Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

式姫草子攻略@あけおめWiki

settings

用語集は・ま・や

は行   部分編集

  部分編集

舶来種   部分編集

  • はくらいしゅ
    • 式姫を分類するカテゴリの一つ。
    • 日本以外の神話・伝説をモチーフにした式姫。
    • 所謂特別枠で、能力的な分類をしたものではない。
    • 召喚するためにはそれぞれの龍穴の浄化と、専用アイテムが必要であり、また消費霊珠も非常に多くなっている。
    • 遠征でしばしば出撃制限をくらうので、なかなか活躍できない。

バナナ   部分編集

  • ばなな
    • 熱帯地域にて栽培されるすいーつであるのだわ。
    • 式姫においては、九尾(通常種)の愛称で定着しているのだわ。(尻尾参照)
    • 余談だが、バナナは「草本(そうほん)」のため、そういう意味では果実ではなく野菜に分類されるのだわ

花札   部分編集

  • はなふだ
    • 日本伝統のカードゲーム。
    • 式姫草子では、各式姫イラストが花札を模した意匠になっている。
      • 刀系式姫には牡丹が配われている。
      • 斧系には梅が設われている。
      • 霊獣(弓)系には芒が施されている。
      • 妖獣(槍)系には松が描かれている。
      • 天狗系には紅葉が飾られている。
      • 天女系には桜が添えられている。
      • 舶来種には藤が宛がわれている。
      • 神話級には菖蒲が置かれている。
      • 敵には柳が敷かれている。
    • 激レアやレア、ノーマルの式姫の間で違いは無い。
    • 今後サービス予定である式姫草子の兄弟コンテンツ「式姫札戦」では、宣材画像から花札の役を流用した攻撃要素が予想される。「式姫札戦」は「式姫の庭」に生まれ変わりました。
    • 2014年に追加された幽霊一族には菊が用いられ、同じく水棲一族には桐が使われた事で未実装は萩のみとなった。

破魔の無量光   部分編集

  • はまのむりょうこう
    • 術技術Lv6で生産できる破魔系の攻撃術。威力15・命中率75・麻痺壱。
    • 実装のタイミングが4コマ漫画の慈愛ビームのあとだったので、大いに期待を集めた。
    • その後エフェクトが地味だったり性能が微妙だったりで落胆を買ったのは言うまでもない。
    • 織姫・雪女が装備可能だが、雪女はもっと使い勝手のいい神鳴りがあるので実質織姫専用である。
    • しかし生産コストが高いためほとんど見向きもされない術。
    • ちなみに無量光とは阿弥陀仏の12種類の光明のうちの一つで、無限に恵みをもたらす光明である。
    • 期間限定とはいえ、破格のスペックを持った織姫専用生産武器「慈愛ビーム」が実装されてしまったため、その立場がますます危ぶまれている。

  部分編集

  • はら
    • 討伐のフィールドの一つ「屍人ケ原(しびとがはら)」を指す。
    • 原1、原3等と数字をつけることで、フィールドのレベルを表す。
    • 出てくるモンスターは同じ討伐レベルならば奈落谷と同等の強さ。
    • 物理構成で御しやすい原4、5がレベル上げのメッカとなっている。

薔薇姫(キャラクター)   部分編集

  • ばらひめ
    • 課金で召喚できるレア式姫の一人。吸血姫。
    • ドットが吸血姫と共通な為に網タイツを履いているが、キャラ絵では生足である。
    • 飯綱の血が大好物で、レア式姫の飯綱「かやのひめ」にご執心。
    • つまり薔薇なのに百合である。
    • かやのひめをシーサーにとられた。
    • 4コママンガ登場前までは強化版吸血姫としか見られてなかったが、4コマ第二話で頭に矢を受けてもなおかやのひめを追っかるキャラを確立、式姫界屈強のネタキャラと化した。
    • そのネタっぷりは御前試合でもどこでも「かやちゃああああああん」と叫び、姉妹ゲームの式姫札戦のゲーム紹介欄でも使われるほど。
    • 通常の吸血姫と違い、平気で日向に出られたり吸血姫は海や川を渡れないはずなのに渡れたりと「実は吸血姫ではないのでは?」という疑惑が出ている。
    • その人気からかハロウィンキャンペーンではついに激レア級に昇格。以降の「レア級舶来種のイベントでの激レア級昇格」のさきがけとなった。
      • グラフィックも非常に凝っている。なおかつステータスも他の激レア式姫と遜色ないレベル。
    • トリック・オア・かやちゃあ(ry
        関連項目:かやのひめ

