Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

勇者ダンジョン攻略Wiki

settings

ためしのダンジョン

ダンジョン概要   部分編集

  • 最下層:B35
  • 持ち込み 禁止

発生条件   部分編集

  • 『ふしぎなダンジョン』で『ふしぎなあかし』入手後

クリア条件   部分編集

  • B35にて『ためしのあかし』を入手後、まちへ戻る

特徴・攻略ポイント   部分編集

  • 『ふしぎなダンジョン』と同様、持ち込み禁止な上に識別というシステムが入ってくるダンジョン
    • 拾っただけでは効果や性能がわからないものが多いので、判別手段の確保が重要となる
    • 「しきべつのほん」や「しきべつのつえ」、「うりねのピアス」などの活用がポイント
  • 『ふしぎなダンジョン』以上に数多くのモンスターが出現し、入れ替わりも激しい
    • 称号チャレンジでつけられるスキル「ごうせい+」をうまく使おう
  • B5は店のみの固定マップで、B15は大迷路となっている
    • 店の品揃えのうち、「おにくのけん」「ぞくせいけん」「ぞくせいたて」「3れんピアス」は固定
      • ただし、けんとたては未識別品、+品、−品のどれになるかはランダム
      • 11000Gあれば4つとも買えるので、ある程度まとまった金額を持ち込むと有利になる
      • 特に「おにくのけん」(3000G)は食料調達が飛躍的に楽になるのでおすすめ
  • 敵の強化ペースが早く、しっかり対策しないとジリ貧になる
    • 手持ちの肉類と相談しながら、可能な限り粘ってレベルを上げていくこと
    • 属性攻撃持ちは危険な相手ではあるが、その属性の杖を落としやすいので見返りも大きい
    • B1〜B3
      • 敵もまだまだ弱いので、拾ったアイテムの識別のために色々試す余裕も作りやすい
      • 『ふしぎなダンジョン』の最序盤とほぼ同感覚で進める
    • B4〜B6
      • 装備やステータスが不十分な段階から、やや厄介な敵を相手にしなければならなくなる
      • 「ほのおスライム」や「マッドスライム」など、ダメージを軽減しにくい攻撃持ちは特に危険
      • 「ミニおばけ」や「いちごプリン」なども、体力の減った状態で戦うのは避けたい
      • B5で装備を整え、以後の探索に備えよう
    • B7〜B9
      • 体力に余裕を持たせればそこまで危険ではないが、後の階層のために弱点属性を突ける武器を準備していきたい
      • 「マドラ」の弱点の[かぜ]はほぼ全階層で弱点を突いていけるので便利
      • 「おばけ」などの弱点の[ほのお]は終盤で真価を発揮するのでキープしておきたい
    • B10〜B12
      • 弱点属性の使い分けを意識し、敵の特殊能力への対策も考えていきたい
      • [こおり]属性があれば「しにん」や「ハイスライム」などの面倒な相手を処理しやすい
      • 「まじょ」の使うワープ魔法は盾に[ワープ]がついていると無効化できる
      • 「みずスライム」から「みずのつえ」を稼いでおくと中〜終盤で有利になる
    • B13〜B15
      • [かぜ][こおり]属性弱点が多く、どちらかは武器につけておきたい
      • 「パワー」や「ホリー」、「ロケット」などに通路で逃げ道をふさがれないように
      • B15で「こそドロ」にアイテムを盗まれるとほぼ回収不可になるので注意
    • B16〜B18
      • [みず]や[かみなり]属性の重要性が大きく上がってくる階層
      • 受けるダメージもかなり上がってくるため、相応のレベルと装備を用意したい
      • 複数体の「あかオニ」「ヤード」「ふじょし」などとの連戦は極力避けるべき
      • 「ドロメス」は回避率が高く、アイテムも無効化するため弱点の[みず]属性で必中を狙うと対処が楽
    • B19〜B24
      • 動きを止める状態異常を使う敵に追い詰められやすいので、[まひ]や[ねむらず]のついたピアスが欲しい
      • 「ひかりのつえ」を拾えたなら「コリーパ」や「しにがみ」対策にうまく活用しよう
      • 「ちゆスライム」や「りんぐ」など、戦いが長引きやすい相手には特に注意
    • B25〜B34
      • ここからが本番ともいえるほど敵が強力になってくるので、属性の使い分けを意識
      • [ほのお]属性は「ひょうか」「クール」「アイスベリー」などの強敵と戦う上で重要
      • 「カリカリ」や「ほねナイト」、「ドドーラ」なども弱点を突かずに戦うのは得策ではない
      • 『ふしぎなダンジョン』では「いちごベリー」の出る階層が限られていたが、ここではほぼ出ずっぱりになる
        戦うなら[ひかり]属性のついた武器と、十分なレベル(40代でも消耗が激しい)を用意しないとつらい
        「アイスベリー」も同等のステータスを持った難敵なので、この二種にはアイテムはケチらずに
        盾に[きょうか]がついていればステータスダウンは無効化できるが、強敵には変わりないので注意
      • 「ゆきスライム」そのものは弱いが、[こおり]にされて他のモンスターに痛恨の一撃を食らわないように


モンスター分布表   部分編集

モンスター名弱点階層
B1B2B3B4B5B6B7B8B9B10B11B12B13B14B15
ミニスライム             
スライム♀  -            
おばけハット             
スライム             
ドーラ                 
つちプリン               
ドロボウ           
ミニおばけ             
つちっこ                
いちごプリン              
ほのおスライム          
マッドスライム          
ミイラ            
ほねっこ            
マドラ            
おばけ         
みずスライム         
ドロドロ            
あおオニ            
しにん            
まじょ            
ウーサ            
ほねほね            
くろオニ            
ハイスライム         
デビル            
こそドロ            
パワー-            
ホリー            
つちスライム            
ロケット            
モンスター名弱点階層
B16B17B18B19B20B21B22B23B24B25B26B27B28B29B30
ロケット            
ドロメス            
コスタ            
かんしのめ         
あかオニ            
ヤード         
ふじょし         
おおドロボウ            
コリーパ         
しにがみ         
でんきスライム         
ちゆスライム      
りんぐ   
ドドーラ   
カリカリ      
ホット            
ほねナイト         
ひょうか           
いちごベリー         
らせん            
クール            
モンスター名弱点階層
B31B32B33B34B35
かんしのめ 
ドドーラ 
カリカリ 
ほねナイト 
ひょうか   
いちごベリー 
らせん 
クール 
アイスベリー 
ゆきスライム  



最終更新
2017-10-27 (金) 08:30:32 (28d)
HTML convert time
0.137 sec.
edit