Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

テイルズオブエクシリア2攻略まとめWiki

settings

キャラクター

ルドガー   部分編集

名前ルドガー・ウィル・クルスニク(Ludger Will Kresnik)
CV近藤 隆
性別男性
年齢20歳
身長170cm
武器双剣、双銃、ハンマー
戦闘タイプ銃剣槌士
特性ウェポンシフト(L1+R1 or L1+R2)、骸殻能力(L3+R3)
パートナー固有サポートミラーリング

テイルズ オブ エクシリア2の主人公。
エレンピオスの都市にある『トリグラフ』で、兄ユリウスと一緒に生活しているごく普通の青年。
ユリウスの仕事が忙しいため、愛猫ルルの世話を含め、家事のほとんどはルドガーが請け負っている。
どんなものを作っても、ユリウスが美味いと言ってたくさん食べてくれるため
気づけば相当数の品数を作れるようになっており、料理の腕前はかなりのもの。
憧れの大企業クランスピア社への就職に失敗し、苦労の末トリグラフ駅食堂への就職が決まった。
出勤初日、駅へと向かった矢先に見知らぬ少女エルと共に事件に巻き込まれ、
多額の借金と世界の運命を背負う事になってしまう。

キャラ性能   部分編集

  • 特性「ウェポンシフト」で、戦闘中に武器を変更しながら戦うことができる。
    • L1 R1同時押しで双剣→ハンマー→双銃へと変更、L1 R2同時押しで逆方向に変更する事も可能。
    • 同一武器、武器変更どちらでも連携及び共鳴術技チェインができる。
      武器毎に使用可能な技が異なっており、ルドガーの技登録は武器毎に設定できる。ちなみに各武器の技数は16ずつでアーツボール解放時の最大登録数と丁度同じ。
    • 何処からでも攻撃に持っていける術技のバリエーション故に技を適当に連発するオートは消耗が凄まじく早い。使わないときはフェアリィリング等でサポートを。
  • 時間経過によって右下の骸殻ゲージが溜まり1以上になった状態でL3+R3同時押しによりルドガーが変身し、敵を異空間へ引きずりこむことが可能。
    • フリーランでの移動中はゲージが溜まらない。逃げながら溜めるならサイドステップで回避しながら溜まるのを待とう。
      変身時に自身にかかっている状態変化は解除される。
    • 変身中は異空間に敵全員とルドガーのみが存在する状態になるが、 HPやTP、AC等の概念がなくなる。ダメージを受けないように立ち回れば長い間変身していられる。
      威力の高い攻撃を受けるとゲージがゴリゴリと削られるのでボスを相手にする場合は要注意。
    • 変身中は武器が槍に固定、術技が通常攻撃での連携回数に応じて変化する形になる。連携回数ごとの術技は固定。
    • メインチャプター6「クランスピア社」で第1段階が解放。Chapter13後半〜14後半までは一時的に使えなくなる。
      第2段階はチャプター8/9「歌声は海幕に谺す」、第3段階はチャプター15「兄の願い、弟の意志」、最終形態はチャプター16「審判の門にて」で解放。
    • オート操作にしても骸殻は使用せず温存する。しかし戦闘参加キャラ4人ともオート操作にした場合は骸殻を使用し、秘奥義まで持っていく模様。
  • パートナー固有サポート「ミラーリング」はマスターのパートナー固有サポートを真似する。
    • 原理は不明だがバインドやティポドレイン、トラクタームーブまで完璧に再現できる。
      これほど多芸なのになぜ就職に苦労するのかなどと突っ込んではいけない。
  • 1周目はルドガーになりきってもらうためにボイスは少なくしてあり、2周目でボイス有無を選択できる。ちなみに北米版では最初から普通に喋る。
    • 新しく喋るのは選択肢の台詞と共鳴術技時のパートナーへの呼び掛けだけ。
    • 1周目は戦闘メンバーから外せずクリアデータからサブメンバーに置ける。ただし街の中でのリーダーはルドガー固定。

武身技   部分編集

  • 武器が3つある為に術技の数も飛びぬけて多く、勿論全属性完備で何でもできる。
  • ウェポンシフトを利用した弱点連携をスムーズに行うために術技使用回数による付与効果を取るついでに色々と試してみると良い。

双剣   部分編集

  • 最初から使える武器。攻撃の手数は多いが攻撃範囲が狭い。デフォルトで斬属性がついている(ただしL1+←→+○攻撃での蹴りは打属性)。
    名称消費TP属性hit空中習得 / 強化追加効果備考
    ソウハジン
    蒼破刃
    42100初期
    (50):Lv1 共鳴術技ダメージ増加
    Lv.2 確率でAC消費なし
    Lv.3 クリティカル率上昇
    Lv.4 属性連携時間増加
    100回:空中発動可回転し刀を振りぬき緑の弾を出す。
    空中では斜め下に弾を放つ。
    解説欄にも書かれているが射程が短いのが問題点
    マジンケン
    魔神剣
    42絶技の書「魔神乃剣」青年用 / なし100回:射程上昇
    200回:敵貫通、ダウン起こし
    ジュードとの親密度5段階で習得。使用回数で手早いダウン起こし。
    ×押しっぱなしで魔神剣・双牙に派生(スキル「セカンドアーツ4」が必要)。
    コガハザン
    虎牙破斬
    62100絶技の書「虎牙破斬」青年用 / なしガイアスの親密度5段階で習得。切り上げで飛び上がり斬りつけつつ自分も着地。
    空中版の性能はアルヴィンのものに近く、叩きつける効果はない。
    ×押しっぱなしで虎牙連斬に変化(スキル「セカンドアーツ5」が必要)。
    イチジン
    一迅
    61100(15) / Lv1 確率でAC消費なし
    Lv2 攻撃力増加(空中)
    Lv3 属性連携時間増加
    Lv4 共鳴術技ダメージ10%増加
    気絶中の敵にクリティカル
    ダウン起こし
    200回:溜め短縮
    二刀を正面に突き出して敵に突進する。
    ダウン起こし効果が付いているので鳴時雨等と組み合わせると有効
    使用回数で技の出も速くなると牽制に使える。
    空中では距離を詰めるのに使える。
    ×押しっぱなしで一迅裂双に派生(スキル「セカンドアーツ」が必要)。
    ゴウガショウ
    轟臥衝
    81100(15)
    (230):Lv1 硬直時間増加
    Lv.2 属性連携時間増加
    Lv.3 共鳴術技ダメージ増加
    Lv.4 確率でAC消費なし
    ダウン中の敵にクリティカル
    ダウン起こし
    200回:飛び込み距離延長
    刀を回転させつつとびかかり突き刺す。攻撃判定発動までに時間があり、
    ダウン中の敵にクリティカルを発生させ引き起こす効果もあるのでダウン追撃用として使うのが効果的。
    また、飛びかかりはそこそこの距離が開いていても間合いを自動で詰めてくれるが
    発動した直後の敵の位置に飛んでいくので鳴時雨などの浮かせてダウンさせる技から繋ぐと
    一部の軽い敵はこの技を発動中も吹き飛び続け当たらない位置に剣を振り下ろすという事もある。
    キョウゲツセン
    鏡月閃
    92100(160) / Lv1 硬直時間増加
    Lv2 状態変化頻度上昇
    Lv3 確率でAC消費なし
    Lv4 共鳴術技ダメージ増加
    踏み込み→回転斬り→バックステップ。バックステップ時に引き寄せ効果があるが、密着状態から出すと1キャラ分ほど距離が空いてしまう。
    空中で連発するとACが許す限り浮いていられる。
    ナキシグレ
    鳴時雨
    106初期
    (160):Lv1 属性連携時間増加
    Lv.2 共鳴術技ダメージ増加
    Lv.3 鋼体ブレイク性能強化
    Lv.4 クリティカル率上昇
    ダウン
    100回:GB値増加
    素早く切り刻み、〆に蹴りでダウンさせる武身技。ダウン起こし性能を持つ一迅や轟臥衝とセットで使おう。
    序盤からでも雑魚相手なら通常攻撃→鳴時雨→一迅→通常攻撃(以下ループ)で無限コンボが可能。
    ジュウレッパ
    重裂破
    122+1/ Lv1 攻撃力増加
    Lv2 気絶確率上昇
    Lv3 共鳴術技ダメージ増加
    Lv4 攻撃力増加
    100回:hit数+1
    200回:飛び込み距離延長
    前方への一回転と共に敵を割り砕く。ガードブレイク性能が高い。
    ライプウジン
    雷封刃
    145/ Lv1 硬直時間増加
    Lv2 属性連携時間増加
    Lv3 ガードブレイク値増加
    Lv4 状態変化頻度上昇
    100回:爆発範囲拡大雷の球を飛ばす。敵を押し込むため距離が開く。
    雷球は速度が遅いので打ち上げた敵の足元に設置するように放つと空中で削れる。
    グレンショウブ
    紅蓮翔舞
    173100/ Lv1 攻撃力増加
    Lv2 属性連携時間増加(空中)
    Lv3 消費TP減少
    Lv4 攻撃力増加(空中)
    100回:空中攻撃に連携可
    200回:hit数+1
    サマーソルトで浮かせてから剣で斬る。コック衣装+卵焼きセットでファイヤービッグシェフに変化
    連発すると空中へと敵を運搬可能
    弱点連携の〆にオススメ(反撃を受けてもルドガーの落下により回避できる為)
    ファイヤービッグシェフ16-コック衣装+卵焼きセットで紅蓮翔舞が変化。元技と違い、空中発動できなくなる。
    発動中に卵焼きセット以外の双剣を装備すると・・・?
    ヌレバガリ
    濡羽狩
    183+1×/ Lv1 攻撃力増加(空中)
    Lv2 属性連携時間増加(空中)
    Lv3 敵の硬直時間増加(空中)
    Lv4 鋼体ブレイク値増加(空中)
    100回:衝撃波追加切りつけ二回+蹴り上げ。使用回数増で蹴り上げとともに紫色の炎を出す。
    出も早く隙も少なくコンパクトで使いやすい。
    強化に「〜増加(空中)」とあるが、これは空中の敵に対してダメージがアップするという意味で、空中発動可能になるわけではない。
    アサルトダンス255×絶技の書「襲撃連舞」 / なし100回:動作速度上昇ミラの親密度5段階で習得。使用回数によりモーションが高速化。
    鳴時雨のようにダウンさせないが、動作が長く、鋼体ブレイクもない。
    マイハダレ
    舞斑雪
    271100/ Lv1 気絶確率上昇
    Lv2 硬直時間増加
    Lv3 OVLゲージ増加率上昇
    Lv4 ガードブレイク値25%増加
    200回:ダウン起こし素早い切り抜け攻撃。敵をすり抜ける。1ヒットの割にはかなり高威力のため、属性連携中にこまめに挟むと、隙の少なさも相まっていいダメージソースになる。
    ×押しっぱなしでさらに切り返す「斑雪返」に派生(スキル「セカンドアーツ」が必要)。
    空中版の斑雪返は敵を突き抜け、斜めに上昇しながら切り返して元に戻ってくる。
    「斑雪返」は敵に背を向けてしまうが、操作モードがセミオートの場合は自動で振り向いてくれる。
    シエン
    刺宴
    424〜10×/ Lv1 クリティカル率上昇
    Lv2 消費TP減少
    Lv3 OVLゲージ増加率25%上昇
    Lv4 鋼体ブレイク値10%増加
    100回〜:hit数増加二刀を順手に持って連続突き。使用回数100回で×長押し時に追加攻撃発生。
    敵を浮かしもダウンもさせない。やけにダメージの高い高性能技。
    ただ技後に少しだけ隙があり、連発は注意。
    100回/200回/400回でそれぞれhit数が+2される。
    オボロイタチ
    朧鼬
    483100:(1880) / Lv1 攻撃力増加
    Lv2 硬直時間増加
    Lv3 クリティカル率上昇
    Lv4 消費TP減少
    200回:ダウン起こし奥義
    切り抜け二回と斜めからの追撃一回。
    空中で発動すると技後は斜めに落下する。
    ソウジンランブ
    双針乱舞
    6412絶技の書「双針乱舞」青年用 / なし100回:動作速度上昇
    200回:ダウン起こし
    奥義
    ストーリークリアで習得。兄ユリウスから受け継いだ二刀を使った乱舞攻撃。
    範囲は広く攻撃力も高いが技後の隙が大きい。
    余談だが「受け継いだ」とあるがユリウス自身は使ってこない。

ハンマー   部分編集

  • ストーリー進行で解放。攻撃の出は遅いが攻撃発動まで鋼体が付くので、ゴリ押ししても敵の攻撃で怯みづらい。デフォルトで打属性がついている。
    名称消費TP属性hit空中習得 / 強化追加効果備考
    サイカトリス101×初期 / Lv1 気絶確率上昇
    Lv2 硬直時間増加
    Lv3 ガードブレイク性能強化
    Lv4 消費TP10%減少
    200回:吹き飛ばし距離増加
    400回:回復効果2倍
    1000回:硬直時間減少
    ルドガー版の守護方陣といえるが、魔法陣に攻撃判定は発生しない代わりに初撃で敵を大きく吹き飛ばす効果がある。
    魔法陣上の味方のHPを回復する(最大HPの5%×3)
    スキル「カウンターアーツ」を付けると敵からのダメージ中でも発動可能。発動時「カンテ・サイカトリス」に技名変化。
    ピコハン3絶技の書「遊戯追落」青年用 / なし気絶エリーゼの親密度5段階で習得。ハンマーの技としては隙が少なく出も早いがその分威力は控えめ。
    インヴァイタブル5-×/ Lv1 共鳴術技ダメージ増加
    Lv2 確率でAC消費なし
    Lv3 確率でAC消費なし
    Lv4 共鳴術技ダメージ増加
    nnn回:効果範囲拡大ハンマーを真上で振り回す防御技。青いフィールドを広げその内にいる味方を防御。
    スキル「ディフェンドアーツ」装着時ボタン長押しで持続時間が伸びる。
    ソート・ラルデ61100初期 / Lv1 気絶確率上昇
    Lv2 確率でAC消費なし
    Lv3 硬直時間増加
    Lv4 共鳴術技ダメージ増加
    ダウン中の敵にクリティカル高く跳躍し、一気に振り下ろす。
    簡単にダウンを奪うファンガ・プレセと合わせると余程の実力差が無い限り一方的に敵を潰せる。
    共鳴術技のゴルドカッツや円閃襲落と合わせるとさらに完璧。
    アヴァント・ポステ61×/ Lv1 攻撃力増加
    Lv2 ガードブレイク性能強化
    Lv3 鋼体ブレイク性能強化
    Lv4 共鳴術技ダメージ増加
    気絶中の敵にクリティカル×押しっぱなしでアヴァント・ナーヴに派生(スキル「セカンドアーツ2」が必要)。
    アッパーブライス81×初期 / Lv1 攻撃力増加
    Lv2 気絶確率上昇(空中)
    Lv3 硬直時間増加
    Lv4 攻撃力増加(空中)
    ダウン敵を高く打ち上げる。敵は放物線を描くため、横にも大きく移動させる。
    ふっ飛ばしてダウンさせたらステップで追いかけてソート・ラルデをすると強力。
    ファンガ・プレセ12×/ Lv1 ガードブレイク性能強化
    Lv2 鋼体ブレイク性能強化
    Lv3 硬直時間増加
    Lv4 属性連携時間増加
    ダウン敵を吹き飛ばし、ダウンさせる。出が早い
    空中に吹き飛ばさずすぐ地面にダウンさせるため実質リカバリングされないという性質を持つ。
    マイトチャージ2以上を乗せたファンガ・プレセから弱点連携を始めるとコンボを繋ぎやすい。
    打撃属性を持たないため打撃耐性のある敵にもとりあえず連打でダメージを稼げる。
    ダウンもさせやすいのでレイアの盗みを発動させやすい
    アリエル・ガーデ161×/ Lv1 気絶確率上昇
    Lv2 クリティカル率上昇
    Lv3 確率でAC消費なし
    Lv4 共鳴術技ダメージ増加
    後方を払い、正面を打ち上げる。後方の敵を高確率気絶させる。
    ヒエンショウセン
    飛燕翔旋
    162絶技の書「飛燕翔旋」青年用 / なし200回:ダウン起こしレイアの親密度5段階で習得。挙動はレイアのものとほぼ同じだが属性は打撃のみ。
    ハンマーには空中発動可能な技が少ないので打ち上げすぎたら双剣に持ち替えよう
    サキオン・アクセ20×(160) / Lv1 硬直時間増加
    Lv2 攻撃力増加
    Lv3 OVLゲージ増加率上昇
    Lv4 状態変化頻度上昇
    ボタン長押しでハンマー投げ前動作が長くなるが最大で2倍ダメージ
    最後のヒットで引き寄せるため次に繋げやすい。
    アンスタブル・マイン21×/ Lv1 硬直時間増加
    Lv2 属性連携時間増加
    Lv3 状態変化頻度上昇
    Lv4 鋼体ブレイク性能強化
    ゴルフスイングで小火球を打ち出す。
    火球は敵を貫通し、地面に触れると魔法陣となり、敵が触れると爆発。ボタンおしっぱなしで打った瞬間に即爆発する近距離技になる。
    アッパーブライスで敵を弾き飛ばす距離と火球の飛距離が同じぐらいで、簡易コンボになる。
    ブロイ・テーレ26×/ Lv1 ガードブレイク性能強化
    Lv2 硬直時間増加
    Lv3 攻撃力増加
    Lv4 鋼体ブレイク性能強化
    ダウン起こし突進してスイング。
    エオリエーネ31×/ Lv1 属性連携時間増加
    Lv2 消費TP減少
    Lv3 OVLゲージ増加率上昇
    Lv4 状態変化頻度上昇
    炎を纏って回転スイング→勢いをつけて振り下ろし。ボタン押しっぱなしで回転数が増える。
    スキル「カウンターアーツ」を付けると敵からのダメージ中でも発動可能。発動時「カンテ・エオリエーネ」に技名変化。
    デストリュクス39×/ Lv1 気絶確率上昇
    Lv2 硬直時間増加
    Lv3 状態変化頻度上昇
    Lv4 消費TP減少
    ルドガー版の魔王地顎陣。使い込むと攻撃範囲が広がる。
    出は早くないのでダウン追撃用に。破壊力と範囲は折り紙つき。
    マギカ・ブレーデ54×:(1410) / Lv1 攻撃力増加
    Lv2 攻撃力増加(空中)
    Lv3 クリティカル率上昇
    Lv4 状態変化頻度上昇
    ダウン起こし
    200回:追加攻撃
    奥義
    ハンマーに鎌状の光の刃を纏わせ回転攻撃する。使用回数によって次元を裂いたようなエフェクトの追加攻撃が発生。
    奥義の名にふさわしい頼もしい技。威力・ブレイク力共に高く、若干浮かせながら押しこむため反撃の機会を与えにくい。
    追加攻撃は隙をフォローしてくれるので攻めがさらに盤石に。面白みはなくなるが連発するだけで大体の局面がどうにかなる。
    ファンドル・グランデ60×/ Lv1 消費TP減少
    Lv2 硬直時間増加
    Lv3 気絶確率上昇
    Lv4 OVLゲージ増加率25%上昇
    ダウン起こし
    ダウン
    使用回数200で攻撃範囲拡大
    奥義
    氷塊を前面に展開する。威力・攻撃範囲ともに申し分なく、ハンマーの武身技の中でも抜きん出ている。
    地耐性が無い敵なら石化付与で無限ループ可能(「!」除く)
    大体が石化してしまうので気づきにくいがダウン効果がある

双銃   部分編集

  • ストーリー進行で解放。攻撃の射程は長いが移動が遅い。デフォルトで射属性がついている(踵落としもサマーソルトも射属性)。
  • 双銃を構えて一度に放つ武身技は、これらの中の別の技から連携すると発射前の溜め動作が省略される。
    • ロクスウィング
    • エイミングヒート
    • フィアフルウィング
名称消費TP属性hit空中習得 / 強化追加効果備考
バブルストーカー61初期 / Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 硬直時間増加(空中)
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
ゆらりと動く泡の弾を放つ。長押しで泡の速度を遅くできる。技として使うとそれほど強くないが共鳴術技が強力。
スタンブリッツ61絶技の書「雷縛粒子」青年用 / なしミュゼの親密度5段階で習得。
回転しながら小ジャンプし周囲に銃撃。気絶を誘発する。全体的にモーションが短い。
ゼロディバイド9/ Lv1 鋼体ブレイク性能強化(空中)
Lv2 硬直時間増加
Lv3 クリティカル率上昇(空中)
Lv4 攻撃力増加(空中)
nnn回:射程延長前作ではジランドが使っていた技。
ターゲットの背面に回り込む性質を持つ弾を発射。
当たった敵は手前に少し引き寄せられる。
ホーミングするので地上・空中を問わず当てやすい。
さらに鋼体ブレイク性能も高く、ダウン起こしもできる。
近距離では当たらない点が問題
アンビュスマーチ6100絶技の書「陣行進曲」青年用 / なしローエンの親密度5段階で習得。地面に一発魔法陣を打ち込み、触れると岩が隆起。
ロクスウィング12×初期 / Lv1 OVLゲージ増加率上昇
Lv2 攻撃力増加
Lv3 硬直時間増加
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
ダウン中の敵にクリティカル弧を描く弾丸を発射する。当たった敵は着弾地点に集められる。
ヴォルテックチェイサー12×/ Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 気絶確率上昇
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 攻撃力増加
前方に放電を行う雷球を発射。前作ではジランドが使っていた技
素早くバックステップを行うので接近してきた敵を迎撃しながら距離をとれる
ラピッドレンジ21×(230) / Lv1 気絶確率上昇
Lv2 鋼体ブレイク性能強化
Lv3 硬直時間増加
Lv4 消費TP減少
2属性の乗った弾丸を連射する。ボタン長押しで「ラピッド・フルバースト」に派生。(スキル「セカンドアーツ3」が必要)
レインバレット18×絶技の書「豪雨乱撃」青年用 / なし100回:攻撃範囲拡大
200回:発射速度短縮
アルヴィンの親密度5段階で習得。使い込むとより沢山の銃弾を降らせることができる。
クイックフリッカー162×初期 / Lv1 共鳴術技ダメージ増加
Lv2 攻撃力増加
Lv3 硬直時間増加
Lv4 確率でAC消費なし
100回:ステップに無敵時間発生右ステップ後に二回射撃。
タイドバレット24×/ Lv1 ガードブレイク性能強化
Lv2 硬直時間増加
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
ダウン起こし / ダウン中の敵にクリティカルアルヴィンと動きが違い前方地面にそのまま撃って十字の衝撃を発生させて攻撃。また、アルヴィンとは属性も違う。
トライスパロー243100/ Lv1 OVLゲージ増加率上昇(空中)
Lv2 消費TP減少
Lv3 鋼体ブレイク性能強化(空中)
Lv4 属性連携時間増加(空中)
200回:貫通効果付与回転しながら三発風属性の誘導弾を放つ。三発目でダウン。
スタビリィエイム291×/ Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 属性連携時間増加
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 硬直時間増加
気絶中の敵にクリティカル
100回:ステップに無敵時間発生
左ステップ後に射撃。
クイックフリッカーと対になる軌道だがこちらは射撃が一発。
エイミングヒート35×/ Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 消費TP減少
Lv3 ガードブレイク性能強化
Lv4 攻撃力増加
nnn回:射程延長ロクスウィングと似た軌道で炎の弾丸を打ち出す。弾は敵の足元に落ち爆発して打ち上げ&ダウン。
ブラッディブレイズ50×/ Lv1 消費TP減少
Lv2 状態変化頻度上昇
Lv3 状態変化頻度増加(空中)
Lv4 クリティカル率上昇
バラが散るエフェクトとともに連続射撃。締めは蹴りおろしモーションだが離れていてもきっちり当たる。
使い込むと途中でキャンセルできなくなる。
フィアフルウィング55×/ Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 硬直時間増加
Lv3 クリティカル率上昇(空中)
Lv4 硬直時間増加(空中)
100回:竜巻の数増加奥義
両手を広げ銃撃し闇属性の竜巻が4つ出現。竜巻は浮かせながら敵を押し込む。
一部の技から連携すると溜め動作が短縮される。
レクイエムビート64100/ Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 消費TP減少
奥義
宙返りし空中から前方の地上を掃射。光の衝撃波が立ち上る。
空中で発動した場合その場で連射。衝撃波のエフェクトはなくなる。
安全な空中から一方的に攻撃できる。使用回数で空中での発動が早くなる。