ハロウィンキャンペーン   部分編集

  • はろうぃんきゃんぺーん
    • 2012年10月10日〜2012年10月31日
    • 今後も続くことになる舶来種キャンペーンの第一弾。
    • 前半の先の見えないカボチャ収穫は陰陽師達の不評を買ったが、特別な吸血姫・薔薇姫が実装されると絶賛された。
    • 他にも従来のキャンペーンとは異なる試みがなされるなど運営のやる気が垣間見えたキャンペーンであった。

半減ステータス目安   部分編集

  • はんげんすてーたすめやす
    • 式姫草子ではLvではなく能力値の合計で経験値が半減する。詳しくは戦闘
    • 公式の用語ではなく、wiki用語である経験値半減ステの方がわかり易い気がする

パンツ   部分編集

  • ぱんつ
    • 式姫では材料アイテムの鬼のパンツの事を指す。しかし式姫における鬼とは女性である。後はわかるな。
    • 履くとテンションがあがる。(公式説明文)
    • パンツから絹布を作り、その絹布から装備アイテムを作る事ができる。この世界の防具は元をたどればパンツでできている。それでいいのか。
    • 所謂"はいてない"に見える式姫がけっこういたりするため、パンツという文化が鬼にしかないのではないかという意見も。
    • 絹布の材料になる…ということはシルク製であると思われる。粗暴にみられがちな鬼族だが、実は…
    • 6/20に更新された公式4コマで具体的な形が描かれた。
    • 羅刹や鈴鹿御前に見せてはいけないアイテム。(さくら語録、公式4コマ参照)



▲ページの一番上へ戻る▲

  部分編集

火之迦具土(式姫)   部分編集

  • ひのかぐつち
    • 神話級激レア式姫第2弾! 2012年3月28日に第三期開始と共に実装された
    • 固有スキル「武器繕い:武器の使用回数が減りません(術は無効)」を持つ 
    • レア武器を思う存分振り回せるのが強み。武器の補正が戦力として十分計算に入れられる
    • 神話的には創世の神、イザナギ・イザナミ夫婦の最後の子にして炎の神。生まれた時に母イザナミを自身の炎で焼き殺してしまった
    • そんな粗暴なイメージも、式姫になると凛々しい。どっかの主人公、って雰囲気である
    • 建御雷の登場で一児の母となった。
    • でも月読様には頭が上がらないようである。ひーちゃん。
    • 炎の神だけあって常に高熱を発しており、特段近づきもせず眺めているだけでおゆきのコレクションはみるみる溶けだし雨を浴びればじゅうじゅうと水蒸気が立ち込め温泉につかれば沸騰し雪女と向かい合えばたちまち頭上に大きな雲が産まれるほどだが猫は火傷もせず平然と引っ付いてくる。謎だ。

髭切(式姫)   部分編集

  • ひげきり
    • 臨時メンテナンスを経て、遂に実装された刀系最上級種
    • 強力なスキル「連続攻撃」を持つがレシピの取得には酒呑童子の魂が二つ必要となる
    • 髭切とは罪人の首を切り落とした際、髭をも斬った事から付けられた名であり、現在重要文化財として北野天満宮に所蔵されている実在の剣
    • 後に鬼の腕を切り落とし「鬼切」 夜に獅子の様な咆哮を挙げた為「獅子ノ子」 兄弟刀"小烏"と共に障子に立てかけていた際、触れても無いのに"小烏"を切り断った為「友切」と様々な名を与えられている
    • しかし名前を変える度に輝きが鈍る 源義朝が再び「髭切」と名を改めると、剣の輝きが蘇った という伝説が存在する
    • 斬れぬものなど、あまりない!
    • 髪飾りは彼岸花(曼珠沙華)か、守の上がる槍のことではない

