Now Loading...LOADING...
menu menu desktop_mac vertical_align_topページトップへ

千年戦争アイギスWiki

settings

夢現のダークプリースト

イベント概要   部分編集

データ   部分編集

ステージデータ   部分編集

ステージ名★1の
目安
カリスマEXPG(★3)初期コスト出撃数ドロップ1ドロップ2ドロップ3ドロップ4
スタミナライフ敵の数
まどろみの来訪者初級20180750108一般兵A【弓】[5]
判定2回
銅の聖霊花束-
11031
湧き出す瘴気初級252201125108闇司祭プシュケ[6]新緑の兵士フィリス[6]銀の聖霊-
21033
プシュケの異変中級302801800108闇司祭プシュケ[8]神官クリストファー[8]黒の聖霊魔水晶
31035
夢現に潜む魔性上級403602250108闇司祭プシュケ[10]魔術師パレス[10]堕天使ニエル[10]花束
判定2回
51554
魔教に降りし夢の啓示極級555002700108闇司祭プシュケ[15]忍者カゲロウ[15]魔法剣士リカルド[15]白金の聖霊
71020
魔を呼ぶ器神級906803600108闇司祭プシュケ[20]鋼鉄の女レアン[20]プラチナアーマールビー
判定2回
121530
  • ドロップするユニット横の[]内は入手時のLv
  • 全アイテム・ユニット初回確定ドロップ

新規敵ユニット   部分編集

仮称行動タイプ
弱点特効
攻撃
属性
HP攻撃力防御力魔法
耐性
攻撃間隔備考
対処法

補正 
表記や補正についての説明は敵ユニットのページを参照

会話   部分編集

???

……ふぅ。ここが王国ね。
早くあの方々にお会いして助けを求めなくちゃ。

それにしても、この辺りは長閑で気持ちいいわねぇ。
ふわぁ……なんだか眠くなっちゃった。
うとうと、うとうと……。

ゴブリン

…………ニンゲン?

???

――きゃっ!
ご、ごめんなさい。わざとぶつかったんじゃないの。
景色を見ながら歩いてたら、つい眠くなって――

――って、きゃあぁあッ!! ま、魔物――ッ!!

ゴブリン

ギャギャッ! ニンゲン、ヤッツケル!

アンナ

あれは――!
王子、魔物に人が襲われています!
すぐに救護いたしましょう!

???

……あ、ありがとうございます。

ベルナール

なに、礼には及ばん。
困っている者を助けるのは当然のことだ。

???

まぁ……なんとお優しい方なのでしょう!
それに、そのどことなく気品溢れる出で立ち。
ひょっとして、貴方が噂の王子さまですか?

ベルナール

おぉ……この武具の美しさがわかるとは!
実にお目が高い! お嬢さん、お名前はなんと――

ケイティ

ベルナールさん、話をややこしくしないでください。
……そちらの方、王子はこちらですよ。

???

あら~、そうなんですか~。

王子

…………。

???

――って、それどころではありません!
王子さま、私は貴方にお願いがあって来たのです。

お願いします、
どうか魔物に襲われた村をお救いください。
私一人の力では、もう……。

アンナ

村が魔物に?
そのお話、ぜひ詳しく伺わせてください。

???

ふわぁ……あ、すみません。
とても居心地の良いお部屋だったので、
つい眠くなってしまいまして……。

ええと、まずは……。
先ほどは魔物たちからお救いいただき、
ありがとうございました。

プシュケ

私、プシュケと申します。
平和な世界を実現するために少しでも役立ちたくて、
普段は魔法の力で人助けをしながら旅をしています。

……強そうには見えない? む……それは心外です。
これでも私、治癒術と攻撃魔法を両方使えるんですよ?

