Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

サムライスピリッツ零スペシャルWiki

settings

羅刹丸

羅刹丸ってどんなキャラ?   部分編集

  • 覇王丸のコンパチキャラ。
  • 通常技は、同じものもあるがアレンジされているものも多く、覇王丸と違い一発の大ダメージより小技を中心にダメージを取るキャラである。
  • 最大の売りは武器飛ばし技「天覇断空烈断」。この技で武器を飛ばした後、素手の相手をなぶるように倒すのが必勝パターンとなっている。
  • 「死祟」を使えば自分から怒れる。
  • ただ、肝心の怒り持続時間が短め(炎邪と同じ8秒)。短い怒り時間でいかに武器飛ばしを叩き込めるかが勝負となる。


コマンド&基本データ   部分編集

  • 旋風裂斬・刹 ↓\→+斬り(※)
  • 剛破 →↓\+C
  • 旋風破 ↓\→+C(※)
  • 凪刃(なぎやいば) →↓\+斬り(※)
  • 死祟(したたり) ↓/←+C(※)
    武器飛ばし必殺技
  • 天覇断空烈斬 ↓\→+CD(※)
    絶命奥義
  • 臓腑抉り ↓/←+CD(※)
    (※)武器が必要

防御力:110%
怒り時間:8カウント


具体的に何すればいいの?   部分編集

近距離   部分編集

  • 2C
    いわゆる小足。
    発生5F、ヒット時+1F、ガード時-4Fと中々優秀な技。
    連打も効くので、近寄ってくる相手を止めるのに使える。
  • 近中斬りor遠しゃがみ中斬りor近しゃがみ中斬り
    キャンセル剛破がコンボになるので、近距離でもつれた時や相手の隙にはこれを狙っていきたい。
    特に近しゃがみ中斬りは発生5Fと出が速いので、積極的に使っていこう。
    剛破ヒット後は、怒っていれば迷わず武器飛ばし技を決めよう。怒ってなければ大追い打ちが確定するぞ。
  • 近強斬り
    強斬りにしては発生が速い二段技で、後半をキャンセルできるのが特徴。
    キャンセル剛破がコンボになるので、大きな隙にはこの技を叩き込もう。
    一段目は足元に攻撃判定があるので伏せ潰しにもなる。
    当然ながら外したりガードされると隙は大きい。
  • (ダッシュ)投げ
    覇王丸と同じく6CDの隙が少ないのが強み。
    ダッシュ弱斬りや武器飛ばしと合わせて使っていこう。
    投げスカが覇王丸よりも若干長い点に注意。
    羅刹丸は4CDで画面端に投げた後でも小追い打ちが確定する。素手で投げた後も(4CDの場合は少し近づいてから)確定するので、こちらはとどめを刺すときに利用しよう。
  • 凪刃
    構えを取り、構え中は相手の接触に反応して攻撃が出るという特殊な技。
    構えの出掛かりに上半身無敵、攻撃の出掛かりに完全無敵があり、技読みのカウンターとして使える。
    外したりガードされると隙が大きく、構えモーションの後半が一応カウンター扱いなので、もし使うなら相手の行動を読みきった時にしよう。
    ヒット後は、ダッシュで近づき急停止からの小追い打ちが確定する。
  • 天覇断空烈断
    武器飛ばし技。発生5F、完全無敵1〜4F、膝下完全無敵5Fと非常に高性能。
    発生の速さを活かして相手の隙に差し込む、もしくはコンボに組み込んだり、無敵を利用して投げとの二択をかけるのが主な使い方。
    外したりガードされると強斬りが余裕で確定するという欠点もあるが、それを差し引いても優秀な技なので、怒り中は積極的に狙っていこう。
    画面端ならヒット後に小追い打ちが確定する。

中距離   部分編集

  • 遠中斬り
    牽制技としてそこそこ強力。
    覇王丸と異なりキャンセルがかかるのがポイント。
    余程先端当てではない限り剛破が繋がるため、中距離での主要なダメージソースとなる。
    牽制技からコンボにいけるキャラは少なく、この技がヒットしたあとに確実にコンボを入れられるかが勝利への鍵となる。
  • 旋風烈斬・刹
    覇王丸と異なり、ちょっぴり上に曲がるのがとても嫌らしい。偶然対空になってくれることも。
    また、ヒット時に浮いたときは覇王丸と異なり追撃可能となっている。怒っていれば武器飛ばし技が入るぞ。
    一応、浮いた敵をぎりぎり低空で拾うと地上くらいになり、最大コンボを決めることができる。が、実戦ではそこまで無理する必要はないだろう。
  • 剛破
    先端当てで-5F〜と先端の持続を当てると振りも少なくやや投げ間合いからも離れるため反撃を受けにくい。
    攻撃しながらの接近として使える。もちろんヒットしてたら大追い討ちか武器飛ばしを入れよう。
    先端当て出来る間合いは画面がズームインからズームアウトに切り替わる間合いなので視覚的に分かりやすい。
    素手の場合、総フレームが5F短くなる。