膝丸(キャラクター)   部分編集

  • ひざまる
    • 遅れてやってきた髭切の激レア種。
    • 源氏重代の刀で、罪人を試し切りした際に膝まで切れたというのが名前の由来。ひざまるちゃんこわい。
    • 連続攻撃に加え、新スキル「生命吸収」を所持している。
    • しかしそのまま両方皆伝にしようとすると魂の勾玉50個必要というとんでもない子。
    • 髭切の妹。非常に臆病で人見知り。姉より優れた妹。

避雷針   部分編集

  • ひらいしん
    • 術寄せ・術かわしのスキルを持つ式姫のこと。
    • 敵の攻撃術・支援術を一手に引き受け、味方に被害が及ばないよう耐え抜くナイスガール。
    • 運の数値次第で回避率は8割程度にもなり、敵の術をほぼ無効化できる。



▲ページの一番上へ戻る▲

  部分編集

複垢   部分編集

  • ふくあか
    • 複数アカウントの略。
    • 一人のプレイヤーが同一ゲームで2つ以上のアカウントを所持すること。
    • ゲームによっては黙認している場合もあるが、式姫草子においては明確な禁止事項として記載されている。
    • 参照:公式>禁止事項
    • すべての複垢を機械的に判別することは不可能に近く(「疑い」だけで対処はできない)、完全に処理することは難しい。
    • 撲滅のためにはこまめな通報が大事である。

ふじみのり   部分編集

  • ふじみのり
    • 金姫召喚、銀姫召喚にて呼び出せる「黒兎」。
    • 最大の関門であるでらうぇあさんに続き、激レア式姫を狙う数多の陰陽師たちが通るべき第2の関門。
    • その連続攻撃は3回でも4回でも続くらしい
    • コロボックルレシピ実装で少しは日の目を見たかもしれない
    • 黒さも相まって「富士見海苔(海草)」と思われている場合があるが、おそらく「藤稔(巨峰などのような葡萄の品種)」のほうが元である。
    • 彼女に限らず、課金で召喚できる基本亜種は全てぶどうの品種から名前がとられている。理由は不明。
    • 2013年7月24日をもってめでたくコロポックルに昇格しました。やったねふじみのりちゃん!
        関連項目:コロちゃん、コロポックル

ふくらみかけや   部分編集

  • ふくらみかけや
    • 一部の紳士達にはくらかけみやの名前がこう見えるときがあるらしい。
    • あの大きさでふくらみかけや・・・だと・・・・・・

  部分編集

  • ふち
    • 討伐のフィールドの一つ「闇ケ淵(やみがふち)」を指す。
    • 淵3、淵7等と数字をつけることで、フィールドのレベルを表す。
    • 出てくるモンスターは同じ討伐レベルならば、祟り荒野と同等の強さとなっている。
    • 金稼ぎしたければ淵3へ行けと言われるほど、ドロップアイテムに隙がなくうまみが多いため足繁く通う者も多い。
    • 水辺なので河童の出現率が非常に高い。
    • 淵3お勧めの稼ぎ手としては弓反皆伝+速歩の心得持ちのメシツナチャン+大弓。邪兎が出てきても瞬殺の淵3ヒットマン。

古椿(式姫)   部分編集

  • ふるつばき
    • 天狗系上級亜種族の式姫。狗賓とシーサーをレシピ合体させることで誕生する。
    • 口調は「〜であります」。某カエル軍曹みたいでありますね。
    • 烏天狗と違い、守のパラメーターの最低上昇率は1。
    • そのイラストから某格闘ゲームのキャラクターの必殺技「タイガーニークラッシュ」をしている様だと言われている。
    • セリフに「www」を付けると、凄くうざい。
    • 腰部が紺色であったために一部の陰陽師からブルマを穿かされる。
    • 4コマの21話でついに公式からもウザキャラとして認められる偉業を果たした。
    • しかし、23話では葛の葉の「黙れ羽虫」の一言で斬り捨てられている。葛の葉さんよくやった。

