつのほん」があれば手っ取り早いが、なければ何か別の対策が必要
      • 「こんばくのほん」は威力が低めなことと、混乱の継続ターンの都合上あまり効果的ではない
    • 開始地点が外周近くなら、つるはしで溝を掘ってそこに篭城する戦法も有効
      • 消耗戦になりがちなため、体力回復手段があると心強い
      • 他に「むてきのほん」などを使う方法もある
    • モンスターハウスなので罠は多いが、広い分相対的な密度はやや薄め
      • 油断して歩くと危険な罠を踏む可能性もあるので、警戒は怠らずに
    • もちろん地震メッセージも出るので、[にく]付き剣や「くさったにく」で粘る場合は注意
    • ここに限った話ではないが、1フロアの床落ちアイテム数は24個が最大、それ以上は敵を倒してもドロップしない
      • 大部屋モンスターハウスを本で一掃したあとは大量のドロップアイテムが残るため、この状況になりやすい
      • 例として床落ちアイテムが24個の状態で、[にく]の付いた剣で肉をドロップする状態にして倒しても肉が出ない
  • B20は固定マップ
    • 出現モンスター:「ボマーG」3体
    • 出現アイテム:『ほのおのカギ』(入手済みの場合、26000Gに変化)、「いちがえのつえ」、「ゆうしゃのたて」
    • 『ほのおのカギ』は開始地点の真横、「いちがえのつえ」は水路を挟んで左、「ゆうしゃのたて」は水路で隔たれた右上にある
    • 「いちがえのつえ」は水路を越える手段があれば回収できるが、「ゆうしゃのたて」を取る場合はモンスターとの戦闘がある
      • 「いちがえのつえ」さえ拾えれば、それを使って「ゆうしゃのたて」のある側に渡ることはできる
    • 「ゆうしゃのたて」のある小部屋には「ボマーG」が3体いるので、それを倒す必要がある
      • [ばくだん]属性の割合ダメージを連発してくるので、盾に[ばくだん]をつけておきたい
      • 「ゆうしゃのたて」のある小部屋付近は、「ボマーG」の爆風でも破壊されない壁でできている
    • 称号チャレンジの★は「ゆうしゃのたて」のある側の出口そばなので、挑戦時は水路を渡る手段が必須
  • 序盤から敵の攻撃力が高く、レベルと装備が不十分だとたちまちやられてしまう
    • 『ほのおのダンジョン』だけあって、[ほのお]・[ばくだん]属性攻撃持ちや[みず]弱点が多い
    • 対応した属性を盾に付けるだけではなく、剣にも弱点をつけるものを用意したい
    • B1〜B4
      • 他より数段上の強さのモンスターにどう対処するかが重要となる
      • 「フレアミニ」は各種ステータスが高く、遠距離攻撃も持つので非常に危険な相手
        盾に[ほのお]を付けていても削りきられかねないため、無策で挑むのは避けたい
        通常攻撃の威力も高いので、封印状態にしても油断は禁物
      • B3の大部屋モンスターハウスで囲まれてしまわないよう、何か対策を用意したいところ
      • 「だいばくはつのほん」を持ち込んでおくと、この階層なら一掃できるため非常に楽
      • その他の敵は装備が揃っていれば比較的対処しやすいものばかりで、体力のある「しにん」が少々面倒な程度
    • B5〜B7
      • 敵の強さは他のダンジョンに比べ上であるものの、対策が必要なほどの別格はおらず、小休止といったところ
      • B3でうまく経験値を稼げていれば、そろそろ「フレアミニ」も怖くないはず
      • 「ボマー」の使う[ばくだん]攻撃は現HPの66%を奪うので、盾に[ばくだん]をつけて軽減したい
        隣接していると「ボマー」自身も爆風でダメージを受けるが、自爆して倒れた場合経験値は入らない
        経験値が欲しいなら、爆風で死なないようにダメージを調整すること
      • 「ウーサ」「コスタ」などの攻撃力がやや高いので、複数体を相手するときは注意
    • B8〜B12
      • 強力な敵が出現するようになるので、再び気を引き締めていくこと
      • 「フレイマ」は「フレアミニ」の強化版で、同じく高威力の遠距離攻撃を使う
        ステータスが他の敵より上という点も共通なので、アイテムを駆使すること
      • 「ヤード」や「コリーパ」、「ふじょし」なども、処理に手間取る厄介な相手
      • この階層では「ちゆスライム」を倒しきるのは大変なので、無視するのも手
    • B13〜B15
      • 「フレイマ」以外の敵の攻撃力もさらに上がるため、弱点を突いて戦いたい
      • 「しにがみ」や「カリカリ」など、攻撃力・体力の高い相手との連戦は避けるべき
    • B16〜B20
      • 剣に[みず]がないと削りきることも困難な強敵揃いになるため、戦闘は体力・アイテムの余裕を見て
      • 「らせん」は壁を背にし、「ホット」は退路を確保するなど、相手に合わせた位置取りを心がけよう
      • このダンジョンから出現する以下の三種は、出現フロアこそ少ないがいずれも厄介な敵ばかり
      • 「ほのおベリー」はステータスの高いベリー系の例にもれず、正面からやりあうのは危険である
        最大HPを減らされるのは冒険失敗に直結するため、盾に[きょうか]をつけるのを忘れずに
      • 「やきガニ」は「カリカリ」よりさらに硬く厄介であるが、水路を渡れないため付け入る隙はある
      • 「ボマーG」は「ボマー」の強化版であり、扱う爆弾がG相当の効果になっている
        受けるダメージの割合は変わらず、自爆ダメージは倍増しているものの、倍速移動かつ爆風で壁を破壊する
        他のダンジョンで遭遇した場合、想定した退路を破壊されたりアイテムが消滅するリスクが高いので注意
        その他にもレアモンスター【レアスライム】等も出現する


モンスター分布表   部分編集

モンスター名弱点階層
B1B2B3B4B5B6B7B8B9B10
ミニおばけ           
ほのおスライム        
マッドスライム        
フレアミニ        
いちごプリン          
つちっこ            
マドラ           
しにん           
こそドロ          
ハイスライム       
ドロドロ            
ホリー             
ボマー            
コスタ           
ほねほね            
ウーサ             
ロケット           
パワー    -        
ドロメス           
デビル             
かんしのめ         
つちスライム        
おおドロボウ         
ヤード           
コリーパ          
フレイマ          
でんきスライム         
ふじょし            
ちゆスライム          
ドドーラ            
モンスター名弱点階層
B11B12B13B14B15B16B17B18B19B20
かんしのめ           
ヤード            
コリーパ      
フレイマ       
でんきスライム        
ふじょし        
ちゆスライム   
ドドーラ    
りんぐ           
しにがみ       
カリカリ       
らせん          
ホット          
ほねナイト           
ほのおベリー       
やきガニ            
ボマーG            



最終更新
2017-10-27 (金) 08:30:32 (26d)
HTML convert time
0.086 sec.
edit