Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

三國志12対戦版PS3PSVita攻略Wiki

settings

まだまだ使える軽兵科

2016年のコストダウンと好調システムの実装により、軽兵科にも再び活躍の出番が!
好調状態であることを前提に使える軽兵科カードをリストアップする。 無論、運用は一長一短で難しい面もあるが健闘を祈る!



9コス
【馬】
呂布 「人中の呂布」は軽馬であっても脅威。相手主力にぶちかましてあげよう。一発目を打つまでの押し引きが重要。大型大会ではスーパーヒーロー。
項籍 兵力は申し分なく、いかに「万人敵」状態で戦線参加できるかが重要。動揺には注意しつつ敵陣を突破せよ。重装と殴り合いできる貴重な存在。



8コス
【馬】
張遼 神速軽馬の「強襲」で、全カード中最速のカード。防御面の脆さは機動力を生かした押し引きで対応。戦場を駆け巡ろう。
趙雲 全兵撃は出せないものの、「単騎駆」で攻・防・速さが増す万能カード。
【槍】
孫策 神速水練つき軽槍なので、槍でありながら機動力抜群。好調の時は使っていきたい。
【弓】
諸葛亮 「八陣の法」で味方全員が高兵科並みの戦闘力になれるのが利点。八陣弱体&高知力の多い上位環境だと運用は難しいか。



7コス
【馬】
夏候惇 「攻防一体」を使うとコスト7にして高コス並みに早変わり。特に好調の時は機動力もあって強い。
ホウ徳 兵数が多く、「猛攻」で野戦と攻城に両対応できるカード。ただし9コス上位兵科の相手は厳しいか。
徐庶 主力としては頼りないが、高知力を活かして全軍兵撃担当に。神速馬で兵力は多く、鬼謀もあるので編成によっては役に立つ。
【槍】
姜維 好調時は鈍足が緩和され、7コスという軽さでありながら戦法使用により攻防が150近くなる強キャラ。
   知力が高いので伏兵に強く、戦法も長時間維持しやすい。重よりも軽の方が強いキャラの典型。
(手持ちに上位兵科の壁役がいない時の繋ぎに。好調時は鈍足がマシになるのは嬉しいが前線に出すなら「攻防一体」使用が絶対条件となり、また相手に高武力弓がいると本当に無力。)
【弓】
太史慈 「剛勇」使用でいまだに強カードに近い殲滅力を誇る。軽だと思って甘く見てると痛い目を見ることになる。ちなみに遠射持ちの「剛勇」は全カード中この太史慈のみ。
張良 知力以外の数値が諸葛亮よりも下がるが、特技は多い。八陣使いでコスト7なので高コス主力との編成を組みやすい点が〇。
夏侯淵 7コス軽弓では太史慈との2択。こちらは威力では劣るが全兵撃かつ広射程。耐久性は低いので基本は後方からの遠射で。



6コス
【槍】
?艾 かつてのコスパNo.1武将だが昔の話。メインの戦場より速度を生かしての遊撃役となるか。
【弓】
丁奉 山越黄蓋がいれば必要ないが、好調でなくても「猛攻」でその攻城力は健在な武将。相手を押し込める強い前線役がいれば役に立つ。
呂蒙 丁奉と並んで軽兵科では最も低いコスト(UC馬鈞は実用レベルではないので除く)での遠射+攻城もち。知力も十分。「攻防一体」の分丁奉よりは若干野戦向けになるか。



5コス
【弓】
張任 好調時ならLv2で武力90になるのが大きい。「遠射兵撃」使用でも現状物足りなく感じるが5コスなら納得。


最終更新
2017-11-01 (水) 16:57:11 (17d)
HTML convert time
0.029 sec.
edit