Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

Sacred2(セイクリッド2)攻略Wiki

settings

ビルド

キャラクターの育成方針をビルドと言う。ここではビルドの基本的な考え方をまとめる。

通常のビルドの考え方   部分編集

最初に考える事は   部分編集

ビルドを考える場合、大抵は次の二つのどちらかが出発点になる。

  • バフを含めてどのコンバットアーツをメインに使って行きたいか
  • 武器系と魔法系のどちらで育てたいか
    • 武器ビルドの場合は近接武器と遠距離武器のどちらを使うかも決めると良い。

メインで使うCAが決まればメインのアスペクトが決まる。
通常、このアスペクトは修練と知識の両方のスキルを取得する。

何色使うのか   部分編集

次はサブで使うアスペクトの事を考える。修練と知識の両方を取る場合と、一方のみを取る場合がある。

使用するアスペクトの数を一般的に〜(しょく)と呼ぶ。例えば、すべてのアスペクトを使うセラフィムなら3色セラである。

  • ここでは通常、アスペクトの修練または知識のスキルを取得するアスペクトの数を言う。
    スキルを取らずにコンバットアーツのみを覚えるものは数えない。
    • 例えば、天界の魔法のスキルのみを覚え、高潔なる戦士のスキルは取らないが、移動のためだけにサマーソルトを覚えるセラフィムは1色セラである。
  • 修練か知識のどちらかしか取らないアスペクトを0.5色として扱う場合もある。

効率を考える場合は1.5色〜2色で育てる事が多い。3色にしない理由としては、

  • 取得できるスキルは10種に限定されているので、コンバットアーツスキルを多く取る3色ビルドは他の便利なスキルを取る為の空きが無い。
    アスペクト3種それぞれに修練と知識*1で6つ、ほぼ必須スキルである武器スキルと防具の知識を足して8つとなると枠が2つしか余らない。
  • 3色ビルドは武器と魔法の両方を使う事になる*2が、その両者が求める能力値は違う。
    腕力を伸ばせば魔法の威力は伸ばせず、知性を上げれば武器の命中率は落ちる。
  • 限られたスキルポイントを分散させなければならないのでそれぞれが弱くなる。

などといった事が考えられる。

バフとコンボ   部分編集

ここで、使いたいバフの数とコンボの連鎖数も考える。
それにより精神集中と戦闘技術にどれだけのスキルをつぎ込まなければならないかが変わるからだ。
2色以上のビルドであっても使うバフが1つ以下なら精神集中は無くても良いし、2つなら1ポイントだけの割り振りでも良い。3バフ体制ならマスター(75ポイント)必須である。
同様に、使いたいコンボが2連か3連か4連かで戦闘技術へのポイント割り振りが変わってくる。
当然、他に取れるスキルや割り振れるポイントに皺寄せが来る事になる。

武器種   部分編集

武器ビルドでも魔法ビルドでも、主にどんな武器を装備するかを考えておいた方が良い。

  • 武器ビルドなら当然その選択は戦闘に直結する。両手武器か、片手武器+盾か、二刀流か、遠距離武器か。
    二刀流なら剣(または打撃武器)のスキルを取るのか否か。これは武器スキルにより解禁される装備効果が目当てである。
  • 魔法ビルドの場合、武器スキルを全く取らないでも良いし、装備効果目当てで取っても良いだろう。
    実際の装備は威力より装備効果と鍛冶スロットで決める事になる。

最後に   部分編集

余った枠をその他のスキルで埋めて完成。

  • 防具の知識を全く取らないビルドは考えにくい。
    防具のリチャージペナルティを大きく減らせるので、コンバットアーツの使用頻度を上げるための攻撃スキルと考えても良い位である。
  • 人気なのは交渉、第六感、鍛冶。

3色ビルド   部分編集

どのコンバットアーツがメインか→全部、武器系か魔法系か→両方、というビルドも有り得る。
そういったビルドはある意味非効率的であり、器用貧乏になりがちだが、効率を追求したビルドはプレイ内容が単純になり過ぎる場合もある。
「難易度は上がるが一つのキャラでいろいろできる」というのも、ゲームを楽しむ上では悪くないビルドだという事を覚えておこう。

3色ビルドの例   部分編集

前述の何色使うのかで挙げた3色ビルドの欠点は、
3色ビルドは武器と魔法の両方を使う事になるが、その両者が求める能力値が違うため、片方を上げれば他方が弱くなるという点だった。
これを補うにはどうすれば良いだろうか。方針は二つほど考えられる。

  • 魔法の威力を上げるため能力値は知性を優先、武器は威力が知性依存の杖を二刀流で使用。
  • 威力は各コンバットアーツのレベルを上げる事で高まるので、リチャージペナルティを抑えるため能力値は気力を優先。

いずれも命中率は低くなりがちなので、装備効果で補う。
速さの知識を取得する手もあるだろうが、3色ビルドはスキル枠に余裕が無い。大抵バフのために精神集中も取るので、速さの知識を取ると他には何も取れなくなる*3

各クラスビルド例   部分編集

ビルドの例はクラスごとのページを参照

最終更新
2017-11-01 (水) 16:56:23 (23d)
HTML convert time
0.052 sec.
edit