Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

サムライスピリッツ零スペシャルWiki

settings

初心者向けキャラ別対策

初心者向けキャラ別対策   部分編集

「○○ってキャラ、強すぎ! ツンダクソゲー!」
怒りたくなる気持ちはわからなくもないが、ちょっと待った。
このゲームはバランスと残虐演出を重視して作られている。
確かに相性的にキツい組み合わせはあるが、それでもしっかり対策を練ればなんとかなることがほとんど。
ここでは、キャラ別にポイントを絞って対策を書いていく。

<追記>
色々あって初級者向け特化wikiじゃなくなったので、中級者以上にも役立つ対策ありましたら追記オナシャス


覇王丸   部分編集

  • 地上では痛い・早い・長いと3拍子揃った斬鉄閃に押され、飛べば判定の強いジャンプ強斬りで落とされ、投げ合いになると全キャラ中随一の隙がない飛び込み(6D)がウザい。
  • 一番まずいのは斬鉄閃先端間合いでうろつくこと。覇王丸側に何もリスクが無いため、斬ってくれと言っているも同然である。ガンガードでいこう。そこからタイミングを読まれないようにダッシュや前ジャンプで近づくか、一旦バックジャンプで間合いを離す。垂直ジャンプ強斬りで斬鉄閃を潰せるキャラなら垂直ジャンプ(着地際に強斬り)で様子見してもいい。「見てから斬鉄閃弾いてやるぜ!」とかやりだすとドツボにはまるのでやめた方がいい。それに神経を集中するなら、斬鉄閃が使いづらい間合いに移動するほうが楽だし勝てる。
    • 斬鉄閃はガード時に28フレームも有利となる(弾かれキャンセルは可能)。発生がそこそこでリーチの長い強斬りを持っているキャラであれば、ガード後に反撃を試みよう。反撃技がないキャラも、間合いを詰めるチャンスなので、ガード後にダッシュで近づくのも手。これをやっておくと覇王丸側も弾かれキャンセルで技を出したり、斬鉄閃を自重せざるを得なくなる。
      また斬鉄閃空振り時は剣気ゲージが0になるため、空振りしたら少しの間は投げ以外の脅威が減る。
  • ジャンプ強斬りは、判定が強いのは確かだが、リーチはさほどではない。横に長いジャンプ攻撃を持っているのであれば、ちゃんと先端を当てれば一方的に勝つことも可能。いつも喰らってしまうようなら動きを読まれている。冷静になろう。
  • 飛び込みからの投げは、反応して投げ返せればベストだが、自信がなければこちらもD行動で避けるのも手。これはこれで反射神経を問われるが、投げをかわしてしまえばある程度の隙はある。また、避ける際は2Dが投げを誘いやすい。

ナコルル   部分編集

  • 遠距離では比較的ガードさせて問題の無いアムベ ヤトロ(鷹飛ばし)をしてくると思うので大人しくガードか垂直ジャンプ等で避けながら歩いて前に出よう。走るとアンヌ ムツベ(下段突進)等を出された場合ガードし難いため。
    一応、上段鷹飛ばしには前転で潜ってからの必殺技が一部のキャラで確定する。下段鷹飛ばしは下に強い判定のジャンプ攻撃で反撃ができる。
  • 近距離〜中距離はまずダッシュ投げを警戒。非常に足が速いので難しいが避けるなら4Dがベスト。ちなみに4CDと入力すれば投げも仕込めるのと投げ以外の行動にも強くオススメだ。
  • 後、迂闊なジャンプには相手側の登りジャンプ強斬り(通称アイヌアッパー)が強いので基本的には地上から攻めよう。

