Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

サムライスピリッツ零スペシャルWiki

settings

千両狂死郎

千両狂死郎ってどんなキャラ?   部分編集

  • 豊富な中下段、リーチの長い牽制や豊富な対空手段を持ち、攻めても守っても強いキャラになっている。
  • 欠点は、機動力が低いので相手を追う展開になると厳しいことと、技の隙が全体的に大きく反撃を受けやすいこと。
  • クセはあるが基本的に難しい操作は無いので、初心者にもおすすめできるキャラだ。

コマンド&基本データ   部分編集

  • 火炎曲舞 ←↓/+斬り
  • 回天曲舞 →↓\+斬り(※)
  • 蝦蟇地獄 ↓/←+C
  • 跳尾獅子 ↓/←+AorB(※)
  • 跳尾獅子・乱心 ↓/←+AB(※)
  • 血煙曲輪 ジャンプ頂点で↓+斬り(※)
  • 大津波 ↓\→+斬り
    武器飛ばし必殺技
  • 荒事師狂死郎"血肉の舞" ↓\→+CD(※)
    絶命奥義
  • 独壇場"鬼の舞" ↓/←+CD(※)
    (※)武器が必要

防御力:105%
怒り時間:10カウント


具体的に何すればいいの?   部分編集

近距離   部分編集

  • 2C
    小足。発生が速いので近距離で振る技として使えるが、当てても-6Fの不利があるので、密着状態で出すとガードの有無に関わらず投げられることがある。
  • 3C
    下段の足払い。近距離で当てた後は(少し近づいてから)小追い打ちが確定する。
    後述するバックステップ血煙曲輪の対の択として使える。
    ガード硬直はそこそこあるが、蝦蟇地獄よりは遥かにローリスク。
  • 5C
    発生そこそこ速く(9F)、持続が長い(10F)。それでいて判定も強い。
    置いておくように出せば一部の攻撃、投げ漏れの6CDなどを潰せる。
    ガードされても当てても不利(ガード時-19F、ヒット時-6F)で、ガード時は特に長い。なるべく持続部分を当てるように出そう。
  • 遠弱斬り
    発生が7Fと速く、柄の部分に食らい判定がない。
    近距離での牽制や相手の技を潰すのに使える。
    当てても-9Fと長めの不利があるので、頻繁には使えない。
  • 近しゃがみ弱斬り
    発生5F、ヒット時5F有利、ガード時五分、モーションの後半をキャンセルできる、このゲームでは破格な性能の小技。
    至近距離に詰め寄られて困ったらとりあえずこれを連打したり、当ててから投げ返したり二択をかけたりしよう。
    連打しすぎると遠しゃがみ弱斬りに化けるので程々に。
  • 遠しゃがみ弱斬り
    弱斬りにしてはリーチが長く、発生が速いので近〜中距離での牽制として使える。
    ガードされると長めの弾かれが発生して距離を詰められるので、振りすぎないようにしよう。
    もし弾かれが発生したらキャンセルでのフォローも考えよう。
  • 近強斬り
    発生が早めでダメージも高い。近距離で隙を見つけたらこれを叩き込もう。
    4Dを潰せることもある。ただし、伏せには当たらない。
  • しゃがみ強斬り
    滅多に使う機会がないが、一部のキャラにはコンボの起点になる。
    コンボの内容は連続技の項目が詳しい。
  • (ダッシュ)投げ
    「投げ間合いが狭い」「ダッシュが遅い」「投げ漏れの6CDの性能が悪い」「投げスカが長い」と投げ性能は良くないので過信は禁物。
  • 火炎曲舞
    炎を吹く技で、発生は遅いもののガードさせればそこそこ削れる。弱ならガードされても隙が少ない。
    出てしまえば判定も強めで、攻撃が終わる前に反撃しようとすると巻き込まれたり、炎邪など一部キャラの飛び込みなら落ちたりする。
    主に弱を前転起き上がりに重ねて起き攻めに使う。裏回られたり、後転起き上がりに重ねると隙だらけになってしまうので、よく見てから出そう。
    右京やシャルロットなど、発生が速くリーチが長い技を持つキャラには、弱だろうとガード後に反撃を受けるので注意。
  • バックステップ血煙曲輪
    バクステ血煙とも呼ばれる。
    コマンドは←N↓N←+斬りor←←↓+斬り。前者は最速で出せる代わりにニュートラルを挟まないと火炎曲舞に化けるので、最速で出したいなら前者、安定を取るなら後者と使い分けよう。
    最速1Fで出る高速中段。見えない上に判定、威力ともに優れるぶっ壊れ技。
    異常に速い発生を活かした切り返しや、ダッシュ投げ・暴れ・境地潰しとして非常に有効。
    近距離から崩す場合、この技と投げ、下段で択一をかけるのが強い。
    非常に強いが、ガードされるとキャラによっては強斬り確定なので、かなりハイリスクな技だったりもする。
    これを安定して出せれば相手へのプレッシャーがぐっと増すので、是非マスターしよう。
    • 一部のキャラのしゃがみガードorしゃがみには最速でないと当たらないことがある。
      ただし、レラのしゃがみガードorしゃがみ(狼に乗ってる場合は例外)、ミナのしゃがみには最速でも当たらない。
      狼に乗っていないレラには、崩しに使えないと覚えておこう。ミナはしゃがみガードには当たるので、忘れてしまっていいだろう。
      あと、ナコルルは最速だと当たるが、攻撃をガードさせた後だと当たらないので注意。

