Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

ドラゴンクエスト1・2・3 まとめWiki

settings

adjustment_hero

「勇者」のおすすめ性格・補正シミュレーション


性格補正の基本法則   部分編集

ステ値の概算=性格「ふつう」のステ値×性格補正

性格「ふつう」で育てた場合の勇者のステータスに、
それぞれの性格補正の倍率を掛け合わせると、
その性格でのステータスの目安となる。(※参考:性格による成長率

ただし、SFC版の性格診断の補正値を考慮しない値なので注意。
例えば、スタート時の勇者の性格診断で「タフガイ」を選んだ場合、
体力が30ポイント近くなるなど、初期能力値性格によって変わる
(なお、GBC版はこの初期能力値への性格補正が掛からない)

また、吟味を行わず、普通にレベルアップしたと仮定した値なので、
毎回レベルアップ毎に吟味を行ってステータスを高めた場合は、
この表よりも高いステータス値になる(上限値・下限値には注意)。


レベル1〜40まで同一の性格で育てた場合   部分編集

下記表はレベル1〜40まで同一の性格で育てた場合のシミュレーション。


※表の「力」「早」などの項目名をクリックすると
  項目の数値順にソート(並べ替え)します。


レベル40まで育てた場合の各性格別ステータス

性格HPMP
ふつう144821576494314128
あたまでっかち115861418075283160
あまえんぼう137821416794283134
いくじなし1305714177113283154
いっぴきおおかみ144901887066377141
いのちしらず137981816494361128
うっかりもの11594157456631490
おおぐらい15849173327534564
おじょうさま1446614970132298141
おせっかい151701735166345102
おちょうしもの1449814974103298147
おっちょこちょい122941265185251102
おてんば158901265885251115
おとこまさり187741575175314102
がんこもの14449188386637777
がんばりや151741736475345128
くろうにん158701885866377115
ごうけつ202571575166314102
さびしがりや1447412670103251141
しあわせもの1308214164122283128
しょうじきもの144741577085314141
ずのうめいせき137821578385314166
すばしっこい130981416475283128
セクシーギャル1589816574113330147
せけんしらず144741414510328390
タフガイ166742205166440102
ちからじまん18766157457531490
てつじん151662045875408115
でんこうせっか1441151576494314128
なきむし1307415770108314141
なまけもの166491884210337783
ぬけめがない130901417794283154
ねっけつかん166821735856345115
のんきもの144621736799345134
ひっこみじあん158491887085377141
ひねくれもの1019811070122220141
へこたれない144821576494314128
まけずぎらい137861656189330122
みえっぱり151901496789298134
むっつりスケベ147781886785377134
やさしいひと151781657089330141
ラッキーマン1449015764141314128
らんぼうもの17374141386628377
ロマンティスト137901497494298147
わがまま137861415885283115





レベル1〜20まで同一の性格で育てた場合   部分編集

下記はレベル1〜20まで同一の性格で育てた場合のシミュレーション。


レベル20まで育てた場合・性格別ステータス

性格HPMP
ふつう644265253513050
あたまでっかち514459312811763
あまえんぼう614259263511753
いくじなし582959304211760
いっぴきおおかみ644678282515655
いのちしらず615075253515050
うっかりもの514865182513035
おおぐらい702572132814325
おじょうさま643462284912455
おせっかい673672202514340
おちょうしもの645062293912458
おっちょこちょい544852203210440
おてんば704652233210445
おとこまさり833865202813040
がんこもの642578152515630
がんばりや673872252814350
きれもの645052353210470
くろうにん703678232515645
ごうけつ902965202513040
さびしがりや643852283910455
しあわせもの584259254611750
しょうじきもの643865283213055
ずのうめいせき614265333213065
すばしっこい585059252811750
セクシーギャル705068294213758
せけんしらず643859183911735
タフガイ743891202518240
ちからじまん833465182813035
てつじん673485232816945
でんこうせっか645965253513050
なきむし583865284013055
なまけもの742578163915633
ぬけめがない584659303511760
ねっけつかん744272232114345
のんきもの643272263714353
ひっこみじあん702578283215655
ひねくれもの45504628469155
へこたれない644265253513050
まけずぎらい614468243313748
みえっぱり674662263312453
むっつりスケベ654078263215653
やさしいひと674068283313755
ラッキーマン644665255313050
らんぼうもの773859152511730
ロマンティスト614662293512458
わがまま614459233211745





