Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

不思議の幻想郷3Wiki

settings

鑑定教室(PLUS)

PLUSでのダンジョンでは、無印より識別が困難になってしまった。
NTFに制限がかかり、錬成ができないダンジョン(コークスクリュー)やそもそもNTF自体使えないダンジョン(亜空間など)が登場した。
また、未識別の薬は全て青ラベルになり、通常薬と調合薬の区別もつけれなくなった。(NTF画面では黄ラベルになるが、これはおそらく不具合)
錬成装備も普通に床落ちし、またつづらや発掘ポイントからのアイテム数も極端に増えた。
スキマに関しては3種類も追加され、さらにほとんどのスキマに隙間印が追加され、NTF合成での区別が従来のものと異なる。

そんな中、このページはPLUSでの鑑定方法を記述する。

主な識別方法   部分編集

値段鑑定   部分編集

ローグライクでの識別の基本といったらこれ。店を見つけたら手持ちの未識別アイテムの売却額を見て、何のアイテムかを絞る。
ただ、同じ金額のものが多数あることが多いため、これだけで完全に絞りきることは不可能。
特に問題なのが調合薬。値段が同じものが多く、売却額2000円のものが多数存在するのでまず絞り込めない。


NTF鑑定   部分編集

NTF鑑定とは、「にとフュージョン」画面で未識別のアイテムを鑑定、識別する方法。
合成であれば、そのアイテムが持つ追加印によって合成できる装備品の種類が変わることを利用したり、
調合や錬成であれば、たとえ未識別であっても所持しているだけでレシピに表示されることを利用する。

ただ、NTFに錬成不可の制限がかかっていたり、そもそも使えないダンジョンではこの方法が使えない。


はたて識別   部分編集

はたての能力を使ったテクニックの1つ。詳しくはこちら
はたてさん以下(さま以上でも、不幸の札などがあれば行える)が出現する階層では特に有用。

ただ、はたての出現数が少ないダンジョンもある。


漢(おとこ)識別   部分編集

とにかく未識別のものを片っ端から使ってみる。店もはたてもなく、アイテム欄が圧迫されてきた時には(霊夢は少女だが)漢を見せよう。

この時無駄にならないように、そして安全に行えるように、以下の点に気を付けておく。

  • 薬を識別する際は、まずは調合薬の可能性を調べてから。下手に調合薬を飲んでしまうと危険。
    この可能性を調べるにはNTF画面で黄ラベルであることが確認できる。不具合らしいが、修正されないので邪道と思っても使っておこう。
    確認したら、HP満タン、レベルアップ直後、魔法陣の近くかつ、スキマに入れていないおはぎなど焼けるものを床に置いてその場を数マス離れてから飲む。
    • 緑茶と玉露は、HPが満タンの時にその最大値が増えるため。
    • 逆行薬は経験値を「現在のレベルに必要な値−1」まで下げるので、レベルが上がった直後なら被害は少ない。
    • 鈍速等の状態異常にかかっても、次の階へ進めば治る。
    • 爆薬でおはぎなどを焼かないようにする。
    • 店内で漢識別する場合は、狂化薬でないことだけを確かめておこう。1000円のものは危険。
  • 札を識別する際は、名前がすぐ付けれるように(2)以上のものを。
    • (1)のものは使うとなくなってしまう。(1)は別の鑑定法を使うといいかも。
  • スペルカードを識別する際は、魔法陣の近くでかつ水路に隣接しない場所で使う。
    • 前者はすぐ逃げるのが理由。例えば悪夢「臨月天光」、敵速「メイド・イン・ヘブン」、妖館「レジデント・イーブル」など。
    • 後者は水没「オッツダルヴァ」対策。手持ちのアイテムがいくつかみずになってしまうのを防ぐ。
  • お守りを装備する際は装備外しの罠が踏める状態か解呪のスペルカードがある時に。
    • 呪われていたら大変です。
    • 呪われていてそれがいらないお守りとわかったならば、名づけて「越後ショート!」でおはぎにしてしまうのも手。

実際に作成してみる   部分編集

これはNTF鑑定とは少し異なります。レシピを埋めるとそのアイテムは識別状態になるということを利用。
例えば毒薬(毒草+毒草)などのレシピを実際に埋めてみて、初めの内に識別してしまおうという方法である。