徳川慶寅   部分編集

真鏡名ミナ   部分編集

  • 初心者キラーの代表格。2Bによる下段射撃連発で近づけず、飛べば立ちA・B、しゃがみ強斬り等で落とされ、スンガン中段でガードを崩され何もできずに負けてしまう……。
  • コツはとにかくガードしながら「歩く」こと。決して前ジャンプやダッシュで近づいてはならない。ある程度近づいたら2Bが機能しなくなるので、そこまで近づいたらはじめてジャンプ攻撃を仕掛けてOK。
  • 一番まずいのは前ジャンプを矢で落とされるケース。スンガン2ストックが確定となり、一気に不利となる。
  • 6Dを出せば2Bを回避しつつ近づけるが、読まれて遠立強斬りを出されると痛い上にダウンさせられる。ただ遠立強斬りは硬直が大きいためガードすれば大きく近づける。このへんは読み合い。
  • スンガンは、慣れれば見てからガード余裕。コツは、上から降ってくる矢に反応するのではなく、ミナのモーションをよく見ること。
  • 切り替えしによく使われるシニマブイの嘆き・中もしくは大は、見てから前転で避ける。直接反撃はできないが、間合いが詰まるのでミナ側としてはかなりつらくなるはず。
  • 主なダメージソースは、投げとジャンプ攻撃になると思われる。ジャンプ攻撃一発でもミナの防御力がアレなので致命傷になる。ミナのジャンプ攻撃後は多少「跳ねる」ので、降り際をバッサリ斬ろう。ちなみに着地硬直はほとんどないので空中にいる間に斬ってしまうのが手っ取り早い。

橘右京   部分編集

  • 3フレームの燕返しに5Fの小足。見えるわけがない。おまけに病人とは思えない高速ダッシュ。なんなんだアンタ。
  • 実は燕返しはそんなに減らないことに注目。しかもガードできれば全キャラ強斬りくらいは確定する。実は右京側も死ぬ思いで繰り出している。
  • 小足からの燕返しはもうどうしようもないが、繋ぎをミスってくれれば前述のとおり強斬り確定。つまり打撃に限っては立ちガードが基本となる。
    右京側もそれは分かっているので、うまい人ほど燕返しは多用せず、小足連打→ダッシュ防御崩しなど、リスクを避ける選択肢をとってくる。だがローリスクとはいえ読み合いに持ち込めれば勝機はある。
  • 牽制の小・中斬りをあまりにも多用してくるなら、たまに弾く。強斬りを食らわない限り、リスクリターンは釣り合っている。
  • 雑にならないこと、右京側にリスクを負わせる(意識させる)ことが重要。
  • 右京は操作が忙しいため、プレイヤーの負担も無視できない。忙しくなってくると昇りツバメ失敗とかもありうるので、ミスにはちゃんと反撃を。

リムルル   部分編集

劉雲飛   部分編集

妖怪腐れ外道   部分編集

  • 前転からの烙印は1フレームから5フレームまで完全無敵、15フレームまで打撃無敵、16フレームにはキャンセル烙印がだせる。つまり打撃でつぶすのは無理。
  • また、よほど反射神経に自信がない限り、見てから対処は考えないほうが良い。
    • 逆に言えば外道側も前転→烙印はワンセットで入力してくるため、前転した瞬間にこちらがジャンプしていたので烙印中止、ということは無理。別の技を出してきたんならそれは読み。
  • 対策
    • 垂直ジャンプでの様子見を適度に混ぜる。前転してきたらもちろん強斬り。
    • 不意打ち(B+C)を適度に使う。空中判定なので掴まれない(覇王丸とかはダメ)。ガードされるとヤバそうだが、不意打ちはしばらく空中判定のため、投げるためには少し待つ必要がある=烙印を決めたければ立ち烙印を使わなければならないため、そうそう痛い反撃は食らわない。
    • 6Dで前転のスキに背後コンボ狙い。
  • これらを適度に使って前転を抑制し、こちらから攻め込んでいく機会を多く作ることが重要。
  • いずれにせよ烙印を全く喰らわないというのは無理なので、ある程度割り切っていこう。
  • また、身も蓋もないが、外道は右京と並んで最強キャラと目されているので、うまい人と当たったらある程度負け越すのは仕方ない。これまた割り切っていこう。
  • ちなみにCPU外道はなぜか前転をキャンセルして前転を出すことができる。これはプレイヤーverじゃ無理。

牙神幻十郎   部分編集

レラ*   部分編集

千両狂死郎   部分編集

羅刹丸   部分編集

  • 負けるとすれば投げと武器飛ばし技の二択だろう。
  • シンプルゆえに対策もシンプルとなる。怒ったら出来るだけ逃げ、選択肢をガード中心にする。投げを回避or武器飛ばしをガードしたらきっちり最大反撃を入れる。
  • 怒り時間も8カウントと短めなことは覚えておきたい。
  • 武器飛ばし技以外は覇王丸の劣化版に過ぎない。特に遠立ち強斬りは見た目よりかなり弱いので、怖がりすぎないこと。