骸殻   部分編集

  • ストーリー進行で解放、第1段階の状態で秘奥義を除く全ての技が使用可能。
    • ストーリー上での扱いやこの手の変身能力のお約束から、濫用するとルドガーの身体に影響が出たり、バッドエンド行きになったりするなどのデメリットがあるような印象があるが、本作ではそういったデメリットは特に存在しない。むしろ、称号獲得やEコア倍増などの特典もあるので、積極的に変身していこう。
      • トロフィー「優しき骸殻抑制者」の取得条件はChapter13終了後からゲームクリアまで骸殻の使用回数が50回未満となっているので、その点だけは注意。
    • 骸殻発動中、敵は秘奥義を出してこない。そのため敵のOVL→秘奥義発動を阻止するためにも非常に有効。
      この場合むやみに攻撃せず距離を取り時間を稼ぐと吉。
  • 技は全て無属性なので敵の弱点、耐性に関係なくダメージを与えられる。
    • ダウン効果がある技が多数あるが、骸殻時のルドガーの攻撃はダウン起こし効果があるので問題なく連携可能。
    • この状態でもスキル「アサルトステップ」の効果が適用されるので無属性のタックルも行なえる。覚えておいて損は無い。
      スキル「クルスニク3」取得後、フロントステップ使用で相手の目の前に瞬間移動する。
  • 9属性連携後に発動すると大ダメージが見込める。
    • この状態でスキル「オーバーフォーム」(変身中にアピールで骸殻ゲージ減少速度を50%減少させる)を発動させる為には、
      ジュードとのリンクアーツ獅儘封吼を使用すればよい。長時間気絶させるため、変身してからのアピールが間に合い、9属性連携の倍率を保持したまま変身時間が約2倍となる。
    • ギガントEXに対して、クリア後のイル・ファン武器、レベル100、戦闘難易度アンノウン料理なしという条件で、変身中だけで100万以上のダメージを与えることができる。
    • 人型ボスの場合ダウンさせると高確率でリカバリーをとってくるが、下記骸殻コンボのようにすれば、ゲージが続く限り一方的にハメ続けることが出来る。
  • BGMが二つある衣装(初回特典エミル衣装やDLCルカ衣装など)は、骸殻終了後にもう一方の曲に切り替わることがある。
  • 変身段階による威力倍率に対するプラス補正があり、第二→1.3倍 第三→1.6倍 最終→2倍のプラス補正がかかる。
    威力倍率によるプラス補正とのバランスを考えてか、槍の攻撃力は物攻89・魔攻77と初期武器より威力が低いものとなっている。
    骸殻の攻撃は全て物魔比率が5:5になっている。
    よって、骸殻時の基礎火力を底上げするなら両方を満遍なく強化したほうがいい。無心で薬草を買い集めよう。
名称コマンドhit空中追加効果備考
ソウハジン
蒼破刃
×4
(2)
ダウン(空中時)双剣の同名技より強化、巨大化させた真空波を飛ばす。
地上発動では敵を押し出し、空中発動では爆発を起こす。
多段ヒットするようになったが射程の短さは相変わらず
ゼツエイ
絶影
上+×1-瞬時にターゲットの元へ移動し攻撃する。この特性からターゲットを変えての攻撃や回避に重宝する。
攻撃の後から着地までに隙があるが、これは蒼破刃か絶影に連携することで補完できる。
エリーゼとの同名の共鳴武身技とは性能が異なる
マイハダレ
舞斑雪
横+×1×ガード/鋼体ブレイク双剣の同名技より強化、移動距離が長いのでこれを連発しているだけでも強い。
敵の背後にまわる特性があるが、マニュアルで連発してもターゲットに振り返って攻撃してくれる。
ゼロディバイド下+×1×-双銃の同名技より強化、敵一体ずつに弾を飛ばして引き寄せる。
アッパーブライス○×1×ダウンハンマーの同名技より強化、より高く吹っ飛ばす。
ヘクセンチア○○×2×ダウン槍を振り回し、周囲の足元から光の柱を発生させる。
そこそこ威力が高く、初段の攻撃は確実に敵を仰け反らせるので、ボス戦ではこれを主軸に戦っていこう
シダーエッジ○○○×5×ダウン高速で2回斬りつける。
範囲は狭いが威力が高く、素早くダメージを与えられるので単体相手に。
ジ・エンド○○○○×5×ダウン拳を地面に打ちつけ、その衝撃で周囲を攻撃する。
ヘクセンチアより広範囲を満遍なく攻撃可能。
威力も高いのだが、発動まで時間がかかるのが難点
ソウジンランブ
双刃乱舞
○○○○○12
(13)
×ダウン槍と蹴りを交え、高速で乱舞を繰り出す。シダーエッジの強化版。
第4段階時は双剣の武身技と同様の双針乱舞に変化。
バドブレイカーL1+○2×ダウン槍を回転させながらブーメランのように投げつける。第2段階以上になると秘奥義に連携可能。
エイミングヒートL1+横+○5×ダウン炎を飛ばし命中すると火柱を発生させる。ターゲットを直接攻撃可能。

秘奥義   部分編集

名称パートナー属性hit習得備考
バッサイザン・アヤミ
祓砕斬・零水
-スペシャル習得通常時
銃を上に投げハンマーでの打撃と2刀による激しい乱舞攻撃を行い、〆に銃をキャッチし銃撃で敵を殲滅する秘奥義。
威力は演出中に使用する武器に依存。
マター・デストラクト-25メインチャプター8/9骸殻第2段階以上、L1+○ボタンで技を繰り出したあとに○ボタン長押しで発動。
周囲に発生させた小さな槍を連続で投げつけてから自身の槍も投げつけ、最後に一閃する。
見た目の通り、前方に特化した秘奥義。
位置次第では複数のターゲットを巻き込める
ケイガ・ソウジンランブ
継牙・双針乱舞
--26ゲームクリア骸殻最終段階、L1+○ボタンで技を繰り出したあとに○ボタン長押しで発動。
小さい槍を投げるまではマター・デストラクトと同じだが、その後は無数の高速斬撃、最後に横に薙ぐ一閃でフィニッシュ。
テンショウフウバクサツ
天招風縛刹
ジュード親密度ジュードとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。
二人の息がぴったり合ったコンビネーション技。強烈な連撃の嵐で、竜巻を巻き起こす。
親密度最大で「十臥・風縛刹(ジュウガ・フウバクサツ)」という名前に変更可能(台詞変更)。
リバースクルセイダーミラ30親密度ミラとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。広範囲攻撃
バレット・クルシフィクションアルヴィン親密度アルヴィンとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。
ベンヴェヌート・エンフェルネエリーゼ親密度エリーゼとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。
親密度最大で「ピンク・ピンカー・ピンキスト」という名称に変更可能(台詞変更)。一聴の価値あり。
ティーロ・スフォルツァンドローエン親密度ローエンとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。
レツ・シンノウアッサイゲキ
烈・震皇圧砕撃
レイア親密度レイアとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。
親密度最大で「ルドガドガハンマー」という名前に変更可能(台詞変更)。
選択肢では「激圧!ルドガドガハンマー」と書いてあるが「激圧!」は表示せず
センケンザンウ・ガオウセンレツコウ
閃剣斬雨・駕王閃裂交
ガイアス親密度ガイアスとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。
親密度最大で「我威留怒・魂微音維紫苑(ワイルド・コンビネーション)」という名前に変更可能(台詞変更)。
クルーアル・グラヴィティミュゼ親密度ミュゼとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。

基本コンボ   部分編集

  • 以下コンボに関しては「使用回数による付与効果」を前提としている物もある為、事前に確認しておくと良い。
    1鳴時雨 → 轟臥衝 or 一迅
    Chapter1の時点でも可能なコンボ。鳴時雨でダウンさせた相手に追撃してダウンを起こし、さらなるコンボに繋いでいく。
    轟臥衝は威力が高いが鳴時雨の当たり具合によってはスカってしまうリスクもある。一迅は安定性重視。
    ダウンさせてからダウン起こし技で追撃する、という流れは他の場面でも応用できるパターンなので覚えておこう。
    2(マイト2) → ファンガ・プレセ → ソート・ラルデ
    上述したパターンのハンマー版。ファンガ・プレセはリカバリングされづらい性質を持つので、弱点属性連携の始動としてとても優秀。
    万が一2HIT目からカウンター(青色の「」)されても、相手はダウンしているので反撃に備えやすい。
    序盤から可能なコンボだが、最終盤まで役に立ってくれるはず。
    3ロクスウィング or エイミングヒート → フィアフルウィング
    奥義「フィアフルウィング」は、威力・攻撃範囲どれをとっても一級品だが、発射前に構えを取って溜める動作ががあるため隙が大きい。
    「ロクスウィング」「エイミングヒート」から連携すると、その構えが省略されるのでまったく隙がなくなる。
    エイミングヒートはフィアフルウィングと同じく攻撃範囲が広いので雑魚敵殲滅に向く。
    ロクスウィングは射程や威力は控えめだが、ダウン起こし性能を持つので、ダウン技であるエイミングヒートと相性がよい。
    4蒼破刃 → 重裂破 → 濡羽狩 → アサルトダンス → 紅蓮翔舞 → 朧鼬 → 双針乱舞
    双剣のみ使用。無駄を省いた、とりあえず属性連携を狙う簡易コンボ。
    双針乱舞で浮かせダウンさせるので、ウェポンシフトして属性連携を続行したり、骸殻秘奥義への連携が可能。
    5ソート・ラルデ → ファンガ・プレセ → ブロイ・テーレ → エオリエーネ → ファンドル・グランデ → マギカ・ブレーデ → デストリュクス
    ハンマーのみ使用。上記同様の簡易コンボ。
    デストリュクスで浮かせダウン。
    6タイドバレット → トライスパロー → ロクスウィング → エイミングヒート → フィアフルウィング → ゼロディバイド → レクイエムビート
    双銃のみ使用。上記同様の簡易コンボ。
    レクエムビートは相手に届かなかったりカス当たりしたりするので、ゼロディバイドで引き寄せる。
    7ブラッディブレイズ → アンビュスマーチ → レインバレット → ラピッドレンジ → フィアフルウィング
    双銃のみ使用。上記同様の簡易コンボ。 
    8一迅 → L1+○ → ウェポンシフト(ハンマー) → 飛燕翔旋 →[ウェポンシフト(双剣)→ 鏡月閃 →]
    ウェポンシフト(双銃)→ バブルストーカー → レクイエムビート → アンビュスマーチ → トライスパロー → ゼロディバイド → 一迅 → 朧鼬 → アンビュスマーチ設置ヒット
    とても便利な空中コンボ
    フィールド端だとゼロディバイドが近すぎて当たらないので鏡月閃で距離を開ける 
    9一迅 → ウェポンシフト(双銃)→ ラピットレンジ → L1+○ → ウェポンシフト(ハンマー) → L1+○ →
    ウェポンシフト(双銃)→ バブルストーカー → アンビュスマーチ → ゼロディバイド → ウェポンシフト(双剣) → 轟臥衝
    低コストの地上単独9属性連携
    TP消費は奥義1回分 
    10レクイエム(地上で発動) → アンビュスマーチ → ウェポンシフト(双剣) → 舞斑雪 → 斑雪返 → 轟臥衝
    相手に受け身を取らせず、轟臥衝を当てるのに重宝する。

弱点連携一例   部分編集

1重裂破→刺宴→L1+R1→ファンガ・プレセ→ソート・ラルデ→ブロイ・テーレ→サキオン・アクセ→L1+R1→バブルストーカー→ブラッディブレイズ→トライスパロー→やや浮いたのを見て変身→バドブレイカー→秘奥義
先行入力が容易な技を繋ぎに使い、出来るだけ簡単を意識コンボ。
2重裂破→蒼破刃→アサルトダンス→刺宴→ブラッディブレイズ→ソート・ラルデ→マギカ・ブレーデ→ブロイ・テーレ→マギカ・ブレーデ→エオリエーネ→マギカ・ブレーデ→ファンドル・グランデ→浮いたあたりで変身→バドブレイカー→秘奥義
上記の改訂版。
3マイトチャージ3→ファンガ・プレセ→ソート・ラルデ→マギカ・ブレーデ→ブロイ・テーレ→マギカ・ブレーデ→エオリエーネ→マギカ・ブレーデ→ブラッディブレイズ→タイドバレット→ブラッディブレイズ→アサルトダンス→蒼破刃→アサルトダンス→刺宴(追加)→双針乱舞→浮いたの見て変身→パドブレイカー→秘奥義
マイトチャージ3を利用したコンボ。
4(マイトチャージ3から)一迅→紅蓮翔舞→虎牙破斬→鏡月閃→一迅→舞斑雪→斑雪返→ウェポンシフト(ハンマー)→飛燕翔旋→ウェポンシフト(双剣)→一迅→舞斑雪→斑雪返→ウェポンシフト(双銃)→レクイエムビート→ウェポンシフト(双剣)→一迅→舞斑雪→斑雪返→朧鼬→アサルトダンス→ウェポンシフト(ハンマー)→ファンドルグランデ→ウェポンシフト(双銃)→ロクスウィング→フィアフルウィング→ゼロディバイド→ウェポンシフト(双剣)→アサルトダンス→双針乱舞→変身→バトブレイカー→秘奥義
ボス系の敵が相手でも属性連携受付時間延長無しで全属性攻撃が可能のコンボ。消費ACが多いがヒット数、威力共に優れた連携を繰り出すことができる。
前半は空中メイン、後半は残りの空中で繋げにくい属性技と威力の高い技でコンボを繋げる。壁際でコンボを繋げると飛燕翔旋や斑雪返がズレたりするので状況に応じた工夫が必要。
例として挙げる工夫としては
・壁から離す場合は虎牙破斬、引き寄せるなら鏡月閃の回数を増やすことで安定する。
・かなりの高さから朧鼬で地上に持っていくので人型ボスが相手だとアサルトダンスの前にガードされる場合があるので斑雪返の後にひと呼吸置くことで繋げることができる。
うまく決まると爽快だが慣れが必要。
5(マイトチャージ3から)一迅→紅蓮翔舞→朧鼬→蒼破刃→アサルトダンス→L1+←→+○による打撃攻撃→ウェポンシフト(双銃)→スタンブリッツ→タイドバレット→ウェポンシフト(ハンマー)→プロイ・テーレ→ウェポンシフト(双剣)→刺宴
ギガントモンスター等の浮かばない敵相手に9属性攻撃を繋げるコンボ。
6一迅 → L1+○ → ウェポンシフト(ハンマー) → 飛燕翔旋 → ウェポンシフト(双銃)→ レクイエムビート → ゼロディバイド → バブルストーカー → アンビュスマーチ → トライスパロー → 轟臥衝 →
アンビュスマーチ設置ヒット
パワータイプ用の空中コンボ
浮きにくい相手の場合こちらを使う
7(マイトチャージ3から)一迅→紅蓮翔舞→虎牙破斬→ウェポンシフト(ハンマー)→飛燕翔旋→ウェポンシフト(双銃)→バブルストーカー→レクイエムビート→アンビュスマーチ→トライスパロー→バブルストーカー→ウェポンシフト(双剣)→ 轟臥衝 → 濡羽狩 →泡ヒット
9属性エリアルの魅せコンボ。
8獅儘封吼→臥龍裂渦→獅儘封吼→ティポランチャー→絶影→閃闇裂破刃→六断牙→灸朱雀→円閃襲落
ジュード、エリーゼ、レイアの9属性連携のリンクアーツ
通常だと属性受付時間が間に合わないので属性受付時間延長は、必要

骸殻コンボ(9属性連携後)   部分編集

・ギガント系のボスには、リカバリーをされることはなく、ダウン後に舞斑雪→アサルトステップが繋がるため、自由にコンボが可能(敵の鋼体に応じたある程度の腕力が必要ではある)。ジ・エンドなどの技を組み込める。
・リカバリーを頻繁に使う人型ボスには○×系の技を使うとコンボが途切れてしまう。そのためそれ以外の技を使う必要がある。
 例えば、絶影→蒼破刃のループコンボを挙げられる。
 属性連携中にダウンさせておけば、抜けられる心配はない。連携の締めにファンガ・プレセ→変身等。
・○×技への移行はサイドステップでキャンセル可能。通常攻撃→サイドステップ→蒼破刃→絶影といったコンボも可能である。
・空中使用の通常攻撃はスティックキーによるバリエーションが存在することや「クルスニク2」「スカイソルジャー」などのスキルの存在を鑑みると空中コンボを推奨されているように思われる。
・獅儘封吼と「オーバーフォーム」を重ねて利用すればゲームバランスが崩れてしまうほどである。

1○→絶影→右または左○→上○→上○→蒼破刃→○→○→絶影・・・以後ゲージの限りループ。秘奥義使用の為の着地は下○を使用するといい。これは通常攻撃から安定して繋げることが可能。二回目の上○の後にスキル「タッチダウン」による着地から秘奥義につなげるのもよい。
人型ボスに対応した骸殻時のコンボ。検証相手はアンノウンの影ガイアス。
絶影から確実にリカバリーを封じ込めるために通常攻撃を使用した形となっている。
上○を二回使うのは蒼破刃を安定して使うため。蒼破刃後もリカバリーを封じ込めるために通常攻撃を使用している。
絶影→蒼破刃コンボよりも約1.4倍ほど威力は高いが、壁際専用の為、壁際以外の場所で変身した場合、上記のサイドステップを利用し、蒼破刃で敵を壁際へと押し込んでしまえばよい。
アルヴィン、ガイアスで確認。人型でも少し背の低い敵には右○が当たらないのでかなり限定的な事に注意。

レイア   部分編集

名前レイア・ロランド(Leia Rolando)
CV早見沙織
性別女性
年齢16歳
身長158.5cm
武器
戦闘タイプ棍術使い
特性活伸棍術
パートナー固有サポートアイテムスティール

「真実を追求する誇りある仕事なんだから」

怖いもの知らずのジュードの幼馴染。明るく元気で何事にも前向きな頑張り屋。
看護師見習いをやめた後、本人としては考えに考えぬいた末、
エレンピオスへの「自分探しの旅」を決意。
そこで、ひょんなことから新聞記者という仕事に魅入られる。
現在はエレンピオスのマイナーな新聞社で、見習い記者として修行中。
やる気はあるものの、いまいち結果が出せず、この頃焦りを感じ始めている。
そろそろ自分も大人っぽくならなきゃと、ひそかにおしゃれを研究中。

新聞記者になった経緯は初回特典の小冊子で知ることが出来る。

キャラ性能   部分編集

  • 単体回復や蘇生術を使いつつ棍を振るう中衛タイプ。
  • 闇、光、斬撃、射撃以外の5属性を持つ。
    • 光と闇は属性武器、弱点時に限るがファンシーエレメンツでカバー可能。条件が揃えば単独7連携も一応可能。
      また、ルドガーとの共鳴術技では闇と射撃の2属性をカバーできるので覚えておくと良い。
  • 「アイテムユーザー」「グッドジョブ」など、アイテムに関してのスキルが多くそろっておりオートアイテム役として最適なキャラ。
    • 作戦ではアイテム使用を「優先的に使え」にしておこう。
    • 最終的には「スピードアイテム」「アイテムエヴリワン」といった強力なスキルを得るため、作戦やオートアイテムを上手く設定すればどんな危機もたちどころに挽回できてしまう。
      その分アイテムの在庫管理に注意する必要があるが、回復術が間に合わない場合は積極的に利用したい。
    • アイテム関連のスキルはリンクした相手に伝播するので、レイア自操作の際はスレーブにアイテムを任せると良い。
      • しかしそのアイテムの使いやすさから自身の覚える回復精霊術の影が薄くなりがちなのが欠点。
  • 特性は活伸棍術。敵の攻撃をバックステップで回避すると攻撃のリーチが伸びる。
    スキルによりフラッシュガードでも発動可能にすると発動させやすくなる。
  • 固有サポートの「アイテムスティール」はダウン中の敵からアイテムを盗むことが可能。
    • ボスはレアアイテムを持っていることが多いため狙いたいところ。
    • スキルを付ければアイテムではなくガルドを頂くよう切り替えることも可能になる。あまり使いどころは無いがスキルにより逃走時にも一定確率でアイテムを盗める。
  • 地上戦はそこそこの性能。主に空中戦で持ち味が活かせるキャラ性能となっている。
    • 属性が少なく、シャープネスを含めても全体的に火力は控えめ。前線でガンガン戦うには少し辛い。
    • よって、強敵は前衛に任せ、自分は補助や回復、アイテムでサポートしつつ後衛にちょっかいをかけに来る余った雑魚処理がメインになる。
    • 自身の連携は敵をダウンさせる、吹き飛ばす等して隙を作らないと無防備なまま落下する事になるので連携終わりの技選択や敵の位置には注意する事。
  • ハイチェインスペルを持つ為、連携中や連携終わりもバリアー、シャープネス。
    • 連携が繋がって来るとダウン技→シャープネス→ダウン起こし→etc...という連携も出来る。
    • ボス戦で後衛に回るときは事前に「(空中で)兎迅衝×n→隼穿打」で詠唱短縮の前準備をしておくと、キュアの様に詠唱が長い術でも連発出来る程早くなるので回復アイテムの節約にもなる。
  • 魔装備・歴代武器を除く最強武器が樹珪棍・玉枝(イル・ファン2F)であり、他のキャラはノール灼洞(闘技場EXクリア後)があるにも関わらずレイアだけない。
  • 新規キャラのガイアスとミュゼにはしっかり用意されているのになぜ・・・
    • さらに、最強の頭防具であるソレイユサークレットが闇弱点(耐性-20%)。一応鎧との組み合わせでそちらを装備しない場合イノセントクレストになるが、その場合他のキャラに比べて一段防御力が劣る。
      • リュミエールガードの耐性は闇+50%なので、組み合わせれば+になるため一応は機能する。