中距離   部分編集

最も得意な間合いなので、この間合をキープするように立ち回ろう。

  • 不意打ち
    発生20Fの中段。
    少し前方にジャンプしながら出すので見た目以上にリーチが長く、蝦蟇地獄の存在のおかげでガードされづらいのが強み。
    ガード時も-13Fなので強斬りクラスは間に合わず、距離と相手にもよるが、それほど痛い反撃は食らわない(素手時は-23Fと長め)。
    ローリスクローリターンな選択肢といえる。
    崩しの他、一部の技を飛び越して当てることもできる。
  • 蝦蟇地獄
    蝦蟇を呼び出して舌でキャッチする技で、リーチが長い下段。
    出掛かりのモーション(一瞬小ジャンプする)が不意打ちと似ており、分かっている人ほど立ちガードして食らってしまう。
    ダメージも大きく、大追い打ちまで決めれば強斬り並かそれ以上のダメージとなる。
    しかしガードされると非常に隙が大きく、ジャンプ深当てや6Dからの背後コンボなど大ダメージは必至で、非常にハイリスクハイリターンな技となっている。
    下段として使う以外にも、特定の技をかわしつつ当てることも可能。
    発生保障があり、キャッチした後なら飛び道具に当っても技が成立する。
    蝦蟇の舌は飛び道具扱いのようで、飛び道具と相殺することに注意。
    ちなみに素手時にも出せる。不意打ちともどもダウンを奪えるので、武器を拾いにいける。
  • 遠しゃがみ弱斬り
    近距離と同じ。
  • 遠中斬り
    リーチが非常に長く、大抵のキャラを一方的に突くことができる。
    遠しゃがみ中斬りと合わせて使えば、弾かれづらい優秀な牽制になる。
    相手が低姿勢だと当たらないので注意。特にナコルル、レラ、リムルル、ミナ、閑丸、破沙羅、雲飛、半蔵、ガルフォード、天草はしゃがみガードされるだけで当たらない。
    連打してると前転などで対応されたり、ガードされたときの弾かれが長くキャラによっては反撃を差し込まれるので、それなりの頻度で使っていこう。
  • 遠しゃがみ中斬り
    非常にリーチが長い下段。下段なので弾かれない(白刃取りはされる)。
    こちらは蝦蟇と違って比較的気軽に振ることができる。
    二択攻めというよりは、牽制的な意味合いが強い技である。
    遠中斬りと同じく弾かれが長いことと、総フレームが長めでジャンプが鋭いキャラに避けられると危険なことに注意。
  • 遠強斬り
    リーチが長く発生も速めな二段技で、反撃技として優秀。
    遠中斬りと似たようなモーションだが、こっちは一段目なら伏せなどの低姿勢でも当たる。
    一段目のダメージが低いので、爆発抜けされると残念なダメージになることがある。
    牽制としても使えるが、ガード時の隙はさすがに大きい。
  • 跳尾獅子
    薙刀を地面に突き刺してからしならせ、その反動で炎を纏いながら蹴る技。
    優秀な削り技で、弱は最大4回、中は最大7回削れる。体力がミリ残りのときは、これで削り殺しを狙うのもありだ。
    削りきれないと大きな隙を晒すので、どれくらい削れるかを把握しておこう。
    削り以外にも、一部の技を避けつつ当てることができる。
    出始めに上半身無敵、弱にのみほんの少し完全無敵があるが、これを狙って出す技ではないだろう。
    相手が低姿勢だと当たらないので注意。特にナコルルとレラはしゃがみガードされるだけで当たらないので覚えておこう。一応ガードしてないしゃがんだだけのミナにも当たらない。
  • 跳尾獅子・乱心
    通常版より発生が遅いが出掛かりに長い完全無敵があり、結構な距離を移動する。ガードさせれば最大7回削れる。
    浮きながら移動するので、届けば十兵衛の強水月刀などを見てから潰すことができる。
    奇襲としても使えるが、ガードされたり外すと蝦蟇地獄を上回る隙が発生する。
    相手が低姿勢だと当たらないのも同じ。
  • 荒事師狂死郎"血肉の舞"
    武器飛ばし技。薙刀を担ぎ、ぐるぐる回りながら突進する。
    跳尾獅子よりもさらに優秀な削り技で、最大18回も削ることができる。
    とどめの一撃として最適だが、跳尾獅子と同じく削りきれないと大きな隙を晒してしまう。こちらも削れる量を確認しておこう。
    また、出始めに空中判定があるので、噛み合えば投げや一部の技がスカることもある。
    ヒット後のポーズは移動でキャンセルでき、画面端なら大追い打ちが確定する。