風間火月*   部分編集

風間蒼月   部分編集

  • 蒼月の通常技、必殺技の性能を知らないと苦労するのでまずは通常技なのだが遠距離立ち中斬りが強い。ガードさせてもそこまで確定反撃は無くリーチも長い上にダッシュ抑止にもなる高性能技。まずはこれに当たらないように歩いて間合いを詰める。
    走ると後述の必殺技に当たる上に発生、リーチ共に非常に優秀なしゃがみ強斬りの餌食になるので絶対に歩くこと。中斬り先端間合いでは弾きも見せると良いが反応の良い相手だと弾きミスにしゃがみ強斬りを合わせられるので単調な弾きはダメ。
  • 続いて必殺技の月光(水柱)。これに関してはガードしたらかなり隙が大きいのでガードして届けば大斬りでOK。ガードしてない場合が持続が長いので終わるまで触らないように。
  • 非常に置かれると面倒な技の浮月(泡)はCPUに使えばきっちり反撃してくる通り実は足の速いキャラならほぼ端から走っても投げ確定ぐらい技の出が遅いので近距離〜中距離では見てから反応したい。勿論、届けば大斬りも余裕で入る。
    足の遅いキャラは面倒だが近ければ発生と同時ぐらいにジャンプ強斬り等で相打ちが取れれば上出来。空中で浮月を喰らってもダウンするだけなので恐れずに叩き斬ろう。
  • 近付いてしまえば近距離技の性能は良くないので体力リードされている場合は強引に投げと崩しに行っても良い。守り切るのが難しい蒼月は投げ返しなどしてくるが実は投げ間合いが狭く投げミス時の硬直が長いので誘って避けられれば大きい。
    上でリードされている時はと書いたように基本はリードしたらしゃがんで待ち。崩しが投げと遅い中段(ダッシュ中斬り)ぐらいしかないので警戒するのはしゃがみ強斬りしかない。各種必殺技には上記の対応で反撃。
  • 境地が非常に強い(登り垂直ジャンプ弱が高速中段になり着地してから攻撃が繋がるため)のでなるべくならゲージを溜めさせないようにして勝ちたい。また小さいキャラには登り垂直ジャンプ弱斬りが当たり難いのでしゃがみ安定
  • 長くなったが突き詰めると遠距離中斬りは基本ガードで間合いを詰める。一番喰らってはいけないのがしゃがみ強斬り月光(水柱)なのでじりじりしゃがみガードしながら歩いて近付き何か技を洩らしたら反撃して待つという立ち回りが望ましい。

炎邪   部分編集

  • ミヅキと並んで最弱キャラ……のはずなのだが、使っているプレイヤーがうまい人が多く、実戦値が妙に高いキャラである。
  • とにかくまず見るものはジャンプ。これに尽きる。ジャンプ強斬りを度々ガードさせられているようならまだまだ対策不足。
    • まずは対炎邪用の対空技を覚えよう。炎邪は下に強いジャンプ攻撃を持たないため、他のキャラでは簡単につぶされる対空技も、一方的に落とせる場合が多い。覇王丸の立ちCなど、攻撃判定が高めにあってワンボタンで出せる技が理想である。もちろん反応できれば昇龍で落としてもよい。
      全キャラほぼ確実に炎邪のジャンプを落せる通常技があるので、いろいろと探してみよう。余裕があれば出来る限りダメージの高い技での対空をして大きめのリードを取りたい。
  • 次に、炎邪の主力技への最大反撃技を知っておこう。
    • 六道烈火の初段地獄道(スライディング)は、ガード時の隙が非常にでかいのでガード出来たらきっちりと大斬りを入れよう。ちなみに遠立ち中斬り先端ヒット→地獄道は連続技にならないため、きちんとしゃがみガードしよう。
    • 餓鬼道(壁叩きつけ)まで喰らってしまった場合もまだあきらめてはいけない、どれほど優秀な炎邪使いでも100%決められるわけではない。いつでも最大反撃ができるよう心の準備をしておくのが大事。
    • 炎邪のダッシュCは強いのでついつい中斬りで追い払いたくなるが、-6Fとスキが少なく、ほぼ反撃は入らない。むしろ読まれて弾かれるとジャンプ強斬りからのフルコンをもらうので注意。
  • 弾ける斬り攻撃は封印で構わない。弾かれた時のリスクを考えるとそれが一番望ましい。相手の攻めに関して炎邪はダッシュが全キャラ中3,4番目ぐらいに遅いので地上からの投げはまずしゃがみ蹴りの先端等で追い払えるはず。