詳しいことはよくわかりませんが、
私の使う魔法は、闇の司祭と呼ばれる人々の魔法と
同じ種類のものなのだそうです。

なぜ使えるかって? もちろん、修行したからです。
といっても、私の場合はちょっと特殊な方法で
独学で力を身につけたのですが……。

……なんて話は置いときまして。
先ほども申し上げた通り、先日とある地域一帯が
魔物の大軍による襲撃を受けているのを見たのです。

いくつかの村を襲っている魔物の群れは、残念ながら
私一人の力で対処できるような規模ではなくて……。
住人の皆さんも、なんとか粘っているようですが。

このままですと、村の住人の方々が
魔物の被害に遭うのは時間の問題です……。

そこで、とてもお強いと評判の王子さまたちに
その魔物の群れの退治をお願いしに参ったのです。

私もできる限りの協力はいたします。
王子さま……どうか私と一緒に
人々を魔物から救っていただけないでしょうか?

ゴブリン

ギャッギャ! ニンゲン、タオス! 今度コソ!

プシュケ

あぁっ!
も、もうあんなところまで魔物たちが……!

アリサ

だ、大丈夫ですか?
なんだかお顔の色があまり良くないみたいですよ?

フィリス

下がっているといい、お嬢さん。
ここは私たちがなんとかする。

プシュケ

まぁ、なんて頼もしいお言葉!
それではお言葉に甘えて、
少し休ませていただいてもよろしいでしょうか?

アンナ

はい。
見たところお疲れのようですし、ここまで
ご案内いただけただけでもありがたいですから。

プシュケ

皆さん……ありがとうございます。
お礼にあとで飴をあげますね。

アンナ

いえいえ、お気になさらず。
……それでは王子、ご指示をお願いいたします!

ケイティ

……おや?
プシュケさん、どうなさったのですか?
ご休憩なさっていたはずでは?

プシュケ

…………。

アンナ

だ、大丈夫ですか?
なんだかとても眠そうですよ?
もし眠いのでしたら、毛布を――

プシュケ

……うふふ、使えない魔物たちねぇ。
王子たちをロクに傷つけることもできないなんて。

アンナ

……プシュケさん?

モーティマ

うぉッ……な、なんだ!?
なんか急に力が抜けてく感じがしねーか?

シャロン

この感じはまさか――魔界の瘴気!?
でも、どうして地上に……。

プシュケ

未編集

バシラ

ひゃッ!? い、いきなり攻撃してくるなんて!
王子、プシュケさんの様子が変です!
瘴気らしきものの発生と関係があるのでしょうか?

ケイティ

とにかく、まずは彼女を止めましょう。
彼女が正気に戻れば瘴気も消えるかもしれません。

フィリス

……ふぅ、終わったか。
でも、本当にプシュケさんが
気を失った途端に瘴気も消えるなんてな。

プシュケ

う、うーん……。

ソーマ

あ、プシュケさんが目を覚ますみたいですよ!

プシュケ

……あら? 私は一体、なにを……。

ケイティ

それはこちらの台詞です。
プシュケさん、なぜ急に
私たちを攻撃してきたのですか?

プシュケ

え? 私が王子さまたちを……攻撃?

アンナ

……覚えていらっしゃらないのですか?

プシュケ

え、ええ……眠ってから後のことは。
ポカポカと気持ちのいい陽気だったので、
先ほどはつい、立ったままウトウトしてしまって……。

……あの、ひょっとして私、寝ている間に
皆さんにご迷惑をおかけしてしまったのでしょうか?
実は、昔から寝相が悪いとよく両親に怒られて……。

アンナ

……い、いえ。大したことではありません。
酷い怪我をされた方もいなかったようですし、
ひとまず次の村にご案内いただけますか?

プシュケ

は、はい。それでは、出発いたしましょう。

フィリス

お、おい、プシュケ。
ここって……は、墓場じゃないか……。

プシュケ

………………はっ!
す、すみません。ついウトウトしてしまって……。

って……あら?
おかしいわ。道を間違えてしまったのかしら?

モーティマ

おいおい、しっかりしてくれよ。
いくら姉ちゃんがベッピンだからって、
墓場で一緒に散歩するような趣味はねーぜ?

プシュケ

あら~、美人だなんて。
そんな……照れますわ♪

アンナ

プシュケさん、後ろを!

