Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

ドラゴンクエスト1・2・3 まとめWiki

settings

social_conditions

ファミコン版発売当時の世相



1988年(昭和63年) 2月10日 ドラゴンクエスト3発売   部分編集

FC版DQ3発売当時の映像   部分編集

「ドラゴンクエスト3」380万本と社会現象的なヒット作となり、
発売日の行列騒ぎは当時のTVニュースでも報道された。
当時はゲームの発売日が平日で、学校を休んで買いに行く生徒の出現、
品薄で買った生徒を狙って窃盗や恐喝などの犯罪が発生、
品薄の人気作と不人気ソフトをセット販売する抱き合わせ商法、等が問題視された。
ドラクエ3発売当時のニュース



ドラクエ3発売時CM

キャッチコピー1:「触れたら最後、日本全土がハルマゲドン!」
キャッチコピー2:「さらば、母なるアリアハン」

ロトの剣の形が明らかになったのは、おそらくこのCMの実物大ロトの剣が初出。
後に公式ガイドブック1〜3の表紙を繋げるとロトの剣になるイラストが登場。
(発売直後の攻略本はネタバレ防止の為、王者の剣のイラストは非掲載)
ちなみにロトの剣1/1模型を作った会社は、現在のガイナックスの前身。


当時の開発スタッフもTV報道のインタビューなどで出演している。
堀井雄二氏インタビュー(DQ3発売当時)

チュンソフト中村光一氏インタビュー(DQ3発売当時)

ドラクエ3発売後・DQ4開発中のニュース



1988年の世相   部分編集

ゲーム
「テトリス(ゲームボーイ版424万本記録的ヒット)」
「ドラゴンクエスト3」
「セガ・メガドライブ発売」「NEC・PCエンジン CD-ROM2発売」

流行語
「ペレストロイカ(ゴルバチョフ大統領のソ連改革政策)」
「今宵はここまでにしとうございます(武田信玄)」
「5時から男(高田純次)」「しょうゆ顔・ソース顔」

ファッション
「ワンレン(髪型・ワンレングス)」「ボディコン」

事件
「ソウルオリンピック」「カルガリーオリンピック」「ソ連・ペレストロイカ」
「バブル経済・地下値上がり」「リクルート事件」
「東京ドーム完成」「東京ディズニーランド5周年記念」

TV番組
「とんぼ」「抱きしめたい」「夢で逢えたら」

CM
「くう・ねる・あそぶ(井上陽水・セフィーロ)」
「やまだかつてない味(山田邦子・ファイブミニ)」

音楽
「パラダイス銀河(光GENJI)」「抱きしめてTONIGHT(田原俊彦)」
「MUGO・ん…色っぽい(工藤静)」「ANGEL(氷室京介)」

映画
「ラスト・エンペラー」「敦煌」「優駿」「危険な情事」
「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」

書籍
「ノルウェイの森(村上春樹)」

ヒット商品
「日産・シーマ」「シャネル」

コカ・コーラCM 1987-1989
80年代の雰囲気を感じさせるCM





1987年(昭和62年) 1月26日 ドラゴンクエスト2発売   部分編集

FC版DQ2発売当時の映像   部分編集

「ドラゴンクエスト2」はドラクエが一般的に浸透し始めた作品。
ドラクエ3ほどではないが発売日行列も起きた。


ドラクエ2発売時CM

キャッチコピー:「勇者の伝説が再びよみがえる」



復活の呪文を入れる際のBGM「LOVE SONG 探して」が人気。
元祖沖縄アクターズスクール系とも言える
牧野アンナ(安室奈美恵と同チームだった時期もある)が、
「LOVE SONG 探して」の歌詞付きバージョンを歌い、
ゲーム中でもペルポイの町に「歌姫アンナ」が登場する。
牧野アンナ版「Love Song 探して」



1987年の世相   部分編集

ゲーム
「ドラゴンクエスト2」
「イース(PC88版)」「PCエンジン発売」

流行語
「マルサ」「朝シャン」「ワンフィンガー・ツーフィンガー」

事件
「天安門事件」「金賢姫・大韓航空爆破事件」
「厚生省エイズ血友病問題」「ゴッホの『ひまわり』53億円」

TV番組
「北の国から'87初恋」「ねるとん紅鯨団」
「仮面ライダーBLACK」「シティハンター」

CM
「さわやかテイスティ I feel Coke(コカコーラ)」
「飲みすぎたのは あなたのせいよ(タケダ胃腸薬)」

音楽
「愚か者(近藤真彦)」「難破船(中森明菜)」
「輝きながら…(徳永英明)」「ガラスの十代(光GENJI)」
「男と女のラブゲーム(日野美歌・葵司朗)」

映画
「トップガン」「マルサの女」「私をスキーに連れてって」

書籍
「サラダ記念日(俵万智)」

ヒット商品
「通勤快足(レナウン)」「スーパードライ(アサヒビール)」




1986年(昭和61年) 5月27日 ドラゴンクエスト発売   部分編集

FC版DQ1発売当時の映像   部分編集

「ドラゴンクエスト」は日本にCRPGを広めた立役者の元祖。
容量64キロバイト(512キロビット)の制約の中、僅か3ヶ月ほどの短期間で作られた。


ドラクエ1発売時CM

キャッチコピー:「今、新しい伝説が生まれようとしている」



1986年の世相   部分編集

ゲーム
「ドラゴンクエスト」「ディスクシステム発売」
「ゼルダの伝説」「スーパーマリオブラザーズ2」

流行語
「とらばーゆ」「おニャン子」「地上げ」

事件
「ソ連・チェルノブイリ原発事故」「スペースシャトル・チャレンジャー号爆発」
「フィリピン・アキノ大統領就任」「青函トンネル北海道-本州間接続」
「泉重千代氏120歳で死去・最後の江戸時代生まれの人物」
「岡田有希子・飛び降り自殺」「葬式ごっこ」

TV番組
「あぶない刑事」「スケバン刑事2」「男女7人物語」
「風雲!たけし城」「カトちゃんケンちゃんごきげんテレビ」
「聖闘士星矢」「銀牙」「めぞん一刻」

CM
「亭主元気で留守がいい(タンスにゴン)」
「コクがあるのにキレがある(アサヒビール)」

音楽
「DESIRE-情熱-(中森明菜)」「ダンシング・ヒーロー(荻野目洋子)」
「仮面舞踏会(少年隊)」「シーズン・イン・ザ・サン(TUBE)」
「時の流れに身をまかせ(テレサ・テン)」「天城越え(石川さゆり)」

映画
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「コマンドー」「エイリアン2」
「天空の城ラピュタ」「子猫物語」

書籍
「極道の妻たち」
雑誌「ターザン」「メンズノンノ」「DIME」創刊

ヒット商品
「UFOキャッチャー」「写ルンです」












最終更新
2017-11-01 (水) 15:28:31 (17d)
HTML convert time
0.041 sec.
edit