Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

三國志12対戦版PS3PSVita攻略Wiki

settings

裏技・小ネタ

ちょっとした裏技や、あまり知られていない小ネタを載せるコーナーです。

戦闘(仕様)編   部分編集

  • 複数部隊をまとめて指示して移動させるとき、機動力の遅い部隊を含んでいると神速馬でも遅くなる(遅い部隊に合わせて移動する)
  • 黄忠・黄蓋の老当益壮などの戦法で、戦闘力が上昇となっているものは攻防値が直接上昇するのではなく統率値そのものが上昇する。
    その場合、上昇分に対しても兵科補正がかかる。(例:山越黄蓋の場合 戦闘力35上昇→防御値は1.4倍なので35+14=49上昇)
    また統率値が上がるため、それに応じて破壊の数値も上昇する。
  • 司馬法、荘子など、視界上昇効果の付いた装備アイテムがあるが、実際のところ視界の上昇は無に等しい。
    (一度2014にアップデート修正が入っているが、残念ながら殆ど変わっていない)
  • 視界上昇装備は付けただけでは殆ど効果を実感できないが索敵・遠射兵撃などの視界上昇型戦法を使ったときに相乗効果が得られる?
  • 説明欄に載っていないが、破壊のダメージは残兵力も大きく影響する。(破壊の数値が下がるだけでなく攻城力そのものに影響)
    『統率×破壊×攻城時の兵数÷14500=城に与えるダメージ』
  • 説明欄に載っていないが、人中や大打撃、火計などの戦法の威力は最大兵数に依存する。(残り兵数1000であっても兵数満タンでも威力は同じ)
  • 説明欄に載っていないが、各戦法には兵撃ダメージ補正という隠しステータスアップがある。武力の上昇値とは別扱いで兵撃の威力が直接上がる模様。
    戦法名上昇
    万人敵、剛勇1.25倍
    千里行、強襲、遠射兵撃、神速猛射1.2倍
    単騎駆、鉄壁、伏兵神速、攻防一体、全攻撃強化1.1倍
  • ○軍兵撃や○兵撃封印は全軍兵撃・(全)兵撃封印よりも消費采配が少なくて済む反面、持続時間は短い。但し、効果範囲は(全)兵撃封印よりも○兵撃封印の方が広い。
  • 槍部隊は馬・弓に比べて湿地における機動力低下の影響が大きい。
  • 特技の攻城があると破壊が20%アップするが、破壊上昇系戦法を使うと戦法の上昇分も20%アップする。(例えば攻城持ちが猛攻を使うと破壊が24上昇)
  • 伏兵を受けたときの動揺時間は知力の値によって変わるが、喰らった側と当てた側 両方の知力が影響する。
  • 伏兵の動揺時間の計算方法NEW
    15カウント(基準)+相手との知力差÷2
    例:自軍(伏兵)知力90、相手知力80の場合、15+10÷2=20C ※伏兵側の知力が高かった場合。逆の場合は基準の15Cよりも短くなる。
  • 戦車・鉄車・戦象は範囲攻撃(接触している全部隊に攻撃)が出来るが、正面以外の相手に対しては半分の攻撃力になる。(正確に半分かどうかは不明)
  • 戦車・鉄車・戦象は攻撃間隔が長い(遅い)が、間隔が長い分、潰走部隊を追撃するときの減らし量も半分になってしまうので単体の追撃では壊滅させづらい。
  • すべての弓兵科は森では通常攻撃の威力が落ちる。
  • 弓兵科では軽弓だけ他より射程が長いが森では兵撃の威力が落ちる。
  • 弓兵科はもともと浅瀬の影響が少ないため、水練持ちは浅瀬で逆に平地よりも速度が20%ほど上昇する。
  • 兵撃ダメージを決定する要素一覧NEW
    要素内容
    兵科特性烏丸の暴撃など兵撃の種類によってベースとなる威力に違いがある
    武力の数値差武力そのものではなく自身と相手の武力の数値の差が大きいほど威力が上がる
    自部隊の兵力兵力数そのものではなくMAX兵力に対して残り兵力が減るほど威力が落ちる
    相手部隊の兵力相手部隊の残り兵力に対して割合計算されるので、残りが多い時ほど大きいダメージ数値が出る
    戦法補正特定の戦法を使用時に得られる兵撃ダメージ補正で威力が上がる
  • 総大将スキルは総大将が伏兵状態の時は出撃していても発動しない。
  • ダメージ系の戦法は説明上は武力差/知力差ダメージとなっているが、部隊の最大兵力もダメージ要素の一つとなっている。NEW
    あくまで最大兵力依存であり、発動時の兵数は関係ない。
    例えば神火計狙いで呉起を使う場合、兵力12500の重兵科よりも兵力15500の軽兵科を使った方が与えるダメージが大きいということ。
  • 異民族兵科は毒兵撃について耐性があり、毒を受けない。

戦闘(裏技・テクニック)編   部分編集

  • 【ブロック無視の角攻城】敵本陣を攻城するとき、本陣の角を3部隊以上で突くと敵部隊のブロックが居ても攻城ダメージが入る。
  • 【藤甲の被挑発回避】藤甲兵科は弓兵科に対しての憤怒(被挑発状態)が厄介だが、射撃を受けたとき憤怒する前であれば、
    一定距離分離れたところを中継点に指定してから遠い拠点を指定することで射撃から逃れて被挑発状態を回避することが出来る。