プシュケ

え? 後ろ……って、きゃああッ!?
お、お墓から……ガイコツが!

フーリ

アンデッド……でしたら私の出番ですね!
プシュケさん、お下がりください!

ニコラウス

――ぬおッ!? き、急に全身が重く……!
くっ……ワシの筋肉も歳ですかのぉ。

ケイティ

いえ、どうやらまた魔界の瘴気が発生したようです。
とすると、ひょっとしてプシュケさんは――

プシュケ

………………うふふ。
皆さん、せっかく墓場まで来たんですから、
ちょっと試しに死んでみませんか?

モーティマ

へっ、悪ィがゴメンだぜ!
姉ちゃんが一緒の墓に入ってくれるってんなら
考えてみねえでもねえけどな。

プシュケ

あら~、でしたらいい考えがありますわ。
寂しくならないように、私が皆さん全員を
同じお墓にお入れするというのはどうでしょう?

アンナ

……やはりまたおかしくなっているようですね。
王子、ひとまずプシュケさんを止めましょう!
事情を聞くのはその後です。

プシュケ

……うぅ……ん……っ。
…………あら? 皆さん、なぜ私の周りに?

ケイティ

……プシュケさん、ちょっとお話があります。

プシュケ

ええと……私、また寝ているうちに
なにかご迷惑をおかけしてしまったのでしょうか?

ケイティ

……また覚えていないと仰るのですか?
貴方に襲われるのは、これで二度目ですよ?

プシュケ

も……申し訳ありません。
ですが、本当になにも覚えていないんです……。

ソーマ

うぅ……いたた。

バシラ

大丈夫ですか、ソーマさん?
膝のところ、ちょっと血がにじんじゃってますよ?

プシュケ

えっ!? お、お怪我をなさったのですか!?
大変! 待っててください、すぐに治癒術を……
……あ、あら? うまく使えない……?

ソーマ

あ、ええと……ありがとうございます。
でも、ご心配いただかなくても大丈夫ですよ。
転んで膝を擦りむいただけですし。

プシュケ

で、ですが……。

ケイティ

(この心配ぶり、とても演技には見えませんね……)
……アリサさん、ソーマさんの治療をお願いします。
それが終わり次第、出発いたしましょう。

王子

…………。

ニコラウス

……王子殿、気をつけたほうが良いですぞ?
あの娘の中には、おそらく彼女の意識とは別の
邪なる存在が潜んでおる……。

彼女と同じような状態に陥った者を
若い頃に何度か見たことがありましてな。
ま、いわゆる悪魔付きとでも申しましょうか。

……もっとも、あの娘の中に潜んでおるのは
並の悪魔よりも余程たちの悪い者のように思える。
こりゃ思いのほか大ごとになるやもしれませんぞ?

ユリアン

……おいおい、一体どういうことだよ?
いつになったら俺たちは
魔物に襲われてる村に案内してもらえるんだ?

プシュケ

…………はっ!
す、すみません……こんな場所に
お連れするつもりはありませんでしたのに……。

ユリアン

……なあ、あんたワザとやってねえか?

プシュケ

ち……違いますっ! それだけは誓って!

……ですが、実はひとつだけ
思い出したことがあるのです。

アンナ

思い出したこと?

プシュケ

……はい。もしかすると私は、
なにかしら邪悪な存在に
取り付かれてしまっているのかもしれないのです。

……自分で言うのも変な話ですが、
力を得る前の私は典型的な箱入り娘でして……。

そんな私が戦える力を得たのは、
夢の中によくお出でになる、神のような御方の
お告げに従って修行をしたからなのです……。

アンナ

そういえば、様子がおかしくなる前の
プシュケさんは必ずと言っていいほど
睡魔に襲われて意識が混濁していたようですね。

ケイティ

プシュケさんの言う神のような存在は、
プシュケさんが眠るたびに現れる
――ということでしょうか?

プシュケ

……わかりません。
でも、もしそうだとしたら……。
あぁ、考えるだけでも恐ろしいですわ!