物欲センサー   部分編集

  • ぶつよくせんさー
    • 現実世界やゲーム世界において常に付き纏うセンサー。テレビのリモコンなどに発動しやすい。
    • 「アレがほしい」、「コレがほしい」等と物欲が高まると発動する。
    • 発動してしまったら最後、どんなに頑張っても目的の物は手に入らない。
    • しかし、目的の物以外の物を欲しているとすんなり手に入ったりする。
    • 式姫草子では主に銀姫・金姫・虹姫召喚とレシピによく反応する。



▲ページの一番上へ戻る▲

  部分編集

別荘   部分編集

  • べっそう
    • 仕事のない式姫を別荘に預けておける機能。
    • 初期10枠で200神力で5枠増加。2015年10月29日のアップデートで追加された。
    • 別荘の追加に伴い元々別荘と同じ機能であったおやすみ機能には経験値取得と自動レベルアップ機能が追加された。
    • 儀式画面のメニュー右下から利用可能。おやすみ機能と全く別の場所にあるため、実装時に見つけるのに苦労した人も多いはず。



▲ページの一番上へ戻る▲

  部分編集

鳳凰(式姫)   部分編集

  • ほうおう
    • 最上級基本種の霊獣一族。
    • 使用武器は弓・回復術。
    • 独特の鳳凰訛り「〜でフ」がコンプレックスの模様。
    • 習得スキルは「武器繕い」。火之迦具土姐さんェ・・・

堀姫   部分編集

  • ほりひめ
    • 一家に一人、炭鉱婦である「らべんだー」をさす。
    • 固有スキルの採掘の心得が魅力()だったが、雪女が実装され空気になりつつある。
    • 「え?採掘ですか?」「いや、レシピ合体」

ポンポコ   部分編集

  • ぽんぽこ
    • 仙狸のこと。
    • さくらにまで狸そっくりと言われてしまった可哀想な娘。
    • この丸い尻尾を見るであります!!ほらほらポンポコポンであります!!



▲ページの一番上へ戻る▲

ま行   部分編集

  部分編集

魔炎の簪(アクセサリー)   部分編集

  • まえんのかんざし
    • 力を3と命中率を2上げる、優秀なアクセサリー。
    • これが有るから紅玉の簪は十中八九空気。
    • これの術版を期待した人も多いはず(真・賢狼の簪が存在する)

マカちゃん   部分編集

  • まかちゃん
    • 摩訶鉢特摩のこと。

慢性万雷性討伐十四編成出現病   部分編集

  • まんせいばんらいせいとうばつ14へんせいしゅつげんびょう
    • 通称「万雷病」。
    • 陰陽師に見られる生活習慣病の一。
    • アイテムを集める等の目的で討伐を周回していると突如として討伐Lv14のボスが現れる難病。
    • 発症率と白兎の魂の所持数には正の相関があることがわかっている。

守(ステータス)   部分編集

  • まもり,もり
    • ステータスの1つで、式姫の打たれ強さを数値化したもの。
    • 物理攻撃を受けた時のダメージに影響する。
    • どんな式姫でも上げて損はないが、特に壁タイプの式姫なら重視したいステータス。
    • ステータスの中では比較的キャップが低く、上がりにくい。
    • 五行「金」によって成長が促進される。



▲ページの一番上へ戻る▲

  部分編集

三日月   部分編集

  • みかづき
    • 激レア式姫の一人。公式の種族は「童子切」。
    • 天下五剣の一つ「三日月宗近」に宿った式姫。
    • 人斬り依存症なる病にかかっている。目の下にクマ、4コマでプルプル震えているなど薬物中毒のようにも見える。
    • 童子切とは友人のようだ。
    • 趣味は読書。
    • 「いいんですよね?本当に斬ってもいいんですよね?」