遠距離   部分編集

  • 大津波
    津波を飛ばす飛び道具。素手でも出すことができ、硬直が少し短くなる。
    遠距離での牽制や、弾かれor後転キャンセルで出す技として使えるが、硬直が長めかつ6Dで簡単に跳び越されることに注意。

ダッシュからの攻め   部分編集

  • ダッシュ中斬り
    発生20Fの中段。
    発生前と攻撃終了後にキャンセルポイントがあり、それを利用して蝦蟇地獄との二択を迫れる。
    終わり際にキャンセルポイントがあり、ガードされてもキャンセル必殺技である程度リカバリーできる。とは言え、読まれると手痛い反撃を受けるので注意。
  • ダッシュ強斬り
    ダッシュからの反撃や4D読みに。画面端でヒットした後は小追い打ち確定。
    見た目の攻撃範囲は広そうだが、腰の高さ辺りの刃先にしか攻撃判定が無い。空中の相手に当てづらく、伏せられると当たらない。
    ガード時の隙は大きい。
  • ダッシュC
    下段のスライディングで、発生が3Fと非常に速い。ヒット後は小追い打ち確定。
    咄嗟の反撃や、ダッシュしてくる相手を追い返したいときに。
    リーチが短く、ガード硬直が長め。ダッシュが遅いのも相まって、過信はできない。
  • ダッシュ投げ
    前述の通り投げ性能が良くないので、二択を警戒する相手にたまに使うくらいか。

ジャンプからの攻め   部分編集

  • ジャンプ強斬り
    めくりを狙える。めくりヒット後は後述の蝦蟇地獄・武器飛ばし・絶命奥義に繋げることができ、リターンがかなり大きい。
    相手の行動を読むなりダウン起き上がり中にジャンプを出すなりして、めくれる位置につこう。実戦投入するなら要練習だ。

対空   部分編集

  • ジャンプ弱斬りor素手ジャンプ斬り
    リーチはかなり短いが、発生が速く持続が非常に長いのが特徴。
    至近距離での空対空に使える。
  • ジャンプ中斬り
    斜め下にリーチが長く、刃先に食らい判定がないのが強み。
    空対空や迂闊なジャンプのフォローに使える。
  • ジャンプ強斬り
    発生が速く、下への判定が強く、刃先に食らい判定が無いと非常に高性能。
    登りで出せば発生威力ともに優秀な対空技になる。
    狂死郎はふんわりジャンプなので、閑丸や右京などの一部キャラにはバックジャンプ以外で当てると反撃確定なシーンがあることに注意。
    横への範囲が狭めなため、空中制御できる相手にスカされる恐れもある。
  • ジャンプC
    横に判定が強く、膝下には食らい判定が無いのが売り。
    この技も空対空として使える。
  • 5C
    炎邪や火月などの咄嗟の対空に。
    普通の対空にもまずまず使える。
  • 遠中or強斬り
    遠距離からの飛び込みはこれで落とせる。
    判定の強いジャンプ技を先出しされると負けやすいので注意。
  • しゃがみ強斬り
    頭上を薙ぎ払う技で上に判定が強く、空振ってもキャンセルでリカバリーできる。
    対空として信頼できるが、反応遅れや同時押しミスからのしゃがみ食らいは致命傷に繋がる。
    下に判定が強い技とかち合うと、相打ちもしくは一方的に負けることがある。
  • 弱〜中回転曲舞
    薙刀を担ぎ、回りながら真上に飛び上がる。
    発生が速く判定も強い優秀な技で、普通の対空はもちろん、近距離での空中制御を落とすこともできる。
    ダッシュ中斬りガード後or大追い打ち失敗からのリカバリーとしても使える。
    外したときの隙が大きいことと、判定が強い技を先出しされると負けやすいことに注意。
  • 強回転曲舞
    こっちは移動範囲がかなり広く、中〜遠距離での空中制御を当てることができる。
    主に早出しで使うが、発生が速めなので見てからでも使えなくもない。
    当てても外しても目を回すためスカすと危険で、当てても有利時間が少ない。
  • 血煙曲輪
    普通に使っても優秀な空対空になる。
    ジャンプの頂上付近でないと出ないので注意。
  • バックステップ血煙曲輪
    下に判定が強いジャンプ攻撃を持つキャラ以外には、対空としても使える。
  • 荒事師狂死郎"血肉の舞"
    キャラによっては対空にもなる。
    ジャンプがふんわりしているキャラならバックジャンプなどにも当てることができる。