注意   部分編集

  • 調合レシピを赤字、錬成レシピを青字で表示しています。
  • NTF鑑定法で記載している調合・錬成レシピは、簡潔で覚えやすいものを優先的に採用しています。そのレシピのみが全てではありません
    また当ページでのNTF鑑定は、店で値段テーブルを調べた上で行うものですので、値段を確認せずに行う場合は望む答えが得られないことがあります。
    (例えば調合において、(閻魔様の審判帳)+無地のカード(歴史喰いの史書)+無地のカードなど、同じタイプのレシピが存在する場合)
  • アイテムに化けたぬえには要注意。ぬえはレシピには表示されないので、勘違いが生じる可能性があります。
  • NTF鑑定の合成で確認する際、ベースとなる装備の印は1つ以上空いている必要があります。


お守り鑑定   部分編集

お守りだけは、値段を見る前にNTF画面を見てある程度絞ってからの方がいい。
値段鑑定をしても同じ価格テーブルが多いので、基本的に、識別アイテムを使う優先順位が高い。
他と違って、使用しても(装備しても)効果の判らない、判りづらいものが多いので判別困難。呪いもあってさらに怖い。
識別アイテムを拾ったらまずお守りを最優先にしたい。次点でスキマ。

値段テーブル

  • 販売額でみる
    販売額売却額お守り名販売額売却額お守り名販売額売却額お守り名
    750187お守り「旅行安全」(呪)2000500お守り「家内安全」40001000お守り「開運除災」
    お守り「健康祈願」(呪)お守り「合格祈願」麻酔銃機能つき腕時計
    お守り「恋愛成就」(呪)お守り「美人祈願」1250お守り「大願成就」
    マイクロ八卦炉(呪)お守り「厄除け」ヘビとカエルの髪かざり
    312厄をためこんだお守り(呪)カエルのお守り西行妖の枝
    不死者の灰(呪)鬼の杯50001250エア巻物
    土蜘蛛ウィルス(呪)メイド長の懐中時計賢者の石
    1000250お守り「家内安全」(呪)鬼縛りの鎖退魔針
    お守り「合格祈願」(呪)クモの巣型のかざり60001000博麗アミュレット(呪)
    お守り「美人祈願」(呪)お守り「開運除災」(呪)しあわせのにんじん(呪)
    お守り「厄除け」(呪)麻酔銃機能つき腕時計(呪)1500博麗チャーム
    カエルのお守り(呪)625お守り「大願成就」(呪)2000月時計
    鬼の杯(呪)ヘビとカエルの髪かざり(呪)70001750過去を刻む時計
    メイド長の懐中時計(呪)西行妖の枝(呪)2000桎梏の楔
    鬼縛りの鎖(呪)750お守り「無病息災」120001000博麗タリスマン(呪)
    クモの巣型のかざり(呪)打ち出の小槌2000博麗アミュレット
    375お守り「無病息災」(呪)DCしあわせのにんじん
    打ち出の小槌(呪)2500625エア巻物(呪)240001000博麗クリスタル(呪)
    DC(呪)賢者の石(呪)2000博麗タリスマン
    1250437謹製・みがわり人形(呪)退魔針(呪)480002000博麗クリスタル
    1500375お守り「旅行安全」875謹製・みがわり人形
    お守り「健康祈願」3000750鬼の○△□
    お守り「恋愛成就」1000お守り「交通安全」
    マイクロ八卦炉ネズミレーダー
    鬼の○△□(呪)天狗レーダー
    500お守り「交通安全」(呪)うさぎレーダー
    ネズミレーダー(呪)蓬莱の玉の枝
    天狗レーダー(呪)閻魔様の審判帳
    うさぎレーダー(呪)歴史食いの史書
    蓬莱の玉の枝(呪)悲劇の流し雛
    閻魔様の審判帳(呪)博麗チャーム(呪)
    歴史食いの史書(呪)月時計(呪)
    悲劇の流し雛(呪)3500875過去を刻む時計(呪)
    625厄をためこんだお守り1000桎梏の楔(呪)
    不死者の灰
    土蜘蛛ウィルス
  • 売却額でみる
    売却額販売額お守り名売却額販売額お守り名売却額販売額お守り名
    187750お守り「旅行安全」(呪)5001500お守り「交通安全」(呪)8752500謹製・みがわり人形
    お守り「健康祈願」(呪)ネズミレーダー(呪)3500過去を刻む時計(呪)
    お守り「恋愛成就」(呪)天狗レーダー(呪)10003000お守り「交通安全」
    マイクロ八卦炉(呪)うさぎレーダー(呪)ネズミレーダー
    2501000お守り「家内安全」(呪)蓬莱の玉の枝(呪)天狗レーダー
    お守り「合格祈願」(呪)閻魔様の審判帳(呪)うさぎレーダー
    お守り「美人祈願」(呪)歴史食いの史書(呪)蓬莱の玉の枝
    お守り「厄除け」(呪)悲劇の流し雛(呪)閻魔様の審判帳
    カエルのお守り(呪)2000お守り「家内安全」歴史食いの史書
    鬼の杯(呪)お守り「合格祈願」悲劇の流し雛
    メイド長の懐中時計(呪)お守り「美人祈願」博麗チャーム(呪)
    鬼縛りの鎖(呪)お守り「厄除け」月時計(呪)
    クモの巣型のかざり(呪)カエルのお守り3500桎梏の楔(呪)
    312750厄をためこんだお守り(呪)鬼の杯4000お守り「開運除災」
    不死者の灰(呪)メイド長の懐中時計麻酔銃機能つき腕時計
    土蜘蛛ウィルス(呪)鬼縛りの鎖6000博麗アミュレット(呪)
    3751000お守り「無病息災」(呪)クモの巣型のかざりしあわせのにんじん(呪)
    打ち出の小槌(呪)お守り「開運除災」(呪)12000博麗タリスマン(呪)
    DC(呪)麻酔銃機能つき腕時計(呪)24000博麗クリスタル(呪)
    1500お守り「旅行安全」6251500厄をためこんだお守り12504000お守り「大願成就」
    お守り「健康祈願」不死者の灰ヘビとカエルの髪かざり
    お守り「恋愛成就」土蜘蛛ウィルス西行妖の枝
    マイクロ八卦炉2000お守り「大願成就」(呪)5000エア巻物
    鬼の○△□(呪)ヘビとカエルの髪かざり(呪)賢者の石
    4371250謹製・みがわり人形(呪)西行妖の枝(呪)退魔針
    2500エア巻物(呪)}15006000博麗チャーム
    賢者の石(呪)17507000過去を刻む時計
    退魔針(呪)20006000月時計
    7502000お守り「無病息災」7000桎梏の楔
    打ち出の小槌12000博麗アミュレット
    DCしあわせのにんじん
    3000鬼の○△□24000博麗タリスマン
    48000博麗クリスタル