遠距離   部分編集

  • 遠強斬り
    斬鉄閃のパクリ。
    斬鉄閃と比べて発生が遅く、威力も低めとかなり微妙な性能だが、遠距離での反撃には使わざるを得ない局面もある。
    一応、「総フレーム数が斬鉄閃より少なく、終わり際にキャンセルポイントがある」「空振りしても剣気がゼロにならない」といった利点もある。
  • 旋風烈斬・刹
  • 死祟
    自ら傷をつけ、ダメージを負う代わりに強制的に怒りゲージをMAXにする。
    羅刹丸は武器飛ばし技が強いから迷わず使うべき…といいたいところだが、なにぶん自分へのダメージが高すぎるので、迂闊に使うと自分の首を絞めかねない。貯めたゲージで武器飛ばし技を決めてトントン、決められなかったら大損である。
    そのダメージは固定36。外道の烙印が固定48であることを考えるとそのダメージの高さがわかるかと思う
    成立するまで74Fもかかるので、相手に簡単に止められてしまうのも悩ましいところ。
    残り時間1秒の時点で使うと時間切れコール中に発動し、次のラウンドを怒り状態で開始できる。
    ちなみに自分の体力が35以下なら残り1ドットで生き残るが、残り体力が固定ダメージの36ぴったりだと生き残らずに死ぬ。
    「たまんねえなぁ…!」と自分を斬った瞬間に勝負あり!のコールが流れ、羅刹丸自身は倒れたり膝崩れもせずに立ちモーションで大往生。これには羅刹丸さんも苦笑いである。

ダッシュからの攻め   部分編集

  • ダッシュC
    下段のスライディング。発生が早く持続が長いので、咄嗟の反撃や近づいてきた相手に引っかけるなどの使い方が有効。
    ヒット後は小追い打ちが確定する。
    ガード時の隙が大きく、特に密着でガードされると強斬りを食らうので多用厳禁。
  • ダッシュ弱斬り
    ダッシュパンチ。出が早くリーチも長め。持続もそこそこ長い。
    ヒット時有利でガードされても隙が少ないので、先端を当てるように使えば牽制やダッシュ投げの布石として機能する。
    背面食らいなら先端当てでない限り武器飛ばしが繋がる。使う機会は少ないがネタとして知っておこう。
  • ダッシュ強斬り
    発生が7Fと速く、振り上げた刀の先まで攻撃判定がある。
    反撃、4Dやジャンプ逃げ読みに使える。
    画面端で当てた(届かないなら歩いてから、もしくはダッシュ急停止後)、もしくは空中食らいでダッシュ急停止後に届く距離なら小追い打ちが確定する。
    横への攻撃範囲が狭く、ガードされると強斬りがほぼ確定する点に注意。
  • ダッシュ投げ

ジャンプからの攻め   部分編集

  • ジャンプC
    発生が速めで横に判定が強い。持続もそこそこ長い。
    咄嗟の空対空やバックジャンプのリカバリーなどに使える
  • ジャンプ強斬り
    兜割り。下に判定が強く、空対空や飛び込むときの押さえ込みとして非常に有効。
    覇王丸のものと比べると、威力が低い代わりに発生が速いという若干の違いがある。

対空   部分編集

  • (逃げ)ジャンプ強斬り
    覇王丸同様、これが大本命。
  • 5C
    炎邪や火月などには咄嗟の対空として使える。
  • (ダッシュで潜ってから)ダッシュ強斬り
    ジャンプ頂点で小雨で浮いてる閑丸も落とせるので、潜れれば信頼できる対空手段になる。
    空対空の振り合いに負けそうならこれ。

境地はどう?   部分編集

境地ゲージの変換率は悪い。
一応、境地中に剛破を当てれば爆発抜け不可のコンボを叩き込めるが、そちらにまわすと武器飛ばし技が使えない…。
基本的に怒り爆発にかけたほうがよいだろう。

