Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

三國志12対戦版PS3PSVita攻略Wiki

settings

一騎討ち

発生条件   部分編集


互いに隣接した武将同士で1試合につき1度のみ発生する。お互いに交戦している場合発生しやすい。 一騎打ちが発生しやすい武将がいるが全く一騎打ちをしない武将もいる。 武力上昇などの戦法で武力値が変動している場合一騎打ちは発生しない

基本事項   部分編集


一騎討ちの画面上の士気ゲージが多い状態で終わると勝利となる。
勝負の方法は、「天」「地」「人」の技札を出し合い、勝負に勝つとゲージを押し込めることが出来る。
勝負に負けると札を補充することができる。勝者は補充できないが下記の方法で補充することができる。
技札にはそれぞれ相性があり、「天」は「地」に勝ち、「地」は「人」に勝ち…、という三すくみの関係にある。

「天」>「地」>「人」>「天」…という力関係。 また、負ける相性の場合、後述の「威力」がいくら高くても打ち負けてしまう。ただしダメージの軽減は可。

例:A武将「地」vs B武将「人」 B武将にダメージ


威力   部分編集


「天」「地」「人」の技札の下に書かれている数字。同じ技札なら数字の大きい方が勝つ。

例:A武将「天8」> B武将「天5」 B武将に3ダメージ

重ねだし   部分編集


「天」「地」「人」の技札は二枚以上ある場合は、それらを押すことで「威力」を加算することが出来る。
敵に勝つ相性の札を出した場合は威力数値の2倍ダメージを与えるが、相手の札の数値によって威力は軽減される。
同じ手札の場合は数字の差だけダメージを与える。

例:A武将「天10」とB武将「地5」の場合は、「天」が二倍の20になるので、B武将は約15ダメージを受ける。
  この時、B武将が「地10」以上だと受けるのは約10ダメージになるようだ。

  A武将「天10」とB武将「天5」の場合は、B武将が5ダメージを受ける。
  技札が同じなら、受けるダメージは単純な引き算になる。

一騎打ち勝敗   部分編集


勝負は技札の出し合いを最大5回行う。相手より士気ゲージが高いと勝利で
、 相手は減った士気ゲージに応じて、部隊の兵数が減少する。
また、士気ゲージが0になってしまった武将の部隊は動揺状態となり大ダメージを受ける。
非常にまれだが、士気ゲージの変動が最終的にゼロ(初期値と同じ)だった場合は引き分けとなる。

特殊札   部分編集


一騎討ちでは技札の他に「必殺」と「弾返」というコマンドが存在する。
「必殺」は技札の数字を2倍に増やすことができる。
「弾返」は自分の技札の威力が全て0になるが、代わりに相手から受けるダメージを全て跳ね返す。
ただし、弾返「天0」対「地9」というように、相性的に勝てる札が出ると跳ね返すことは出来ずダメージを喰らう。

これらのコマンドはランダムで得られるが、一度使用すると消費され、次に来るまで使用できない。
また、この特殊技は、武将が特技「一騎」を所持していると得やすくなる。

例:A武将の技札が「天5」「天4」「地3」「人4」の場合、必殺を使うと「天10」「天8」「地6」「人8」となる。

  弾返を使うと、A武将「天0」vs B武将「天5」の場合は、B武将が5ダメージを受ける。
  ただ、同じ弾返でも、A武将「人0」vs B武将「天5」の場合は、A武将がダメージを受ける。

「天地人」の役   部分編集


場に天地人が揃うと札が再補充され威力が2倍になる。
最初から1つ使用済みとなっているので読み合いが熱い部分だ。











トップページ

最終更新
2017-11-01 (水) 16:57:12 (19d)
HTML convert time
0.031 sec.
edit