境地ってどうよ?   部分編集

境地ゲージの変換率は普通。
境地ならではのコンボもないわけではないが、怒りにゲージを回すのがおすすめ。武器飛ばしが強く、二択のプレッシャーを増やせる。
境地ゲージを貯めてなくても、最後のとどめに投げ・バクステ血煙・蝦蟇地獄で択を迫るのがかなり強いので、頭の片隅にでも置いておこう。

覚えておきたいフレームデータ   部分編集

  • 遠しゃがみ弱斬り
    発生:8F ガード:-12F(弾かれ)
  • 遠中斬り
    発生:13F ガード:-18F(弾かれ)
  • 遠強斬り
    初段発生:15F ガード:-26F(弾かれ)
  • しゃがみ中斬り
    発生:12F ガード:-18F(弾かれ)
  • 不意打ち
    発生:20F ガード:-13F(素手時:-23F)
  • 蝦蟇地獄
    発生:17F ガード:-73F

基本戦術   部分編集

中距離でチクチク牽制し、隙を見て不意打ちと蝦蟇地獄の二択を仕掛ける。
相手が近寄ってきたら遠しゃがみ弱斬りで牽制。それでも強引に近づいてくるなら、近しゃがみ弱斬りなりバックステップ血煙曲輪なりで押し返す。
横押しを嫌がってジャンプで飛び込んできたら、ジャンプ強斬りやしゃがみ強斬りなどで落とす。

基本はこんな感じだろう。
首尾良く体力のリードを取れたら守りに入ってもいいし、そのまま普通に立ち回ってもいい。

連続技   部分編集

  • 近距離 3C→(少し近づいてから)小追い打ち
  • 画面端 ダッシュ強斬り→小追い打ち
  • ダッシュC→小追い打ち
  • 蝦蟇地獄→(遠い場合は近づいてから)大追い打ち
    大追い討ちが繋がる猶予はシャルロットのみ7F、他のキャラは5F。
    大追い打ち失敗の隙は必殺技や弾きでキャンセルできるので、外してもある程度リカバリーできる。
  • 画面端 跳尾獅子・乱心→小追い打ち
  • 画面端 荒事師狂死郎"血肉の舞"→キャンセル 大追い打ち
  • 背面 遠強斬り→(届く距離なら)遠中斬りorしゃがみ中斬り
  • 深当てor背面 ジャンプ強斬り→蝦蟇地獄→大追い打ち
    深当て始動は大きい隙(六道失敗や円心スカりなど)用、背面はめくったときのコンボ。
  • 深当てor背面 ジャンプ強斬り→荒事師狂死郎"血肉の舞"or独壇場"鬼の舞"

キャラクター限定連続技   部分編集

  • 背面 しゃがみ強斬り→キャンセル 蝦蟇地獄→大追い打ち
    骸羅、斬紅郎、外道には安定して入る。
    4CDを武器拾いでキャンセルしたときは狂死郎、右京、骸羅、十兵衛、斬紅郎、シャルロット、タムタム、雲飛、外道、我旺、ミヅキのみしゃがみ強斬りが当たるのでコンボになる。
  • 背面 しゃがみ強斬り→キャンセル 荒事師狂死郎"血肉の舞"
    入るキャラは上と同じ。

小ネタ   部分編集

  • 武器拾いキャンセル
    システム解説でも述べた通り狂死郎の武器拾いは開始4Fをキャンセルできる。
    なので、例えば621Aと武器の上で入力することで武器を拾うと同時に必殺技を出せる。
    ただし大津波など素手でも出せる必殺技だと同時にはできない。
    武器拾いキャンセルから上記の技を出したい場合は23A6Aみたいにずらして入力する必要がある。Aボタンを使わない必殺技も同じ要領で出せる。
    何故か一閃でもキャンセルが効き、境地発動から武器拾いキャンセル一閃なんて芸当もできる。
最終更新
2017-11-01 (水) 16:56:42 (21d)
HTML convert time
0.049 sec.
edit