武身技   部分編集

名称消費TP属性hit空中習得 / 強化追加効果備考
シュンジンソウ
瞬迅爪
61100:100
Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 攻撃力増加(空中)
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
-突進しての突き。出が早くコンボの繋ぎに最適。
空中ではフロントステップの代わりとしても使える。
画面端では敵をすり抜けていく場合があるので注意。
前作から消費TPが9→6と減っている。
トジンショウ
兎迅衝
61初期(強化:)
Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 攻撃力増加(空中)
Lv3 硬直時間増加
Lv4 硬直時間増加(空中)
ダウン
100回:ガードブレイク強化
200回:動作速度上昇
敵を吹き飛ばしてダウンさせる。地上では攻撃後にバックステップが入る。
このバックステップは攻撃かステップでキャンセル可能。
地上では攻撃前に溜めが入るが、空中では溜めなしで連打可能かつ、
発動した位置の真下に落ちる。
前作から消費TPが11→6と減っている。
ホウガ
咆牙
61100初期(強化:)
Lv1 ガードブレイク性能強化(空中)
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 攻撃力増加(空中)
Lv4 状態変化頻度上昇
ダウン前宙して棍を振り下ろし地面を叩いて衝撃波を発生させる。小範囲の敵をバウンドさせる。
敵ダウン時のダメージ減少を無視する効果があるため、ダウンした相手への追撃に向く。
空中で発生すると急降下して地面を叩くが、
当たり判定は衝撃波のみなので使い所を間違うとスカる。
空中では翔舞煌爆破と同じ感覚で使うと間違いなくスカる。
逆に「取りこぼした!」という時だすと吉かも。
エンセンダ
円閃打
64100:230
Lv1 クリティカル率上昇(空中)
Lv2 攻撃力増加(空中)
Lv3 硬直時間増加(空中)
Lv4 OVLゲージ増加率上昇(空中)
-くるくると自身を回転させて、大きく弧を描くような軌道で攻撃する。
前方に大きく移動するため、空中に打ち上げた相手への追撃に最適。
持ち上げる力はかなりのもので闘技場のドラゴンクラスの相手でも面白いようにコンボが繋がる。
小さい敵には当てづらいが、自身の斜め下で敵が当たるようにするとクリーンヒットさせやすい。
地上では密着状態から出すと良い。
空中で敵との横方向の間合いを詰める時にも非常に使いやすい。
センプウコン
旋風棍
84×:230
Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
100回:状態変化強化
200回:発動直後仰け反り無効
棍をぐるぐるっと回転させ渦を作り前方の敵を引き寄せる。ダイソン。
渦の発生前に時計回りに微妙に軸移動する。
敵集団からターゲットを抜き出したい時に使うと便利。
ソウリュウコン
双流棍
82×:100
Lv1 属性連携時間増加
Lv2 硬直時間増加
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 状態変化頻度上昇
100回:範囲拡大
200回:共鳴ゲージ上昇量増加
逆袈裟ぎみに二回振り上げる。
動作はもっさり気味だが、敵を仰け反らせやすいため拘束力に優れる。
攻撃範囲は広く、左右とやや後方までカバー可能。乱戦時に有効。
脚をぴょいぴょいあげるカワイイモーション。
サザンカ
三散華
83:100
Lv1 硬直時間増加
Lv2 状態変化頻度上昇6br;Lv3 属性連携時間増加
Lv4 攻撃力増加(空中)
ダウン(空中時)
200回:動作速度上昇
棍での3連撃。地上と空中では最後の一撃の性質が異なる。
地上では最後の一撃で打ち上げ、空中では最後の一撃で地面に叩きつけてダウンさせる。
昇掃撃や飛燕翔旋に比べて出が早く高く飛べる為地上⇒空中への導入として優秀。
また、空中から地上へ戻ってくるときの繋ぎとしても優秀。
空中での3段目の振り下ろしで叩き付けるとバウンドするようになっている
前作から消費TPが9→8と減っている
ショウソウゲキ
昇掃撃
103:1210
Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 攻撃力増加(空中)
200回:共鳴ゲージ上昇量増加周囲を攻撃しつつ相手を打ち上げる。地上では若干の溜めがある。
少しずつ前へ進むため連続で使用する場合注意。
また、リーチ自体は短い。
シュンセンダ
隼穿打
122+1100:1210
Lv1 クリティカル率上昇(空中)
Lv2 攻撃力増加
Lv3 攻撃力増加(空中)
Lv4 OVLゲージ増加率上昇
ダウン起こし(1hit目)
200回:ボタン長押しで追加攻撃
小さく跳ねて振り下ろし、急降下ストンピング。敵ごと落下するので高度調整に。
あまり高所で出すと、落下した敵の起き上がりに間に合わず、
その後のコンボに支障が出るため注意。
追加攻撃はテンポが悪く使いづらい。
ヒエンショウセン
飛燕翔旋
162:610
Lv1 OVLゲージ増加率上昇
Lv2 消費TP減少
Lv3 状態変化頻度増加(空中)
Lv4 攻撃力増加(空中)
200回:状態変化強化
400回:ダウン起こし
飛び上がりながら前方に敵を持ち上げる。連打すると敵も自分もどんどん舞い上がる。
リーチが長いため遠くの敵も拾える、空中戦の要となる技。
空中でダウン起こしができるため、翔舞煌爆破でバウンドした敵をそのまま拾うことも可能に。
前作から消費TPが12→16と増えている。
ショウブコウバッパ
翔舞煌爆破
141〜2:730
Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 ガードブレイク性能強化
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 攻撃力増加(空中)
ダウン
200回:浮かせ量増加
空中で棍を振り衝撃波で攻撃し、ダウンさせる。高い位置から出すほど衝撃波が拡大。
低空だと棍と衝撃波で2hitする。
空中コンボで高い位置から出すと、敵の位置によってはスカることがある。
前作から消費TPが18→14と減っている。
カンクウセン
巻空旋
161×:730
1630:攻撃力5%増加
2810:鋼体ブレイク値10%増加
7640:属性連携時間50%増加
11050:消費TP10%減少
ダウン
200回:範囲拡大
間を置いてから投げ飛ばしてダウンさせる攻撃。
前作と違い、ジュードのものと同性能。
前作から消費TPが12→16と増えている。
レッシンテンショウ
烈震天衝
181100:1880
Lv1 気絶確率上昇
Lv2 硬直時間増加
Lv3 攻撃力増加(空中)
Lv4 属性連携時間増加
ダウン起こし地面を爆発させて敵を浮かせる。
ボタンを長押しするとカーソルが前方へ動き、離した場所で爆発。
爆発は当てる場所によって性質が異なり、自分に近い側で当てると自分側へ浮かせつつ引き寄せ、
自分に遠い側で当てると遠くへ吹き飛ばす性質がある。
空中で出すと、瞬時に前方の地面を爆発させる。
地上空中共、コンボ中に離れてしまった敵を引き寄せる目的で利用できる。
シュウキホウ
集気砲
20--×:400
Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 消費TP減少
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
100回:確率でTP回復自分と周囲の味方のHPを回復。回復量は5%×3回。
使用回数増加でTPも回復する。TPの回復も1回につき5%で、
1回毎にTP回復の判定がされる。
タイリンゲッカ
大輪月華
271:4530
Lv1 消費TP減少
Lv2 気絶確率上昇
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 攻撃力増加(空中)
200回:範囲拡大棍を一回転させて薙ぎ払う。地上では出がやや遅く、敵を少し遠くへ押しやる。
空中では出が早くなり、敵を若干真上に浮かせる性能へ変化するので、敵を少しだけ持ち上げたいときに使おう。
活伸棍術発動時の攻撃範囲が非常に広く、多くの敵を巻き込みやすい。
前作から消費TPが14→27と増えている。
チリサザメ
散沙雨
285〜11
(3〜6)
:4040
Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 消費TP減少
Lv3 ガードブレイク性能強化
Lv4 鋼体ブレイク性能強化
100回〜:ヒット数増加(備考参照)無数の連続突きで敵を圧倒する。空中では斜め下に突きを放つ。
×ボタンを押し続けると、使用回数に応じてHit数増加
(100回/200回/400回/1000回/2000回/4000回:+1/2/3/4/5/6hit)。
空中で使用するとhit数が減少する(追加攻撃も400回/+3hitまで)。
前作から消費TPが16→28と増えている。
シュンジンソウハ
瞬迅走破
396×:5630
Lv1 OVLゲージ増加率上昇
Lv2 ガードブレイク性能強化
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 消費TP減少
ダウン起こし
100回:引き寄せ安定
200回:ガードブレイク強化
一瞬溜めてから短距離ダッシュ→地面が爆発。火柱で敵を打ち上げる。
後ろに回りこむと同時に敵をレイアの方へ引き寄せる性質を持つ。
技後は振り向いた状態で敵と密着状態になるため、円閃打などでコンボを継続すると良い。
ヨウソウラクバクシュウ
鷹爪落瀑蹴
493100:2470
Lv1 クリティカル率上昇(空中)
Lv2 攻撃力増加(空中)
Lv3 硬直時間増加
Lv4 属性連携時間増加
ダウン(3hit目)
200回:発動直後無敵
奥義
飛び上がって斜め下に二回衝撃波を放ちライダーキック。見た目が非常に煌びやか。
使用後、自分の移動速度が30%上昇する(30秒間)。
使用回数で発動直後に無敵時間が付く。
追尾機能が付いており、レイアがどの方向を向いていてもターゲットに向かって
放つためとても便利。
相手のほうが高度が高い状態で出すと衝撃波でカス当たり、キックが当たらない場合がある。
カッシンコン・ワルツ
活伸棍・円舞
586+5×:5630
Lv1 攻撃力増加
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 ガードブレイク性能強化
Lv4 消費TP減少
鋼体ブレイク
100回:動作速度上昇
200回:ボタン長押しで追撃(ダウン)
400回:追撃ホーミング強化
奥義
光を纏った棍を振り回して周囲の敵を攻撃する。
棍を頭上に掲げた時にも攻撃判定が発生する。
今作ではラスト1hitで必ず相手の鋼体を破壊するほか、
ボタン長押しでの追加攻撃も可能になっている。
前作に比べ技の出が遅くなっているが、使用回数でかつての速さを取り戻す。

精霊術   部分編集

名称等級消費TP属性hit詠唱空中習得 / 強化備考
ファーストエイド下級10--2s初期(強化:)
Lv1 消費TP減少
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
味方一人のHPを30%回復する。
前作から消費TPが8→10と増えている。
ヒール中級16--3s:730
Lv1 消費TP減少
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
味方一人のHPを50%回復する。
前作から消費TPが14→16と増えている。
キュア上級25--4s:2470
Lv1 消費TP減少
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
味方一人のHPを70%回復する。
前作から消費TPが21→25と増えている。
レイズデッド中級40--3sレベル47 / なし味方一人の戦闘不能を回復し、HPを50%回復する。
戦闘不能でない場合でもHP回復効果は有効。
前作から消費TPが26→40と増えている。
シャープネス下級4--1.3s:100
Lv1 共鳴術技ダメージ増加
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
味方一人の物攻・魔攻を40%上昇させる。
効果時間が30秒になった。詠唱時間は短めなので、敵がダウンした際などにこまめにかけ直すと良い。
能力上昇効果はリンク中の相手にも伝播するためリンク中の味方に対して使用するとお得。
前作から消費TPが8→4と減っている。
バリアー下級4--1s初期(強化:)
Lv1 共鳴術技ダメージ増加
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
味方一人の物防・魔防を50%上昇させる。
シャープネスと同様、効果時間が30秒になった。詠唱も短いので強敵相手には積極的に使っていきたい。
前作から消費TPが8→4と減っている。
クイックネス中級4--2s:160
Lv1 共鳴術技ダメージ増加
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
味方一人の移動速度を20%上昇させる。こちらも効果時間は30秒にアップ。
シャープネスやバリアーに比べ若干詠唱時間が長い。
前作から消費TPが9→4と減っている。
ファンシーエレメンツ中級20--2s:1630
Lv1 消費TP減少
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
味方一人に30秒間、ターゲット中の敵の弱点属性を付加。
敵に弱点が存在しない場合はランダム。
状態変化も狙えるため、弱点のある敵には積極的に唱えていきたい。
前作から消費TPが10→20と増えている。

秘奥義   部分編集

名称パートナー属性hit習得備考
カッシンコン・カグラ
活伸棍・神楽
--5スペシャル習得光を纏った棍を上空から叩きつける、母ソニア直伝の夢と根性の流れ星。
攻撃後、相手はダウンする。フィニッシュの攻撃範囲が広い。
レツ・シンノウアッサイゲキ
烈・震皇圧砕撃
ルドガー-17親密度レイアとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。
ルドガーが地割れをおこし飛び散った破片をレイアが相手に浴びせ最後は2人でホームラン。
威力とヒット数に優れる。
親密度最大で「ルドガドガハンマー」という名前に変更可能(台詞変更)。
ルドガドガハンマー親密度演出は烈・震皇圧砕撃と同じ(台詞のみ変更)。
レイアのキャラエピソードを全て終えて、親密度を最高にしてル・ロンドの海停にいるレイアに話しかける。

基本コンボ   部分編集

120ヒット数 → 精霊術 → 発生の早い術技
コンボスペル用の連携

オススメコンボ   部分編集

1瞬迅爪 → 三散華 → 昇掃撃 → 大輪月華 → 烈震天衝 → 昇掃撃 → 飛燕翔旋 → 円閃打 → 鷹爪落瀑蹴 → バリアー
レイア単体5属性連携コンボ。

アルヴィン   部分編集

名前アルヴィン(Alvin)
CV杉田 智和
性別男性
年齢27歳
身長182cm
武器両刃大剣+銃
戦闘タイプ銃剣士
特性チャージ
パートナー固有サポートブレイカー

「ウソつきたくないんだよ。もう」

エレンピオスとリーゼ・マクシア、両国にツテを持った商人。
本名はアルフレド・ヴィント・スヴェント。
エレンピオス名家の子息にして、傭兵、かつテロ組織アルクノアのスパイという複雑な経歴を持つ。
現在は、ビジネスパートナーのユルゲンスとはじめた新しい商売を軌道に乗せるべく奮闘中。
今までの逃避的な生き方を見つめ直し、自分の手で本当の居場所をつくり出そうとしている。
そのため、以前に比べて無理のない素の一面を多く見せるようになっているが、
人と本音で向き合わなくてはならない機会が増え、人間関係の面で壁にぶつかっている模様。

キャラ性能   部分編集

  • 固い!強い!おそい!を地でいくパワーファイター。ルドガーに匹敵する攻撃力を持っておりガードブレイクや鋼体ブレイクが得意な一方で、敏捷が低く動作も緩慢。
    • 序盤は主に斬、射、火属性の技を覚える。射属性をメインに戦えるキャラは貴重。
      双銃ルドガーとの共鳴術技は威力、攻撃範囲ともに優秀なものが多いので、双銃をメインに使うならアルヴィンをパートナーにしよう。
    • アルヴィン固有の新スキル「クリティカルダメージ」が非常に有用。
      これはクリティカルダメージを更に1.5倍にする効果がありリンクスキルなので自分はもちろん、他に器用の高いローエン、ルドガー、ガイアスがアルヴィンと組むことによって飛躍的にダメージが増加する。
  • 最終的には一人で全9属性をカバーできるようになる。全属性持ちは他にルドガー、ミラのみ。
    • 1人で9属性連携をする場合、扱いにくいレインバレットは守護砲追陣から容易に組み込める。また技の長さからボタン入力タイミング的に9属性連携が容易である。
      初段または魔銃衝で気絶させてから組み込む手もあるが、不確実である。
    • スキルのフィジカルコンバートAを付け、9属性連携の最後に奥義相当の技を決めると、クリティカル性能の高さもあり凄まじいダメージを叩き出す。
      チャージ状態の場合さらなるダメージを見込める。
  • アルヴィン自身を使用する場合、オススメスレーブはガイアス。
    • 猛招来の攻撃力上昇効果とリンクスキル「グローリー」の効果に加え「キーンエッジ」という更なるダメージアップを望めるリンクスキルを所有している為。
      キーンエッジの効果は斬撃系のみで、クリティカル時に元ダメージ量の50%分をプラスするというもの。「クリティカルダメージ」の劣化版ではあるが、下記オススメコンボのように爪竜連牙斬等の斬撃系術技を多用する場合に効果的。
  • スレーブキャラにすればマスターの攻撃能力を底上げできる。
    • 骸殻時も「クリティカルダメージ」が適用されるため、発動時はアルヴィンと組むと良い。
    • 共鳴秘奥義は効果範囲は敵1体だけだが全秘奥義中最大の威力を誇り「クリティカルダメージ」によって更に底上げされる(このスキルのおかげで最大の威力なのかもしれない)。
    • スキル「アルターサポート」を付けるとブレイカー時に気絶効果がなくなる代わりに、敵の物魔防御力を一定時間(20〜30秒?)約0.7倍に下げる。
      防御力が高い敵ほど目に見えて効果を発揮する。最高ダメージを叩き出す為には必須スキルとなるかもしれない?
      例:カナンの地のドラゴン、難易度はアンノウン。
      基本物理防御力が4359の場合3051まで下がる。
      基本魔法防御力が4148の場合2903まで下がる。
  • 総合的に見て攻めに困らない優秀なキャラクター。強すぎる商人に偽りなし。
    • なお検証はすべて1周目かつ薬草ドーピング等は一切無しで確認している。

武身技   部分編集

追加効果欄にある効果は通常技、チャージ技共通で付与される(魔神剣・エアリアルバレットを除く)。

名称チャージ技消費TP属性hit空中習得 / 強化追加効果備考
シュゴホウジン
守護方陣
シュゴホウツイジン
守護砲追陣
124
(4)
×初期 / Lv1 消費TP減少
Lv2 共鳴術技ダメージ増加
Lv3 気絶確率上昇
Lv4 硬直時間増加
200回:動作速度上昇
400回:HP回復量増加
周囲を攻撃&範囲内の味方のHPを回復。
チャージ時は効果範囲拡大し、硬直時間が大幅に減少。
前作から移動中に使用可能になり、消費TPが15→12と減っている。
マジンケン
魔神剣
ゴウ・マジンケン
剛・魔神剣
42
(1)
×初期 / Lv1 攻撃力増加
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 硬直時間増加
ダウン起こし、(ダウン)
100回:射程、弾速上昇
200回:射程、弾速さらに上昇、(範囲拡大)
400回:貫通効果付与、(範囲さらに拡大)
この段階で初めてダウン起こしが可能になる
前方に衝撃波を放つ。浮いてる敵に衝撃波をhitさせた場合引き寄せる。
400回使用でダウン起こし可
チャージ時は目前に衝撃波を叩きつけダウンさせる。ダウン追撃あり。
ダウン起こしあり。威力の内3割は魔法攻撃力依存。
前作から消費TPが6→4と減っている。
シュンジンケン
瞬迅剣
シュンジンケン・ホウガ
瞬迅剣・砲牙
61
(2)
100/ Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 気絶確率上昇
Lv3 攻撃力増加
Lv4 確率でAC消費なし
(ダウン起こし、ダウン)突進しての突き攻撃。
チャージ時はダウン起こしが付加され、突進の速度が増加し、相手を吹っ飛ばしてダウンさせる。
使用回数100回以上で空中発動可能に。ただしチャージ状態でも瞬迅剣になる。
コンボの途中で距離を詰めたり、銃技主体の攻撃から剣技に移行する場合の橋渡しなどに。
前作から消費TPが8→6と減っている。
ヴァリアブルトリガーヴァリアブルフラッシュ61
(1)
×/ Lv1 ガードブレイク性能強化
Lv2 属性連携時間増加
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 鋼体ブレイク性能強化
200回:動作速度上昇敵を貫通する銃弾を発射。
チャージ時は威力・攻撃射程が増加、特に発生が格段に早くなり使い勝手がよくなる
敵が射程内に居れば即着弾するため、敵の詠唱を妨害するのに有効。
他の銃技・剣技の前に、前方牽制に一発撃っておく感じで使うといい。
なるべくならガードブレイクでき威力も飛躍的に上がるフラッシュとして使いたい。
前作から消費TPが10→6と減っている。
マジュウショウ
魔銃衝
マザンショウ
魔斬衝
6×/ Lv1 硬直時間増加
Lv2 ガードブレイク性能強化
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
銃の柄で殴りつけ確率で気絶させる。
チャージ時はリーチが伸び敵を長く仰け反らせる。ガードブレイクと鋼体ブレイク共に高い性能誇る
チェイスバレットチェイスキャノン61
(3)
/ Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 攻撃力増加
Lv3 硬直時間増加
Lv4 気絶確率上昇
200回:射程上昇
400回:射程さらに上昇
空中から敵を追尾する銃弾を発射。
チャージ時は銃弾が3発に増加。
前作から消費TPが12→6と減っている。
コガハザン
虎牙破斬
コガレンザン
虎牙連斬
82
(3)
初期 / Lv1 攻撃力増加
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 属性連携時間50%増加
200回:動作速度上昇飛び上がりながらの連続斬り。
チャージ時は攻撃回数追加。
前作から消費TPが9→8と減っている。
エアリアルバレットエアリアルレイザー83→4
(3)
×/ Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 状態変化頻度増加(空中)
Lv3 攻撃力増加(空中)
Lv4 鋼体ブレイク性能強化(空中)
(ダウン)
200回:ヒット数+1、(ダウン起こし)
剣で浮かせて銃で追撃する。
チャージ時は銃での攻撃でダウン。剣の振りあげにダウン起こしあり。
前作から消費TPが14→8と減っている。
チリュウセン
地竜閃
チリュウセンハ
地竜閃覇
82
(3)
×/ Lv1 属性連携時間増加
Lv2 硬直時間増加
Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
(ダウン)
100回:動作速度上昇
200回:引き寄せ効果付与
前方直線上に衝撃波を展開する。威力の内2割は魔法攻撃力依存
チャージ時はダウンを伴う衝撃波を追加。
前作から消費TPが13→8と減っている。
チャージドブロウ-16×/ Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 攻撃力増加
チャージしながら攻撃できる。ただし一段回でもチャージ済みだとチャージ出来ない。
連携中にチャージを使いきってしまった場合の他、素直な性能のニ連撃としても使える。
レインバレットシューティングレイン121~24
(1~)
×:(1210) / Lv1 硬直時間増加
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 攻撃力増加(空中)
200回:ヒット数上昇
400回:ヒット数さらに上昇
空に発射された弾が範囲に降り注ぐ。HITする度に少し浮かせる。
チャージ時は攻撃範囲増加。ただし落ちてくる弾の間隔が広くなるので位置ごとのhit数は少なくなる。
前作から消費TPが17→12と減っている。
センクウレッパ
閃空裂破
センクウショウレッパ
閃空衝裂破
142
(3)
/ Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 共鳴術技ダメージ増加
Lv3 消費TP減少
Lv4 攻撃力増加
200回:チャーム率上昇、共鳴ゲージ上昇量増加飛び上がりながらの回転斬り。
チャージ時は回転斬り→斬り下ろしとなる。
前作から消費TPが12→14と増えている。
タイドバレットタイドスパーク161~5
(1~5)
×/ Lv1 攻撃力増加
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 状態変化頻度上昇
Lv4 属性連携時間増加
200回:ダウン起こし
400回:ヒット数+1、範囲拡大
敵の足元を狙うように扇状に銃撃を行う
チャージ時は剣での攻撃が追加され、発生が格段に早くなり攻撃範囲も広がる。
大型相手だと多段ヒットして、非常に高いダメージが出る可能性があるので多用していきたい。
前作から消費TPが10→16と増えている。
ワイドショットシェル・ヴァンガード215
(5)
×/ Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 ガードブレイク性能強化
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 消費TP減少
100回:動作速度上昇
200回:ダウン起こし
前方のやや広い範囲にエネルギー波を放つ。
チャージ時は威力・射程距離上昇。
使用回数200回以上でダウン起こしが付加され、起こしに牽制にと何かと重宝する。
ヒット数が多く共鳴ゲージを溜めやすいので、中距離からこの技に重ねるように共鳴術技に持ちこむと強力。
前作から消費TPが18→21と増えている。
シンゲツセン
真月閃
シンゲツソウセン
真月掃閃
242
(4)
×:(2470) / Lv1 攻撃力増加
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 鋼体ブレイク値増加
200回:範囲拡大回転斬りを2回行い敵を押し込んでいく。
チャージ時は4回転になりモーションが長くなるため敵に潰され易くなるが、押し込む距離は伸びる。
攻撃の発生が遅く出掛かりを潰されやすいが、全方位に広い攻撃範囲を持ち多数の敵を拘束できる。
リーチは瞬迅剣並なので、敵に接近してから使うのではなくこれで接近するつもりで出すといい。
先にワイドショットやタイドバレットを撃ってから出すと邪魔されにくい。
前作から消費TPが16→24と増えている。
トラップトリガートラップフィーバー24×/ Lv1 属性連携時間増加
Lv2 状態変化頻度上昇
Lv3 硬直時間増加
Lv4 気絶確率上昇
斜め上に銃撃し、しばらくして敵の頭上からタライ落としめいた落石。
チャージ時は落石が2つになる。石化を誘発する稀有な技。
トラップフィーバー後、強制的にチャージ状態が解除される。
マジンバクエンザン
魔神爆炎斬
マジュウバクエンザン
魔銃爆炎斬
263
(3)
×/ Lv1 鋼体ブレイク性能強化
Lv2 状態変化頻度上昇
Lv3 消費TP減少
Lv4 硬直時間増加
100回:鋼体を崩しやすくなる、炎上率上昇
200回:ガードブレイク
銃口から発生させた火球を爆発させる。チャージ時は爆発の威力が増加する。
使用回数200回以上でガードブレイクが付加されるので、ジュードの獅子戦吼のような感覚で使える。
敵を吹き飛ばすので、連携の最後に持ってきてそのままチャージするのに丁度いい。
もしくはフロントステップで追いかけ、起こし技から更に追撃可能。ただし派手に飛んでいく軽い敵は無理。
安易に使うと出掛かりを潰されることがあり、なるべく他の技の後に出すようにしたい。
ソウリュウレンガザン
爪竜連牙斬
ホウリュウレンガザン
砲竜連牙斬
285
(6)
×/ Lv1 属性連携時間増加
Lv2 攻撃力増加
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 クリティカル率上昇
200回:動作速度上昇剣と銃による連続攻撃を行う
チャージ時はダウン起こし効果ありの止めの砲撃が追加(正確には5HIT目でダウン起こし→砲撃)
真月閃と違い、攻撃の発生が速めで出掛かりを潰されるようなことはほとんどない。
横幅もあるので、混戦の中敵を押し避けながら抜け出すような場合には真月閃よりこちらを使うといい。
共鳴ゲージが溜まりやすいのでコンボからそのまま共鳴に持ち込みたいような場合にも使える
前作から消費TPが20→28と増えている。
マジンセンコウダン
魔神閃光断
マジュウセンコウダン
魔銃閃光断
362
(2)
100/ Lv1 消費TP減少
Lv2 クリティカル率上昇(空中)
Lv3 硬直時間増加(空中)
Lv4 攻撃力増加
ダウン飛び上がり後斬り下ろす。飛び上がるときに攻撃判定は無いが、ワイドショット、守護砲追陣、レインバレット等の技から繋がる。
チャージ時は威力増加。
使用回数100以上で空中発動可能になるが、飛び上がる動作は省略されない。
前作から消費TPが24→36と増えている。
マズルバークマズルロアー364→6
(6→8)
×/ Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 クリティカル率上昇
Lv3 攻撃力増加
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
200回:ヒット数+1
400回:ヒット数さらに+1
クロスに斬った後、銃で衝撃波を発生させる。チャージ時はヒット数増加。
攻撃範囲が直線的なので横槍を貰いやすいが、火力は高めなのでコンボに組み込む形で使いたい。
前作から消費TPが28→36と増えている。
スマッシュベイカースマッシュインフェルノ42/ Lv1 ガードブレイク性能強化
Lv2 クリティカル率上昇(空中)
Lv3 状態変化頻度増加(空中)
Lv4 消費TP減少
蹴って切り上げながら飛び上がり空中で銃撃。
チャージ時は銃撃が切り下ろしに変化し着地とともに火柱を吹き上げる。非常に派手。
ガリュウグレンケン
我流紅蓮剣
ガリュウラセンケン
我流螺旋剣
522
(2)
×/ Lv1 属性連携時間増加
Lv2 状態変化頻度上昇
Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 消費TP減少
奥義
斬り上げ→ジャンプ斬り。チャージ中は我流螺旋剣に変化。
一応、空中発動可能な武身技に連携できるがコンボにはならない。
前作からチャージ時に我流螺旋剣に変化するようになり、消費TPが30→52と増えている。
マキシマムトリガーデスバイトリガー57/ Lv1 鋼体ブレイク性能強化
Lv2 消費TP減少
Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 硬直時間増加
即死奥義
父の形見の銃を取り出し自前の銃と共に連射する。射線上の複数敵にヒットする。
チャージ時は連射量と即死確率があがる。
ガードブレイクとのけぞりによる拘束が非常に強力。詠唱妨害にも役立つ。
チャージドアーマーをつけ強引にチャージを交えて連射しているだけで大抵の敵は沈む。
射程は長いが軸が狭いため、あまり遠くから攻撃しているとあっさり避けられることには注意。
出は遅いが、ワイドショット、守護砲追陣、レインバレット等効果時間の長い技からつながる。
使用回数で早くなるのか、虎牙破斬からでも繋がる。