ユリアン

だろうな……でも悪いが
話の続きは俺たちを狙ってる
魔物どもを追っ払ってからにしようぜ!

アンナ

プシュケさん、目を覚ましてください!
プシュケさんっ!

プシュケ

…………ふふっ。
ここの魔物も期待はずれねぇ。
私もそろそろ、少しは本気を出そうかしら?

バシラ

――ッ!
いままでよりもさらに瘴気が強くなったみたいです!
皆さん、早くプシュケさんを止めましょう!

ユリアン

……おいあんた、大丈夫か?

プシュケ

はぁっ、はぁっ……うぅぅ……ん……っ。
……す、すみません……また私……、
皆さんを襲ってしまったみたいですね……。

王子

…………。

プシュケ

神様……いえ、悪魔でしょうか?
よく判らないけれど、私の中にいるのでしょう?
お願いします……もう、出ていって――

――――く、うぅッ!? ……うあぁああぁッ!!

アンナ

――プシュケさん!?

プシュケ

………………あらあらあらあら~?
追い出したいの? 本当に?
追い出していいの? 本当に? 本当に?

ニコラウス

なっ……!?
き、貴様……何者だッ!?

プシュケ

……本当に追い出していいの、プシュケ?
『私』が出ていったら、せっかく授けてもらった
闇の司祭としての力を失っちゃうかもしれないのよ?

誰かを救うための力がほしかったんじゃないの?
誰も救えない無力な自分が嫌だったんじゃないの?

戦えなくなるなんて嫌でしょう?
もっと強くなりたいんでしょう?
なら、『私』とず~っと一緒にいなくちゃ♪

そのためには、『私』の敵である
邪魔な王子たちを早く殺さなくちゃね?
……ふふ、うふふっ、うふふふふっ♪

ユリアン

お、おい、待てって!
……くそっ、あいつ、走ってどこか行きやがった!

シャロン

……思い出しました!
魔界の瘴気を自在に操る能力を持つ魔神。
その名は――魔神サブノック。

アンナ

魔神サブノック!?
プシュケさんは魔神に取り付かれているのですか!
こうしてはいられません、すぐに後を追いましょう!

教団員

おぉ、本当に魔神サブノック様が
少女の肉体を依り代に自ら顕現なさるとは!

夢で授かった啓示の通りだ。
ということは、同じく啓示のあった
我らに仇なす者どもというのは……。

プシュケ

ええ、もうすぐここに来るわ。
だから根絶やしになさい。夢で啓示した通りにね。

アンナ

――王子、あれを!
プシュケさんが囲まれています!

ユリアン

ヤツらは……魔神を信仰する教団どもか。

教団員

ふはははは!
サブノック様の術中にまんまと陥ったな!

仮初の器とはいえ、肉体を得て顕現した
魔神サブノック様の真の御力の前にひれ伏すがいい!

モーティマ

ぐ、うおぉッ……なんつー瘴気だ!
つっ立ってるだけでも足腰に来るぜ……ッ!

教団員

よし、サブノック様を護衛しつつ
魔物どもを喚び出してヤツらを叩くぞ!
我らの信仰心の深さをお示しするのだ!

ケイティ

くっ……プシュケさん、
もとい、彼女に取り付いた魔神サブノックを
早めになんとかしないと厳しいですね……。

アンナ

一刻も早く、プシュケさんを
魔神の支配から解放しなくては!
王子、慎重なご采配をお願いします!

プシュケ

くっ……支配を保っていられませんか。
でも、この肉体の主が『私』の力を欲している限り
『私』を完全に分離することは不可能……ふふふ。

ケイティ

……お目覚めになりましたか、プシュケさん?

プシュケ

……はっ! こ、ここは……?
…………そう、ですか……。
また私は……皆さんを傷つけてしまったのですね?

