Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル (DQMJ2P) 対戦考察Wiki

settings

戦術考察



要注意戦術   部分編集

要対策戦術:考慮せずにパーティ組むと痛い目(完封、PT崩壊等)を見る、対策が必要なスペックを持つ戦術

現行の要注意戦術について、意見があればここで。
議論は定期的にまとめて容量を減らしましょう。
間違ってたら見つけた人が戻そう。ひどい間違いとかだったら連絡。
何かご意見・ご指摘があれば下の方にコメントをお願いします。
みしらぬ対戦(無差別級)が基本。
一部の戦術は世界モンスター選手権でも使われるので参考に。


バイキルト・空裂斬(海破斬・大地斬)   部分編集

キルト斬とよばれる事も。
主にこうどうはやいなどのモンスターが味方にバイキルトを行い、
攻撃力の高いモンスターが空裂斬を使用し、敵を壊滅させる戦法を言う。
基本的に攻撃力が1000を超えていると999ダメージはたたき出せる。
戦法の単純さ、準備のしやすさなどから現状で最もはやっている戦法といえる。
「プリンス」でバイキルト、空裂斬を両立できる上、アンカーナックルや剣の舞、天衣無縫斬も覚えられる。
あまりに対策をとられているからか最近では海破斬や大地斬も使われている。
ただ空裂斬と違ってバイキルトを両立できず、固有スキルの為めんどくさい。
使う場合は自力で頑張るか、毎日気長に世界選手権のモンスターをスカウトしよう。

  • 使用モンスター
    最強キラーパンサー、最強ジェネラルダンテなどが空裂斬役として選ばれる。
    最強れんごく天馬がバイキルト役として適役。
    攻撃が高ければ誰でも使うことが出来る。
    AI二回行動のフォロボスでセルフバイキルトを行う事も出来る。
  • バイキルト・空裂斬対策
    アタックカンタが対策になる。
    斬撃よそくも対策として優秀。
    アタックカンタ対策の剣の舞やアンカーナックルも使われるので注意。
    メタルなどに身代わりさせるのは天衣無縫斬でやられる事が多々あるので使用は控えたい。

みがわりメタル   部分編集

通称、みがメタ。
メタルなど耐性が優秀で固いモンスターに身代わりをさせる戦法。
対策していなかったら完封されるが身代わりを貫通する技も多い。
いきなりスカラで防御力が上がったヤツやアタックカンタ持ちを盾にする事もある。

  • 使用モンスター
    最強メタルキング、ダイヤモンドスライムが多い。
    いきなりスカラで防御力が上がったヤツやアタックカンタ持ちを盾にする事もある。
  • みがわりメタル対策
    こうどうはやい持ちにいてつくはどうや黒い霧、
    におうぎり、ハートブレイク、おたけびなども対策の基本。
    アンカーナックル、すてみ、しっぷうづきなどは身代わりを無視できる。

しっぷう・ゼロ   部分編集

通称しぷゼロ、すてゼロ、しぷすてゼロ。
攻撃力の高いモンスターで先制のしっぷうづき、
もしくはれんぞくをもち攻撃力の高いモンスターで先制のすてみをした後、
こうどうはやいのモンスターが「ラウンドゼロ」で相手が動く前にターンを終わらせることによって
1ターンの間、味方だけが一方的に攻撃するコンボのことを言う。
今作でしっぷうづきの威力は大幅に弱体化したもののすてみと相性のいいモンスターが多く追加、
さらにサージタウス以外の「こうどうはやい」持ちが必ず持っていたデメリット特性がほとんど削除。
これによって軒並み強化されている。

  • 使用モンスター
    最強キラーパンサー、最強ジェネラルダンテ、ダークドレアム、最強あくまのめだまなどが捨て身役として選ばれやすい傾向にある。
    レオパルド、最強スライムカルゴ、最強れんごく天馬などがラウンドゼロ役。
    すてゼロ、すてみ・アストロンを両立しやすい最強メタルキングがゼロ役になることもある。
  • しっぷう・ゼロ対策
    アストロンが最大の対策と言える。
    今作で新しく追加されたスキル「しっぷう・ゼロ封じ」は使いにくい上、対策になってない。ゼロの衝撃はリスクが高すぎる。
    こちらもすてみなどの先制技をするのもあり。
    斬撃よそくはダメージを受けないが反射ダメージの上限は200。
    ラウンドゼロをせず、通常攻撃で斬撃よそくを貫通させてくることもある。