レベル21から違う性格に変更した場合   部分編集

レベル20までとある1つの性格で育ててから、
レベル20以降は別の性格にしたい場合用の表。


レベル21〜40間の各性格での伸び値

性格HPMP
ふつう804095406019080
あたまでっかち644283494716698
あまえんぼう764083415916682
いくじなし722883477116694
いっぴきおおかみ8044110434122186
いのちしらず7648106395921278
うっかりもの644692274118455
おおぐらい8824101204720239
おじょうさま803287438317586
おせっかい8434101314120262
おちょうしもの804887456517590
おっちょこちょい684674315314762
おてんば884474355314770
おとこまさり1043692314718462
がんこもの8024110234122147
がんばりや8436101394720278
きれもの8048745553147109
くろうにん8834110354122170
ごうけつ1122892314118462
さびしがりや803674436514786
しあわせもの724083397716678
しょうじきもの803692435318486
ずのうめいせき7640925153184101
すばしっこい724883394716678
セクシーギャル884897457119390
せけんしらず803683276516655
タフガイ9236129314125862
ちからじまん1043292274718455
てつじん8432120354723970
でんこうせっか805692395918478
なきむし723692436818486
なまけもの9224110256522151
ぬけめがない724483475916694
ねっけつかん9240101353520270
のんきもの8030101416220282
ひっこみじあん8824110435322186
ひねくれもの564864437712986
へこたれない804092395918478
まけずぎらい764297375619374
みえっぱり844487415617582
むっつりスケベ8238110415322182
やさしいひと843897435619386
ラッキーマン804492398918478
らんぼうもの963683234116647
ロマンティスト764487455917590
わがまま764283355316670

前述の「レベル20まで育てた場合」の表と、下記の「レベル21〜40までの伸び分」の表と、
2つを組み合わせると2種類の性格を使って育てた場合の仮の値が推測できる。
このように、複数の性格を遍歴しても、ステ値の予測計算が可能

例:レベル20までは豪傑、レベル21〜40はタフガイで育てる
レベル性格HPMP
Lv20時ごうけつ:ステ値902965202513040
Lv21〜40タフガイ:伸び値9236129314125862
Lv40のステ豪傑→タフガイ182651945166388102







勇者に向いている性格は?   部分編集

勇者の成長の特徴   部分編集

勇者は、力・体力が良く伸びて、素早さ・賢さは全然伸びない。
また、良く伸びる時期といえる「成長期」がある。
※詳細は勇者の成長率を参照。

レベルごとの成長期
序盤 (レベル1 〜11)××
中盤1 (レベル12〜20)×
中盤2 (レベル21〜34)
終盤 (レベル35〜45)
終盤 (レベル46〜99)××
レベル21〜45まで平均+4ポイントで安定して高く伸びる。
レベル45を過ぎる頃から成長が止まる。
レベル20〜45の間に、しっかり力を成長させるのが重要。
素早さ全然伸びない。+3の成長期はレベル37〜47の間のみ。
元々が低すぎて、素早さの増える性格補正程度では補いきれない。
性格で補正するのは諦め、種(デッドペッカーが1/16で落とす)補正に頼る。
体力勇者で一番良く伸びるステータス。序盤こそ伸びはそれなりだが、
レベル12以降伸びが増え、特にレベル35〜45+6の伸びは圧巻。
賢さ勇者で一番伸びないステータス。レベル40でもベホマズン1回分程度。
ここまで壊滅的に低いと性格補正でどうにかするのは諦めて、
終盤に種集めで補うと割り切った方が結果的に道中の旅は楽になる。
序盤のMPはルーラ・リレミト1回分と割り切り、力と体力に特化させて伸ばす。
クセのある伸び方をする。レベル11までは全く伸びてくれない。
しかしそこから急に伸び始め、レベル50までずっと成長が続く。

なお、レベル45位までがレベルアップの上昇値が大きい成長期なので、
長所の長所が伸びる性格にすると、+8上昇など大きく成長できる。
逆に、レベル50以降はレベルアップでは全然伸びなくなるので、
性格補正の重要性は低くなり、種増殖の時期に入る。




性格変更のタイミング   部分編集

【1】タフガイでスタート→途中で豪傑にチェンジ、または
【2】豪傑でスタート→途中でタフガイにチェンジ

力と体力が良く伸びる勇者は、タフガイと豪傑を適宜切り替えて、
力と体力が両方255になるのを目指す
力と体力の2つのステータスに絞って、レベルアップ時に高い値が出るまで粘れば、
レベル50前後で力と体力を両方255にできる。