まずはお守りを使った調合・錬成レシピのうち、中身が確定するものを全て挙げる。ただし錬成レシピは条件を省略している。

部類レシピ確定するお守り
お札お守りA+ふしぎな紙切れ+墨汁A=厄をためこんだお守り
ふしぎな紙切れ+お守りAA=お守り「開運除災」
スペルお守りA+無地のカード が2つ表示されているA=お守り「厄除け」
スペカS+お守りAA=月時計
スキマお守りA+スキマのもとAが厄をためこんだお守りでなければ(4項目上のレシピ参照)、A=西行妖の枝
その他お守りA+諏訪子の帽子or丸太+NTR因子No.44A=ヘビとカエルの髪飾り
武器木の棒+お守りAA=閻魔様の審判帳
緑のバナナ+お守りAA=過去を刻む時計
なにかの骨+お守りAA=鬼の杯
防具コンパクトディスク+お守りAAが月時計、閻魔様の審判帳、西行妖の枝でなければ、A=DC
リボン+お守りAA=不死者の灰
コンパクトディスク+お守りA+お守りBA=マイクロ八卦炉、B=打ち出の小槌
お守りお守りA+転換液+特製おはぎA=メイド長の懐中時計
お守りA+薬1+薬2A=鬼縛りの鎖
お守りA+お守りB+変性液+NTR調整薬A=賢者の石、B=退魔針
お守りA+お守りB+変性液+NTRリバースA=退魔針、B=賢者の石

最後の2個は紛らわしいので注意。

上記の確定するものを除いて、次にいくつか候補ができるもの。

部類レシピお守り候補
スペルお守りA+無地のカードA=歴史食いの史書、謹製・みがわり人形
お守りお守りA+転換液A=蓬莱の玉の枝、お守り「大願成就」
お守りA+NTRリバース+NTR燃料A=ネズミレーダー、うさぎレーダー、天狗レーダー