しっぷう・アストロン   部分編集

しっぷう・ゼロの派生。
主にしっぷう・ゼロ前後に行われる。
すてみなどの先制技を撃った後、アストロンで無敵化。
しっぷう・ゼロと違い相手に動かせる為、縛り性能は少ない。
基本的に回復が行われない初ターンにするのが通。
ラウンドゼロとアストロンの両立は「オムド・ロレス」で可能。

  • 使用モンスター
    基本的にしっぷう・ゼロと変わらない。
  • しっぷう・アストロン対策
    読みにくいので対策が難しい。
    アストロンは一回限りなので出来るだけ使用は控えたい。
    この戦術がされそうならとりあえず一人回復に回すのも手。
    捨て身は無効化される上ダメージが増加するので控えたい。

    また、いてつくはどうや黒い霧がアストロン状態を解除できる。

リバース・アンカー・ゼロ   部分編集

通称リバクルゼロ、リバンカゼロ、リバースゼロ。
攻撃力の高いモンスターが自身にバイキルト、
こうどうおそい、もしくは素早さが極端に遅いモンスターがリバースを行い、
次のターン、アンカーナックルにより先制大ダメージを叩き込み、
こうどうおそいのモンスターがラウンドゼロを行う。
これによって味方が一方的に攻撃する戦法。
しっぷう・ゼロと違うのはダメージ上限が無く、ほとんどのモンスターを一撃で葬り去ることにある事。
ただし面倒な前準備が必要で、耐久力がないと成立しない。
こちらもアストロンによる派生が見られる。
リバース・ラウンドゼロ・アストロンは「オムド・ロレス」で両立可。

  • 使用モンスター
    最強ブラウニー、最強ダースドラゴン、バルザック、大王イカ、又は竜神王などがアンカーナックル役として選ばれやすい。
    最強フーセンドラゴン・最強ばくだんいわ・最強メカバーンがリバース再動役・ラウンドゼロ役として適役。おにこんぼうは強者の余裕が邪魔。
    リバース始動役なら、行動遅いより状態異常無効モンスター(ピンクモーモン・ドークなど)にお勧め。
  • リバース・アンカー・ゼロ対策
    リバースを行わせない事が最大の対策と言える。
    黒い霧も対策として非常に優秀。しかしゼロのしょうげきに注意。
    アンカーナックルが無ければ一度行われるとほぼ挽回不可能なので絶対に阻止すること。

    リバース状態にも、斬撃よそくがアンカーナックルを反射することができる。
    ただし、斬撃よそくが先読みされ、アンカーナックルがつるぎのまいや通常攻撃などに変更されることも多い。過信は禁物。

チェイン・ゼロ   部分編集

こうどうはやい持ちのモンスターが味方に居る時にチェインを使い、
次ターンでこうどうはやいのモンスターが暴れた後遅いモンスターが最後にラウンドゼロを使う戦法。
しっぷう・ゼロと定義は同じ。ハマれば強力。
「スライダークロボ」のスキルで両立可。
毎日C〜Aランクの世界選手権のモンスターをスカウトしよう。

  • 使用モンスター
    マポレーナが固くて程よく遅くて優秀。
    最強モーモン・最強ピンクモーモン・マポレーナのチームで行うといろんな意味で完璧。
  • チェイン・ゼロ対策
    よくみられる戦法ではないが対策はしなければならない。
    読みにくく、対策も難しい。黒い霧がやはり対策の要になる。

先制マダンテ   部分編集

こうどうはやい持ちのモンスターが徒党を組んで先制でマダンテを連発する戦法。
世界モンスター選手権でよく見られる戦法。
「ダイヤモンドスライム」のスキルが非常に優秀。
毎日F〜Aランクの世界選手権のモンスターをスカウトしよう。

