Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

不思議の幻想郷3Wiki

settings

パートナー

冒険に同行させることができる仲間。(ふとれんではパートナーはない。以下ふし幻3をベースに話を進める。)
パートナーを使えるようになると、そのパートナーは以降神社からいつでも連れ出せるようになる。同時に連れて行けるのは1人だけ。
ダンジョンに入る際にも誰を連れて行くか選択できる。ただし、連れて行けないダンジョンもある。
従来の仲間キャラクターとの大きな違いは、なんと言っても武器や防具、お守りを装備できること。
基本的な能力値は霊夢とほぼ同じであり、丸腰のままではあまり強くないが、強化した装備を渡してあげればとても頼りになるパートナーになってくれるはずである。

パートナーの仕様としては、まとめると次のようになる。

  • 装備は片手持ち武器
    霊夢と違って「二刀流」「両手持ち」をさせることはできない。片手武器、防具、お守りを装備可能で、共鳴もする。
    装備品は基本的に霊夢が使ったときと同じ効果を発揮するのだが、NPCである都合で印に関しては一部機能しない(付ける意味がない)ものも多数ある。
    例1:武器・お守りへの重石印(藍はパートナーに対し装備品をはじかない)。防具に付けると吹き飛ばされないので防具には有効。
    例2:ネズミレーダー、天狗レーダーなど、霊夢に対してのみ効果が発揮されるもの。
    パートナー用の装備を育成する際は、無駄な印を合成しないように気をつけよう。
    逆に言えば、(一部の)いわゆる「必須印」を合成せず他の印に回す余裕があるとも言えるので、状況次第では霊夢よりも有利に立ち回ることさえ可能。
  • 移動は最短経路
    移動はAI任せであり、全て最短経路で移動しようとする。そのため、永琳や屠自古などの遠距離攻撃を正面から連続で受けたりすることがある。
  • その他
    • 罠は踏まない。勇儀に投げられたり、響子に罠を投げられた時のみ発動する。
    • 百鬼夜行に飛び込んだ時は普通に百鬼夜行が始まる。BGMも変化し、その部屋内の敵も起きる。
    • パートナーが探索したエリアはマップに反映される。アイテムや特殊地形などの位置もわかるが、敵の位置は霊夢が見ていないと不明。
    • ちからの最大値が25から10レベルおきに1増加する。

現状、パートナーは次の2人+PLUSで追加された2人である。詳しい情報は各キャラクターページで。

  • 物部 布都
    初期パートナー。皿攻撃や風水の力で敵を翻弄させる。
  • 秦 こころ
    PLUS初期パートナー。主に霊夢の補佐を行う。
  • レイセン
    PLUS緊急パートナー。仲間を召喚して敵を圧倒させる。

どのパートナーを使うのが一番いいかは、使ってみて考えると良い。

作戦   部分編集

頼りになる、とは言ったもののパートナーの操作は完全に最短経路を通るAI任せであり、融通が利かないことが多々ある。
効率的に動いてもらえればお互いの生存率が上がり冒険が楽になるので、状況に応じてこまめに作戦指示を出そう。



私についてきて(同行)

  • 霊夢に隣接することを最優先する。たとえ敵に殴られていても霊夢に隣接したマスに移動するまでは攻撃しない。
  • パートナーの視界に霊夢がいない場合は応戦(以下)する。突風の罠などで分断されたときもある程度は放っておいて大丈夫。
  • 霊夢に隣接している場合移動もしなくなるが、敵が霊夢に隣接している場合はその敵を攻撃するために移動する。



いっしょに戦って(応戦)

  • 基本的には霊夢に同行し、敵が視界に入ったら真っ先に接近し、攻撃する。
  • 自分の状態は考えない。瀕死だろうとどんな状態異常を持っていようと戦おうとする。



好きにして(探索)

  • 霊夢から離れ、ダンジョン内を歩き回る。敵を見つけたときは応戦指示と同じ思考で攻撃しようとする。
  • 敵のいない神社や妖怪の里などでも意味無くあちこちうろつく。



そこで待ってて(待機)

  • その場から全く動かない。敵に隣接した時だけ攻撃する。応戦・探索とは逆に、遠距離攻撃持ちに撃たれ続けようが絶対に動かない。



固有能力   部分編集

各パートナーそれぞれが固有の特殊能力を持っている。
射程内に敵が居れば、通常攻撃や移動の代わりに気紛れで発動することがある。
気紛れに発動するため、連発してくれることもあれば殴るばかりで全く使ってくれない事もある。当てにしすぎるのは考えもの。
同行指示を出している場合は、上述のとおり霊夢への隣接を最優先するため発動率はやや落ちる。
積極的に発動してもらいたい場合は別の作戦指示を出すと良い。
また、霊夢とは視界を共有しているため、本来なら視界に入っていないはずの敵に対して固有能力を発動してくれることもある。
逆に、稼ぎをしたい場合にはこれらの固有能力が邪魔になることもしばしばある。
使って欲しくない場合は能力の射程外に置いて待機させるか、いっそのこと無能化してしまうという手も。

最終更新
2017-10-30 (月) 19:19:14 (22d)
HTML convert time
0.090 sec.
edit