源頼光(キャラクター)   部分編集

  • みなもとのらいこう
    • 朱雀院の棟梁。由来は酒呑童子や土蜘蛛退治伝説がある清和源氏の三代目から。童子切は頼光の得物である。
    • ただでさえ愛らしいロリ顔に守りたくなる笑顔と「お兄ちゃん☆」の一言がプレイヤー陰陽師の多数を魅了する。
    • お陰で過去勢力選択が自由だった時は四大陰陽院の勢力バランスブレイカーだった。運営はこうなる事が予測出来なかったのだろうか。
    • 陰陽師ではないが、刀で魑魅魍魎を退治した人。「レベルを上げて物理で殴れば良いんだよ、お兄ちゃん☆」
    • 4期目では所属陰陽院すら選べなくなってしまい、強制トレードされてしまったプレイヤーが多数出てしまった。筆者もその一人
    • 自由選択になったとたんに以前より凄まじいバランスブレイクを発揮した。紳士が多いようである。



▲ページの一番上へ戻る▲

  部分編集

紫の君   部分編集

  • むらさきのきみ
    • 2012/10/31に新たに追加された激レア式姫。
    • 月の由緒ある大家の箱入り御姫様、らしい。
    • 語尾に「〜じゃ」と付ける古めかしい喋り方をする様子。
    • 種族は「輝夜」だからお星様は標準装備です。
    • 名の由来は『源氏物語』の登場人物、紫の君(紫の上が光源氏の妻になる前の呼称)だと思われる。



▲ページの一番上へ戻る▲

  部分編集

めしつな   部分編集

  • めしつな
    • 飯綱が一発変換出来ない人々によって生み出された愛称。
    • めし☆つな

メッキ   部分編集

  • めっき
    • 最上位ランクにあがったばかりで実力がトップ勢とかけ離れている人のことを指す。
    • ランク最上位は、それまでと比べ停滞する時間が長く育成度合いが人により様々である。
    • サーバー開設時よりつねに最上位ランクを保っている人はそれだけ育成に時間をかけることができ、ランカーはまず間違いなく常に先頭を走っている。
    • それに対し、同じランクであるにも関わらず一つ下のランクとさほど変わらない、すなわちメッキをかけたような実力という意味で名付けられた。
    • もちろん、銅ランク〜が金属の名前であることに由来する。
    • 現在は最上位ランクに限らず使われるようになった。意味としては上記と同じく在住ランクより一つ下の実力という意味。
    • 例えば「黒金メッキ,メッキ黒金」と言った場合、中身は金剛相当の実力という意味である。



▲ページの一番上へ戻る▲

  部分編集

紅葉御前(キャラクター)   部分編集

  • もみじごぜん
    • レア式姫の一人。種族は羅刹。
    • 名の由来は、信州戸隠に伝わる鬼女紅葉から。
    • 鈴鹿御前の影に隠れがちなちょっとかわいそうな子だが、十分にエースになれる。
    • 困った人を見かけると世話を焼かずにはいられない、頼れる姉御肌。
    • しかし、その割には大雑把。最終的には自慢の斧で解決する。
    • 「え?九郎首に勝てない?斧で一発ぶっ叩けー!え?熊童子に勝てない?斧で一発ぶっ叩けー!」は名言。
    • 勝てないときは彼女を見習って思いっきり斧でぶっ叩くようにしましょう。

  部分編集

  • もり
    • 討伐のフィールドの一つ「咎森(とがもり)」を指す。
    • 森2、森7等と数字をつけることで、フィールドのレベルを表す。
    • 出てくるモンスターは同じ討伐レベルならば腐火鉱山と同等の強さで、一番レベルが高い。
    • 特にこれと言った見どころもない上に、森8はドロップが真竹のみというしょっぱさ。人気があるとは言い難い。