上記の表にないものはNTFでは鑑定不可能なので、値段識別に頼るしかない。
といっても、そこまで絞り込めるわけではないので、漢識別をするハメになりやすい。

漢識別をする際の注意

  • お守りが呪われていた場合を考え、外せる手段を用意しておく
    解呪アイテムはもちろん、装備外しの罠、名づけて「越後ショート!」、敵の藍系、響子系など
  • 装備をして、HPの最大値が増えたら博麗チャーム系のどれか。
    ただし防具にも生命力増加印が入っている場合は気づかない可能性がある。
  • 装備をしたらまず妖怪バスターを撃ってみる。減少量が3でなくて2ならばエア巻物で確定
    (弾幕Pの減少に関係するお守りは、賢者の石、退魔針、エア巻物、鬼縛りの鎖。このうちエア巻物だけがNTFで判別できない。)
  • 敵かアイテムが表示されたら天狗レーダーかネズミレーダー。上記のNTFと合わせるとうさぎレーダーも判別できる。
  • 封印状態になったら桎梏の楔。名づけることは出来ないので覚えておくかメモを取るかする。
  • カウントが始まったらお守り「大願成就」か西行妖の枝だが、後者はNTF鑑定可能なのでお守り「大願成就」で確定できる。
  • 上記に該当しない場合は漢識別では判別困難。さっさと識別アイテムを探そう。

とにかく値段鑑定で絞りこむ。
正直、わからないものが多いので識別アイテムに頼る方がいい。


お札鑑定   部分編集

お札識別は至って簡単で、拾ったものであれば基本1枚使ってみれば識別できるだろう。
だが店売りとなるとそうはいかず、1枚使ってみてもいいができるだけお金をケチりたい時、
あるいは拾ったものではあるが回数が(1)しかない時…
そういう時にはここの鑑定で確認してみてほしい。

値段テーブル
販売額売却額お札名販売額売却額お札名
16080場所がえの札250125金縛りの札
変異の札囮の札
怨返しの札呪詛返しの札
18090低速の札500250八意湿布
遠離の札加速の札
火水木金土日月の札炎上の札
200100幸福の札霧散霧消の札
不幸の札アイテム保護の札
無能の札10001旧一万円札
招雷の札
テーブル内の販売額と売却額は単価(札1枚当たりの値段)。


  • 販売単価160円のお札3種。
    • 防具に合成できないお札は場所がえの札
    • 錬成のお守りの欄を開き、神聖な小袋+(単価160のお札A)とあれば、Aは変異の札、そうでなければ怨返しの札
  • 販売単価180円のお札3種。
    • 武器にのみ合成可能なお札は遠離の札
    • 防具にのみ合成可能なお札は火水木金土日月の札
    • 防具とお守りに合成可能なお札は低速の札
  • 販売単価200円のお札4種。
    • 武器に合成可能なお札は無能の札
    • 防具に合成可能なお札は不幸の札
    • 残り2種は簡単なNTF鑑定では識別しづらいので、実際に1枚使ってみるとよい(但し幸福の可能性に注意)。
      • 一応リボンLv10を作れるなら、錬成の防具の欄を開き、リボンLv10+深海泥+(単価200のお札A)とあれば、Aは招雷の札
  • 販売単価250円のお札4種。
    • 調合のお札の欄を開き、(単価250のお札A)+濃縮液+転換液とあれば、Aは呪詛返しの札
    • 錬成のお守りの欄を開き、神聖な小袋+(単価250のお札A)とあれば、Aは金縛りの札
    • 以上のどれにも当てはまらなければ囮の札
  • 販売単価500円のお札5種。
    • 武器に合成可能なお札は八意湿布
    • 防具に合成可能なお札は加速の札
    • 上記に当てはまらない場合、調合のお菓子の欄を開き、米+おいしい水+(単価500で3枚以上のお札A)とあれば、Aは炎上の札
      そうでなければ霧散霧消の札かアイテム保護の札。
      • 浮遊状態の敵に使ってみることで識別可能。着陸すれば霧散霧消の札、何も効果が無ければアイテム保護の札

識別アイテムを使ったり、はたてを利用するよりは漢識別に頼る方がはやい。ただし、浮遊状態の敵に使用すること。
ただし、すぐネーミングできるように、(2)以上のもので漢識別するといい。(1)の場合は使用後に覚えておくか、メモを取っておこう。

