Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

三國志12対戦版PS3PSVita攻略Wiki

settings

戦場


戦場は以下の7つからランダムで決定される



また地形は以下の効果を持つ


森林:猛射のダメージが半分になる。暴撃はその限りではない。(毒射は要検証) また、騎兵・弓兵の機動力が低下する。


湿地:水練を持たない武将の機動力が低下、特に槍兵は大幅に低下する。

平野   部分編集

陣の数:5つ


マップ中央に森、本陣と陣を囲むように湿地帯がある。

意外に味方本陣から敵本陣への距離は長い。

最も敵を包囲しにくく、機動力のある部隊が生きると思われるマップ。

湿地   部分編集

陣の数:4つ


敵の本陣へ至るのに2つしか道がなく、戦略がかなり制限されてしまう。

左右端中央に長い湿地帯があり敵陣に向かうのに必ず渡らなければならない。

デッキパワーやデッキ相性の差が出やすく、集団戦となりやすいので号令があると優位。

山岳   部分編集

陣の数:4つ


中央は平地だが左右の道が森林で覆われており、槍兵以外の機動力が下がる。

本陣手前にある高台から弓兵は中央の道を通る敵部隊を一方的に攻撃できる。

本陣手前に弓兵を置いておくと各方面からの敵の進軍の対応しやすく、相手本陣の視界と壁がいれば中央から弓兵が一方的に攻城できる。

長城   部分編集

陣の数:4つ


中央と左上は平地だが右下は長い湿地帯の後に陣があるので、出来れば水練持ち、無ければ騎兵もしくは神速持ちにとらせに行きたい。

左上の防壁は弓兵が階段から上に登るとこができ、そこから一方的に攻撃できる。また中央の高台へ向かう道がかなり細くここで敵を挟めると一気に壊滅にもって行きやすい。

ここもデッキパワーやデッキ相性の差が出やすく、中央の戦況が勝敗に繋がることが多い。

八陣   部分編集

陣の数:5つ


左上が湿地、中央は森林、右下は平地となっている。山が多いためそれぞれの道幅が狭い。

左上は出来れば水練持ち、無ければ騎兵もしくは神速持ちにとらせたい。

最も敵を囲みやすい戦場の一つであり、また敵本陣への侵攻ルートが多様なので攻城が決まりやすい。

官渡   部分編集

陣の数:5つ


高低差で本陣と相手本陣の間を横切るような崖が多数あるため、道が狭く相手本陣にたどり着くのに時間がかかる。また一方通行の道も存在する。

森や湿地が少ないため、騎馬の機動力が生きるマップか。

道が狭いためやはり敵を囲みやすいが、相手本陣に到達するまでの道も狭く少ないので攻城は難しいか。

南蛮   部分編集

陣の数:6つ


マップ中央が大きな森でそれを縦断するように川があり、本陣周りは大きな湿地で両端に平地の道が独立してできている。

湿地と森を繋ぐ吊り橋が2箇所あり、障害物が少ないので平野に次いで動きの制限がないマップとなっている。

大部分を湿地と森で占めるマップのため神速水練槍の機動力が生きやすい。







最終更新
2017-11-01 (水) 16:57:13 (21d)
HTML convert time
0.047 sec.
edit