◆プランA:レベル40まで豪傑、以降はタフガイでレベル50まで育てた場合

レベル・性格力_早_体_賢_運_HPMP
Lv1〜40 ごうけつ202571585166316102
Lv41〜50 タフガイ+12+23+56+15+21+112+30
Lv50時 ステータス213802146687428132



◆プランB:レベル20までタフガイ、以降は豪傑でレベル50まで育てた場合

レベル・性格力_早_体_賢_運_HPMP
Lv1〜20 タフガイ743892202518540
Lv21〜50 ごうけつ+126+46+132+46+62+264+91
Lv50時 ステータス200842246687449131



◆プランC:タフガイ豪傑を成長期に合わせこまめに切り替えた場合
※性格変更アイテム入手時期など実現可能性は考慮しない、あくまで理論上の話。
※そのレベル帯で最も伸びるステータスに合わせた性格補正で成長させたと仮定。

レベル・性格力_早_体_賢_運_HPMP
Lv1〜11 タフガイ4324421168422
Lv12〜34 ごうけつ+116+28+92+31+47+184+61
Lv35〜50 タフガイ+39+37+106+24+34+213+49
Lv50時 ステータス198892406686481132



◆プランD:レベル50まできれもので育てた場合の、レベル50時ステータス''

レベル・性格力_早_体_賢_運_HPMP
Lv1〜Lv50きれもの154130158115112317230



※性格変更アイテムの入手時期と場所

性格アイテム入手場所・時期
タフガイパワーベルト第3すごろく場:下ルート下層宝箱
第5すごろく場:第2フロア合流後右ルートタンス
ごうけつ豪傑の腕輪アリアハン城:1階宝箱(要:魔法の鍵)
ごうけつ豪傑の秘訣メルキド:南西の民家2階本棚
隠しダンジョン:屍の隣(レミラーマ)
きれもの頭が冴える本ロマリア:教会本棚
イシス:ソクラスの家2階本棚
メルキド:南西の民家2階本棚





賢さ・素早さの補填は終盤   部分編集

【1】賢さは終盤に種集めで補填
【2】素早さは敢えて128以下に留めておき、
星降る腕輪脱着で128←→255と可変にするのも手

勇者の賢さは、性格「ふつう」でレベル99まで上げても、賢さ120程度しかない。
ここまで基本成長率がとても低く設定されていると、
賢さの伸びる性格で補正しようとしても、思うように伸びなくて期待外れになる。
(性格補正は掛け算なので、元が低いと上昇効果も低い)


「賢さが伸びる性格にすれば、MPが多くなるかも?」という甘い期待は打ち砕かれる。
むしろ賢さが伸びる性格にすると、代償として力や体力が伸ばせないデメリットが痛い。
勇者に性格『きれもの』は地雷と言われるのは、こうした理由から。


賢さの補填の具体策だが、終盤になれば種集めが可能になるので、種で補う。
種集め可能になるまでは我慢し、種集め可能になったら一気に賢さ255へ。
序盤は力と体力に特化、終盤は賢さの種集めでMP522化、とメリハリのある育て方を。
※詳細は「種集め」の項目を参照。高レベル盗賊さえ揃えば数時間でステカンストも可能。


編成にもよるが、序盤のMPはルーラ&リレミト専用と割り切り、最小限のMPでOK
MPが大量に必要になるのは、最終盤の神竜15ターン制限戦の時期。
ここではベホマズン・ギガデインなどが必要になるので、「種集め」で一気に賢さ255へ。
対神竜戦用に、呪文習得済み盗賊が3人居れば、数時間でMPを522まで上げられる。


素早さも賢さの種で補填するが、敢えて素早さ128以下に抑えるのも手。
これなら星降る腕輪の着脱で、素早さ128 or 255を切り替えられる。
神竜など素早いボスには、素早さ255でも確実に先攻できない(素早さ2倍でほぼ先攻)ので、
素早さは255にせず低いままで普段は後攻・星降る腕輪着脱で先攻、というスタイルもある。




オススメ性格の例   部分編集

相性◎:タフガイ

特に体力1.4補正は強力。更に力も1.15補正。
勇者は体力と力が突出して伸びるので、伸びが凄まじい。
なおかつ、素早さのマイナス補正が90%と少なくて済むタフガイは優秀。

特に初期性格をタフガイにすると、初期体力が30ポイント近くになり、
レベル2時のレベルアップ上昇が大きく、その後の冒険が楽になる。
(SFC版のみ。GBC版は勇者の性格による初期能力値の補正はない)

勇者はタフガイでスタートし、途中で豪傑の腕輪で豪傑にチェンジして、
力と体力両方がバランスよく伸びるようにするのが鉄板。
(もし女勇者なら、豪傑よりも素早さのマイナス補正が少ない「男勝り」がベター)