  • 使ったときに敵が鈍足状態になった場合、低速の札火水木金土日月の札のどちらかの可能性がある。
    • この場合札に余裕があれば(2以上ならば)もう一度使うといい。2連続鈍足ならほぼ低速の札である。確率は約98%(1 - 1/49 = 約97.9% )。
  • 浮遊状態の敵が着陸した場合、霧散霧消の札、何も効果が無かった場合、アイテム保護の札
    • 浮遊状態でない敵に使った場合、この見分けがつかない。

上記にあげたもの以外は、使ってみる事で一目瞭然である。



薬鑑定(工事中)   部分編集

これが一番厄介。調合薬の落ちている確率は通常薬よりも低いが、それでも漢識別をするのは躊躇いが生じる。
調合薬には打開アイテムが多いので、できれば残しておきたいものでもあるから。


値段テーブル

特殊調合



スペルカード鑑定(工事中)   部分編集

値段テーブル


スキマ鑑定   部分編集

スキマはいれるタイプとつかうタイプの2種類。この区別はつくのでそれぞれに分けて鑑定できる。
金額でほとんど識別できるところも大きい。札の次に判別が楽だろう。

値段テーブル
左が店売りしている時の価格、右が店で売るときの価格。太字は異なるテーブルにも関わらずその容量で同じ価格になるものです。
背景色が黄色と緑の欄は販売額の価格テーブルは同じですが売却額の価格テーブルが異なります。
スキマ名は略称で表します。
No.スキマ略称販売額売却額
(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)
いれるスキマ
1スキマ90013001700210025002900330037004100450650850105012501450165018502050
2変化・おはぎ・消化13502050275034504150485055506250695067510251375172520752425277531253475
3おはらい・呪い17002100250029003300370041004500490085010501250145016501850205022502450
4換金・超爆発18002200260030003400380042004600500090011001300150017001900210023002500
5保存18502300275032003650410045505000545092511501375160018252050227525002725
6未識別・灯火200024002800320036004000440048005200100012001400160018002000220024002600
7識別・心200024002800320036004000440048005200112513251525172519252125232525252725
8弱化75001000012500150001750020000225002500027500550600650700750800850900950
9強化750010000125001500017500200002250025000275003750500062507500875010000112501250013750
10合成250030003500400045005000550060006500125015001750200022502500275030003250
11調合125015001750200022502500275030003250625750875100011251250137515001625
12倉庫1000190028003700460055006400730082005009501400185023002750320036504100
つかうスキマ
1魍魎・シェルター1100170023002900350041004700530059005508501150145017502050235026502950
2トンネル1200190026003300400047005400610068006009501300165020002350270030503400
3吸い寄せ・罠13002100290037004500530061006900770065010501450185022502650305034503850
4印抽出2000300040005000600070008000900010000100015002000250030003500400045005000