▲ページの一番上へ戻る▲

や行   部分編集

  部分編集

やさふろひめ(キャラクター)   部分編集

  • やさふろひめ
    • レア式姫の一人。種族は猫又。
    • 名の由来は新潟県弥彦山に説話、弥三郎婆。
    • 風呂とか風呂姫とか呼ばれることも。
    • 恋バナ()が大好きらしいが、方向性がちょっと腐りかけている。
    • 成長率は実に平均的で、可もなく不可もなく。後半は威鎧の関係で前衛として使うには愛が必要。
    • 槍のイラストが青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)みたいでカッコイイ。
    • イラストでは太ももまで届くストッキングを履いているが、ドット絵は猫又と共通であるために足袋である。

八咫烏(式姫)   部分編集

  • やたがらす
    • 霊獣系最上級亜種の式姫
    • 他の最上級亜種とは違いスキルが「○○切り」ではなく「毒」。
    • 左手は長い袖になっており、目のようなものが見えている。袖の中身は不明。
    • 余談だが「式姫の庭」では天狗系の合成素材の雑魚妖怪の名前だったが、式姫の八咫烏実装に伴い「三足烏」に名前が変更した。
    • やたのひめとの関係は不明。

やたのひめ(キャラクター)   部分編集

  • やたのひめ
    • レア式姫の一人。種族は烏天狗。
    • 由来は八田皇女ではなく、八咫烏から。手にした羽扇子がサムライブルー。
    • ただでさえおつのの後塵を拝していたのに、古椿が現れた事で更に居場所が失われつつ有る(筆者はやたのひめを使い続けるよ)
    • しかし他式姫の設定に名前が出てくる為に存在感は薄くない(筆者はやたのひめを使い続けるよ)
    • 初期スキルは術かわしに術増しと攻守のバランスを取るスタイルになっている。
    • 公式四コマでは厨二病を患ってしまっている。ラ・ヨダソウ・スティアーナ
    • 設定が厨二である以上厨二と安易に断じていいものか分からない。ガチなのかネタなのか読めない。
    • だが4コマではナタやナタの挑戦を受ける戦乙女を見て物陰で眼を輝かせるただのファッション厨二であることを露呈してしまった。
    • 2013.7.17、「“霊獣族”八咫烏」実装。…まあ、その、なんだ…イ�。

夜摩天(キャラクター)   部分編集

  • やまてん
    • 激レア式姫の一人。公式の種族は「閻魔」。
    • 堕落人の閻魔とは正反対の性格で、真面目で堅物。
    • 赤縁眼鏡を着用している。
    • 初期スキル「御霊断ち」を覚えている。近接武器による物理攻撃を術攻撃として発動させるものらしいが、効果の程は未だにはっきりしていない。
    • 発動時のダメージ計算が賢依存という説もあるため、賢キャップの低い夜摩天には扱いづらいかもしれない。
    • 料理でバイオ兵器(毒・皆伝付加)を生み出す能力がある。少なくともさくらの言動から食べ物としての体裁を保っていないようである。
    • 四コマでは鈴鹿御前と同じ手順で料理を作っても全く違うものができ、古椿を悶絶させた。
    • 「毒知らず」を習得したが、あくまで夜摩天が毒状態にならないだけであった。
    • 夜摩天のチョコレートの効果により、ステータス+1と同時に瀕死になった式姫がいたとかなんとか。

闇炎   部分編集

  • やみほむら
    • 攻撃術のひとつ。材料も安価で術攻23、命中85、射程4と非常に優れている。
    • 名前は炎なのに、実際は風、そして材料は地の精気とあらゆる矛盾を融合した攻撃術



▲ページの一番上へ戻る▲

  部分編集

幽霊一族   部分編集

  • ゆうれいいちぞく
    • 式姫を分類するカテゴリの一つ。
    • 前方にいる式姫のステータスを上昇させる「憑依」のできるサポーター。
    • 幽霊・春姫は力と技、祖霊・卑弥呼は速と守を上昇させる。
    • 武器は支援術(祖霊・卑弥呼は回復術も)。憑依したい式姫が前方に来るように使おう。