連続技   部分編集

  • 遠中斬り(先端当て以外)or近中斬りor遠しゃがみ中斬りor近しゃがみ中斬り>剛破>大追い討ち
    基本コンボ。
    牽制として出した遠中斬りが当たる瞬間に剛破を仕込んでおくと、中斬りがヒットしていたら剛破が繋がり、ガードされていたら弾かれモーションが出る。
    上記のやり方で当てにいくよりも当たっていたらコンボになるというように出せばダメージソースを増やせる。
  • 近強斬り>剛破>大追い討ち
    基本コンボのダメージアップ版。
    しゃがみ強斬りだと相手が転倒するので、確定状況ならばきちんと立って強斬りを振ろう。
  • 上述始動>剛破>武器飛ばし>(画面端なら)小追い打ち
    怒っているならこれ。ヒット確認など容易なので確実に決めたい。
  • 近中斬りorしゃがみ中斬り>凪刃>ダッシュ急停止後小追い討ち
    少しでも離れると凪刃が発動しないため安定度に欠けるが、中斬り始動剛破大追い討ちよりもダメージが高い。
  • 旋風烈斬・刹>大追い討ちorジャンプ強斬りor武器飛ばし
    旋風烈斬・刹が当たったら決めていきたい。ジャンプ強斬りが空中でスカっても着地後に大追い討ちが入ることが多いので、とりあえず当たったらジャンプ強斬りをしておくのも手。
    その場合は剣気が減っているので大追い討ちのダメージは減少する。
    怒っていて武器飛ばしの間合いに落ちてくるようなら断空烈斬を入れても良い。

ネタコン   部分編集

  • 旋風烈斬・刹>相手地上間際で近強斬り>剛破〜
    旋風烈斬・刹で巻き上げた相手を地上間際で攻撃を当てると地上食らいになる。
    どの強さで旋風烈斬・刹を当てたかで落ちてくるタイミングも違うため、安定しない上に猶予が厳しい。
    ジャンプ大斬りを地上間際で当てても地上喰らいになるため、もし入ったら深当てから大ダメージ。
  • 旋風烈斬・刹>凪刃>ダッシュ急停止後小追い討ち
    凪刃の間合いに落ちてくるようなら。ややタイミングが難しく、ダメージは高いが安定しない。
  • 大旋風烈斬・刹>ダッシュ裏周り凪刃>大追い討ち
    大旋風烈斬・刹が当たると確信して前ダッシュか、旋風烈斬・刹を出してダッシュで距離を詰めてたら当たっていた場合に。
    威力は高いが、そもそも旋風烈斬・刹が当たることが少ないのでネタコン。
  • 旋風烈斬・刹>剛破>大追い討ち
    剛破の分だけ威力微増。それだけ。
  • 素手剛破>剛破>大追い討ち
    素手なら先端当てから再度剛破が繋がる。
    コンボよりも素手時は剛破の使い勝手が良くなることを片隅に覚えておくと良い。

武器拾いキャンセル   部分編集

羅刹丸は武器拾いのモーション全てを必殺技でキャンセル可能。
武器の上で236Aとやると拾いモーションなしで旋風烈斬・刹が出せる。
怒っているなら23A6CDと入力すれば武器飛ばしもノーモーションで発動可能。
もちろん普通に拾ってから入力しても良いが、その分出は遅くなる。
この武器拾いモーションは一閃でもキャンセル可能である。

覚えておきたいフレームデータ   部分編集

  • 2C
    発生:5F 持続:4F ヒット時:+1F ガード時:-4F
  • 遠中斬り
    発生:15F 持続:6F ガード時:-9F(弾かれ) キャンセル:15〜20F
  • 近強斬り
    初段発生:12F ガード時:-21F(弾かれ) キャンセル:24〜25F
  • 遠強斬り
    発生:25F ガード時:-21F(弾かれ) キャンセル:1〜8、58〜63F
  • ダッシュ弱斬り
    発生:5F 持続:7F ヒット時:+3F ガード時:-10F
  • 剛破
    発生:15F 持続:9F ガード時:-14F
  • 凪刃
    発生:15F 持続:21F ガード時:-21F 総フレーム:52F(状況によって発生Fなどが変動)
    1〜11F:上半身無敵、12〜52F:カウンター判定、発動後1〜6F:完全無敵
  • 天覇断空烈断
    発生:5F ガード時:-48F
    1〜4F:完全無敵、5F:膝下完全無敵
最終更新
2017-11-01 (水) 16:56:44 (18d)
HTML convert time
0.068 sec.
edit