秘奥義   部分編集

名称パートナー属性hit習得備考
エクスペンダブルプライド--8スペシャル習得空中から銃撃を見舞い、締めに大剣を空中から叩きつけ、大爆発を起こす。
技後チャージが+1される。
バレット・クルシフィクションルドガー親密度アルヴィンとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。
先行したアルヴィンの刺突攻撃で敵を空中に釘付けにしたところでルドガーが双銃の連射で追撃し、
トドメの二人同時射撃によってかんしゃく玉のように炸裂させる。
キャラの攻撃力が高いこともあって、共鳴秘奥義の中では高い威力が期待できる。

基本コンボ   部分編集

1チャージドブロウ → 守護砲追陣 → レインバレット → 発生の早い術技
アルヴィンの単独コンボにおいて発生の遅いレインバレットを組み込むコンボ。
もちろん事前にチャージが済んでいるのならチャージドブロウは省いても構わない。
2チャージドブロウ → 魔斬衝 → チェイスバレット
ワイドショット → チェイスバレット
アルヴィンの単独コンボにおいて長く仰け反らせる武身技からチェイスバレットを組み込むコンボ。
もちろん事前にチャージが済んでいるのならチャージドブロウは省いても構わない。
3マズルバーク → 地竜閃 → 瞬迅剣
アルヴィンの単独コンボにおいて追撃しにくいマズルバークから繋げやすくするコンボ。

オススメコンボ   部分編集

1チャージドブロウ→砲竜連牙斬→etc
アルヴィン単体コンボ。砲竜連牙斬は、相手のリカバリングアーツをしづらくするので弱点連携になってない用のコンボ。
もちろん事前にチャージが済んでいるのならチャージドブロウは省いても構わない。
2虎牙破斬→エアリアルバレット→瞬迅剣→虎牙破斬→ワイドショット×2→マキシマムトリガー→魔銃衝→爪竜連牙斬→地竜閃→チャージドブロウ→砲竜連牙斬→マズルバーク→チャージドブロウ→守護砲追陣→レインバレット→スマッシュベイカー→魔神閃光断→タイドバレット→チャージドブロウ→etc.
アルヴィン単体9属性連携コンボ。事前にマイトチャージ使用。レインバレットがヒットした時点で9属性連携は成立する。このコンボはアンノウンのギガントEXで検証済み。アンノウンの人型の影ボス等には魔神閃光断の後に繋がることもあれば、ないこともある状態。クリティカルが関係しているっぽい。スマッシュベイカーからリンクアーツに繋げることができるので、そちらもオススメ。
新技スマッシュベイカーで打ち上げた敵をレインバレットで拘束しつつ魔神閃光断の一撃を加える点が豪快なコンボ。チャージドブロウのチャージ効果とスマッシュペイカーがダウン技ではないおかげで繋がるため、新技サマサマ。レインバレットの後から別派生コンボも容易
タイドバレットで起こした後は、高威力コンボを決めるといい。タイドバレットで起こす頃合いに、パーティーで一斉攻撃にかかると、ただでさえ圧倒的なダメージ量に拍車が掛かる。ここに挙げた術技は全て使用回数200以上で試しているので、注意。
アンノウン(隠しダンジョンのボス?)では、一つ目の弱点属性攻撃(二つ目以降の属性を繋げてはじめて弱体属性連携が成立する)を3ヒット以上当てると「!」が出るので、すぐに別の属性攻撃を当てなければならない。虎牙破斬→エアリアルバレットの流れはそのため。以降の連携はHit数が多くても問題はない。
更に同じ技を続けて出すと「!」が出る場合がある。その時点の属性連携数によって、二回連続がNG、もしくは3回連続はNG、のような謎の設定が隠されているようだ。(攻略本によれば、同じ技を連続して繰り出すと仰け反り時間が減少するらしいので、これはそのためのようだ)
3下(下)→ワイドショット→チェイスバレット→地竜閃→エアリアルバレット→瞬迅剣→魔銃衝→チャージドブロウ→守護砲追陣→レインバレット→我流・紅蓮剣
アルヴィン単体9属性連携コンボ。手早く連携したい。弱点属性時間の受付が短い用
4下(下)→横(横)→無(下)→上(横)→魔神剣(剛・魔神剣)→タイドバレット(タイドスパーク)→虎牙破斬(虎牙連斬)→爪竜連牙斬(砲竜連牙斬)→エアリアルバレット→ワイドショット→地竜閃→チャージドブロウ→守護砲追陣→レインバレット→魔銃衝→マズルバーク→ヴァリアブルトリガー→マキサマムトリガー
すべての属性を使ったコンボ。威力を少しでも上げる為に通常攻撃の段階で2属性使用した。また、4チャージした状態からでも連携を始められるように初めの武身技4つに問題が出ないようにしてある。
更に連携終了後はダウンこそしていないが距離が開いているのでチャージしやすくなっている。ダウンさせるタイミングがチャージ時の剛・魔神剣のみなので受け身をとられにくく人間系にも決めやすいということもこの連携の利点。
※無…スティック入力なしの通常攻撃、上…スティック入力上での通常攻撃、下…スティック入力下での通常攻撃、横…スティック入力左右どちらかでの通常攻撃
  ()内の通常攻撃及び武身技はすべてチャージ時のもの。チャージドブロウから繋ぐ守護砲追陣は必ずチャージ技になるので()を割愛

エリーゼ   部分編集

名前エリーゼ・ルタス(Elise Lotus)
CV堀中優希
性別女性
年齢13歳
身長147cm
武器
戦闘タイプ精霊術師
特性スイッチングティポ
パートナー固有サポートティポドレイン

「大丈夫、きっとわかってくれます!」

カラハ・シャールの学校に通う、少し内気な少女。
同年代の友達も増え、新しい生活を前向きに満喫中。
親善使節団に参加したことで、再びエレンピオスを訪れることになる。
ティポは、ドロッセルに用意してもらったお気に入りのトランクにしまって持ち歩いていたが、
ルドガーとの出会いをきっかけに再び名コンビとして復活。
携帯型通信機GHSを使って、エレンピオスで流行している「メル友」を作ることにも挑戦している模様。

名前ティポ (Tipo)
CV池澤 春菜
性別??
年齢??
身長30cmくらい

「う〜ん、エリーゼ、大人っぽい〜」

エリーゼが持つ喋るぬいぐるみ。
自由に動くことができ、戦闘時にはエリーゼを守ってパワフルに戦う。
その正体は、かつてア・ジュールによって開発された独立型増霊極(ブースター)であり、
エリーゼにのみ適合し、精霊術のエネルギー・マナを強烈にブーストする力を持っている。
一年前に比べて、意図的に黒いコメントを吐いているフシがある・・・・・・!?

キャラ性能   部分編集

  • 今回「術時のみティポON状態になる」スキルが追加され、ウィザード、ウォリアーの恩恵を充分に活かせる様になった。
  • 追加術技もわかりやすく使いやすい性能。
  • 空中に移動する技を覚えたので「エアリアルスペル」を発動すれば空中で安全に詠唱できる(攻撃術のみ)。
  • 光、火以外の7属性を持つ。意外なことにジュード、ミュゼと並ぶ属性数。
  • 通常攻撃の属性は意外にもデフォルトで射撃、ティポON、OFFともに強攻撃のみ打撃となっている。
  • 全体的に攻撃面が強化されたが、あくまでも後衛によるサポートがメイン。打たれ弱いし、動きも遅い。
  • 前に出過ぎて死んでしまった、なんて事にならないようにしよう。

武身技   部分編集

名称消費TP属性hit空中習得 / 強化追加効果備考
ピコハン31×Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 気絶確率上昇
100回:気絶率上昇前方に敵を気絶させるハンマーを投げる。
ティポOFF時の方が気絶確率が高い。
前作から消費TPが5→3と減っている。
ティポサライブ41→2
(1)
×Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 硬直時間増加
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
100回:射程、弾速上昇(ON時)
200回:ヒット数+1(OFF時)
ティポが口から闇の弾を吐いて攻撃する。
ティポOFF時は弾が大きくなるが、射程が短くなる。
前作から消費TPが7→4と減っている。
ティポプレッシャー61×Lv1 気絶確率上昇
Lv2 硬直時間増加
Lv3 攻撃力増加
Lv4 確率でAC消費なし
100回:範囲拡大
200回:範囲さらに拡大
ティポが巨大化して敵を押しつぶす。
ティポOFF時はティポのサイズが大きくなる。
前作から消費TPが12→6と減っている。
ツインクル72(OFF時は3)Lv1 攻撃力増加
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 状態変化頻度上昇
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
氷をまとった武器で二回打撃。ティポOFF時は氷弾が追加。
ブラックドロゥ12Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 攻撃力増加
Lv3 状態変化頻度上昇
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
回転しつつ闇を纏った武器で二回打撃。
ティポOFF時はティポが二段目と同時に斬りつける。どう見ても体当たりだが斬りつける。
ティポライジング83→4
(2→3)
×Lv1 硬直時間増加
Lv2 属性連携時間増加
Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 クリティカル率上昇(空中)
100回:動作速度上昇
200回:ダウン起こし、ヒット数+1
ティポが地面にもぐり、ターゲットに近づき飛び出して攻撃。
ティポOFF時はヒット数増加。ティポON時は射程増加。
前作から消費TPが10→8と減っている。
ティポセンコウ
ティポ戦吼
121×Lv1 硬直時間増加
Lv2 鋼体ブレイク性能強化
Lv3 ガードブレイク性能強化
Lv4 攻撃力増加
100回:ガードブレイクティポの形をした闘気を飛ばして攻撃する。
ティポOFF時は射程、範囲が増加し恐ろしいほどぶっ飛ばす。高威力で本家よりも高性能。
ティポグライダー128
(4)
100Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 硬直時間増加
Lv4 属性連携時間増加
400回:ターゲット追尾効果付与
1000回:ターゲット追尾効果上昇
ティポにつかまり、杖を振り回しながら突撃する。
ティポOFF時はヒット数増加。
前作から消費TPが16→12と減っている。
トランティポリ14Lv1 攻撃力増加
Lv2 攻撃力増加(空中)
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
ダウン起こし(ティポOFF)ティポを踏み台にし回転しながら飛び上がる。エリーゼ版昇掃撃といった感じ。
ティポバキューム205
(3)
×Lv1 攻撃力増加
Lv2 硬直時間増加
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 消費TP減少
ガード/鋼体ブレイク、ダウン起こし、ダウン
100回:中量級吸い込み可能
400回:重量級吸い込み可能
1000回:超重量級吸い込み可能
ティポが敵を吸い込んで何度も噛み付いて攻撃。
ティポOFF時はヒット数増加。また、×押しっぱなしで、敵が近づくまで吸い込み続ける。
最初は小さな敵しか吸い込めないが、使用回数を上げると吸い込み可能な敵が増える。
前作から消費TPが36→20と減っている。
ティポバレージ28Lv1 攻撃力増加
Lv2 硬直時間増加
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 消費TP減少
くるくる回りながら闇の弾を連発。ティポOFF時は弾が若干大きくなる。
ショックスフィア1空中で攻撃系精霊術を使うと変化。スキルのエアリアルスペルをつけると発動しなくなる。
※発動時に使用した精霊術の消費TP・属性と同じ

精霊術   部分編集

名称等級消費TP属性hit詠唱空中習得 / 強化備考
ピクシーサークル下級10--2sLv1 消費TP減少
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
範囲内の味方HP10%回復。ティポON時は回復量HP20%に増し、範囲も広がる。
TOGのものと違い対象を追尾しない。ハートレスサークルを取ったら封印推奨。
前作から消費TPが12→10と減っている。
ハートレスサークル中級24--3sLv1 消費TP減少
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
範囲内の味方HP40%(8%×5回)回復。ティポON時は回復量が50%(10%×5回)に増す。
前作から消費TPが24→20と減っている。
レイズデッド中級40--3sレベル40 / なし味方一人の戦闘不能を回復し、HPを50%回復する。
戦闘不能でない場合でもHP回復効果は有効。
前作から消費TPが26→40と増えている。
ナース上級30--4sLv1 消費TP減少
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
味方全員HP50%回復。ティポON時は回復量が60%に増加する。
前作から消費TPが36→30と減っている。
サーペンツヴァイト下級6Lv1 攻撃力増加
Lv2 硬直時間増加
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
魔法陣から闇の弾を連射する。ティポON時は威力強化。詠唱が早く連携に組み込める。
ミリオンヴァイト中級24Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 消費TP減少
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 硬直時間増加
サーペンツヴァイトの上位術。詠唱が長くなるが、弾数がアップ。
ネガティブゲイト中級2982.5sLv1 状態変化頻度上昇
Lv2 ガードブレイク性能強化
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 消費TP減少
対象の足元中範囲に敵を引き寄せる魔の腕が発生。ティポON時は引き寄せる力が増す。
発生も早めで拘束力も高い。引き寄せ効果のおかげで複数の敵も巻き込みやすく優秀な性能。
中級なので威力はほどほどだが、他のキャラの攻撃と組み合わせる事によって真価を発揮する。
開幕ネガティブゲイト→封舞活震劇で敵全体のHPをごっそり奪える。
前作から消費TPが24→29と増えている。
ブラックガイド上級525
(6)
3sLv1 クリティカル率上昇
Lv2 鋼体ブレイク性能強化
Lv3 気絶確率上昇
Lv4 硬直時間増加
堕天使を召喚し、巨大な鎌で敵を即死させる。ティポON時は威力と即死率があがる。
攻撃範囲はサークルより大きめ。即死が発生するのは、堕天使が鎌を振り回す時。
即死効果は敵HPが増大する高難易度ほど力を発揮する。
前作から斬属性が追加され、消費TPも32→52と増えている。
フラッターズ・ディム上級406
(8)
3sLv1 鋼体ブレイク性能強化
Lv2 攻撃力増加
Lv3 消費TP減少
Lv4 クリティカル率上昇
対象の上空に連続で斬撃を発生させる。ティポON時は斬撃の回数が増す。
従来のシリーズの「ホーリーランス」に性質が近い。発生が遅めで動き回る敵とは相性が悪い。
前作から消費TPが30→40と増えている。
リカバー下級10--1sLv1 消費TP減少
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
味方一人の状態変化を回復する。
ディスペル中級22--2sLv1 消費TP減少
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
味方全員の状態変化を回復。ティポON時は状態変化を予防する効果もつく
雑魚戦開幕で放つと状態変化を気にせず戦える。
リヴァイヴ上級45--4sLv1 消費TP減少
Lv2 消費TP減少
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
味方一人に戦闘不能になった時、一度だけ自動復活の効果を付与。
前作から消費TPが50→45と減っている。
リベールイグニッション奥義60103sLv1 状態変化頻度上昇
Lv2 硬直時間増加
Lv3 消費TP減少
Lv4 鋼体ブレイク性能強化
奥義
ディバインストリークの闇バージョンといった感じだが射程は∞。
前作から消費TPが30→60と増えている。

秘奥義   部分編集

名称パートナー属性hit習得備考
リベールゴーランド--10スキル「スペシャル」闇の竜巻でターゲット周辺を攻撃。
ベンヴェヌート・エンフェルネルドガー親密度エリーゼとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。
ピンク・ピンカー・ピンキストルドガー演出はベンヴェヌート・エンフェルネと同じ(台詞のみ変更)。

弱点連携一例   部分編集

共鳴術技・ショートカット有(マイトチャージ3)OFF通常1→ティポライジング→ティポプレッシャー→ツインクル→ティポバレージ→ティポグライダー→バニッシュヴォルト・グレアケイジ(ミュゼ、ミラショートカット)→ネガティブゲイト→閃闇裂破刃)
ショートカットと共鳴術技を使った9属性コンボ。ショートカットの入力タイミングはグライダーが4~5hitした辺りで入力。
閃闇裂破刃は斬の一例で、ミュゼのラウンドリッパー等でも良い。
ここまでやる必要もないが、ショートカットや共鳴術技を含めたコンボは属性が不足するキャラでのコンボにおいて良く使う事になるので練習すると良い。

ローエン   部分編集

名前ローエン・J・イルベルト(Rowen J. Ilbert)
CV麦人
性別男性
年齢63歳
身長175cm
武器サーベル+ナイフ
戦闘タイプ精霊術師
特性術後調律
パートナー固有サポートオートマジックガード

「ジジイは、もう後悔できる歳じゃないので必死ですよ」

指揮者(コンダクター)の異名をもつ、リーゼ・マクシアでは、その名を知らぬ者はいない名軍師。
ガイアスの右腕として現役復帰し、リーゼ・マクシア宰相に就任。
エレンピオスとの交渉の最前線に立ち、休戦協定、和親条約を次々と締結した。
両国の共存の道を拓き、軍事的緊張を穏和させたが、一方では和平反対派の憎悪の対象にもなっている。
政治と軍事の世界的キーマンではあるが、お茶目なムードメーカーぷりは、もちろん健在。