ユリアン

あんたにはサブノックって魔神が取り付いてた。
そいつがやったことだ。あんたのせいじゃないさ。

プシュケ

魔神……ですか。
私に啓示を与え、戦う力を授けてくださった御方は、
神様ではなく、魔神だったのですね……。

ニコラウス

力を求めていたプシュケさんは、
恰好の取り付く対象だったのでしょうな。

プシュケ

……ですが、私が力を求めたせいで
このように人々が傷つくことになるのなら……。

そんな力なんて……もう要りません!
魔神サブノック、私の中から出ていって!
……いいえ、出ていきなさい! いますぐ……ッ!!

ニコラウス

――おおおッ! なんという奇跡!
サブノックの気配が完全に消えましたぞ!!

ソーマ

だ――大丈夫ですか、プシュケさんっ!?

プシュケ

はぁ、はぁ……わ、私は大丈夫――って、
大変っ! 貴方こそ怪我をしていますよ!
待っててくださいね、すぐに治してあげますから。

ソーマ

……わぁ、ありがとうございます♪
おかげで痛いのが飛んでっちゃいました!

プシュケ

……って、あら?
治癒術が……使えてる!
私、闇の司祭としての力がまだ使えるみたいですっ!

アンナ

魔神から教わったといっても、習得したのは
プシュケさん自身だからでしょうか?
よかったですね。

プシュケ

はい……皆さんが魔神に意識を奪われた私を
正気に戻してくださったおかげです。
本当に……本当にありがとうございます。

……って、大変!
まだ救っていない村があるのを思い出しましたわ。
ここからそんなに離れてはいないはずだけれど……。

アンナ

でしたら、急いでその村に参りましょう。
プシュケさん、道案内をお願いできますか?

プシュケ

ええ、お任せください。
魔神が去ったいま、私はもう迷いはしませんわ。

プシュケ

くっ……こんなところに連れてきて、
私をどうするおつもりですか?

教団員

ふふ、知れたことだ。
貴様の肉体を依り代に魔神を降臨させるのさ。

魔神サブノック様自身に選ばれたほどの器である
貴様の肉体を依り代にすれば、
魔神復活の儀式の成功率は間違いなく高まるはず。

プシュケ

そんな……嫌ですっ!
また魔神に取り付かれるなんて……!

教団員

ははは。なにを言う?
魔神をその身に宿すのだ。これほどの名誉はあるまい?

プシュケ

い、嫌……イヤぁああぁあぁッ!!!

アンナ

――そこまでです!
いますぐさらったプシュケさんを解放しなさい!

教団員

チッ、もう嗅ぎつけてきたか。
だが、我らの目的に必要な
この女を返すわけにはいかん。

魔神そのものを顕現させる時間はないが、
かわりに魔神の眷属たちを召喚して相手してやる!

アンナ

くっ……来ます!
王子、なんとしても敵を撃退し、
彼らからプシュケさんを奪還しましょう!

教団員

ぐっ……このままでは全滅だ。
依り代を失うのは痛手だが、撤退するしかあるまい。

ソーマ

プシュケさん、大丈夫ですか?

プシュケ

え、ええ。大丈夫です……。
すみません、またご迷惑をおかけしてしまって。

モーティマ

しっかし、なんでまた教団のヤツらに
簡単にさらわれたりしたんだよ?
姉ちゃん、戦える力があるんだろ?

プシュケ

はい……お恥ずかしい限りなのですが、
お散歩をしていたら、つい眠くなってしまいまして。
その時を彼らに狙われたみたいです……。

王子

…………。

プシュケ

……え?
一緒に王国で暮らさないか、ですか?

え、ええと……お気持ちはとても嬉しいのですが、
王子さまのようなやんごとなき御方のプロポーズを
私の一存でお受けするわけには……。

ケイティ

……プシュケさん。王子は貴方がまた
邪神を崇める教団に捕まってしまわないように
王国に身を寄せてはどうかと提案しているのです。

失礼ですが、貴方にはその……少々うかつな
ところがおありのようにお見受けしますので。

プシュケ

まあ、プロポーズではなかったのですか?
それは残念……ですが、確かにいまのままでは
また教団の人たちに捕まってしまうかもしれませんね。

……わかりました。
では、今後はお世話になる代わりに、私の力を
王子さまたちの戦いにぜひ役立たせてください。

アンナ

はい、是非ともお力をお貸しください。

プシュケ

ありがとうございます……。
この身に宿るのは闇の力……ですが王子さまたちと
一緒なら、この力で希望の光を灯せると信じていますわ。

攻略   部分編集

まどろみの来訪者   部分編集

王国を訪れた眠たげな女性。
まどろみながらも王子を探す、
彼女の目的とは……?