いれるスキマ鑑定   部分編集

表内で太字になっているものに関しては、下記の【値段の特殊なスキマの識別法】まで飛ばしてください。

  • テーブル2
    • 武器・お守りに合成可能であれば、おはぎのスキマで確定。できなければ変化のスキマか消化のスキマ。
    • 埋蔵金部屋で拾ったものでなければ、容量(5)〜(9)は変化のスキマで確定。
    • 上記を満たさないならば、いらないアイテムを入れてみる。
      • 別のアイテムに変化すれば変化のスキマ、しなければ消化のスキマ
      • ただし、変化のスキマでは稀に入れたものと同じものに変化することがあるので注意。以下の変化鑑定でも同様。
  • テーブル3
    • 容量(4)〜(9)は呪いのスキマで確定。
    • 容量が(3)以下の場合、合成のページを開く。
      • お守りに合成可能なスキマA:Aはおはらいのスキマ、そうでなければ呪いのスキマ
  • テーブル4
    • 武器に合成可能でないスキマA:Aは超爆発のスキマ
    • 武器に合成可能なスキマA:Aは換金のスキマ
  • テーブル6・7
    • 武器・お守りに合成可能なスキマA:Aは命の灯火のスキマ
    • 武器には合成できず、お守りには合成可能なスキマA:Aは心のスキマ
    • 上記を満たさないならば、売却額の違いを見る。
      • 売却額がテーブル6の場合、未識別のスキマ、テーブル7の場合、識別のスキマ
  • テーブル8・9
    • 容量(2)以上は弱化のスキマで確定。
    • 容量に関係ない識別方法
      • 防具に合成可能なスキマA:Aは強化のスキマ
      • 防具に合成可能でないスキマA:Aは弱化のスキマ
  • 容量(3)で販売額2750円、売却額1375円のスキマは値段識別できないので、いらないアイテムを入れてみる。
    • おはぎ系以外に変化すれば変化のスキマ。おはぎ系に変化すればおはぎのスキマの可能性も。
      • おはぎ系に変化した場合、武器かお守りに合成可能であればおはぎのスキマ、不可能ならば変化のスキマ
    • 取り出せれば保存のスキマ、取り出せなければ消化のスキマ
  • 容量(4)で販売額3200円のスキマ
    • 武器・お守りに合成可能なスキマA:Aは命の灯火のスキマ
    • 武器に合成できず、お守りには合成可能なスキマA:Aは心のスキマ
    • そうでないならば、識別されているいらないアイテムを入れてみる。
      • 未識別状態になった場合、未識別のスキマ
      • そうでない場合、取り出せれば保存のスキマ、取り出せなければ識別のスキマ
  • 容量(4)で売却額1725円のスキマ
    • おはぎのスキマ(4)の可能性はない(3以下のみ床落ち)。
    • お守りに合成可能なスキマA:Aは心のスキマ
    • そうでない場合、未識別状態(あるいは名前変更されている)いらないアイテムを入れてみる。
      • 変化すれば変化のスキマ、識別されれば識別のスキマ、そうでなければ消化のスキマ
  • 容量(3)で販売額2800円、売却額1400円のスキマ
    • 武器・防具・お守り全てに合成可能なスキマA:Aは命の灯火のスキマ
    • 防具にのみ合成可能なスキマA:Aは未識別のスキマ
    • 合成不可能なスキマA:Aは倉庫のスキマ

錬成不可の場合は、上記の識別法で構わない。
NTF使用不可の場合は、基本的に値段テーブルから絞り込み、漢識別で大抵区別はつく。

店がなかったりした場合に、以下の漢識別鑑定を使用する。

基本的に、入れる物は識別済みの武器A(Lv1以外)を入れた後に、未識別の武器Bを入れる。防具に置き換えても可。

  • Aが以下の挙動を示せば判別可能
    • おはぎ系以外に変化する→変化のスキマ
    • おはぎ系に変化する→おはぎのスキマか変化のスキマ。
      • この場合、もう一度何か適当なアイテムをいれる。おはぎ系になればほぼおはぎのスキマ。
    • 消える→倉庫のスキマ
    • 未識別状態になる→Lv1になったら変化のスキマ、Lvがそのままならば未識別のスキマ
    • 呪われる→呪いのスキマ
    • 取り出せる→保存のスキマ
    • 回復する→心のスキマか命の灯火のスキマ(値段以外の判定不可)
  • 上記確認後、Bが以下の挙動を示せば判別可能
    • 識別される→識別のスキマ
    • Aに合成される→合成のスキマ
  • AとBを入れても何も変化がない場合、次のフロアへ移動し、割って取り出す。メモの準備も同時にしておく。
    • 割る前に、Aの修正値が1下がっていた→弱化のスキマ
    • お金になった→換金のスキマ
    • 爆発した→超爆発のスキマ
  • 残りはスキマ、おはらいのスキマ、調合のスキマ。値段識別に持ち込みたい。
    • カーネルサルベージや装備外しの罠など、解呪対策がある場合はBを装備してみる。もしBの修正値がマイナスだった場合、おはらいのスキマ
    • 値段識別をする際は、中身の金額に注意すること。

まず、床落ちで(1)が存在しないものを挙げる。(店売りは除外する)
保存のスキマ、合成のスキマ、調合のスキマ、倉庫のスキマ、呪いのスキマ、換金のスキマ、識別のスキマ、心のスキマ、未識別のスキマ。
(このうち、店売りで(1)が存在するのは、識別のスキマと心のスキマ。)