素早さと賢さはマイナス補正になるが、元々伸びが悪いので、
マイナス補正が働いてもそれ程大きな差にならない。
(殆ど伸びない賢さなどを長所補正しても、1ポイント程度しか変わらない)
特に、レベル2〜16あたりまでは賢さは殆ど伸びないので、
この時期に賢さプラス補正の性格にしても全然伸びてくれない。
その点でも、力と体力の伸びる性格が有利と言える。

欠点としては、タフガイになるのに必要な「岩運び」が面倒なことと、
更に装飾品のパワーベルトの入手方法が、第3すごろく場の中ということ。
どちらも苦行に近いが、運任せのすごろくよりも最初に決めたほうがまだマシだろう。
また、勇者の体力が本格的に伸びるのはレベル12以降。
序盤は豪傑で力を補填するのも悪くない。




相性◎:ごうけつ

最初の性格診断で、全部「はい」と答えると豪傑になれる。
お手軽になれる性格の割に、精霊からは「あなたは素晴らしい人です」とベタ褒め
驚いたプレイヤーも居るだろうが、それだけに勇者との相性は良い。
また豪傑の腕輪を装備することでもこの性格になれる。
魔法の鍵入手後に手に入る上に攻撃力+15の効果もおいしい

初期能力が25ポイント近くになり、更にその後も1.4補正で力を伸ばすと、
SFC版で追加された複数攻撃武器(ブーメランやムチ)が猛威を振るう
ほとんど武闘家並みの腕力で鋼の鞭やブーメランを使えるので、敵殲滅が楽。

序盤を豪傑の火力で乗り切り、中盤の体力の成長期にタフガイにチェンジすれば、
レベル50までに力と体力が255カンスト可能になる。
この状態で1回目の神竜を倒してすごろく場で強力装備を手に入れれば、
以降の経験値稼ぎやダンジョン探索やすごろく場漁りが楽になる。

賢さ・素早さの補填は、盗賊の盗みか商人の穴掘りに全部任せてしまおう。
デッドペッカーが素早さの種ドロップ率1/16と高確率なので、
ドロップや盗賊の盗みや商人の穴掘りでの後からの素早さ補正は比較的楽。
賢さの成長も壊滅的だが、元々勇者は賢さが伸びる性格にしても殆ど増えないので、
ここは割り切って、後で盗賊を作って盗んでもらい、「種集め」オンリーで補うつもりで。

欠点としては、素早さの補正が低いので先手を取り難くなること。
パーティ編成次第では星降る腕輪を勇者に回せることで補えるが、
武闘家や盗賊など素早い仲間が居ないと星降る腕輪の取り合いになるかも(?)

なお、星降る腕輪を使える前提なら、敢えて素早さを低めに成長させておくのは、
星降る腕輪の脱着で先攻後攻を使い分けることが可能になり、
神竜戦で確実後攻でのベホマズンを使えるので、必ずしも悪いというわけではない。




相性◎:おとこまさり

豪傑の力を少し控え目にして、素早さ低下を改善した感じ。
素早さ低下が少なく、かなりバランスが良い。「タフガイ→男勝り」は、理想的な伸びを見せる。
女勇者ならお勧めの性格の1つになる。
勇者だと、海賊のお頭とのイベント以外では中々なれないレア性格なのが難点。




相性○:セクシーギャル

セクシーギャルは「素早さ・賢さ・運が良く伸び、力・体力はそれなり」な性格。
その為、力と体力が良く伸びる勇者にとって、セクシーギャルは相性面では不利

だが流石に腐っても優秀な性格、マイナス補正が無いのでトータルでは何だかんだで強い。
どうせ種はぜんぶ勇者に使うのだから、特に力や素早さはそこそこ上乗せできる。

欠点としては力の補正が1.09と低いこと。
体力の補正も1.05で、性格「ふつう」の勇者とあまり変わらない。
この為、圧倒的な火力の豪傑や、HPが他より100以上多くなるタフガイほど、
尖った強さは無い。

なので、力・体力の成長期は男勝りやタフガイなどに適宜切り替えると、より効果的。
成長期は力と体力を育て、レベル50以降は成長の伸びがピタリと止まるので、
全ステプラス補正のセクシーギャルに戻そう。




相性○:ねっけつかん

力と体力がプラス補正、素早さ低下なし、と肉弾戦向けの性格。
また賢さ低下も90%と控え目で、運の良さだけワースト級に悪い。
戦士と違ってMPも伸ばす必要がある勇者にとっては、なかなか相性が良い性格。
プラス補正が1.15〜1.09とやや控え目なので、ローリスク・ローリターン感がある。