キャラ性能   部分編集

  • 「TP」「知性」「器用」に優れる一方で「HP」「力」「体力」が低く、術による中〜遠距離からの攻撃を得意とする典型的な後衛タイプ。
    術師でありながらも、やや個性的な武身技が揃っており、慣れれば前衛でも戦える。ジジイと言えどさすが軍隊あがり。
    • 「器用」の成長がメンバーの中で最も高い上に、異能の書で「器用」を15%補正する「デクステリティ3」まで習得できる為、
      クリティカルを結構な頻度で出す事が可能。ただでさえ強力な術がさらに強化され、ACにも事欠かない。
      コンボ中は、スキル「クリティカルダメージ」を持つアルヴィンと組むとダメージアップを期待できる。
      武身技メインで挑む場合も、高い「器用」が低めの「物攻」を補ってくれるはず。
    • 防御面で不安があるが「グローリー」「TPドレインガード」を持つルドガー、ジュード、ガイアスと組み、
      フラッシュガード発生の為に□ボタンを連打していれば死ぬことは殆ど無い上にTPも回復する。
      もちろんローエンは「HPドレインガード」をセット。
  • 闇属性の術技のみ存在しないものの全部で8つの属性を扱える。これはトップ2の属性数。
  • ローエンにはブッ飛んだ効果を持つスキルが二つ存在する。
    ジジイ版ATフィールドである「アンチマジック」と、時の大精霊クロノス驚愕の「スプレンダータイム」である。
    • 全ての精霊術を受け付けなくなる「アンチマジック」は、影ローエンなど術系の敵に物凄く有効。一方的な戦いと化す。
      味方の回復術やサポートも受け付けなくなるのでそこだけ注意。
    • バックステップ回避で相手陣営の時を止める「スプレンダータイム」は、下記のような「ハイチェインスペル」の運用がしやすくなる。
      「スプレンダーアサルト(2含む)」があれば、ACが3も増える為、本格的なジジイ無双が始まる。
      リンクスキルなのでどのキャラクターにとっても非常に有用なスレーブになりうる。
      ガード不能技などは意外と避けやすかったりするので「身を護れ」に設定したスレーヴに止めて貰うのもいい。
      • 例えば、隠しダンジョンの最終戦において、クレスは操作キャラクターを狙い、スタンはランダムで狙いを定める為、
        クレスに対して術コンボを決めている最中に、スタンが狙っているキャラクターにリンクしておけば、
        術コンボ中に時が止まる場合がそれなりにある。ルドガー、ジュードなどは特に。
        この時止めを利用するとこちらの手数、ダメージ量が増える。
        時止め終了時にコンボを途切れさせないように、時止め時は多段ヒット術を使おう。
  • ローエン最大の特徴とも言えるスキルはやはり「スペルエンド」だろう。
    • これは術後調律が不可能になるかわりに、術のキャンセルポイントが大幅に早くなるというもの。
      • 術後調律によるファイアボール連発や広範囲ウインドランスができなくなるが、調律が直接火力に寄与しない上級術は調律するより連発した方が使いやすい。
        鈍間な火属性弱点の相手にひたすらファイアボールをぶつけたい場合はスペルエンドなしも一応視野に入る。
    • 前作で猛威を振るったこのスキルは、今作で追加された、
      連携回数(術技の方が効果的)に応じて詠唱時間が短縮されるスキル「ハイチェインスペル」により更に強化されることになった。
      豊富な「属性連携時間増加」術技の後に「ハイチェインスペル」をブーストさせる目的で、
      初級術を無詠唱連携できる「テトラスペル」を使うと効率的。
    • フロント・バックステップでは「ハイチェインスペル」の効果が途切れるが、
      サイドステップを挟むとその効果が途切れないので、敵の攻撃を華麗に避けながらの術コンボも可能である。
  • 高速詠唱をサポートする要素はまだあり「スピードスペル(2含む)」は勿論、歴代武器の「シンフォニアタクト」には「詠唱時間短縮」効果があり、
    「ミスティシンボル」も加えると更なる術の超速連携が可能になる。
    トドメの一撃にローエン最強の頭装備「ヴァルハラハット」にも詠唱時間短縮効果が!
    このじじい、どこまで速くなるのか・・・。
  • 固有サポート能力は、敵の攻撃術が発動した際にマスターと自分にマジックガードを発生させる「オートマジックガード」。
    マジックガードの発動中、ローエンは動けないが、マスターは自由に行動が可能である。
    • 術師系を相手にする場合、前衛はもちろん回復系術師にとっても非常に有用だが、ローエンが仰け反りやダウン中だったりすると発動しない。
      しかし「グローリー」持ちがマスターであれば、ほぼ確実な発動を期待できる。
    • この際にスキル「オールガード」を前衛マスターが持っていれば、前衛キャラはガード状態で敵と戦えてしまう。
      敵の攻撃術キャラを放置して敵前衛を殴りに行けば自ずとその状態を維持できるので、結果的に敵前衛からの味方被害を抑えられる。
      攻撃の合間に「アピールターゲット」を発動すれば、他の味方に術も及ばず(集中攻撃している場合を除く)、戦うゴキブリホイホイとなる。
  • 総合的に見て、使いこなす程に強さを発揮できるスルメキャラクターといえる。
  • 今作では弱点属性連携が導入されたため、上手く連携すればボスに対しても術の打ちっぱなし天国となる。これはローエンにしか出来ない芸当。
    • 術にはスキル「マイトチャージ3」の効果がないため武身技からの連携になる。
      この場合多少心許ないので術に移行する瞬間は下記オススメコンボのようにショートカットを利用して援護してもらうといい。
    • ローエンが唯一使えない闇属性はショートカットから仲間に援護してもらおう。
      ダウンや打ち上げがなく拘束力に優れるネガティブゲイト(属性連携時間増加持ち)、ブラックガイド、刺宴など。
  • 武身技の始動技はその名の通り「プレリュード」が安定。
    「マイトチャージ3」からの連携で確実にダウンさせる。このダウンはリカバリー不可
    下記オススメコンボのように、わざと2連続で放ち、ハイチェインスペル効果を上げるといい。
    • この技はダウンさせる為、「マーシーワルツ」で起こす必要があるが、
      隠しダンジョンの影ボス等は連携中の2回目のダウン中または3回目のダウン中に鋼体が復活するので、
      自力で鋼体を剥がすことができない。
    • 仲間の鋼体ブレイク値が高い術技でダウン中に剥がしてもらうとマーシーワルツで起こせるようになる(覇道滅封、魔神爆炎斬など)。
      もしくは、鋼体を剥がしながら起こせる技でもいい(アルヴィンのタイドバレットなど)。
  • ボス(アンノウン影ボス想定)を術でハメる場合注意しなければならないのは、打ち上げ、吹っ飛ばし効果のある術。
    打ち上げると人型ボスは、高確率でリカバリーを取ってくるため、「ディフュージョナルドライヴ」が単体では使えない。
    • この場合、「エアプレッシャー」や「ネガティブゲイト」で引き寄せながら打ち上げを抑える必要があるが、
      「ディフュージョナルドライヴ」はこれらよりも発動時間が長い為、結構使い所が難しい。ギガントEXの場合でさえ「!」が出てしまう。
    • 吹っ飛ばしてからダウンさせる「アブソリュート・コア」や「ブルースフィア」「クラッグワルツ」の最後の爆発はリカバリーされてしまうので注意。
      「スプラッシュ」は敵を押し出してしまうため、すぐに広範囲の術で拘束しよう。
  • 新武身技「フリットカプリッツォ」はフィニッシュというローエンのかけ声通り術連発後に使い、
    「アンビュスマーチ」→「プレリュード」→共鳴術技へと繋げることができる。
    しかも「属性連携時間増加」効果があり、ちょっとした空中コンボになる。
    • 着地してしまうと「ハイチェインスペル」の効果が無くなるため、コンボの途中には向いていないように思えるが、
      着地前に共鳴術技を使用することで、「ハイチェインスペル」の効果が持続する
      そのため、共鳴術技後は通常連携を続けるといい。ショートカットをタイミングよく利用すれば繋げ易くなる。
      これは空中コンボからの着地後に更にコンボを繋ぐための措置である(ちなみに共鳴術技ゲージがMAXの場合、
      リンクを切れば共鳴術技チェインから通常連携にもどれる。OVL中も通常連携をしたい方はどうぞ)。
      ただ、共鳴術技キャンセルをするとハイチェインスペル効果は消えてしまうため、あまり意味はない。
      術コンボ後、最後は秘奥義でシめよう。
  • 中〜上級術を中心に攻撃術の威力設定が大幅に上方修正を受けた。
    「ヘヴィマジック」の恩恵もあって非常に優秀なダメージソースとなっている。
    「ハイチェインスペル」による詠唱の高速化を加える事でかなり使い出のある攻撃に。
  • 「属性連携時間増加」を持つ術技(7属性)
    • 武身技 マーシーワルツ(光)アンビュスマーチ(地)フリットカプリッツォ(風)プレリュード(火、斬)ソーンラプソディ(射)レクイエム(水)モータルクレッシェンド(斬)
    • 術 ファイアボール(火)スプラッシュ(水)エアプレッシャー(地)ディバインストリーク(光)クラッグワルツ(地)タイダルウェイブ(水)
      打属性以外はこれらの術技のいずれかで属性連携数を増やしていけばよい。ほとんどが実用の範囲内で優秀である。

武身技   部分編集

名称消費TP属性hit空中習得 / 強化追加効果備考
ヒーリングエチュード10--×初期
Lv1 消費TP減少
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 確率でAC消費なし
100回:1回分の回復量+2%
200回:1回分の回復量+2%
自周囲に5%のHP回復効果が3回発生。流れるSEは3パターン存在。
使用回数が増えると最終的に9%×3(最大回復量27%)となり、ジュードやルドガーのものに劣らない性能を得るが、CPUは結構な頻度でかけにくる。
砲台キャラにしたいなら術のみの作戦か使用許可の設定を忘れずに。
セヴァードフェイト43×初期
Lv1 硬直時間増加
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 硬直時間増加(空中)
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
100回:範囲拡大目標に時間差で複数のナイフが落下し、魔法陣を描いて攻撃。
×ボタン長押しでローエンが腕を広げるモーションを取り、ナイフが即落下する。
前作から消費TPが7→4と減っている。
フリットカプリッツォ85100Lv1 属性連携時間増加
Lv2 硬直時間増加
Lv3 状態変化頻度上昇
Lv4 攻撃力増加
100回:空中発動可前作のイベントで使用していた紙飛行機風のグライダーに乗って突撃。
発生はわずかに遅いが、ローエンの持つ武身技の中では非常に無難な性能。
攻撃後は空中に放り出される為、術に繋ぐ事ができない点に注意。
マーシーワルツ62×初期
Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 攻撃力増加
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 属性連携時間増加
100回:ダウン起こし舞うように二連続で斬りつける。ピロンピロン鳴る普通の攻撃。
追加された技のほとんどがダウンさせるためダウン起こしが役立つ。
前作から消費TPが9→6と減っている。
アンビュスマーチ121~5100Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 硬直時間増加
Lv3 気絶確率上昇
Lv4 属性連携時間増加
100回:空中発動可
200回:ナイフの数+1
400回:ナイフの数+1
後方に飛び上がりながら地面三方向に魔法陣を発生させるナイフを投げる。
陣に敵が触れると小型の石柱が発生。
セミオート時に使用すると勝手に接近してちょうど敵の後ろあたりに魔法陣を投げる。要するに当てにくい。
後ろにジャンプしながら発動するので、距離をとりつつ壁を作ることができる。
前作から消費TPが11→12と増えている。
プレリュード122100Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 硬直時間増加
Lv3 攻撃力増加
Lv4 属性連携時間増加
ダウン
100回:空中発動可
200回:引き寄せ安定
炎を纏ったナイフを投げる。命中すると爆発し小範囲にヒット。
強力な引き寄せ効果があり、ダウンを誘発する。出が早くコンボパーツとして優秀。
「ハイチェインスペル」があれば、詠唱前に空振りで連発するのも有効。
レクイエム163+1×Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 共鳴術技ダメージ増加
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 消費TP減少
ダウン
回数使用?でダウンしなくなる
100回:動作速度上昇
剣による連撃を繰り出し、一定時間経過で爆発する魔法陣を刻み込む。
魔法陣を刻む斬撃が1回でもヒットすると敵に陣がセットされる。
〆の斬り降ろしは攻撃範囲が広いが、陣の設置効果はないので注意。
防御されたりダウンしていても陣はセットされるが、斬撃は小さい敵にはやや当てにくい。
魔法陣の爆発は範囲に効果があり、敵を吹き飛ばしてダウンさせる。
敵に刻むだけでなく、中空に設置も可能。
前作から消費TPが13→16と増えている。
ソーンラプソディ248×Lv1 属性連携時間増加
Lv2 クリティカル率上昇
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 硬直時間増加
100回:状態変化率上昇
200回:仰け反り時間上昇
連続ナイフ投げ。投げる高さは一定であり、小さい敵や飛行するギガントモンスターには当たらない。
動きがもっさりしており、複数WAY技にしては前方の制圧力も低め。
モータルクレッシェンド367~8×Lv1 鋼体ブレイク性能強化
Lv2 属性連携時間増加
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 硬直時間増加
ダウン
100回:状態変化率上昇
200回:鋼体ブレイク値上昇
斬撃を交えた連続突き攻撃で締めにダウンさせる。
出はかなり遅いが、威力は高め。
小さい敵に対しては初撃の当て方が悪いと途中で軸がずれることもあるので注意。
「属性連携時間増加」を持ち、動作が長い技のため、キャラチェンもしくは他のキャラのための時間稼ぎといったところか。

精霊術   部分編集

名称等級消費TP属性hit詠唱空中習得 / 強化調律効果備考
ファイアボール下級61
(+1~3)
1s×Lv1 攻撃力増加
Lv2 属性連携時間増加
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 状態変化頻度上昇
×ボタンで火球を連射前方に炎球を発射して攻撃。縦軸に対してのみ追尾能力を持つ。
弾速は遅いが、調律でフルヒットさせればかなりの高威力。「炎上」が発生すれば更なるダメージを期待できる。
「スペルエンド」とセミオートを組み合わせて連発すると、発射毎に向きを敵に合わせる事が可能。
ただし同術連発補正により火力は下がる。
前作から消費TPが9→6と減っている。
ロックトライ下級83
(+1~2)
1s×初期
Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 硬直時間増加
Lv3 ガードブレイク性能強化
Lv4 状態変化頻度上昇
×ボタンで石柱の追撃地面からから飛び出す三本の岩槍で攻撃。発生が遅め。
素早い敵に当てたい場合はフリーターゲットによる調整を推奨。
前作から消費TPが9→8と減っている。
ウィンドランス下級81
(+1~)
1.3s×Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 気絶確率上昇(空中)
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
×ボタンで風の刃を更に発射貫通する風の刃を放ち、術者と標的を結ぶ直線上を攻撃。
調律は初撃を命中させた敵の数だけ追撃を出せるが、逆に誰にも当たらないと調律不可。
敵の位置次第で複数ヒットも容易でソリッドコントラクションとの相性が良好。
上手く複数の追撃を発生させられればかなりの高火力。
前作から消費TPが10→8と減っている。
スプラッシュ下級1261s×初期
Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
左スティックで水流を操作空中から水流を叩きつけて小範囲を攻撃。
最初に飛び出す水瓶にも判定があり、発生が極めて早い。
拘束力も高く、術コンボ時は基点としても中継としても非常に役に立つ。
「スペルエンド」装着時に連発すると簡単にヒット数を稼ぐ事が可能。
前作より押し出す性能が強化されており、端でないとヒット数を稼ぎづらくなった。
ヒットさせにくくなった事に伴ってか、威力が若干アップしている。
ブライトベル中級124
(+1~2)
2.1s×Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 OVLゲージ増加率上昇
左スティックでベルを更に動かす中空に生み出した光のベルを鳴らして中範囲を攻撃。
発生が早めで、拘束力もそこそこ。「チャーム」目当てで連発してもらうのもあり。
前作から消費TPが18→12と減っている。
フリーズランサー中級1310
(+1~6)
2s×Lv1 攻撃力増加
Lv2 消費TP減少
Lv3 硬直時間増加
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
×ボタンで弾数増加貫通する氷の刃を連射し、術者と標的を結ぶ直線状を攻撃。
射程は戦場の半径よりやや長い程度で、見た目よりも少しだけ短い。
攻撃判定は射出される小さな氷の刃にある為、敵が小さい場合はヒット数が安定しない。
射程は長めだが、オート時のローエンは敵との距離に関係なく使用するので注意。
前作から消費TPが24→13と減っている。
エアプレッシャー中級263~4
(+1~2)
2s×Lv1 硬直時間増加
Lv2 属性連携時間増加
Lv3 気絶確率上昇
Lv4 消費TP減少
×ボタンで更に圧力をかける強力な圧力を生み出す魔法陣を形成して中範囲を攻撃。
発生がやや遅く、フリーターゲットが示す攻撃範囲は最後の一撃部分のみなので注意。
調律による追加攻撃にのみダウン効果あり。
前作と比べて威力が大きく向上し、消費TPも22→26と増えている。
ブルースフィア中級2612s×Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 攻撃力増加
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 硬直時間増加
○ボタンを押し続けると水球が巨大化空中から巨大な水球を落下させて中範囲を攻撃。
調律で攻撃範囲を広げられるが、ダメージの発生は遅い。
前作と比べて威力が若干上昇し、消費TPも24→26と増えている。
ディバインストリーク上級28103.5s×Lv1 消費TP減少
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 鋼体ブレイク性能強化
左スティックで発射方向を操作前方に光線を照射して攻撃。射程は戦場の半径程度。
後方から当てられない事もないが、離れすぎた敵を追えるほど長くもない。
自操作の場合は、「スペルキープ」で詠唱を蓄積し、ステップで軸を合わせてから使うと比較的当てやすい。
オート時のローエンは敵に届かない位置から使用したりするので注意。
前作から消費TPが38→28と減っている。
アブソリュート・コア上級3453.3s×Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 ガードブレイク性能強化
Lv3 攻撃力増加(空中)
Lv4 硬直時間増加(空中)
左スティックで氷塊を操作敵に命中、もしくは一定時間経過で巨大な氷の結晶として炸裂する氷塊を前方に打ち出す。
氷の結晶は砕け散る際に敵を斜め上に吹き飛ばしてダウンさせる。
飛ばす氷塊は速度が遅い上に追尾性もなく、時間制限による射程限界も存在するので扱いはかなり難しい。
時間停止状態では氷塊が見づらくなるため、余計に扱いにくくなる。
前衛とリンクして前線で使うにも、当たると吹き飛ばしてしまうのでやはり扱いにくい。
氷の結晶の攻撃範囲はそれなりに広めなので、上手く動かせば敵は巻き込みやすい。
尚、オート時のローエンは敵との距離に関係なくこの術を使用するので注意。
詠唱速度を上げた状態で近距離で連打するとTPが切れるまで石化・拘束することが可能。
前作と比べて威力が大きく向上し、消費TPも33→34と増え、1.5倍くらい吹っ飛ばすように。
ソリッドコントラクション中級362~5
(+1)
2s×Lv1 硬直時間増加
Lv2 攻撃力増加
Lv3 消費TP減少
Lv4 硬直時間増加
左スティックで鎖が一本増加四方から取り囲む術の鎖で広範囲を攻撃。
鎖はヒットした相手を進行方向に移動させる力を持ち、四方向からの攻撃によって敵を中央に固める事が可能。
発生はそこそこだが、外側から内側への攻撃という関係で移動している敵にも当てやすい。
また、範囲の外側でヒットするほど鎖に押し出される関係でヒット数が増える。
術後調律による効果は敵を特定の方向に押し出す鎖を追加するというものでこちらにも攻撃判定は存在する。
「コンダクター3」と組み合わせる事で、敵をこちらに一切近づけずに戦う事が可能。
エリーゼのネガティブゲイトと組み合わせると愉快な事になる。
前作から光属性が追加され、消費TPも28→36と増えている。
クラッグワルツ上級401~
(1~19)
3s×Lv1 消費TP減少
Lv2 状態変化頻度上昇
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 状態変化頻度上昇
左スティックで岩塊を操作地面から飛び出した岩塊が一定時間、戦場を転がり続けて攻撃。
岩槐は消滅する際に爆発して小範囲を攻撃。触れた敵を吹き飛ばしてダウンさせる。
妙な慣性が付いているので調律しても当てるのが難しい。敵に使われるほうが厄介な術。
さらにオートで使われると勝手にカメラが遠くなってやりづらくなるので封印推奨。
ちなみに調律しない場合、岩槐は直進して戦場の端でバウンド(角度はランダム)するのを繰り返す。
「スペルエンド」と「ハイチェインスペル」を組み合わせると岩を6〜7個戦場に配置可能。
ミュゼと協力して岩の設置に特化する事で地味に強力な広範囲攻撃へ化ける。
前作と比べて威力がかなり向上し、消費TPも34→40と増えている。
ディフュージョナルドライヴ上級4012~163s×Lv1 状態変化頻度増加(空中)
Lv2 攻撃力増加(空中)
Lv3 鋼体ブレイク性能強化(空中)
Lv4 消費TP減少
左スティックで水の発射位置を操作渦より何度も吹き上がる水の弾丸で中範囲を攻撃。術が終わる際に味方全体のHPを10%回復。
攻撃範囲は渦の外周を基準とした円柱状となっており、弾丸の位置は無関係。
故に空中を含む範囲を安定して攻撃可能で、ヒット数も多く拘束時間が長め。
発生もそれなりに早く、調律で手軽に攻撃位置を調整できるので非常に扱いやすい。
素の攻撃範囲はさほど広くないが、ぐるぐると渦を動かせば広い範囲を攻撃可能。
「スペルエンド」と組み合わせる事によって、広範囲拘束を長時間行える(後はおまけ程度の回復も)。
「スピードスペル」も加えれば、ザコ相手ならTPとACが続く限りコンボが継続する。
前作から消費TPが36→40と増えている。
タイダルウェイブ奥義5283s×Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 クリティカル率上昇
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 状態変化頻度上昇
奥義
渦潮で戦場全体を攻撃。複数相手に非常に高性能で、特に敵が散開している場合に有効。
「奥義」なので調律が無く、発動時のモーションが普通の術と異なる。
スキル「スペルエンド」の効果もないので注意。
前作から消費TPが40→52と増えている。

秘奥義   部分編集

名称パートナーHIT習得備考
グランドフィナーレ-2スキル「スペシャル」水流を水柱にして巻き上げ、凍らせ、最後に砕き散らす秘奥義。
広範囲の敵を攻撃できるが、威力は若干低め。
ティーロ・スフォルツァンドルドガー14スキル「スペシャルリンクアーツ」ルドガーとの共鳴秘奥義。親密度9段階目で習得。
ローエンが展開した4つの魔法陣によりルドガーの銃撃を強化し、
対象を水、氷、地、光の魔法弾で攻撃した上で、
全ての魔法陣を収束させた極大のレーザーで撃ち抜く。
  • 注:秘奥義はいずれも無属性。

オススメコンボ   部分編集

1プレリュード×2→マーシーワルツ→覇道滅封等(補足参照)→パーンスプレッド(ミラまたはミュゼ)→プレリュード×2→マーシーワルツ→スプラッシュ→ブライトベル→エアプレッシャー→フリーズランサー→ソリッドコントラクション→ディバインストリーク→ブライトベル→ソーンラプソディ→ディバインストリーク(ミラ)→ネガティブゲイト(エリーゼ)→ブライトベル→刺宴(エリーゼがいない場合)→ディバインストリーク→セヴァードフェイト→エアプレッシャー→ディバインストリーク→フリーズランサー→ウィンドランス→エアプレッシャー→ディバインストリーク→アブソリュート・コア→アゼリアブレード(リンクアーツエリーゼ)または、タイダルウェイブ→レイジングミスト(リンクアーツミラ、ミュゼ)→ベルベティスラッシュ→ティーロ・スフォルツァンド
ローエンマイト使用9属性連携コンボ。闇属性がない為ショートカットを利用している。出来るだけ詰め込んだコンボ。
検証対象は隠しダンジョン一回目のジュードで難易度はアンノウン。
スペルエンド、ハイチェインスペル、スピードスペル、ミスティシンボルのおかげで超速連携となる
プレリュードを連続二回も放っているのは、ハイチェインスペル効果を上げる為。二連続目は対象に当たらないが気にしない。後はここに書かれた順序通りに最速入力するだけ。
ディフュージョナルドライブ等浮かせる魔法を使うと人型ボスにはリカバリーを取られてしまうので、一切使用出来なかった。
ダウン系の魔法も、起こす方法が仲間のショトカ頼りになってしまい、使用術技が圧迫されてしまう為出来なかった。
この連携はレベル105、賜剣パトリエイターで検証対象に30万前後のダメージを与えられる(シンフォニアタクトで更に詠唱速度UP?)。
キャラチェン→骸殻発動→リンクしてなければこの瞬間リンク→瞬間移動→通常攻撃から秘奥義で50万前後のダメージ。
途中までルドガーと組むとパラメータ系リンクスキルによって更にダメージup
あらかじめスプレンダーアサルト2などでACを溜めておくこと。ローエンはクリティカルが出やすいため、AC回復前提でコンボを組んでいる。途中で最後まで足りないとわかった場合は、適当に省略すればよい。

補足:難易度アンノウンで隠しダンジョンの敵の中(ローエン、レイア、ミラなどの術師系)には連携中の二回目のダウン中に鋼体が復活する奴らがいるため、二回目のマーシーワルツでは起こせなくなる(すくなともレベル130の腕力では)。そのためバーンスプレッドの前に覇道滅封等の技を挟みこむといい。鋼体が削られ、マーシーワルツで起こせるようになる。
発生の早いベルベティスラッシュから共鳴秘奥義に繋ぐのもいい。
1マーシーワルツ1~3→プレリュード1~2→スプラッシュ→マーシーワルツ→スプラッシュ→ブライトベル→エアプレッシャー→L1+上or下○→ソーンラプソディ→ウィンドランス→スプラッシュ→ブライトベル→セヴァードフェイト→スプラッシュ→ディフュージョナルドライヴ
ローエンマイト使用単独8属性連携コンボ。闇属性武器で9属性、属性を出来るだけ詰め込んだコンボ。サイドステップで位置調整
装備は、ブラッドサッカー、ヴァルハラハット、ミスティシンボル。
スキルは、スペルエンド、ハイチェインスペル、スピードスペル。マーシーワルツ→プレリュードの回数は状況に応じて。