入れるタイミングは、フロアを移動する直前。(命の灯火のスキマ対策)
入れる物は、呪われていて識別済みの、Lv1でない武器A。防具に置き換えても可。

  • Aが以下の挙動を示せば判別可能
    • 変化する→おはぎのスキマか変化のスキマ。
    • 解呪される→おはらいのスキマ
    • 眠る→心のスキマ(ただし店売り限定)
    • 死の呪いが始まる→命の灯火のスキマ
  • Aに変化がない場合、次のフロアへ移動し、割って取り出す。メモの準備も同時にしておく。
    • 修正値が増えた→強化のスキマ
    • 修正値が減った→弱化のスキマ
    • 爆発した→超爆発のスキマ
    • 印になったor何も出現しなかった→消化のスキマ
    • それでも効果が無かった場合、スキマ。識別のスキマの可能性もあるが、店売りでしか存在しない為除外。

つかうスキマ鑑定   部分編集

種類数が少なくNTF鑑定が効くので、NTFが使えれば値段を調べる必要はない。

  • 調合のスキマの欄を開く。
    • (スキマA)+スキマのもと:Aは吸い寄せのスキマ
  • スペルカードの欄を開く。
    • (スキマA)+無地のカード:Aはトンネルのスキマ
    • (スキマA)+無地のカード+絵の具:Aは魍魎のスキマ
  • 上記を確認した後、合成のページを開く。
    • 武器に合成可能なスキマA:Aはスキマシェルター
    • 武器に合成できず、お守りに合成可能なスキマA:Aは印抽出のスキマ
    • 武器・お守りに合成できないスキマA:Aは罠のスキマ

錬成不可の場合は上記法で構わない。

NTF使用不可の場合、一応値段でほとんど判別できるが、それよりは使ってみる方が早い。

使う際は、目の前にいらないアイテムを置き、魔法陣の上で使う。また、メモの準備をしておく。

  • アイテムを吸い取った→吸い寄せのスキマ
  • アイテム欄を開いた→印抽出のスキマ
  • やり過ごし状態になった→スキマシェルター→メモをとる
  • 敵が出現した→魍魎のスキマ→メモをとり、周囲の敵を二重結界で倒すか、魔法陣で次のフロアへ。
  • 効果が無く、使ったスキマが消えた→罠のスキマ→メモをとり、魔法陣で次のフロアへ。
  • 効果が無く、使ったスキマが残っているor壁が掘削された→トンネルのスキマ

コメント   部分編集

  • 札、スペカは従来の方法で行けると思いますが・・スキマは少し工夫が必要、お守りは博麗アミュレットとかが出現したけど大体はふとれんと同じ。ただ問題なのが薬・・ -- 2014-10-05 (日) 00:32:28
  • 調合薬の床落ちはどうしようもないですしね。ど安全に識別したければ、印抽出かな? -- 2014-10-05 (日) 13:30:21
  • 霧散霧消の札ですが、 -- 2014-10-05 (日) 13:39:12
  • 途中送信失礼。罠と特殊地形を消せることもあるといいかもです。 敵の手前に罠や地形がある状態で投げれば常に識別可能ですし -- 2014-10-05 (日) 13:40:37
    • 基本的に敵に使う物なので、敵に注目してしまい見逃す可能性があるのです。一方浮遊の敵が絶対数が多く、見分けが付きやすいという利点もあります。プラズン使ってたら無理ですけど。 -- 2014-10-05 (日) 13:45:58
  • お守りを装備してカウントが始まった場合、経験値テーブルの差で判別できる。クロスメニューを開いてお守りの経験値が0/3なら大願成就、0/9なら西行妖の枝。NTFが使えない亜空間とかでは非常に便利 -- 2014-10-05 (日) 16:57:15
  • お守りに入れられる印を使用して入れる候補に未識別のお守り(Lv1 印を取り出してない)があれば博麗チャーム系 印持ってるときなんてほとんどないけど、装備しなくても識別可能 -- 2014-10-23 (木) 23:49:25
  • 厄除け、カエルのお守り、しあわせのにんじんの可能性もあるから却下。 -- 2014-10-23 (木) 23:53:07
  • お守りを合成メニューで選択した時、空き印があるか無いかは(別系統のアイテムが表示されることで)判別できる。空き印がある場合は有用なお守りであることは確定なので、装備してみてHP・弾幕ゲージが増えたら博霊系、経験値が増えたら幸せ人参、どちらでもなかったら厄除けに期待できる。 -- 2014-11-08 (土) 02:23:16
  • 滅茶苦茶今更お守り鑑定を追記。 -- 2015-08-16 (日) 23:30:14
  • おつです -- 2015-09-21 (月) 01:52:17

最終更新
2017-10-30 (月) 19:19:32 (19d)
HTML convert time
0.226 sec.
edit