  • 使用モンスター
    最強モーモン、レオパルドが代表的。
  • 先制マダンテ対策
    みがわりメタルが簡単な対策。
    ついでに黒い霧撃っとくと対策として完璧。
    炎ブレス属性なのでそれが効かなければOK。
    世界モンスター選手権で勝ち抜きたければこの戦法の対策は必須。

通常戦術考察   部分編集

フェイク   部分編集

強モンスター、最強モンスターを使用して同一モンスターを複数使用しているように見せる戦法。
メタルの大量使用を可能にしたり、好きなモンスターを大量に使ったりしたい人にオススメ。
スタンバイとさりげなく他のモンスターと一緒に入れ換える事で

現在使用中交換スタンバイ
最強メタルキング(みがわり)メタルキング
レオパルド(マダンテ)最強少年レオソード
最強モーモン(マダンテ)強モーモン

                   ↓

現在使用中交換スタンバイ
メタルキング(みがわり)最強メタルキング(ダメージ)
最強少年レオソード(異常撒き)レオパルド(MP切れ)
強モーモン(マダンテ)最強モーモン(MP切れ)

といった風に油断させ壊滅させる事が出来る。
名前は絶対に同じにする事。
また、常にアタックカンタなどの見た目で差が出てしまうモンスターはNG。
また人によっては敵データを見る癖がある人が居るためバレる。
また、同じモンスターを使う事から弱点や戦法が偏りやすいので注意。

  • 使用モンスター
    最強があるモンスターなら基本的に全員可能。
  • 対策
    敵データを見る癖をつければいい。
    時間が無いなら見ないでいいが。

光のはどう+みちづれのワルツ   部分編集

光のワルツ、片道みちづれ、単みちづれ。
みちづれのワルツをしてから光のはどうで味方だけ解除する戦法。
地味で成功しなさそうだが環境を整えてやれば簡単に出来る。
これを行うのに有効なスキル構成は闘神+邪神+光のはどうを覚えるスキルがかなり有効。

  • 使用モンスター
    ヘルホーネットが非常にオススメ。3粋ならレティス、タイラントワーム、オムド・ロレス、はぐれメタルキングなど。
    両レオソードのスキルだけで速い素早さからブレイクやけつく息で足止め、安全にワルツを撃てる。
    MP回復後はメドローアやスクルト、獣王掌、めいそうなど様々な事が出来る。
    冥界の霧で自らを痛めつける可能性があるのが残念だが。
  • 対策
    光のはどう、黒い霧でおk。
    いてつくはどうは間違ってもやってはいけない。

いてつくはどう+リバース・チェイン   部分編集

いてつくはどうで黒い霧を解除し、リバースなどの補助呪文をかける戦術。
リバース・チェイン使いなら是非押さえておきたい。
戦闘開始直後からやるのもアリ、中途半端なターンからやるのもアリ。
当然だが基本的にいてつくはどう役はこうどうおそいがいい。

  • 使用モンスター
    こうどうおそいなら誰でも出来る。
  • 対策
    具体的な対策は無い。
    リバースにリバースをぶつけて解除するなどといった別の工夫が必要となってくる。

ゼロのしょうげき+リバース・チェイン   部分編集

いてつくはどう+リバース・チェインの派生。
ゼロのしょうげきは、相手のラウンドゼロだけでなく、黒い霧・冥界の霧・リバース・チェインでも確実に封じる。
ゼロのしょうげきの使用者は自滅する可能性が高いけど、リバース・チェインの安定感はいてつくはどう型より強かる。

  • 使用モンスター
    誰でも出来る。
  • 対策
    こちらもゼロのしょうげきを使う。
    ゼロのしょうげき以外の手段は相手のリバース・チェインを止める事ができない。

防御戦術   部分編集

対戦の相手のモンスター数がより自分より少ない時、相手に攻撃せず、異常技や防御指令ばかりを使って、判定勝ちを狙う戦術。

  • 使用モンスター
    誰でも出来る。
  • 対策
    具体的な対策は無い。
    チームが入れ替えできない場合は、ほぼ負け確定。
    相手が攻めきれないようなチーム作りを心がける。これが一番の対策だろうか。