ジュード   部分編集

名前ジュード・マティス(Jude Mathis)
CV代永 翼
性別男性
年齢16歳
身長164.6cm
武器ナックル
戦闘タイプ拳法使い
特性集中回避
パートナー固有サポートレストア

「僕、不思議なことに縁があって。四大精霊とか精霊の主とか、ね」

黒匣(ジン)に代わる次世代システム源霊匣(オリジン)の開発に励む新鋭研究者。
医学校を無事卒業し、現在はリーゼ・マクシア、エレンピオス両国の研究施設を股にかけて精力的に活動中。
断界殻(シェル)を開いたことで、世界に対して強い責任を感じている。
そのために、以前のような学生らしい幼さは消え大人びた雰囲気をまとうようになっているが、困った人を放っておけないお人好しさは相変わらず。

キャラ性能   部分編集

序盤は属性に難があるが(覚える技は打が多め)中盤位になると属性が豊富になり弱点属性連携しやすくなる。
モーションの短い技も多くボス戦では素早く弱点属性連携をできるのも魅力。

スキルの「ダウンラッシュ」「ダウンバースト」は、ダウン中の相手に対してダメージが底上げされる効果を持つ。

弱点連携を決めるまでは同じだが、更に「ダウンさせた相手に追い打ち」というもう一手順加える事を意識する事で火力を向上させられる。

上記スキルはリンク対応なので、ジュードとリンクする場合も活用するといい。

習得は遅くなるが、威力が高く隙の少ない衝波魔神拳やダウン中に一定確率で即死の尖牙等が有効な追い打ち手段。

斬撃、射撃以外の7属性を持つ。

武身技   部分編集

名称消費TP属性hit空中習得 / 強化追加効果備考
チユコウ
治癒功
10--×初期
Lv.1 共鳴術技ダメージ増加
Lv.2 確率でAC消費なし
Lv.3 共鳴術技ダメージ増加
Lv.4 消費TP減少
100回:動作速度上昇
200回:範囲拡大
400回:動作速度上昇
自分と周囲を回復する。自身と近いほど大きく回復。戦闘以外では単体対象。
セカンドアーツで連気治癒功に変化。回復判定が+1されるが、その分全体モーションも長くなる。
前作から消費TPが5→10と増えている。
マジンケン
魔神拳
42
(+1)
初期
Lv.1 攻撃力増加
Lv.2 確率でAC消費なし
Lv.3 共鳴術技ダメージ増加
Lv.4 硬直時間増加
100回::射程、弾速上昇
200回:射程、弾速さらに上昇
400回:貫通効果付与
離れた敵を攻撃できる。敵の近くで出すと2ヒットする。
「セカンドアーツ」で魔神拳・双牙に派生。
「ウィズミラ」でミラとリンク中、ウィンドカッターに変化。
魔神拳・双牙で中級ウィンドカッターに変化。ただし飛び上がらない。
前作に比べて発生が遅くなり弱体化している。
空中発動可能になり、前作から消費TPが6→4と減っている。
エイショウライ
鋭招来
41
(3)
×Lv.1 属性連携時間増加
Lv.2 確率でAC消費なし
Lv.3 共鳴術技ダメージ追加
Lv.4 OVLゲージ増加率上昇
ダウン起こし
200回:動作速度上昇
400回:効果10%アップ
一定時間物理攻撃カ30%上昇。衝撃波でダウンした敵を起こすことが出来る。
「セカンドアーツ」を装備して長押しで剛招来に変化し物理防御上昇効果付与。
「ウィズミラ」でミラとリンク中、アクアプロテクションに変化。
「セカンドアーツ」+「ウィズミラ」では水球を一度に3つ展開する。
意外と素直に連携に組み込まれてくれるので、コンボの最初の方で使う癖を付けておくのもいい。
前作から消費TPが8→4と減っている。
カイキコウ
快気孔
5--×(100)
Lv.1 共鳴術技ダメージ増加
Lv.2 共鳴術技ダメージ増加
Lv.3 消費TP減少
Lv.4 確率でAC消費なし
100回:動作速度上昇
200回:範囲拡大
自分と周囲の状態変化を回復。
前作から移動中に使用不可能になり、消費TPが13→5と減っている。戦闘中に、何の状態変化に掛かっていなくても無意味に使うため封印推奨。AIの設定ミスと思われる。
ショウテイハ
掌底破
61
(+1)
×(160)
Lv.1 硬直時間増加
Lv.2 状態変化頻度上昇
Lv.3 鋼体ブレイク性能強化
Lv.4 ガードブレイク性能強化
100回:動作速度上昇
200回:気絶効果付与
敵を大きく突き飛ばす。気絶率が高い。
「セカンドアーツ2」で双撞掌底破に派生。
「ウィズミラ」でミラとリンク中、フレアボムに変化。ダウン効果はない。
双撞掌底破を発動するとフレアボムをもう一度放つ。こちらはダウン効果。
前作から消費TPが7→6と減っている。
ガリョウクウハ
臥龍空破
62→3×Lv.1 状態変化頻度増加(空中)
Lv.2 気絶確率上昇(空中)
Lv.3 攻撃力増加(空中)
Lv.4 OVLゲージ増加率上昇
ダウン起こし
200回:ヒット数+1
ダウン起こし効果ありのジャンプアッパーを繰り出す。思ったより前方まで攻撃判定が伸びる。
飛燕連脚と起こし性能を比べると、臥龍空破の方が攻撃判定の発生がやや遅いが確実感がある。
飛燕連脚より高い位置まで敵を持ち上げるので、状況に応じて使い分けたい。
前作から消費TPが18→6と減っている。
ユウナギ
夕凪
6Lv.1 クリティカル率上昇
Lv.2 クリティカル率上昇(空中)
Lv.3 状態変化頻度上昇
Lv.4 確率でAC消費なし
X2新技。裏拳二連発。大きく軸移動する。
ヒエンレンキャク
飛燕連脚
82
(+1)
Lv.1 攻撃力増加(空中)
Lv.2 クリティカル率上昇(空中)
Lv.3 OVLゲージ増加率上昇(空中)
Lv.4 確率でAC消費なし
200回:動作速度上昇
400回:ダウン起こし
連続回し蹴り。攻撃後、空中に残る。
「セカンドアーツ2」でヒット数が+1するが、使い方によっては通常のままの方が使いやすい。
400回以上使用によりダウンを起こせるようになるが、ある程度上方向に大きい相手でないとヒットしない。
敵が空中でダウン状態になっている場合でも、空中で起こしてコンボを継続できる。
前作から消費TPが10→8と減っている。
サザンカ
三散華
83
(+1)
×初期
Lv.1 クリティカル率上昇
Lv.2 攻撃力増加
Lv.3 確率でAC消費なし
Lv.4 OVLゲージ増加率上昇
200回:動作速度上昇3連続で攻撃する。最後の蹴りで敵をやや浮かせる。
「セカンドアーツ」で三散華・追蓮に派生。
「ウィズミラ」でミラとリンク中、ラスト一撃がグレイヴに変化。
三散華・追蓮へ派生するともう一度グレイヴを発動。
前作から消費TPが9→8と減っている。
ハンヨウジン
叛陽陣
81×Lv.1 属性連携時間増加
Lv.2 共鳴術技ダメージ増加
Lv.3 硬直時間増加
Lv.4 鋼体ブレイク性能強化
200回:威力上昇、射程上昇前方にゆっくり進む光球を放つ。球に敵が触れると爆発してダウンさせる。
爆発といっても範囲が絶望的に小さく巻き込みは難しい。また、出が遅い上に硬直も長めとコンボには不向き。
連続設置が可能なのでトラップとして使う手もあり。
前作から消費TPが20→8と減っている。
ロンドセンプウ
輪舞旋風
91Lv.1 状態変化頻度上昇
Lv.2 OVLゲージ増加率上昇
Lv.3 クリティカル率上昇(空中)
Lv.4 確率でAC消費なし
200回:引き寄せ距離増加
400回:引き寄せ距離さらに増加
回し蹴り。タイマンライクなジュードには貴重な範囲攻撃。
あたった敵を引き寄せるため、連発で敵を縛り付けることができる高性能技。
空中で出すと少し下降しながら攻撃するため位置調整にも役立つ。
また、レイアとの「封舞活震劇」と、共鳴術技のソースとして見た場合も優秀。
前作から消費TPが12→9と減っている。
サイヒョウジン
砕氷刃
8Lv.1 硬直時間増加
Lv.2 鋼体ブレイク性能強化
Lv.3 状態変化頻度上昇
Lv.4 確率でAC消費なし
ダウン起こしX2新技。飛び上がり急降下し落下地点に氷塊が隆起。
クサナギ
日柳
12Lv.1 攻撃力増加
Lv.2 攻撃力増加(空中)
Lv.3 属性連携時間増加
Lv.4 共鳴術技ダメージ増加
X2新技。敵を浮かせるパンチと上段回し蹴り。敵を横に飛ばす関係で軸がズレるので工夫しないと後に繋がらないのが難点。
範囲の広い転泡等や接近できるアサルトステップでフォローを。
シシセンコウ
獅子戦吼
121Lv.1 ガードブレイク性能強化
Lv.2 鋼体ブレイク性能強化
Lv.3 硬直時間増加
Lv.4 属性連携時間増加
ダウン
200回:ガードブレイク、鋼体を崩しやすくなる
大きく敵を吹き飛ばすため連発には向かないが、囲まれそうな時に1対1を作り出すのに有効。
「ステップロング」があれば吹き飛ばした直後をフロントステップで追いかけ、起こし技から連携を継続できる。
使用回数200回以上になりガードブレイクが付加されれば、ガード対応を気にせず攻撃できる。
前作から消費TPが14→12と減っている。
ヒテンショウク
飛天翔駆
121→2
(1)
Lv.1 属性連携時間増加(空中)
Lv.2 共鳴術技ダメージ増加
Lv.3 気絶確率上昇(空中)
Lv.4 硬直時間増加
200回:ヒット数+1(地上時)蹴り上げバク宙からの急降下キック。空中からならその場から急降下。
ボタン連打していると出した後に暴発しやすいので注意。
前作から消費TPが15→12と減っている。
テンホウ
転泡
123×Lv.1 確率でAC消費なし
Lv.2 攻撃力増加
Lv.3 状態変化頻度上昇
Lv.4 OVLゲージ増加率上昇
ダウン
200回:範囲拡大
足払いで敵をダウンさせる。
攻撃範囲が意外に広く、身を屈めるため、攻撃位置が高い攻撃を躱せる時がある。
前作から消費TPが16→12と減っている。
ムエイショウ
無影掌
121→2
(0)
Lv.1 OVLゲージ増加率上昇
Lv.2 確率でAC消費なし
Lv.3 攻撃力増加
Lv.4 硬直時間増加
200回:気絶効果付与、鋼体を崩しやすくなる
400回:動作速度上昇、ヒット数+1(地上時)
高速回転しながらバックステップした後、山突きを放つ。
空中では前方に回避する技となり攻撃判定が発生せず敵の向こう側に着地する。
使用回数400回以上で地上発動時の回転バックステップに当たり判定が発生するようになる。
空中で攻撃してからこの技で追いかけることで、移動手段や共鳴キーとしてコンボに組み込める。
前作から消費TPが9→12と増えている。
カンクウセン
巻空旋
161×Lv.1 攻撃力増加
Lv.2 鋼体ブレイク性能強化
Lv.3 属性連携時間増加
Lv.4 消費TP減少
ガード/鋼体ブレイク、ダウン
200回:範囲拡大
敵のガードをすり抜けて手早くダウンが奪える投げ技。攻撃判定は周囲1キャラほどで非常に短い。
当身技なので複数に囲まれていた場合、ターゲットに関係なくより近い敵に攻撃が向くのでコンボ中は注意。
飛行タイプの敵の場合、ジュードの頭くらいの高さであればひっくり返せる。ダウン中の敵には効果なし。
前作から消費TPが12→16と増えている。
レップウケン
烈風拳
183Lv.1 クリティカル率上昇(空中)
Lv.2 攻撃力増加(空中)
Lv.3 共鳴術技ダメージ増加
Lv.4 確率でAC消費なし
200回:麻痺率上昇
400回:共鳴ゲージ上昇量増加
両腕を広げて巻き込みながら上昇。範囲が恐ろしく狭いためほぼ当たらない。輪舞旋風からどうぞ。
前作から消費TPが16→18と増えている
レッパショウ
烈破掌
242×Lv.1 気絶確率上昇
Lv.2 攻撃力増加
Lv.3 属性連携時間増加
Lv.4 鋼体ブレイク性能強化
ダウン起こし、ダウン
100回:炎上率上昇
200回:炎上率さらに上昇
400回:炎上率さらに上昇
上方突きを放つ。突きがHITした場合、爆発させる。
ダウン中の敵に撃つと突きで叩き起こすが、爆発で再度ダウンする。
前作から消費TPが18→24と増えている。
ホウツイケン
鳳墜拳
242Lv.1 攻撃力増加(空中)
Lv.2 消費TP減少
Lv.3 属性連携時間増加
Lv.4 状態変化頻度上昇
ダウン
200回:浮かせ量増加
ジャンプしてやや前方に火球を落とす。距離、範囲は狭くダウンさせる。
ジュードの技の中では高火力で、特に火が弱点の敵には積極的に使っていきたい。
自身を空中に残したまま敵がダウンするため、連携の組み立てに注意が必要。
追撃は跳ねて来たところを飛燕連脚で拾うか、無影掌で追いかけて起こし技に繋ぐ。
前作から消費TPが18→24と増えている。
レンガダン
連牙弾
285×Lv.1 属性連携時間増加
Lv.2 攻撃力増加
Lv.3 鋼体ブレイク性能強化
Lv.4 クリティカル率上昇
200回:動作速度上昇打属性の5連撃。三散華よりもモーションが素早いが拘束時間が長いためつぶされやすい。
前作から消費TPが14→28と増えている。
センガ
尖牙
421×Lv.1 クリティカル率上昇
Lv.2 属性連携時間増加
Lv.3 状態変化頻度上昇
Lv.4 消費TP減少
即死(ダウン中のみ)
100回:即死確率+5%
200回:即死確率+5%
400回:即死確率+5%
足元に向けて即死効果のある突きを放つ
ただし即死効果はダウン中の敵にしか発動しない。
前作から消費TPが17→42と増えている。
マクスウェル36源霊匣マクスウェル入手 / なし奥義
源霊匣マクスウェルを呼び出して攻撃する。
四属性の攻撃を内包した衝撃波を放つ。
呼び出した時にもダメージがあり他の技から繋がる。衝撃波が当たると距離が開く。
ガロウホウコ
臥狼砲虎
425×Lv.1 鋼体ブレイク性能強化
Lv.2 ガードブレイク性能強化
Lv.3 属性連携時間増加
Lv.4 消費TP減少
200回:ダウン起こし奥義
攻撃後相手を遠くに吹き飛ばしダウンさせる。
前作と違い、衝撃波の3ヒット目(ラスト)でしかダウンさせなくなったためダメージが減少しなくなった。
前作から消費TPが30→42と増えている。
ホウリュウブソウキャク
崩竜武双脚
57100Lv.1 クリティカル率上昇(空中)
Lv.2 消費TP減少
Lv.3 攻撃力増加(空中)
Lv.4 クリティカル率上昇
ダウン
400回:ダウン起こし
奥義
浮き上がりつつ連続キック。自身は空中に残る。
臥狼砲虎のような光のエフェクトが発生し普通の蹴りより若干判定が広い。
400回使用で最初の一撃にダウン起こし効果発生
ショウハマジンケン
衝波魔神拳
601×Lv.1 OVLゲージ増加率上昇
Lv.2 気絶確率上昇
Lv.3 消費TP減少
Lv.4 攻撃力増加
400回:範囲拡大奥義
地面をたたいて自分の周りに衝撃波を発生させる。
前作と違い衝撃波の範囲が狭くなっている(使用回数400で前作と同じ)。
また、浮かせなくなり相手をその場でダウンさせる仕様となった
前作から消費TPが30→60と増えている。

基本コンボ   部分編集

1日柳 → アサルトステップ → 発生の早い術技
繋がりづらい日柳から組み込むコンボ。
アサルトステップが必須
2夕凪 → 微ディレイアサルトステップ → 発生の早い術技
夕凪から少しディレイをかけてからアサルトステップをすることでACを回復しつつコンボ継続が可能。
三散華でも可能だが夕凪に比べてシビア。
アサルトステップが必須

オススメコンボ   部分編集

1ニュ-トラル(1回) → 転泡 → 鋭招来 → 三散華 → 日柳 → アサルトステップ → ニュ-トラル(1回) → 輪舞旋風 → 烈破掌 → アサルトステップ → 尖牙
ジュード単体7属性連携コンボ。事前にマイトチャージ使用。AC11 ステッパーだとAC9

秘奥義   部分編集

名称パートナー属性hit習得備考
サツゲキブコウケン
殺劇舞荒拳
--13スペシャル習得蹴って殴って最後に渾身のストレートで吹っ飛ばす。
最初の回し蹴り以外はほぼ単体攻撃で巻き込みは期待できない。
コガハザン・アギト
虎牙破斬・咢
ミラ-7スペシャルX習得スキル「スペシャルX」装着することで解禁されるミラとの共鳴秘奥義
殺劇舞荒拳との差は微々たるもの。
メテオスォーム--マクスウェル習得シングルアーツをつけて、オーバーリミッツしてるときにマクスウェルから発動。
前作では「メテオスウォーム」だったが表記が変わった。
オーバーヒットしても必ずHPが1残り、追撃するとコンボが続く。追撃しない場合はスリップダメージが入り撃破される。
全体攻撃のため複数相手に便利。
テンショウフウバクサツ
天招風縛刹
ルドガー-親密度ジュードとの親密度上昇で解禁される共鳴秘奥義。
二人の息がぴったり合ったコンビネーション技。強烈な連撃の嵐で、竜巻を巻き起こす。
ジュウガフウバクサツ
十臥・風縛刹
ルドガー-演出は天招風縛刹と同じ(台詞のみ変更)。
ジュードのキャラエピソードを全て終えて、親密度を最高にしてイル・ファンにいるジュードに話しかける。

ステータス   部分編集

LvHPTP腕力体力敏捷知性精神器用
2473101
25
50
75
100
125
150
175
200

ミラ   部分編集

名前ミラ(Milla)
CV沢城 みゆき
性別女性
年齢21歳
身長168cm
武器
戦闘タイプ術剣士
特性魔技 (まぎ)
パートナー固有サポートバインド

「どいつもこいつも、巻き込んでおいて勝手なこと言うわね」

6歳の時にアルクノアを壊滅、クルスニクの槍建造を阻止した。
精霊の主マクスウェルを名乗る女性。
使命を果たし終えたため、マクスウェルとしての力を失い、
四大精霊を使役することもできない。
それゆえ、生活能力や感覚は一般民衆に近いが
その特殊な生い立ちの影響で友達がおらず、
気位も高くてやや頑固。感情的になることも多く、年齢の割に子供っぽい。
ニ・アケリアの村で大精霊である双子の姉とともに暮らしていたが……

  • 名前に「 = マクスウェル 」がない。また、レベル42に達してもスキル「スペシャル」を覚えない。

キャラ性能   部分編集

  • ルドガー、アルヴィンと並び全属性完備。
  • 敵の弱点を突きやすい。
  • 豊富な属性と空中系アクションが得意な魔法剣士。
  • 魔法剣士というスタイルな為、術を使用できるキャラの中でも武身技が揃っており、ハイチェインスペルの恩恵を実感しやすい。
    スライドリンクアーツやスレーブのディレイリンクアーツを活用すれば、レイジングサン等の硬直が長い上級術を連携に組み込むことが出来る。
  • エナジーコート、アーマーでダメージも軽減できるため、前衛後衛問わないキャラとなっている。
  • 燃費の悪さとAIとの相性の悪さは相変わらず。特にAIは敵からバカスカ殴られながら術技を連発する為他キャラとは比較にならない程の早さでガス欠するので注意。
  • ブレイクデスティニー・ルーンコート・エレメンタルサークレット・エレメンタルを装備して「〜ガード」系スキル完備のルドガーとリンクすれば6属性が無効化できる。
  • 全属性完備ではあるが、闇は「ダウン」、射撃と打撃は「ダウン&吹き飛ばし」と唯一の属性技が携に組み込みづらい性質なのが欠点。
    • 無理に一人で全属性を狙うよりも他キャラからのサポートと合わせる方が無難。