水邪*   部分編集

服部半蔵   部分編集

ガルフォード*   部分編集

緋雨閑丸*   部分編集

  • 遠距離中斬りの判定が強いため、牽制合戦はやめて弾きを狙ってみよう。閑丸の斬り攻撃はしゃがみ大斬りの下段も含めて全て弾くことができる。
  • 弾きをしてスカッたあとに閑丸が中斬りをして、それをガード出来るようなら弾きを二回連続で入れるとスカ確を狙った中斬りを弾くことができる。
  • スタート狂落は脅威だが自分が一本目を取っていて、二本目は勝つのが厳しいなら二本目にスタート狂落を喰らってしまうのもアリ。喰らってしまえば段数がリセットされた状態で3本目に行ける。
  • スタート狂落をしてくるなら自分が持っている最大の確反を確実に入れていこう。
  • 時間を掛ければ掛けるほど狂落の段数が増えていくので、このラウンドを取るのは無理と判断したら自決して狂落を溜めさせないことも視野に入れておこう。
  • 閑丸のジャンプ大斬りは非常に強いので、空対空をするよりも閑丸のジャンプをダッシュで潜ってしまうのも良い。

柳生十兵衛   部分編集

  • 地上では中斬りキャンセル水月刀、飛びは空対空中斬りで落とされ近づけず、たまにくる不意打ちを食らって体力差が開いていく。どれもスキが少なくて反撃しづらい。
  • まず、うかつに飛び込まないこと。特に十兵衛のジャンプ中斬り先端間合いでは確実に落とされると思ってよい。
  • 水月刀は確かに強力だが、飛び込み(6D)でかわすことが可能。飛び込みの性能が良いキャラならそのまま投げを決めることもできる。毎回中斬りキャンセル水月刀をだしてくるのであれば6Dを意識しよう。1回6Dを出しておくだけでも、十兵衛側が水月刀を出すことを抑制できる。
  • 不意打ちは注意していれば見てからガードできるレベルではある。ただしスキが少ないので、確定反撃技を持っていないキャラの場合、ガードに成功した場合でも様子見(→十兵衛の回避行動などに反撃)という選択を混ぜた方がいい。
  • 心眼刀があるので単調な攻めは禁物。逆に心眼刀を誘ってしまえば痛い反撃を決められる。

首切り破沙羅*   部分編集

花諷院骸羅*   部分編集

シャルロット   部分編集

タムタム   部分編集

壬無月斬紅郎   部分編集

天草四郎時貞   部分編集

  • コイツも初心者キラーとなりうるキャラ。
  • 中距離から中段・下段となる珠をとばしてくるのが実に面倒くさいが、どれも全体モーションがながめ。無理やり近づいて投げてしまおう。天草は近距離で使える技がほとんどないため、2〜3発殴られるのは必要経費と考え、強引に接近戦に持ち込むとあっさり勝てたりする。
  • 打撃無敵が長いワープ技のおかげで、こちらの境地が通用しづらい。普段境地向けとされるキャラであっても、天草に限っては瞑想を捨ててガン攻めするのも手。天草側の境地ためを封じることができ一石二鳥である。

羅将神ミヅキ   部分編集

  • 怒り時の武器飛ばし技には要注意! 長い無敵時間と隙のなさを兼ね備えているので、うかつに手を出すとまず食らってしまう。コツとしては無理に手を出さずガンガードすること。反撃も無理に手を出さないほうがよい。燕返しレベルじゃないと反撃が間に合わない。
  • 他は前転キャンセルコマンド投げに気を付けて、中距離での牽制をやや抑える程度で良い。

兇國日輪守我旺   部分編集






最終更新
2017-11-01 (水) 16:56:42 (18d)
HTML convert time
0.050 sec.
edit