雪女(式姫)   部分編集

  • ゆきおんな
    • 天女系列の上級亜種。系列デフォの回復術に加えある程度の攻撃術も使えるという言わば賢者なため、「回復は子狐(座敷)でよくね?」と軽視されてきた天女系の立場を押し上げた。
    • さらに天女系独自の長所として確固たる地位を得ていた「らべんだーさんの採掘の心得」すら習得している天女系完全上位互換性能。
    • そのためか下位の天女系を軽視している節あり。一時準テンプレ入りまでしていた織姫さんAAを自分に改変したりする行動も見受けられた。
    • 装備できない斧を持っているのはファッションらしい。「不思議ちゃん可愛い」とでもなればよかったのだが、シビアなプレイヤーたちには「吉祥天ドット絵使いまわしただけの後付け設定だろ」とメタ視点から白い目で見られている。
    • 式姫の中で一番胸も色素も"薄い"。
    • 水陸両用である。

弓反(スキル)   部分編集

  • ゆみはん
    • スキル弓反撃のこと。
    • 5ターン制限が多い式姫草子において、反撃スキルは火力スキルとして扱われる。
    • 特に高難易度の遠征では、反撃系ユニットがいないとクリアできない場所も多い。
    • 同様のスキルに術反撃があるが、こちらは使用者が物理にも術にもある程度の耐久を持つ点で優れる。
    • 反面、弓を使用する為に前衛に対しては効果が薄い。そもそもターゲットされにくいが。
        関連項目:術反



▲ページの一番上へ戻る▲

  部分編集

妖獣一族   部分編集

  • ようじゅういちぞく
    • 式姫を分類するカテゴリの一つ。
    • 槍をメインとして扱う近接アタッカー。
    • すべてのステータスが平均的に伸びて器用貧乏な印象を受けるが、しっかり育て上げれば槍の2マス貫通攻撃と鎧装備で攻防一体の戦略の要となる。
    • 上級以降は術を扱えるようになるので、色々な取り回しが可能。
    • 基本種は軽装、亜種は重装。

寄せかわし   部分編集

  • よせかわし
    • スキル構成「術寄せ・術かわし」の略称。
    • 術版囮の心得の術寄せと一定確立で術をかわす術かわしの強力なコンボ。ただし相手がスキル「疾風迅雷」を持っていると普通に術が当たっていたい。
    • 金剛ランクあたりから重宝するようになる。

寄せ結界   部分編集

  • よせけっかい
    • スキル構成「術寄せ・術結界」の略称。
    • 術を寄せる所は寄せかわしと同じだが、術結界により被ダメージを確実に抑えることができる。相手に「疾風迅雷」持ちがいたらこっちの方が被ダメージは減るが、術かわしが効くようなら寄せかわしの方が安定感があるかもしれない。
    • 式姫を育てる余裕があるなら「寄せかわし」と「寄せ結界」の両方の式姫を持っていると攻略が楽になるかもしれない。

  部分編集

  • よめ
    • 「○○は俺の嫁」のように使われる通り、特定の意中の式姫を意味する単語。
    • しかし陰陽道は決して甘くは無い。腕輪を装備させて初めて嫁として迎える事が出来る。
    • 陰陽師の道は非常に厳しく、そして険しい道程なのである。

  部分編集

  • よろい
    • 防具の大鎧や威鎧のことで、特に後者を指す
    • 威鎧は実質物理防御が17もあり、術防御も+2されるすぐれもの。
    • しかも素材は最も難易度が高いものでも河童の皿×2と非常にコストパフォーマンスも良好。
    • これを着られるかどうかで、式姫の壁としての性能がかなり変わってくる。
    • 威鎧の上位にあたる、薄金(防御16術防御2守3)が実装され、更なる耐久力を得た。
    • 時代は移り、沢瀉(防御18術防御3力1守3)という驚異的な鎧が実装された・・・が生産できず入手も脅威的。

最終更新
2017-11-01 (水) 17:21:06 (19d)
HTML convert time
0.165 sec.
edit