武身技   部分編集

  • 四大精霊及びエレメンタルショットはメインチャプター11「ミラ=マクスウェル」で解放。IIバージョンは要クエストクリア。
    名称消費TP属性hit空中習得 / 強化追加効果備考
    ウンディーネ201×メインチャプター11 / なし100回:範囲拡大
    回復量+2.5%
    200回:回復量+2.5%
    400回:状態変化回復
    自分の周囲を攻撃し、範囲内の味方を20%回復させる。
    使用回数で状態変化も回復できるようになる万能な回復技。
    前作の同名の技とは性能が異なる。
    ラウンドエッジ62初期 / Lv1 硬直時間増加
    Lv2 OVLゲージ増加率上昇
    Lv3 確率でAC消費なし
    Lv4 攻撃力増加
    100回:範囲拡大
    400回:範囲さらに拡大
    浮き上がってから光輪で周囲を攻撃。空中でも同様の性能。
    使用回数上昇により光輪が拡大すると、複数の敵を巻き込みやすくなる。
    コンボ中に他の敵が寄ってきたら、この技の端で引っ掛けると足を止められる。
    あまり高くまで浮き上がらないが、高さ的にパーティクルロンドと相性がいい。
    前作での使用回数400よりも範囲拡大可能、消費TPも8→6と減っている。
    ルナティックスティング76→8初期 / Lv1 クリティカル率上昇
    Lv2 鋼体ブレイク性能強化
    Lv3 状態変化頻度上昇
    Lv4 ガードブレイク性能強化
    100回:動作速度上昇
    400回:ヒット数+2
    魔方陣を描いて魔力の槍を突き出す。空中では斜め下に放つ。
    グレードショップのリンクゲージ上昇量2倍を買った場合、これ一発でリンクゲージを次のレベルまで上昇させる。
    前作から消費TPが10→7と減っている。
    コンディムネイション83+1初期 / Lv1 硬直時間増加
    Lv2 鋼体ブレイク性能強化
    Lv3 確率でAC消費なし
    Lv4 クリティカル率上昇
    ダウン
    100回:鋼体を崩しやすくなる
    200回:動作速度上昇
    描いた魔法陣を前方に発射する。魔法陣は時間差で爆発、垂直に落下させるダウンとなる。空中ではやや斜め下に魔法陣を飛ばす。
    前作から消費TPが14→8と減っている。
    マジェストホウィール83初期 / Lv1 攻撃力増加
    Lv2 確率でAC消費なし
    Lv3 共鳴術技ダメージ増加
    Lv4 OVLゲージ増加率上昇
    100回:敵回転
    200回:発動直後鋼体
    反時計回りに回転しながら斬りつけ、回し蹴りでフィニッシュ。やや敵を吹き飛ばす。
    ディストールノヴァ122/ Lv1 鋼体ブレイク性能強化
    Lv2 攻撃力増加
    Lv3 確率でAC消費なし
    Lv4 硬直時間増加
    ダウン
    200回:動作速度上昇
    400回:範囲拡大
    斬り上げてから地面に叩きつけて敵をダウンさせる。空中では急降下し叩きつける。
    空中コンボの締めやレイアのアイテムスティール誘発等で活用できる
    前作から消費TPが16→12と減っている。
    カタラクトレイ145
    (3)
    / Lv1 属性連携時間増加
    Lv2 共鳴術技ダメージ増加
    Lv3 硬直時間増加
    Lv4 攻撃力増加
    100回:ダウン起こし
    (最後の光線のみ)
    200回:動作速度上昇
    前方に剣を投げつけ、受け取ってから空中に上がって光線を発射する。空中では最後の光線のみ。
    前作から消費TPが12→14と増えている。
    ジグズエッジ163×/ Lv1 攻撃力増加
    Lv2 クリティカル率上昇
    Lv3 属性連携時間増加
    Lv4 硬直時間増加
    100回:無敵付与
    200回:動作速度上昇
    左右への揺さぶりと共にZ字を描く斬撃で攻撃
    使用回数で姿が消えている間無敵となる。
    ネガティブホルダー194→6
    (6→8)
    / Lv1 状態変化頻度上昇
    Lv2 共鳴術技ダメージ増加
    Lv3 攻撃力増加
    Lv4 OVLゲージ増加率上昇
    ダウン
    100回:引き寄せ距離増加
    200回:ヒット数+2
    前方に継続的にダメージを与える球体を設置。空中で発動すると球体がゆっくりと降下し、ヒット数が2増加。
    拘束性能が高く周囲の敵を引き寄せる効果もあるので、敵を食い止めたり乱戦でも壁を作れたりと重宝する。
    発動が早いので前に使った技から共鳴術技を出すことも出来る。
    今作では連発しなくても相手がダウンする。
    前作から消費TPが15→19と増えている
    アサルトダンス215×/ Lv1 属性連携時間増加
    Lv2 消費TP減少
    Lv3 クリティカル率上昇
    Lv4 攻撃力増加
    200回:動作速度上昇前方に連続斬り。使い込むと動作がかなり速くなり、使いやすくなる。
    前作から消費TPが12→21と増えている。
    ノーム487~14×メインチャプター11 / なしダウン起こし
    100回:鋼体ブレイク強化
    200回:威力上昇
    200回:鋼体ブレイク強化
    200回:状態変化強化
    ノームが降ってきてミラの周囲を守るように走り回る。
    複数の敵をこれで巻き込むと共鳴ゲージがすぐ溜まる。
    発生が遅いので混戦で使うと潰される可能性があるので、落下技の後などに使うのが無難。
    近めで捕まえた敵ならそのまま出の早い技で拾うことができ、コンボにも組み込める。
    カス当たりすることも多いが、懐できっちり当てるとイフリートよりダメージが高い。
    ただ発生後でもリーチの長い敵や飛び道具にアウトレンジから潰されることがあり、信頼性はイフリートに劣る。
    前作から消費TPが40→48と増えている。
    イフリート518×メインチャプター11 / なしダウン起こし
    100回:ガードブレイク強化
    200回:キャンセルポイント追加
    2回殴りつけた後、火炎ブレスを放射する。
    攻撃範囲、威力共に優秀で、発生も速く信頼性が高い。
    背後がガラ空きで火炎放射が終わるまで動けないので周囲への留意が必要。
    着地のフォローやコンボの仕上げ、共鳴術技後の追撃など幅広い用途に使える。
    使用回数でなぎ払い後にステップでキャンセル可能。
    前作から消費TPが40→51と増えている。
    シルフ516+4×メインチャプター11 / なし100回:ダウン起こし
    200回:hit数+4
    シルフが前方中範囲を風と共に駆け巡る。
    シルフが出てくる時にも攻撃判定あり。これも攻撃時間が長いのが難点。
    前作から消費TPが40→51と増えている。
    ウンディーネII4911×絶技の書「水精招来」精霊主用 / なし100回:HP5%回復
    200回:状態変化強化
    前方直線状に高射程の水流を連続して放つ。空中発動不可。
    距離をとって戦いたい場合に重宝する。近接で使うと相手と若干離れる。
    使い込むと使用時にHP回復効果もつく。
    シルフII5410+2×絶技の書「風精招来」精霊主用 / なしダウン起こし
    400回:hit数+1
    1000回:hit数+1
    風の大精霊シルフが上空から多数の風弾を撃つ。追尾性が高い。
    ノームII727~14100絶技の書「地精招来」精霊主用 / なしダウン地の大精霊ノームが敵の周囲を高速回転する。敵のいる位置に発生するがダウン起こしが消え、代わりに転がるようにダウンする。
    イフリートII608×絶技の書「火精招来」精霊主用 / なしダウン起こし、ダウン
    200回:状態変化強化
    火の大精霊イフリートが地面を焼き払った後に火柱。ダウンするように。
    エレメンタルショット455メインチャプター11 / なし100回:状態変化強化
    200回:状態変化強化
    四属性の攻撃を内包した衝撃波を放つ。空中だと隙が少ない。
    ハイアーザンスカイ425/ Lv1 クリティカル率上昇
    Lv2 OVLゲージ増加率上昇
    Lv3 攻撃力増加
    Lv4 ガードブレイク性能強化
    100回:回転上昇中仰け反り無効
    200回:打ち上げ安定
    奥義
    素早く空中に向かって突進する空中戦への足がかり。空中でも性能は同じ。
    終盤の主力技。出が早く、空中戦に持ち込むことができ、なおかつ高威力である。
    前作から消費TPが30→42と増えている。
    オーバードライヴ308/ Lv1 消費TP減少
    Lv2 鋼体ブレイク性能強化
    Lv3 ガードブレイク性能強化
    Lv4 属性連携時間増加
    ダウン
    100回:鋼体ブレイク強化
    奥義
    正面方向に突進する技。
    空中だと発生前の硬直がない。地上だと突進前に溜めが入るので、ネガティブホルダー等で拘束してから使うといい。

精霊術   部分編集

「エアリアルスペル」をつけることで空中で詠唱することが可能。
その場合、地上発動時の1回転する動作がなくなり入力から詠唱開始までの隙がほぼなくなるため、総じて発動までが速くなる。

名称等級消費TP属性hit詠唱習得 / 強化追加効果備考
精霊術魔技
ファイアボールフレアボム下級811s初期 / Lv1 攻撃力増加
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
-目標に向かって炎弾を発射する。弾速が遅めで当てづらい。
術を活用するなら、フレアボム後の起き上がりを狙うと当てやすい。
前作から消費TPが9→8と減っている。
ロックトライグレイヴ下級831s初期 / Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 硬直時間増加
Lv3 ガードブレイク性能強化
Lv4 状態変化頻度上昇
-対象の足元から3本の岩槍で攻撃する。発生が遅め。
術として使うより、魔技のグレイヴとして使う方が性能が高い。
前作から消費TPが9→8と減っている。
ウィンドランスウィンドカッター下級811.3s初期 / Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 気絶確率上昇(空中)
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
-直線上の敵を風の刃で攻撃する。刃の速度はやや遅め。
術として使うより、ウインドカッター(初級)で使って連発したほうが強い。
前作から消費TPが10→8と減っている。
スプラッシュアクアプロテクション下級1161s:(610) / Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
-対象の頭上から水流を小範囲に叩きつける。発生が早く、拘束力もある。
連発するとヒット数を維持しながら拘束可能。初級術では一番使いやすい。
前作から消費TPが12→11と減っている。
前作より押し出す性能が強化されており端でないとヒット数を稼ぎづらくなった
バニッシュヴォルトライトニング中級111~72s/ Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 状態変化頻度上昇
Lv3 気絶確率上昇
Lv4 攻撃力増加
-対象の頭上から無数の落雷を落とす。発生は早めだが、拘束時間は短い。
他の中級術と比較すると無難な性能。遠近どちらでも使いやすい。
前作から消費TPが25→11と減っている。
アリーヴェデルチウィンドカッター中級1242s初期 / Lv1 クリティカル率上昇(空中)
Lv2 状態変化頻度上昇
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 属性連携時間増加
ダウン対象の足元中範囲から突風で高く浮かしてダウンさせる。発生は速めで使いやすい。
吹き飛ばすので追撃しにくい。前線で使うならば他の術を。
前作から消費TPが26→12と減っている。
バーンスプレッドフレアボム中級1372s:(730) / Lv1 属性連携時間増加
Lv2 ガードブレイク性能強化
Lv3 状態変化頻度上昇
Lv4 硬直時間増加
-自身の足元中範囲から炎が吹き上がる。発生が早く、拘束力も高い。
ネガティブホルダーと組み合わせると、複数の敵を「炎上」させやすい。
前作から消費TPが24→13と減っている。
ディバインストリークパーティクル・ロンド上級24103.5s/ Lv1 消費TP減少
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 鋼体ブレイク性能強化
-自身の目の前から巨大なビームを放つ。
ビームの発生が遅く、攻撃範囲も広くはない。
前作から消費TPが38→24と減っている。
サンダーブレードライトニング上級3572.5s/ Lv1 消費TP減少
Lv2 属性連携時間増加
Lv3 硬直時間増加
Lv4 状態変化頻度上昇
-雷の剣がミラの周囲で4回転した後、ミラの目前に突き刺さり爆発を起こす。
前線向きの性能なので、活用するなら「アーツ&マジック」での詠唱を。
レイジングサンフレアボム上級5043s/ Lv1 消費TP減少
Lv2 属性連携時間増加
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 状態変化頻度上昇
-巨大な火の玉を上空に打ち上げ敵の頭上から降らす。
発せられる熱はフィールド端まで届くが、ダメージの発生はかなり遅い。
「エアリアルスペル」と併用すれば活用しやすい。
前作から消費TPが48→50と増えている。
サイクロンウインドカッター上級50103s/ Lv1 消費TP減少
Lv2 クリティカル率上昇(空中)
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 状態変化頻度上昇
ダウン巨大な竜巻で周囲の敵を切り刻む。
発動地点が指定可能で範囲が広く、発生も早い使いやすい術。
前作から消費TPが36→50と増えている。
グレアケイジパーティクル・ロンド上級5573s/ Lv1 属性連携時間増加
Lv2 鋼体ブレイク性能強化
Lv3 状態変化頻度上昇
Lv4 消費TP減少
ダウン対象の周囲を光の鏡で囲み、内部で光線を反射させる。
前作から消費TPが45→55と増えている。
プリズンセイヴァーフォースフィールド奥義60103s/ Lv1 属性連携時間増加
Lv2 硬直時間増加
Lv3 消費TP減少
Lv4 攻撃力増加
ダウン奥義
発生が早くダウンも奪える優秀な術。拘束時間はグレアケイジに劣る

魔技   部分編集

精霊術の級毎の変化内容。魔技は空中発動すると、地上発動時の1回転する動作の隙がない。
「エアリアルスペル」をつけていると空中で魔技が発動できない(魔技か空中詠唱のどちらか片方のみ可能)。
スティックを傾けた直度に×長押しだったTOX1と異なり、ショートカットからでもスティックの傾け方で精霊術と魔技の使い分けが可能になった。

魔技分類消費TP属性hit追加効果備考
フレアボム下級82ダウン
200回:動作速度上昇
前方で炎弾を破裂させる。ダウン効果。
術に繋げる場合、ダウン状態のまま当てると威力が激減する。
レイアのアイテムスティールや、ジュードのダウン攻撃との相性がいい。
前作から消費TPが9→8と減っている。
中級132前方で大型の炎弾を破裂させる。吹き飛ばし&ダウン効果。
相手と離れるので詠唱の時間稼ぎにはいいが、共鳴術技に繋げにくいのが難点。
前作から消費TPが24→13と減っている。
上級5010前方で複数の炎弾を破裂させる。ダウン効果。中級よりもさらに吹き飛ばす。
使用後に自身が若干浮いてしまう。空中ではスキが大きくなり自分の位置が下になる。
前作から消費TPが48→50と増えている。
ウィンドカッター下級82ダウン(上級のみ)
400回:ダウン起こし
風の刃で1回攻撃。奥に向かって攻撃範囲が広い。発生も早く、ミラの序盤の主力となる。
ミラは地上ステップの性能が低く、慣れないうちは中級で起こしていく方が楽だが、
起こしつつ地上からコンボを続けたい場合にはこちらを使う。
前作から消費TPが10→8と減っている。
中級124風の刃で2回攻撃。相手を打ち上げ、2撃目で自身も飛び上がる。
貫通性質で複数の敵に当てやすく、この技も共鳴ゲージがよく溜まる。
ダウンした敵を起こしつつ敵の斜め上空に位置取るのでダウンを奪った後の追撃の起点としても使いやすい。
前作から消費TPが26→12と減っている。
上級505風の刃で2回攻撃した後、衝撃波で敵を打ち上げてダウンを奪う。3段目に若干硬直があり、やや癖がある。
上空でダウンを取ると後の選択肢が限られてくるので、下級・中級の方が連携の自由度は高い。
地上発動に限り2段目でキャンセルして次の行動に移ることができ、一応中級のような使い方もできる。
気刃連旋襲を呼び出す場合は無理にこの技から入らず、「スライドリングアーツ」を使ってもいい。
前作から消費TPが36→50と増えている。
グレイヴ下級82→4200回:ヒット数+1
400回:ヒット数さらに+1
剣を突き立てて岩槍を発生させる。ダウン起こしあり。空中では斜め前方に急降下する落下技になる。
垂直落下して敵をダウンさせるディストールノヴァと状況に応じて使い分けたい。
前作から消費TPが9→8と減っている。
アクアプロテクション下級111+1200回:ヒット数+1、気絶効果付与ミラの周囲に水球ビットを一つ展開(最大6つ)。敵に当たるとダメージを与えて消滅する。
使用回数200回以上で水球展開時にもダメージ判定があり、近接攻撃手段としても使用できる。
前作から消費TPが12→11と減っている。
ライトニング中級113→5
(2→4)
200回:ヒット数+1
400回:ヒット数さらに+1(中級のみ)
雷を纏った剣で突いた後、敵の頭上に2つの小さな落雷を発生させる。
空中では目の前に1つ落雷を発生させる。
前作と違いガードブレイク効果が消滅している。
上級354→5
(3)
2回攻撃した後、3本の雷柱を前方に発射する。空中ではそのまま3本の雷柱を発射する。
威力がぶっ飛んで高い。空中だと連発出来るので非常に便利。
パーティクル・ロンド中級242200回:チャーム率上昇
400回:チャーム率さらに上昇
光速で相手の背後に回りその軌跡で攻撃する。地上で出すと発動前に若干の溜めがある。
立ち回り的要素の強い技で、敵の頭のあたりを掠めつつ空中での位置取り調整に使うこともできる。
敵集団の中から抜け出したい時は、ラウンドエッジで浮かんでこの技で敵集団を突き抜けて外に出るといい。
前作から消費TPが38→24と減っている。
上級554敵を突き抜け、斜めに上昇しながら切り返して元に戻ってくる。地上で出すと発動前に若干の溜めがある。
浮かせ性質があり、連発すると敵を少しずつ浮かせながら空中で拘束することが出来る。
他の技との連携性もよくコンボに組み入れやすい。また上級術の魔技だけあって火力も高い。
ただ混戦の中で使う場合にはなるべく空中発動で。
前作から消費TPが45→55と増えている。
フォースフィールド奥義605ダウン(地上)
200回:4hit目まで無敵
術者の周囲に障壁を張り巡らし、敵の侵入を防ぐ魔技。

秘奥義   部分編集

  • メインチャプター11「ミラ=マクスウェル」で解放。
    名称パートナー属性hit習得備考
    スプリームエレメンツ--16スペシャル習得四大の力を解放し、相手に強力な一撃を放つ。
    Supreme Elements=最高位・至上の元素。TOVのエステルの某技と意味や名前が似ている。
    コガハザン・アギト
    虎牙破斬・咢
    ジュード-7スペシャルX習得スキル「スペシャルX」装着することで解禁されるジュードとの共鳴秘奥義
    威力はスプリームエレメンツとの差は微々たるものなので状態異常が付与できるスプリームエレメンツの方が便利。
    リバースクルセイダールドガー-30親密度ミラとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。天から2つの雷を召喚する。
    ヒット数・範囲ともにトップクラスの秘奥義。

ガイアス   部分編集

名前ガイアス(Gaius)
CV置鮎 龍太郎
性別男性
年齢33歳
身長185cm
武器長刀
戦闘タイプ剣士
特性リベンジャー
パートナー固有サポートスプレッドフォース

「ひとりで戦い続ければ、いつか孤独に呑み込まれるぞ」

統一リーゼ・マクシアの初代国王。
ローエンを宰相に任じ、ラ・シュガルとア・ジュールを結ぶ内政と、エレンピオスとの外交交渉に多忙な日々を送っている。
その一方で、民衆の声から問題解決の糸口を探すため、頻繁に身分を隠して市井に忍び込み、情報収集をおこなっている模様。
お忍び中は、本名の「アースト・アウトウェイ」を名乗る。
重々しい言動から冷酷な印象を持たれがちだが、「弱き者を守る」という想いを一貫して胸に秘めた熱き王である。

キャラ性能   部分編集

  • 腕力体力が高め、知性精神が低めの純粋前衛タイプ。脳筋などと言ってはいけない。
    同じく物理特化のアルヴィンと比較すると、属性など攻撃面では一歩劣るものの防御面で勝っている。「グローリー」を習得可能な事もあり、堅牢さはパーティキャラでNo.1といえる。
  • 前作のラスボスだけあってどの武身技も高い性能を誇り、自分で操作してもオートに任せても頼もしい。多少強い敵だろうと高い火力でゴリ押しし易く無限コンボもできる。
    相手がどこにいようと初段が決まれば問答無用で追撃し雑魚敵を瞬殺する「飛燕瞬連斬」、強力な鋼体と圧倒的な火力でボスを穿つ「覇道滅封」、高確率で雑魚敵を即死させる「断禍消穢」、サイズ故範囲が広く、ダウン&火傷と立て直しに優れた「獅子戦吼」等を始めこれら以外にも優れた武身技が多い。
  • 燃費が悪い上に出が遅い技が多く「グローリー」が無い時の被ダメージによる技の中断も相まってガス欠になりやすい事が問題。
    • 基本は通常攻撃と比較的低燃費な技のループで敵を葬っていこう。
    • 武身技の溜めモーションについてはスキル「クイックモーション」でかなり改善される。
      • クイックモーションは「別の技を繋ぐ」という記載しかないが、実際は「タイミングよく別の技を繋ぐ」なので要注意。試すとわかるが連打ではクイックモーションが適応されないときがある。
    • 各種スキルや武身技レベルアップ、更にフェアリィリングがあれば高燃費もおおよそ解消される。その時が来るまでじっくりと育てておこう。
    • 最大TPも低いのでいっそTPアップ薬草をガイアスにつぎ込むのも一つの手。根本的な解決にはならないがLv200でもTPカンストには程遠く無駄にはならないので一考の価値あり。
    • グレードショップで消費TP減少を購入した暁にはカン・バルクに春が来る。
  • 特性は敵の攻撃をガードで受け止めた直後の1秒間はフロントステップが強力な攻撃に変化する「リベンジャー」。
    • 攻撃をギリギリでガードするほど強力になり、雑魚相手であれば一撃で葬り去ることが可能なほどの高威力になる。
      スキルをつけることで、タイミングに関わらず確率で最大ダメージを出すことが可能。
    • 敵が背後に回りこんだ状態でフロントステップしても敵方向に向き直さないので一旦敵に向き直す癖をつけよう。
    • スキルによってL1+○ボタンでもリベンジャー発動可能になる。
    • この場合モーションが変わり、ジャンプして切り上げ→切り落としと虎牙破斬のようになる。またこちらの場合キチンと敵の方向に向き直して使ってくれる。
    • バックステップ回避からの発動が可能になるスキルもある。
    • 「グローリー」による仰け反り無効は防御扱いのため、ガードしなくてもリベンジャーを出せるようになる。その場合マジックガードでもリベンジャー可能。
    • なお、フロントステップによるリベンジャー発動にはマイトチャージの効果が乗らないが、代わりにチャージ段階を維持したまま攻撃することができる。;
      ブレイク値も高いため、特にボス戦では様子見兼コンボの基点として重宝する。
    • 上記した様に「マイトチャージに影響されない」という点に気を付ける事。
      • 耐性があった場合は勿論高いブレイク値だとしても通用しないのでリベンジャーで切り崩す場合は属性に注意しよう。
  • 固有サポート能力はサポート行動でマスターを庇った際に発動する「スプレッドフォース」
    • ガイアスとマスターそれぞれが消費TP軽減、繰り出す攻撃に敵弱点属性付加、物理攻撃で必ず敵が仰け反るようになる(ただし術での攻撃は除く)。
      「アルターサポート」により次連携時のTP消費を軽減と、一定時間ACを消費しない効果に変更できる。
    • 闘魂注入はありがたいのだが、そのきっかけとなる「かばう」行動はダウンしたり仰け反ったりした際にしか行わない。
      つまりガイアスが「グローリー」を付けていると殆ど発生しなくなる。矛盾しているように感じるが、王はヌルゲーを許さないということか。
  • 習得する武身技の属性のほとんどが斬火風光(+地と打が1つずつ)であり、射撃・水・闇については一切習得しない。
    使用できる属性の少なさはレイアに続いてワースト2。エリーゼにまで劣るため、弱点連携をやりにくいのが難点。
    • 闇と水はガイアスを含む共鳴術技で補える。今作は属性武器が豊富なため、武器自体を変えてしまうのも手。
      しかし共鳴術技にはゲージの制限があり、武器変更は敵に合わせて装備を変える手間がある(加えて水と闇の刀が特注できるのも中盤〜終盤)ため、味方の適当な術技をショートカットに登録しておくのが一番お手軽。
    • 闘技場タッグなど味方の人数が少ないシーンでは、属性≒火力の不足に悩まされる。猛招来で底上げするか、火属性術技による炎上も狙ってしっかりダメージを稼いでいきたいところ。