※但し、離れるまでに通常どおりダメージを受けるほか、敵弓部隊が隣接している場合この方法では逃げられない。

  • 【攻防一体 重ねがけ】攻防一体は攻防・武力だけでなく知力も上昇する戦法だが、1回目を発動している間(切れる前)に2回目を打っておくと
    知力が15上昇している分2回目の戦法持続時間が長くなる。
  • 【伏兵探索装置】敵部隊にダメージや弱化させる戦法を使うとき、伏兵相手でも範囲内にいれば対象になり、使用することで発見・解除することが出来る。
    上記の戦法持ちが采配の溜まった状態でLを押し、範囲内に見える対象がいないのに戦法発動の□ボタンが表示されれば近くに伏兵がいると先に判断することが可能。
  • 【一騎打ち避け】一騎打ちの発生しやすさは武将によって違うが、総大将スキルで武力の数値が上昇している武将は一騎打ちを起こさない。
  • 【長城の城壁の上に移動】長城の左上の拠点にある城壁にはよく見ると階段(上り口)があり、槍と弓はそこから城壁に上がることが出来る。
    騎馬は馬にまたがっているので上がることが出来ない。そのため、弓兵科にとっては安全ゾーンとなっている。NEW
  • 【編成の小ワザ】号令系戦法は編成の位置が右側の武将から順に掛かる仕様になっている。NEW
    そのため、知力上昇のある戦法を発動する武将を編成時に一番右に置いておけば、
    まず先に発動武将の知力が上がり、その状態で他の味方に戦法が掛かるため戦法効果時間が若干長くなる。

システム編   部分編集

  • CPUの編成は総コストが27を大きく超えていたり、本来は入れることの出来ない同名カードが入っていることがある。(例:軽槍劉備&重弓劉備)
    また、例のように同名のカードが含まれているとき、片方が総大将であればもう一方も総大将の印綬になるため総大将の印綬を複数取得できることがある。
  • 勝ち抜き戦でスコアが誰かと同点になった場合、本来なら同位のはずが自分の方が下位に扱われる。
  • 勝ち抜き戦で自身のベストスコアを出すと、それよりスコアの高い競合相手が設定される。
    そのため最初の数回は1位や2位が取れても、それ以降は取れないシステムになっている。
  • 通常、編成が5部隊以下の場合に部隊数によって兵数付加があるが、勝ち抜き戦では付かない。(バグの可能性あり)
  • 公式戦でCPU相手の場合は印綬は貰えるが勅命の勝ち数はカウントされない。
  • 対戦途中でCPU戦に移行した場合、勝利したときに得られる勇名はマッチング時に表示されたものより少なくなる。(20%減少)
  • 模擬戦で出てくる敵部隊の編成は自分のレベルに応じて変化する。
  • 開戦時に采配+1の装備品は最大+3までしか効果が出ない。
  • 人が操作する武将を倒した時の方がCPUの場合に比べ玉印出現率が高い。
  • 公式戦は対戦中にサインアウトするとペナルティで勇名-100、カードも引けないシステムになっているが、
    PSNの障害(SONY側の不具合)であってもサインアウトになった時点でペナルティが付く。(対CPUも含む)
  • EXカードは強化する時にどのレアリティのカードを合成しても経験値60づつ得られる。(水鏡先生の場合は通常通り)
  • 装備品について、同じSS装備やS装備の中でも視界上昇や敵中突破は出やすく伏兵や采配+1は出にくくなっている。(一定の上奏回数の中で検証)NEW

小ネタ編   部分編集

  • 大会商品カードは既存の通常排出カードの兵科を変えただけのもので、重兵科になっているものは単純にコスト+1されている。
  • Rの曹操、周喩、馬超は通常の金銀銅くじには含まれず、「旬くじ〜赤壁の戦い」のみに排出する。
  • 軽弓曹休は元々レアリティRだったものがアップデートでSRに変えられている。
  • 三国志12製品版本編をPS3とVitaの両方購入した人のみ、行動力を600までストックできるらしい。
  • 三国志12製品版本編のPREMIUM BOXを購入した人には限定SRカードのDLコードが付いており、関羽や呂布、諸葛亮などのカードが貰えた。
  • 過去にキャンペーンで配布されたカード一覧NEW
    カード名兵科通常排出
    C屈原軽弓あり
    SR呂玲綺軽弓なし
    SR呂玲綺(2回目)軽弓なし
    SR関興重騎なし
    R孔融重弓なし
    SR献帝重弓なし
    SR張角重弓なし
    SRお市重槍なし
    SR始皇帝軽騎なし
    SR呂玲綺(3回目)軽弓なし
    SR馬雲緑軽騎なし
    SRお市(2回目)重槍なし




このページは現在編集中です。 間違い等あれば編集してください。 一部、未検証の情報などもありますが、確認が取れたものは未検証の表示を消してください。

最終更新
2017-11-01 (水) 16:57:15 (21d)
HTML convert time
0.067 sec.
edit