初級(★1獲得の目安:平均Lv1)
簡易説明

まどろみの来訪者


湧き出す瘴気   部分編集

プシュケの案内の元、魔物に襲われている
村へと向かう王子達だが……。

初級(★1獲得の目安:平均Lv1)
<???出現中魔界の瘴気(小)発生>
簡易説明

湧き出す瘴気


プシュケの異変   部分編集

夢現ながらに案内を続けるプシュケ。
どこか様子がおかしい彼女だが……。

中級(★1獲得の目安:平均Lv25)
<プシュケ出現中魔界の瘴気(小)発生>
右中段下にCC済みVHを置く。
あとはコストがたまり次第拠点周辺を囲むようにVHを置けばほぼ放置で問題なし。
なかなか入手しにくい銀ヒーラーも落ちるのでかなりお得なステージ。

プシュケの異変


夢現に潜む魔性   部分編集

プシュケを眠りに誘う魔性の正体とは。

上級(★1獲得の目安:平均Lv50)
毒:HPに継続ダメージ(0.5秒毎にHPが5ずつ減少)>
<プシュケ出現中魔界の瘴気(中)発生>
簡易説明

夢現に潜む魔性


魔教に降りし夢の啓示   部分編集

魔神の啓示を受け、信徒達が襲い来る!

極級(★1獲得の目安:平均CCLv25)
毒:HPに継続ダメージ(0.5秒毎にHPが5ずつ減少)>
<プシュケ出現中魔界の瘴気(大)発生>
簡易説明

魔教に降りし夢の啓示


魔を呼ぶ器   部分編集

プシュケを依り代に、魔神を召喚せんと
企む魔神崇拝の教団員。呼び出されし
魔神の眷属を倒し、プシュケを救い出せ!

神級(★1獲得の目安:平均CCLv50)
簡易説明

魔を呼ぶ器



コメント   部分編集

雑談   部分編集

公式コミュニティ (全年齢版) 別窓で開きます
緊急ミッションスレ 最新20件 別窓で開きます
復刻ミッションスレ 最新20件 別窓で開きます
スレッドが変わったらアドレスを修正して下さい。 EditEdit 雑談リンク/緊急ミッション

攻略情報提供   部分編集

このコメント欄は攻略に関する情報提供を目的としています。
雑談は雑談スレ、愚痴はチラシの裏スレへどうぞ。 wiki雑談掲示板

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • プシュケの異変:CCフーリともう一人くらいVHいたら楽勝 -- 2017-12-08 (金) 00:35:56
  • 今更だが『湧き出す瘴気』で、8体目の犬で銀ソル。9体目のゴブで銀精霊、20体目にプシュケが泥。スタミナが2なので、銀ソル周回のリタマラが楽だった。 -- 2017-12-12 (火) 03:19:15 New
お名前:

コメントに関してガイドライン変更:「削除を可」→「コメントアウトを可」

ドロップ集計   部分編集

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 極級 10回 プシュケ2 リタマラ なのでプシュケのみ -- 2017-12-08 (金) 19:51:25
お名前:
ミッション名 / 周回数 / ドロップ内容 / 備考 これらが分かるように投稿して下さい。
初回確定ドロップの場合、初回分は除いて報告して下さい。
ジュノン/モニカ等の確率アップのアビリティをもつユニットを編成に含んでいる場合は備考欄へ記述してください。(編成に入れていない場合は不要です)
例:魔物退治極5周 オデット3 カリオペ1 ロイ2 魔水晶0 モニカ編成に含む



最終更新
2017-12-11 (月) 01:31:25 (5d)
HTML convert time
0.352 sec.
edit