**テンプレート 
-''使用モンスター''&br;
-''対策''&br;

意見所   部分編集

追加・削除などの意見はここで。

  • とりあえず立てました。有名な戦法は書いたつもりですので各自追加していただけるとありがたいです。 -- perry 2011-05-23 (月) 02:29:05
  • もっと見やすくできないかな?意見求む -- 2011-05-25 (水) 01:33:04
  • ↑「使用モンスター」とかを要注意特技・呪文みたいに太字にすればいいかと思われる。 -- 2011-05-25 (水) 03:08:13
  • やっといた。これでどうだろう? -- 2011-05-25 (水) 03:10:33
  • サンクス。ある程度は見やすくなったな。ただ、なんか足りない気がする・・・俺だけ? -- 2011-05-26 (木) 02:26:07
  • お前だけだw -- 2011-05-28 (土) 00:34:14
  • リバースアンカーゼロさ、「一度行われると挽回するのはほぼ不可能」ってあるけどそうでもなくね?こっちにアンカー持ちがいれば五分だし、1ターン目相手はまともに攻撃できてないんだから逆に有利な気が -- 2011-06-05 (日) 08:55:02
  • ↑そんな事書いてたのか。まあ、アンカーナックルが無ければほぼ挽回不可能なのは事実だから修正しとくわ -- perry 2011-06-05 (日) 14:47:26
  • 修正おつです -- 2011-06-06 (月) 05:02:06
  • アストロンはすてみとしっぷうづきより発動が遅いからしっぷう・ゼロの対策にはならないと思う。 -- 2011-06-21 (火) 23:33:34
  • ↑そう見えてるようでちゃんと発動してるから気にしなくておk きちんと無敵状態になってるよ -- perry 2011-06-21 (火) 23:45:16
  • ↑そうだったのか。しらなかったよ。ありがとう。 -- 2011-06-22 (水) 00:19:02
  • フェイクからいてつくリバースまで追加。 -- perry 2011-06-23 (木) 02:03:10
  • なんかメタルキングとゲモンで、メタキンが身代わり、ゲモンがバイキルトして攻撃っつう奴にぶつかった。 -- 過失寝歩 2011-06-24 (金) 21:21:15
  • それも典型的なみがメタの一種だよ。 -- perry 2011-06-24 (金) 22:31:20
  • ↑↑随分前からあるし・・・ -- 2011-07-09 (土) 17:55:27
  • すみません、戦術に関係はないですが -- 2011-08-13 (土) 03:11:04
  • 見知らぬ人をやったら、ダブリー?みたいな名前の人がいて、エリスグールとスラリンガルが同時に出てきたのですがあれはなんだったのでしょう。わかる方いたら教えてほしいです、お願い致します -- 2011-08-13 (土) 03:13:17
  • それは間違いなく改造ですね 対戦などでは絶対に行ってはいけない行為です  -- たろー 2011-08-13 (土) 06:18:34
  • ↑↑どのようになっていましたか? -- 2011-12-05 (月) 21:20:55
  • どうせ重なっていたんだろう -- 2012-05-29 (火) 01:59:58
  • たとえどのような困難に遭遇したとしても我は挫けぬ!我をたたえよ、我を崇めよ! -- ジャミラス閣下 2012-10-07 (日) 20:20:02
  • いつのまに書き込んでいたのか閣下キチさん…… -- 2012-12-12 (水) 09:52:37
  • 光のワルツは交代すると効果がなくなりますか?無論なくなると思うがそれでは対戦で使えないと思うので。 -- シマリス 2013-02-05 (火) 17:41:50
  • バーチャルバトルで試してみれば? -- 2013-02-05 (火) 17:42:56
  • 相手の交代を誘える。先に交代したほうが大抵不利になりやすいから意味はなくない -- 2013-02-05 (火) 17:44:23
  • そうですね。交代したらむしろ有利。 -- シマリス 2013-02-05 (火) 17:45:51
  • ジャミラス閣下 -- 2013-09-29 (日) 18:42:10
  • 全員HPバブルでAIぶっ壊すチームに出くわしたぁぁぁ  ガーン -- バルイナル 2014-03-19 (水) 19:50:12



最終更新
2017-11-01 (水) 15:35:03 (20d)
HTML convert time
0.126 sec.
edit