相性○:むっつりスケベ

熱血漢に似ているが、こちらは力・体力・賢さがプラス補正で、素早さ95%に低下。
熱血漢同様に肉弾戦向けで、勇者との相性も悪くない性格。
欠点は、力のプラス補正が、1.05とやや低めなこと。




相性○:ひっこみじあん

力・体力・賢さがプラス補正な代わりに、素早さは60と壊滅的に低くなる。
一見素早さ低下のデメリットが気になるようにみえるが、
ボス戦で確実に後攻を取る為に、敢えて素早さを低く育てたい場合は有効。
レベル99時に素早さ128以下にすれば、星降る腕輪の着脱で、素早さ128と255を切り替えられる。




相性△:頭脳明晰

賢さ1.3倍補正は、切れ者に次ぐ高さ。そして切れ者と違い体力補正の低下が無い
切れ者だと体力低下が痛い場合に有効な性格。

欠点は、勇者の賢さ成長が低すぎて、レベル16位まではずっと1ポイント未満なこと。
これを賢さ1.3倍補正で補っても、せいぜい毎回1〜2ポイントしか伸びない。
性格システムの特性上、短所を性格で補おうとするのは効果が薄い
レベル17〜28辺りになれば、賢さ成長が+2の成長期に入るので、
中盤以降の時期限定で使うなら、進め方によっては効果を発揮する。




相性△:切れ者

賢さ1.4倍補正、素早さ1.2倍補正と、勇者の特性と正反対の性質を持つ。
一見、勇者の欠点である素早さと賢さを補ってくれて良さそうに見えるが、
レベル16までは勇者の賢さ成長が毎回+0.75ポイント等とあまりにも低いので、
低い値を1.4倍補正しても1ポイント伸びが殆どになってしまう。
そして体力のマイナス補正が大きいので、デメリット面が目立つ結果に。


◆プラス補正の伸びの比較:タフガイと切れ者
 ?長所の体力100を1.4倍 → 140ポイント=40ポイント増加
 ?短所の賢さ45を1.4倍 → 63ポイント=18ポイント増加


◆マイナス補正の減少量の比較:タフガイと切れ者
 ?短所の賢さ45を0.8倍 → 36ポイント=9ポイント低下
 ?長所の体力100を0.8倍 → 80ポイント=20ポイント低下
タフガイで生じるメリットの大きさとデメリットの少なさに比べると、やや割に合わない感がある。


終盤に盗賊を育てていれば、数時間ほどで種数十個を集めてしまえるので、
種の使用を禁止した縛りプレイでも無い限り、勇者を切れ者にするメリットは少ない。
一応、もし何らかのこだわりがあって「種使用禁止」の縛りプレイをしているなら、
勇者の最も伸びにくいステータスを補うので、レベル99時のステータスが一番満遍無く高くなれる。




相性△:いっぴきおおかみ

素早さ・体力・賢さが伸びる。トータルの能力としては優秀なのだが、
力の補正が100%でプラス分がないのが、肉弾戦主体の勇者にとっては痛い。




相性△:でんこうせっか

素早さ1.4倍、あとは「ふつう」と同じ、という性格。
やはり力のプラス補正が無いのが、打撃が命の勇者に取っては痛い所。
素早さが元々低い勇者では、電光石火のプラス補正をしても中々伸びない。
見方を変えるなら、少なくとも「ふつう」より下は無いので、安定と言えば安定。

レベル37〜47は、素早さ+3ポイントの成長期なので、
この時期だけピンポイントで電光石火にするのもアリ。




相性×最悪:ひねくれもの

力と体力がワーストクラスの0.7補正、という勇者とは相性最悪の性格。
しかも冒険開始直後のアリアハンの王様への謁見を拒否すると、
性格がこの「ひねくれもの」になる点が、意図的なであると感じる。

性格補正が良くない性格としてはほかに「がんこもの」があるが、
こちらは力と体力だけプラスで、素早さと賢さがワーストクラスの60%補正なので、
体力と力ばかり伸びる勇者にとっては相性面で相殺でき、そこまで致命的にならない。

同じ低性能の性格補正でも、「捻くれ者」は勇者にとって最悪、「頑固者」は若干マシ。
このように「性格補正は職業との相性が大事」ということが良く分かる一例。












最終更新
2017-11-01 (水) 15:28:27 (20d)
HTML convert time
0.174 sec.
edit