武身技   部分編集

名称消費TP属性hit空中習得 / 強化追加効果備考
シュウキジン
集気陣
16-1×初期
消費TP減少確率でAC消費な共鳴術技ダメージ増加.確率でAC消費なし
自分と周囲の味方のHPを15%前後回復させ、物攻と魔攻を20%上昇させる。
カイキコウ
回帰功
40-/ Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 消費TP減少
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
周囲の味方を戦闘不能から回復。詠唱はないが発動まで時間がかかる。
スキル「クイックモーション」で僅かながら時間短縮が可能。カウントが増えるとモーションが短くなる。
モウショウライ
猛招来
71×初期
Lv1 属性連携時間増加
(1210):Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 OVLゲージ増加率上昇
ダウン起こし(200)周辺の敵を吹き飛ばしつつ自身の物攻を50%上昇させる。
前作敵時から引き起こし効果がつき、火属性が付与されている。
使っておいて損はない。
マジンケン・ショウガ
魔神剣・翔牙
5(610)
(1210):Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 硬直時間増加
空中発動可能な魔神剣。威力は控えめだが驚くほど凄まじい速さで連発出来る。
マジンケン
魔神剣
91×初期
Lv1 攻撃力増加
(730):Lv2 確率でAC消費なし
(2160):Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 硬直時間増加
ダウン起こし引き起こし効果を持つ衝撃波を放つ。使用回数を重ねる事で射程が伸びる。
妙に威力が高くダウン起こしの効果も付いているので、これと各種武身技でループもできる。
ただし空破天裂陣は繋げると攻撃判定がなくなるので非推奨。
シュンジンケン
瞬迅剣
61初期
確率でAC消費なし
(1030):攻撃力増加(空中)
(1880):属性連携時間増加
(3180):共鳴術技ダメージ増加
一瞬で距離を詰め貫く。前作と異なり空中でも始動時のタメがある。
スキル「クイックモーション」で前作と同じ速さを取り戻す。
スイリュウ
吹柳
6初期
(730):Lv1 共鳴術技ダメージ増加
(1410):Lv2 確率でAC消費なし
(2810):Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 硬直時間増加
軸移動しつつ斜めに切る。ガイアスの技の中では発生がトップクラスに早い。
連発できるが威力も高くなく仰け反りも微弱なので過信は禁物。
余談だがエルの変化衣装をつけると飛行型の敵に当たらない。
テンシンキャク
転身脚
11:(730) / Lv1 鋼体ブレイク性能強化
Lv2 ガードブレイク性能強化
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
軸移動を交えた上段回し蹴り二連発。非常に素直で扱い易い打撃属性だが若干モーションが緩慢。
コウジンレッパ
煌塵裂破
151×初期
Lv1 クリティカル率上昇
(3180):Lv2 クリティカル率上昇
Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 属性連携時間増加
なぎ払い斬り。発動が若干遅いのが難点だが横へのリーチが広い。
ビャッキジン
白鬼塵
12100(1210) / Lv1 気絶確率上昇(空中)
Lv2 硬直時間増加
Lv3 硬直時間増加
Lv4 攻撃力増加
ダウン起こし上空から勢い良く叩き斬る武身技。ガイアスには貴重な地属性の為、連携に組み込むといい仕事をする。
上空へ舞い上がった飛燕瞬連斬の〆にどうぞ。
コガハザン
虎牙破斬
133100初期
Lv1 攻撃力増加
(610):Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 属性連携時間増加
前作とは異なり2連撃を見舞う他、若干速度が落ちた。
スキルのセカンドアーツ装着×押しっぱなしで前作の3連斬りに変化。
コウコウハザン
皇光破斬
181×(1210)
(1880):Lv1 属性連携時間増加
(2810):Lv2 硬直時間増加
Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 消費TP減少
ダウン起こし(100)剣を叩きつけて前方に光の衝撃波を発生。100回使用でダウン起こし効果。
複数敵を巻き込め、多段ヒットするため使いやすい。
PVでやっていた獅子戦吼→皇光破斬→飛燕瞬連斬が意外と優秀。
ダンカショウワイ
断禍消穢
152×初期 / Lv1 ガードブレイク性能協化
Lv2 消費TP減少
Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
即死防御姿勢をとり、攻撃を受けると反撃を行う。ダメージ中であっても使用可能。
2hit目に即死効果(確率高)も付与されているので高HPの雑魚相手に効果的。
アンノウンで隠しダンジョンの砂漠を攻略する際の切り札。アイテム集めに最適
光属性から斬属性に変更されている。
シシセンコウ
獅子戦吼
161×(2810) / Lv1 ガードブレイク性能強化
Lv2 鋼体ブレイク性能強化
Lv3 硬直時間増加
Lv4 属性連携時間増加
ジュードのものより範囲が広い。使い込むとガードブレイク性能が向上
威力・範囲・発生に優れ、トップクラスのガードブレイク性能を誇るのでコンボの始動技として最適
火属性が付与されている。
クウハテンレツジン
空破天裂陣
206×(1630)
(3180):Lv1 クリティカル率上昇(空中)
Lv2 攻撃力増加(空中)
Lv3 硬直時間増加(空中)
Lv4 鋼体ブレイク性能強化(空中)
ダウン起こし斜め上空に向け多段ヒットする突きを出す。
発生が早く、多段ヒットなので使いやすい。
魔神剣からこの技に繋ぐとモーションが変わって攻撃判定が出ないバグが存在する。
ハジャジュウジセイ
破邪十字星
242×(2470) / Lv1 消費TP減少
Lv2 硬直時間増加
Lv3 クリティカル率上昇
Lv4 ガードブレイク性能強化
ダウン起こし
ダウン
縦斬り→踏み込み払いで十字を描く。テンポが良く、切り抜けるためある程度安全。
だが一段目がヒットしなかったりガードや鋼体で防がれると二段目が出ない。
光属性から斬属性に変更されている。
一段目にダウン起こし効果があり、二段目にダウン効果がある。
ソウリュウレンガザン
爪竜連牙斬
28×(1880) / Lv1 属性連携時間増加
Lv2 攻撃力増加
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 クリティカル率上昇
ダウン(追加)連続で敵を斬り付ける。〆の斬り付けが無くなった。
スキルのセカンドアーツ装着×押しっぱなしで〆に刀を振り下ろす動作が追加。
〆の一撃は威力が高くダウン効果あり
ダンガショウテン
断臥昇天
322×/ Lv1 鋼体ブレイク性能強化
Lv2 気絶確率上昇
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 硬直時間増加
ダウン溜めからの斬りおろし。威力が高い。溜めが長いがスキル「クイックモーション」である程度短縮可能
光属性から斬属性に変更されている。
ヒエンシュンレンザン
飛燕瞬連斬
253100/ Lv1 OVLゲージ増加率上昇
Lv2 消費TP減少
Lv3 状態変化頻度増加(空中)
Lv4 攻撃力増加(空中)
空中を華麗に駆ける連続飛翔斬り。使用回数100回以上で空中発動が可能となり敵を空中でお手玉状態にできる
前作と同様に攻撃速度・出の速さ全てが優秀な武身技でこれを主軸に戦っていくと安定しやすい。
空中で連発し続けると敵の攻撃を殆ど回避出来てしまうオマケ付き。
空中で攻撃途中にトドメを刺した場合、次のターゲットの場所まで自動でワープし攻撃を継続する
だが一段目がヒットしなかったりガードや鋼体で防がれると二段目が出ない。
前作と比べると斬る回数が4→3と減り風属性がついた。
スキルのセカンドアーツ装着×押しっぱなしで4連斬りとなる。
ワープ中は姿が消えているが無敵では無い様で敵の攻撃で強引に妨害される事もあるが
攻撃判定はワープ直前に出現した赤い剣閃に発生しているので
例え中断されようと確実にダメージを与える事ができる。
ターゲットの位置によっては、余りにも攻撃速度が速過ぎて
カメラが追いつかない事もあるので、この速さになれよう。
ワープと攻撃の速さのお陰である程度ステータスが極まってくると
雑魚敵は初段がヒットした数秒後フィールドから消え失せる。秒殺も当たり前。
尚、ワープ誘導はターゲットの撃破以外にも、自分でターゲットを切り替える事で自在にコントロールできる
その為、攻撃中に危険な精霊術の詠唱妨害も出来たり、3〜4体の敵を一度に攻撃できる。
マジンシュンレンザン
魔神瞬連斬
304×/ Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 OVLゲージ増加率上昇(空中)
Lv3 属性連携時間増加(空中)
Lv4 消費TP減少
ダウン起こし(100)魔神剣を放ち、当たった敵を飛燕瞬連斬で追い打ちする。
魔神剣部分がヒットすればどれだけ距離があろうと対象までワープする
100回使用でダウン起こし可
空中発動できない点が難点。繋げたい場合は飛燕瞬連斬に連携しよう。
ハドウメップウ
覇道滅封
608→10→12×(2160) / Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 硬直時間増加
Lv3 消費TP減少
Lv4 鋼体ブレイク性能強化
100回:ヒット数+2
400回:ヒット数+2
TOXのムービーでも使っている溜め撃ちレーザー。背後にも当たり判定がある。
TP消費は多いがそれに見合うだけの火力・範囲・リーチを誇る
始動から終わりまで鋼体効果付与されているので潰される事が無いのもポイント
火属性が付与されている。
9属性連携中または連携の終わり辺りに仲間からショートカットで使ってもらうとよい。
特定の条件を満たしてダウンしたギガントモンスターに対して使用すると
なんと秘奥義に匹敵する火力を叩きだす事ができる。
ギガントモンスターが隙を見せたらこの武身技を連発するだけで殆どのHPを削りとる事ができる。
セイカメッサイジン
聖戈滅砕陣
352+7×/ Lv1 消費TP減少
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 ガードブレイク性能強化
Lv4 状態変化頻度上昇
ダウン起こし
ダウン
剣を振い多数の光剣をターゲットの敵の頭上から降らせる。
最初に振るった剣と落下してくる剣とはヒット数が繋がらない。
光剣は距離不問で誘導性能有りだが、あまり素早く動く敵だと避けられる。
6つの光剣にはダウン起こし効果があり、光剣が刺さってからの爆発にはダウン効果がある。
ハオウテンショウケン
覇王天衝剣
707×/ Lv1 消費TP減少
Lv2 OVLゲージ増加率上昇
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 属性連携時間増加
100回使用でダウン起こし奥義
刀身に光を纏わせ貫き、引き抜き際に切り上げる。
「属性連携時間増加」を持ち、動作が長い技のため、キャラチェンもしくは他のキャラのための時間稼ぎといったところか。
シリュウセンコウザン
刺龍穿光斬
567×/ Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 攻撃力増加
Lv3 消費TP減少
Lv4 硬直時間増加
ダウン起こし
ダウン
奥義
自身の周りから多数の光剣を飛ばし、自身の刀で貫いて吹き飛ばす。
突き部分がダウン追い打ち可+投げ判定なので耐性の無い敵であればこれを連発するだけで無限にコンボを繋げられる
秘奥義からであってもコンボを繋げる事が可

秘奥義   部分編集

名称パートナー属性hit習得備考
ビャク・マジンオウケン
闢・魔神王剣
--8スキル「スペシャル」大きく打ち上げた相手を一刀両断する。前作と違い無属性。
最初の斬りつけで後ろにも攻撃判定があるがほぼ単体攻撃で巻き込みは期待できない。
単独秘奥義の中では最も威力が高く、初見では驚く事間違いなし。
センケンザンウ・ガオウセンレツコウ
閃剣斬雨・駕王閃裂交
ルドガー親密度ガイアスとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。
ガイアスが招来した剣雨の中をルドガーが突破しつつ剣柱を二振り引き抜き、
追いついて来たガイアスと共に三太刀にて敵を切り伏せる。
範囲技なので近くの敵を巻き込める。
親密度最大で「我威留怒・魂微音維紫苑(ワイルド・コンビネーション)」という名前に変更可能(台詞変更)。
ワイルド・コンビネーション
我威留怒・魂微音維紫苑
ルドガー親密度演出は閃剣斬雨・駕王閃裂交と同じ(台詞のみ変更)。
ガイアスのキャラエピソードを全て終えて、親密度を最高にしてカン・バルクにいるガイアスに話しかける。

弱点連携一例   部分編集

共鳴術技なしリベンジャー → 猛招来 → 魔神剣 → 獅子戦吼 → 皇光破斬 → 飛燕瞬連斬(セカンドアーツ) → 白鬼塵 → 転身脚 → 爪竜連牙斬(セカンドアーツ)
ガイアスの持ちうる属性全てでの連携。属性故に火力が不足しがちなガイアスでも事前に猛招来で攻撃力を上げる事で比較的安定したダメージを与えられる。
ガイアスはリベンジャーにより鋼体を積極的に破壊していける為、事前にマイトチャージ2で連携準備をしておき、リベンジャー→術技と繋ぐと安定する。
兎にも角にも猛招来がガイアスを使う上で何よりも大事。
共鳴術技+秘奥義あり上記の転身脚 → 龍虎滅牙斬(ミラ) → 邪霊一閃(ルドガー) → 任意の秘奥義(闢・魔神王剣&閃剣斬雨・駕王閃裂交)
ここまで連携を決めると、射撃属性以外の全ての属性をカバーしているので、相当なダメージが見込める。
無論、何らかの方法で射撃属性も補っておけば更に高いダメージを与えられる。
尚、共鳴術技のお約束として、フィールドの枠を飛び出てしまうと余計なワープで硬直時間が延びてしまう。
ガイアスがフィールドから飛び出さないように共鳴術技を発動しよう。

ミュゼ   部分編集

名前ミュゼ(Musee)
CV真田 アサミ
性別女性
年齢21歳
身長168cm
武器髪の毛
戦闘タイプ精霊術師
特性リーヴアサルト
パートナー固有サポートトラクタームーヴ

「私、お姉さんだもの。これでも色々、大変なのよ」

ミラ=マクスウェルの姉で、次元を斬り裂く力を持つ大精霊。
精霊界でミラと暮らしていたが、ある目的のために再び人間界に姿を現した。
かつて宿していた狂気は、ミラという心の拠り所を得たことで消え失せ、
今は、独特な茶目っ気と、素直さを持ち合わせた穏やかな性格になっている。
誰よりも妹思いであることを自負しており、
ミラのために「姉らしい」ことをしようと奮闘するが、
その行動は人間の常識からは若干ずれており、しばしば騒動を巻き起こしてしまう。

キャラ性能   部分編集

  • 特性「リーヴアサルト」は攻撃を受け仰け反り状態になったときにフロントステップかバックステップを行うとワープが可能。
    • ジュードとの違いは、彼は攻撃をバックステップで回避だが、こちらは攻撃を受けないといけない。
      また移動する場所について、彼は常に敵の背後だが、ミュゼは距離を離すものの敵正面方向である(フィールド位置によっては背後に行くことも)。
    • ワープで逃れた後に反撃のチャンスを作ることができる。このワープは無敵扱いの為、上手く利用すれば特殊な回避に使えるかもしれない。
      スキルによりリーブアサルトから連携していく術に詠唱時間短縮や消費TP軽減などの効果を付けられる。
    • 「グローリー」や「キャバルリィ」持ちのキャラとリンクすると発動しない点に注意。
  • 固有サポート能力はマスターを瞬間的に移動させる「トラクタームーヴ」。
    • フロントステップが敵前までワープ、バックステップが敵から大きく引き離す。
      当然ながら移動力に難のあるキャラや遠近両方を使いこなすキャラと抜群の相性。
      遠距離でチャージして素早く叩きに行くアルヴィン、致命的に鈍足な銃ルドガー。特に銃ルドガーは共鳴術技も相性がよいので非常にオススメ。
      ミラのスキル「エアリアルダッシュ」やミュゼのスキル「エアリアルスイマー」等で空中でステップを行った場合、トラクタームーヴは発動しない。
    • スレーヴ側の動作をキャンセルしてしまうので、ミュゼが詠唱中だった場合はタイミングに注意しよう。
      裏を返せば敵に囲まれそうなミュゼを安地にいる自分の方へ呼んだり、術発動中の無駄な硬直時間を省いたりできる。
    • 「アルターサポート」を付けることでフロントステップで体当たり攻撃ができるようになる。
      この体当たり攻撃の属性はミュゼの武器の属性と同じになる。
    • フロントステップをする時にスティックを上に倒すことで空中に移動することができる。詳しくは下記の動画を参照
      http://youtu.be/NoL2-SPZejg
    • ステップの特性上、ルドガーのミラーリングが非常に稼ぎやすい。称号稼ぎの際にオススメ。
  • 射撃、光以外の7属性を持つ。属性武器で光属性を補うことが出来る。
  • エクシリアリンク・パシフィスタドレス・フリーデンリボン・エレメンタルを装備したミュゼを「〜ガード」系スキル完備のルドガーとリンクすると6属性が無効化できる。

武身技   部分編集

名称消費TP属性hit空中習得 / 強化追加効果備考
ティアーハーツ9-初期 / Lv1 消費TP減少
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
投げキッスでハートを味方全員に飛ばして10%程度回復。ハートの移動速度は遅め。自身は瞬時に回復。
リザレクトハーツ30-/ Lv1 消費TP減少
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
状態変化回復(400)投げキッスにより、中程度回復する。使用回数増加で状態変化を治療する効果も付与できる。
スタンブリッツ4100?初期 / Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 気絶確率上昇
気絶髪を正面の敵に打ち付ける。
オールアウト10初期 / Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 攻撃力増加(空中)
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
前方に瞬間移動しつつ突撃する。攻撃を当てると背後に回りこむ。
ブランディス7初期 / Lv1 共鳴術技ダメージ増加
Lv2 攻撃力増加
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 状態変化頻度上昇
ダウン起こし(100)炎をまとった髪で続けざまに攻撃する。
エザリィフリック5初期 / Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 共鳴術技ダメージ増加
Lv3 気絶確率上昇
Lv4 攻撃力増加
ダウン起こし(100)真空波をまとう髪で、続け様に打ち捉える武身技。
アヴォイダンス8100初期 / Lv1 気絶確率上昇
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
髪で周囲をなぎ払う。ガード破壊。囲まれた時に便利。
シーズスロー16100/ Lv1 攻撃力増加
Lv2 鋼体ブレイク性能強化
Lv3 共鳴術技ダメージ増加
Lv4 消費TP減少
ダウン髪で相手を掴み投げ捨てる。初めは小さい敵しかつかめないが使用回数を積むごとに大きい相手もつかめるようになる。防御不能
エザリィルーツ20/ Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 硬直時間増加(空中)
Lv3 消費TP減少
Lv4 鋼体ブレイク性能強化
発動中鋼体付加(200)髪を地面に突き刺し、敵の足元から複数回突き出す。微量な打ち上げ効果がある。
敵が移動しても追尾するのでヒットはするが、長い間足が止まることになるので鋼体を持つ敵に出す場合はタイミングを見極めよう。
前作では「エザリィランス!」というボイスはあったが技名表示がなかった。
ネガティブホルダー244→6
(6→8)
100/ Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 共鳴術技ダメージ増加
Lv3 攻撃力増加
Lv4 OVLダメージ増加率上昇
ミラの空中版を地上で発動させる
フォースマイン24/ Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 硬直時間増加
Lv3 気絶確率上昇
Lv4 属性連携時間増加
周辺4方向に踏むと爆発する闇の球を設置する。一定時間で消失するが大量にばら撒ける。
吸引効果があり見た目よりも攻撃範囲は広い。
エザリィウィップ28100/ Lv1 属性連携時間増加
Lv2 攻撃力増加
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 クリティカル率上昇
ダウン髪を操り、連続でなぎ払った後叩きつける。
空中で使用すると〆の叩きつけが突撃に変わる。
クールアブソプト1100/ Lv1 OVLゲージ増加率上昇
Lv2 状態変化頻度上昇
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
周辺の敵からTPを吸収する。
が、ヒットエフェクトが出ないためイマイチ範囲がわかりづらいうえ吸収力も悪く、敵陣の中で足をとめることになるので使い勝手が悪い。
ミュゼはTP回復手段が豊富なので頼る機会も少ない。
CPUはTP残量にかかわらず使おうとするのでオート時の使用設定はOFFがオススメ。
エレメンタルムジーク404100/ Lv1 消費TP減少
Lv2 硬直時間増加
Lv3 状態変化頻度上昇
Lv4 属性連携時間増加(空中)
奥義
地水火風の魔法球を投げつける。
各種状態変化が狙えるため試す価値はある。
ショックスフィア1空中で攻撃系精霊術を使うと変化。即時発動。黒いオーラを発し自身の周囲の敵にダメージ+引き寄せ。
エリーゼのものとは性能もエフェクトも違う。スキルのエアリアルスペルをつけると発動しなくなる。
面白い効果だが引き寄せは高度を調整する力がなく、引き寄せ中も敵は落下するので打ち上げコンボには組み込みづらい。
使い所を間違うと足元で敵がひしめくなか着地というハメに。
※発動時に使用した精霊術の消費TP・属性と同じ

精霊術   部分編集

名称等級消費TP属性hit詠唱空中習得 / 強化備考
レイズデッド中級40--3sレベル52 / なし味方1体をHP50%の状態で復活させる。
ウィンドランス下級611.3s初期 / Lv1 攻撃力増加(空中)
Lv2 確率でAC消費なし
Lv3 気絶確率上昇(空中)
Lv4 共鳴術技ダメージ増加
直線上の敵を風の刃で攻撃する。刃の速度はやや遅め。
バニッシュヴォルト下級161~72s初期 / Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 状態変化頻度上昇
Lv3 気絶確率上昇
Lv4 攻撃力増加
対象の頭上から無数の落雷を落とす。発生は早めだが、拘束時間は短い。
他の中級術と比較すると無難な性能。遠近どちらでも使いやすい。
アリーヴェデルチ中級12/ Lv1 クリティカル率上昇(空中)
Lv2 状態変化頻度上昇
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 属性連携時間増加
対象の足元中範囲から突風で高く浮かしてダウンさせる。発生は速めで使いやすい。
吹き飛ばすので追撃しにくい。前線で使うならば他の術を。
ブルースフィア中級12/ Lv1 確率でAC消費なし
Lv2 攻撃力増加
Lv3 OVLゲージ増加率上昇
Lv4 硬直時間増加
空中から巨大な水球を落下させて中範囲を攻撃。ダメージの発生は遅い。
バーンスプレッド中級1372s初期 / Lv1 属性連携時間増加
Lv2 ガードブレイク性能強化
Lv3 状態変化頻度上昇
Lv4 硬直時間増加
自身の足元中範囲から炎が吹き上がる。発生が早く、拘束力も高い。
ネガティブホルダーと組み合わせると、複数の敵を「炎上」させやすい。
エアプレッシャー中級26/ Lv1 硬直時間増加
Lv2 属性連携時間増加
Lv3 気絶確率上昇
Lv4 消費TP減少
強力な圧力を生み出す魔法陣を形成して中範囲を攻撃。
発生がやや遅く、フリーターゲットが示す攻撃範囲は最後の一撃部分のみなので注意。
レイジングサン上級3843s/ Lv1 消費TP減少
Lv2 属性連携時間増加
Lv3 鋼体ブレイク性能強化
Lv4 状態変化頻度上昇
巨大な火の玉を上空に打ち上げ敵の頭上から降らす。
発せられる熱はフィールド端まで届くが、ダメージの発生はかなり遅い。
ブラックガイド上級4253s/ Lv1 クリティカル率上昇
Lv2 鋼体ブレイク性能強化
Lv3 気絶確率上昇
Lv4 硬直時間増加
堕天使を召喚し、巨大な鎌で敵を即死させる。攻撃範囲はサークルより大きめ。
即死が発生するのは、堕天使が鎌を振り回す時。即死効果は敵HPが増大する高難易度ほど力を発揮する。
クラッグワルツ上級401~
(1~19)
3s/ Lv1 消費TP減少
Lv2 状態変化頻度上昇
Lv3 属性連携時間増加
Lv4 状態変化頻度上昇
地面から飛び出した岩塊が一定時間、戦場を転がり続けて攻撃。
岩槐は消滅する際に爆発して小範囲を攻撃。触れた敵を吹き飛ばしてダウンさせる。
岩槐は直進して戦場の端でバウンド(角度はランダム)するのを繰り返す。
術後調律で操作できるローエンと違い、操作できないので使い勝手が悪い。
サイクロン上級42103s/ Lv1 消費TP減少
Lv2 クリティカル率上昇(空中)
Lv3 確率でAC消費なし
Lv4 状態変化頻度増加(空中)
巨大な竜巻で周囲の敵を切り刻む。
詠唱が長いが、発動地点が指定可能で範囲が広い。
ディフュージョナルドライヴ上級4212~163s/ Lv1 状態変化頻度増加(空中)
Lv2 攻撃力増加(空中)
Lv3 鋼体ブレイク性能強化(空中)
Lv4 消費TP減少
渦より何度も吹き上がる水の弾丸で中範囲を攻撃。術が終わる際に味方全体のHPを10%回復。
ローエンと違い追尾しない(操作できない)ので回復効果目当てか。
グラヴィティ奥義2073.50s初期 / Lv1 状態変化頻度上昇
Lv2 攻撃力増加
Lv3 攻撃力増加
Lv4 消費TP減少
奥義
中空に発生させた重力場の圧力で中範囲を攻撃。ダウン効果。チャプター13のイベントでも使用している。

秘奥義   部分編集

名称パートナー属性hit習得備考
イベントホライズン--1スキル「スペシャル」巨大な闇の球を炸裂させ、周辺をなぎ払う。前作と違い無属性。
攻撃範囲がグランドフィナーレの次に広く殲滅力に優れる。
クルーアル・グラヴィティルドガー親密度ミュゼとの親密度9段階で解禁される共鳴秘奥義。
ミュゼの精霊術によってルドガーの双剣を強化後、敵を髪で串刺しにしたところに双剣の乱舞で追い討ちし、
最後は二人の力を合わせた次元の大剣で切り裂く。

ページ一覧   部分編集

最終更新
2017-11-01 (水) 17:30:18 (17d)
HTML convert time
0.896 sec.
edit