Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

三國志12対戦版PS3PSVita攻略Wiki

settings

初心者向け解説

勝利条件   部分編集

  • 判定勝利

500秒経過後の予備兵を含めた総兵力数が多いほうが勝利になります。

そのため、初期兵が負けてる場合はより多くの相手兵力を減らさなければなりません。

  • 落城勝利

敵本陣の兵数を0にすることにより勝利になります。但し、弓の遠射で0にした場合は敵本陣に隣接してトドメを刺さなければ終了しません。
なお、ヘルプには書かれていないが攻城ダメージは統率と破壊だけでなく残兵力も影響するので注意が必要です。
「城に与えるダメージ=統率×破壊×攻城時の兵力÷14500」

  • 全部隊殲滅勝利

敵の残り武将を0にすることにより勝利になります。

最初はどの武将がお勧め?NEW   部分編集

初期カードの編成ではUC太史慈とUC典偉がお勧めです。

  • 太史慈で敵の槍兵をしっかり狙って特殊攻撃を発動させ、太史慈を狙う馬兵を典偉で守りつつ戦線を維持してみましょう。
  • R公孫瓚は馬兵にしか効果のない戦法で能力も平凡なため、カードが揃ってきたら一度変えてみるとよいでしょう。
  • そのうち対戦後のくじ等でカードが集まってきたら徐々に初期デッキを強化してゆきます。
  • 基本性能の高い重・特殊兵科を中心に比較的入手しやすい以下のカードを参考にして組み込むと良いでしょう。

初心者向け即戦力カード

武将兵科入手特技戦法コメント
R廉頗重騎通常959073豪傑/一騎/攻城鉄壁高統率・高武力で豪傑持ち。兵数は控えめなものの、重兵科なので攻防は120超えになる。戦法の鉄壁で非常に堅くなることが可能。
Rのカードなので入手には多少の運も必要だが、それに見合った戦力。UCの趙雲などと比較すれば遥かに強い。
UC趙雍重弓通常847381神速/遠射弓軍強射統率高めの重弓で兵数が多く丈夫。戦法は使えないものの、神速と遠射が付いているので槍に対して使いやすい。
UCなのでくじを引き続ければそのうち入手できる。
C英布重槍通常829653豪傑/一騎/剛勇高統率・高武力の強力な重槍。戦法使用時には攻撃力は200を超える。ただし足が遅く、伏兵に弱いという欠点もある。Cなので入手は容易。
UC奚泥藤甲通常627835水練粉砕打撃特殊な槍である藤甲という兵科。平凡な数値だが、攻撃力は1.2倍、防御力は1.5倍にもなる。
兵撃を受けると憤怒になり、防御力上昇+こちらも兵撃を出せるようになるが挑発状態になって操作不能。やはり足が遅く伏兵および火計に弱い。
C袁尚烏丸通常637542攻城全攻撃強化平凡な数値だが、烏丸兵科のため攻撃力は1.4倍で兵撃も強力。足も遅くはないが伏兵に弱い。戦法は持続時間が短く使うと損なので注意。
CだけどUC袁尚よりは確実に強い。
C劇辛重弓通常768332一騎/攻城大打撃コスト4にしては知力以外の数値が高い重兵科なので槍に対しては威力を発揮する。兵数の少なさと伏兵に弱い低知力が欠点。
戦法はほぼ役に立たない。
C屈原重弓通常682891軍師索敵登場したときにコスト設定が可笑しいと話題になったカード。統率が68もある重兵科なのにコストが2のため、入れておくと非常にオトクである。
ただし移動が遅い。戦法は采配が余っているときに。Cなので入手しやすい。

弓籠りに勝てない   部分編集

相手が本陣前から全く動かない場合、陣地を全て取った後、采配ポイントが最大近くになってからゆっくりと攻めましょう。

お勧めの戦法が馬の大打撃持ちを入れ(初期カードのUC陳到、UC王双等)敵陣前に固まった弓部隊全員に大打撃2回発動→離脱をすることです。

これで兵力差が縮まる、あるいは逆転し相手は攻めざるを得ない状況になります。

こちらは陣地を制圧済みなので采配ポイントの溜まる速度が有利な状況で戦えます。

デッキ構築   部分編集

  • 武将数は6で

特に大きな理由が無い限り武将数は6になるように編成しましょう。部隊数が少ないと総兵力負けしやすい、陣地とりで不利になるなどの大きなデメリットがあります。

  • 兵科の偏った編成をしない

全部隊弓兵など、偏った編成にすると勝つのが難しい相性差が生まれやすいので、兵科号令などが無い場合は最低でも2兵科は入れましょう。

  • 重兵科/特殊兵科を優先的に、加えて豪傑のある武将を活用する。

兵科一覧を見て分かるように、重/特殊兵科は通常の軽兵科に比べて数値補正がかかるので攻防の値が高くなります。

同じコストであれば、統率が高く重/特殊兵科のカードを活用しましょう。

また、豪傑は同兵科にも兵撃が出るという特技。武力が高ければ時に2000近く削る兵撃ですから、豪傑の有無は非常に重要です。

  • 出来れば陣地取り、索敵用のコスト1馬を入れる

戦闘に参加しないコスト1馬を入れることにより、視界確保による本陣強襲の回避、陣地確保による采配ポイント負けをなくしましょう。

  • 同名カードは2枚以上入れられない(兵科などが別モノでも、同一人物のカードは駄目)

※たまにCPUのみ、同名カードを編成していることがある(反則?)

戦闘中のポイント   部分編集

  • 途中切断をしない

切断した側が負け判定になるうえ、対戦後のくじが引けなくなるのでカードが揃うのが遅くなってしまいます。

連勝による報酬もそれほど重要ではないため、負けが確定したと思ったら降伏してしまうのもありです。

  • 開戦前のマッチング画面で鬼謀特技持ちや伏兵装備がいないかを確認

こちらに低知力の主力がいる場合伏兵を発見できるまではなるべく先頭にたつのは避けましょう。

ただ鬼謀、伏兵は弱化戦法で無効にすることが可能です。周りに敵がいないのに弱化戦法が使用可能の場合は、

戦法の射程範囲内に伏兵状態の敵がいる証拠です。その状態で弱化戦法を使用すれば敵の伏兵状態を無効に出来ます。

  • 部隊全員を見る習慣をつける

敵と衝突していた部隊があさっての方向に行ってしまったり、放置していた部隊がいつの間にか敵に囲まれていたということのないように、まずは全部隊をチェックする習慣を。

  • 特殊攻撃を積極的に狙う

有利兵科に一定時間攻撃した際に発生する特殊攻撃(突撃、奮迅、猛射など)は重要なダメージ源ですので、積極的に狙いましょう。

  • 低統率武将は高統率武将との衝突をさける。

低統率の方が有利兵科であっても、普段の攻撃力の差で不利になります。衝突は高統率武将が行い、予備兵はできるだけ高統率の武将に回すように。

  • 潰走するまで戦わない

潰走してしまうと本陣に帰還して復活する時間まで戦場に参加することが出来なくなり、その間不利になります。

  • 潰走中の敵は基本的に追わない

本作は潰走中の武将の足がはやく、挟み撃ちをする、弓で射つ、采配を使い移動速度をあげるなどをしないかぎり追いつくことが出来ません。






























トップページ

最終更新
2017-11-01 (水) 16:57:13 (17d)
HTML convert time
0.052 sec.
edit